【投書】東証一部上場企業『東都水産』社長の娘と娘婿が判決を無視し借金を踏み倒し
【投書】
東証一部上場企業『東都水産』社長の娘と
娘婿が判決を無視し借金を踏み倒し


※東都水産社内で娘婿を「応援する」と一通の通知書がある。
東証一部上場企業・東都水産会長(当時)関本幸也氏に宛てた2017年12月28日付けのものである。
『注意※文面は丁寧な「お願い。」である』

 娘婿の柿島孝昭とその連帯保証人となった実娘の柿島(旧姓関本)有里子の借金の返済を促してほしいという切実なものである。関係者によれば 「発信人の宮尾俊輔・エースインターナショナルジャパン代表取締役社長は、関本氏が東都水産の代表取締役であった時期に社長室で娘婿とともに面談したさい、『柿島氏を応援してくれ』、『面倒をみるから』と懇願された。関本氏の実娘が連帯保証人でもある債権者に面倒を見ると言われれば信用するでしょう」(事情を知る関係者) 空手形だった、と関係者は落胆する。

平成19年5月に8200万円の貸付後、同じ月に500万円を返済(残額7700万円)した後、返済額は尻すぼみになり、平成22年4月に至っては3万円の返済額。残額は7700万円のまま。「元本返済の意思を感じられない」(関係者)という状況で宮尾氏は平成26年、訴訟に踏み切った。

 東京地裁民事7部の判決は原告宮尾氏の主張を全面支持し、平成28年3月17日の判決は原告柿島と連帯保証人柿島(旧姓関本)有里子に 「1億1177万7928円及び内7700万円に対する平成22年4月2日から支払い済みまで年14%の割合による金員、内1000万円に対する平成24年3月26日から支払い済みまで年5%の割合による金員を支払え」 更に柿島孝昭には追加で 「550万円及びこれに対する平成24年2月21日から支払い済みまで年5%の割合による金員を支払え」
と命じた。

 裁判官は被告らの行為を相当、悪質と判断したのであろう。訴訟費用は被告の全額負担で判決は仮執行もできる、としている。しかし、これだけ厳しい判決後も返済の約束は履行されないという時点で、「お願い」の手紙は「応援する」と社長室で断言した人物に提出された。東都水産の関係者は言う。

 「時系列でみれば、通告書(=宮尾氏の手紙)の約1月前の11月10日に関本会長は代表取締役社長を急遽、退任しています。社内では一身上の都合となっています。もちろん東都水産とは関係がない社長一族の不祥事ですが、東証一部上場企業の元社長が知らん顔で素通りするのはいかがなものかとは思う。東証一部の品格を損ねる要素が他にもあるのでしょうか?突然の辞任で代表権のない会長になったのに説明らしい説明もありませんでした」 社員らは関知しないふりをしていると関係者は言う。


※イスラム食合弁事業には反社系企業関係者が取締役に
話を柿島の債務関係に戻そう。宮尾氏はそれまでも10年以上、ずるずる資金を貸したままだったので平成19年5月25日に公正証書を巻き債権存在を確認させた。その後も平成23年に返済を求めたところ、マレーシアでの合弁事業を持ち掛けられ、そのマレーシア・プロジェクトには東都水産の名前も明記されており、東都水産・関本氏の実娘、柿島有里子が連帯保証人になったために1000万円の追い銭を貸金として渡した。

「マレーシアへの渡航費名目で30万円も渡したと聞き、現地への足代にも窮しているのに事業自体、本当にあるのか?と耳を疑いました。」(周辺の事業者) 疑念は的中する。

マレーシアに合弁で設立したはずの企業株式会社アトティスの登記簿には、出資者の宮尾氏の名前は無かった。宮尾氏の替わりにあった名前は、反社会的勢力の企業舎弟と言われる、「ハンナン畜産」元会長の子息・浅田貴明氏の名前だった。周知の通りハンナン事件で、浅田満氏は計50億3000万円の詐欺に加え、補助金不正受給で懲役6年8月の実刑判決を受けた。部落解放同盟の元地方幹部から食肉業界のドンとなった人物であった。

 反社企業関係者が入った柿島の企業登記には、合弁事業で主目的となるはずの出資者・宮尾氏の扱う高機能マスクの販売の替わりに、主目的としてイスラム教・ハラール食の認証関連の事業があった。債務の返済は一切なく、合弁事業もマレーシア政府関係に販売することもなかった。

 「ハンナンと言えば、当然、豚肉も扱う日本食肉業界の関係者です。イスラム教で禁止されている豚を扱った人物を役員に据え、イスラム教学さえマトモに知らない会社で、果たしてハラール認証を発行できるのか? 日本のハラールはニセハラールだと言われる原因を作っている。そもそもハンナンは牛肉偽装事件を起こした会社ではないですか? 厳しいマレーシアの認証はそんな会社で扱えるのでしょうか? 恥ずかしい話です」(ハラール認証に詳しい専門家)東都水産は東証一部上場企業である。元社長の親族による借金踏み倒し、反社会的勢力との関わり等は、一部上場企業として、著しくコンプライアンスに抵触している。

 法治国家である日本の裁判の判決を真摯に受け止め、「借りたお金は返す、反社会勢力とは付き合わない」と企業のトップとして厳重に注意し、判決を守らない娘、娘婿と共に、関本会長は責任を負うべきではないだろうか。
【投書】オープンハウスが京都で事件師と悪巧みを企てている土地売買のカラクリ
【投書】オープンハウスが京都で事件師と
   悪巧みを企てている土地売買のカラクリ


投書(click!)

京都上京区丸田町物件の土地登記簿
【投書】日大の大規模な人事異動
【投書】日大の大規模な人事異動

【投書】
日本大学では一連の騒動後、初めてとなる大規模な人事異動が示されました。(平成30年8月23日に公示)。
 
今回の人事異動の総評として、

‥鎮耆事長や内田元人事部長の意向による“子飼い職員”・“ロイヤルファミリー”の要職配置(校友会事務局への異動や大規模学部の執行部への異動など)、

”体育会出身者ファースト”による体育会系出身者(相撲部・スキー部・軟式野球部・保体局職員など)の異例の昇進など、今までと変わらぬ人事方針が踏襲されています。

 特に注目すべきは、井ノ口パパが学内を形式的に去る(一時退避?)中、以前より理事長から寵愛を受けていた息子・井ノ口悠剛(理事長の奥さんの運転手を務めた職員)が今後とも理事長の庇護を受けるために、学内外の目が届きにくいブラックBOX化した校友会事務局へ異動させていることです。

ゆえに、井ノ口パパの影響は学内に隠然と残っている証左ととらえることができます。

ちなみにこの井ノ口息子の通信教育部への配属については、人事部の特命で内々に行っていることから、過去に公示された人事異動リストでは確認できませんでした。


職員人事異動者名簿9月2日付(click!)


【敬天コメント】
なるほどねー。田中理事長の謝罪文もこれで「形だけ」ということが、はっきりしたね。全く反省がないねー。世間をバカにしてるのか、世間の状況が全く理解できないバカなのかわからないけど、ひどいもんだねー。

マスコミは早速、この資料を基に取材攻勢すべきだね。あっそうか、「学生ファースト」は宣言したけど、「教職員組合ファーストは宣言してませんよ」と言うかもしれないね。

あくまでも、教職員に対しては、これからも体育会系出身者ファーストで行くことを宣言したわけね。それは別に構わないけど、「それが今かい?」という雰囲気は、社会にはあるだろう。

それに井ノ口の息子は実際の職務は優子夫人の運転手。形上だけ特命で席は通信教育部に置いて、今度はもっとわかりづらい「ブラックボックス化した」校友会にねー。

それにしても、形だけの謝罪文から1ヶ月もしないうちによくやるねー。これじゃ、「半年後に内田を元に戻す」という田中理事長の言葉も、満更嘘ではないかも。

やはり自浄作用は無理かもね。監督官庁も弱腰だし、やはり社会の声とマスコミしか、変革は起こせないね。

ところで、井ノ口元理事の倅の悠剛職員の非公表人事は、新学部の事務局長に理事長自らがなるという、およそ考えられない人事と一緒で、批判を受けそうな人事はすべて「非公表にする」という、田中体制の「人事の私物化」極まれりの表れであろう。

そもそも、なんで急に非公表人事を、今回に限って公表したんだい?宮川選手に圧力をかけた大学職員と関係でもあるのかい?なんせ優子夫人の寵愛が遠藤関にも劣らないと、もっぱらの噂だからなー。

 
【投書】嘉悦大学告発文(教職員会)
【投書】嘉悦大学告発文(教職員会)

資料‥蟒

資料賃借対照表

資料L昌

資料ぬ魄/教職員

資料ド埔融ニュース


【敬天コメント】
聞いたことはあったが、あまり知らない学校だった。結構伝統はある学校法人なんだね。政権争いかね?経営を立て直すために財界の大御所を迎えたけど、思ったほど改革が進んでないんだね。

植村裕之さんて有名人なんだね。剣道連盟の重鎮でもあるんだー?大学経営も、これから人が減る一方だから大変だよね。この大学は外国人専門の大学みたいだから、やり方によっては伸びる大学なのかなー?

植村さんも金に不自由してる人じゃないみたいだから、この際「無報酬」で改革を提言してやったら?それなら、みな喜んで支持するんじゃないの?

週一回の会合であったにしろ、このくらいの肩書のある人なら報酬的には決して高くはないとは思うが、日大のような、100億も私学助成金を貰ってるわけじゃないからねー。

明らかな不正があれば、もっと厳しく取り上げるけど、50万の報酬が高いか安いかは、人それぞれだからねー。あとは、植村さんが余り、欲と爪を伸ばさんことだね。あくまでも余所者だから。

改革・改善を実行すれば、自然と「理事長への声」もかかるんじゃないのかなー。教職員の皆さん、こんなところで如何でしょうか?
 
日大田中理事長に再び迫る国税当局
日大田中理事長に再び迫る国税当局

国税がいよいよ田中日大に踏み込むらしい。初めてではないのだが、4年前の時は「亀ちゃん防衛隊」に阻まれて、一敗地に塗れた経緯がある。それで気を良くした事業部部隊(井ノ口忠男隊長)は、あからさまに協力金名目の裏金強制徴取を行ってきたのである。

従ってこの4年間の経理はひどいものであろう。事業部の役員は錚々たる顔ぶれである。社長は出村克宜工学部長、役員は大塚吉兵衛学長、井出達雄財務担当理事、大里裕行管財担当理事である。

しかし、経理の中身は出村社長をはじめとして、おそらく誰一人掌握してる者はいまい。介入したり、疑惑に口を挟んだりした者は、左遷もしくは首にしたりの仕打ちを目の当たりにして来たので、必然的に橋本稔子、井ノ口忠男姉弟の独壇場の事業部になってしまったのである。

強いて言えば、懲戒解雇になった内田人事部長と田中理事長だけは大方わかっている。いや、関係部署にいる教職員も薄々は知っているのである。

知っているけど、下手に口を出せば災いを呼ぶだけだし、事件も揉み消す、国税も揉み消すほどの「亀ちゃん防衛隊」の力を見せつけられてきたから、益々見ざる言わざる聞かざるになってしまったのである。

しかし今は、社会が監視している状況であるから、国税に圧力がかかろうものなら、社会が許さないだろう。また4年前とは、確実に桁が違うスケールで金は動いたろうから、査察はビッグヒットに繋がるのではないか。

国税捜査を邪魔したり、事件への介入や揉み消しをする者は、いずれは告発の対象になるのではなかろうか?夏休みもあって、高校野球と台風の話題で、一呼吸は置いたが、日大問題は決して有耶無耶に終わらせてはならない。
 
続・無登録業者FRich Quest森野代表の投資案件
続・無登録業者FRich Quest森野代表の投資案件

5月12日のブログに掲載した、FRich Quest株式会社(代表:森野広太)について、その後の経過として新たな情報が届いた。

前回、いい加減な金のやり取りを世に晒された為なのか、今では弁護士を雇って契約書類をつくらせていると説明しているそうだけど、その肝心な弁護士の名前も弁護士事務所の名も明かそうとしないというから呆れるね。

投書(クリック)

営業マンの青木クン



都合の悪い質問にはスルー!
営業マン青木クンのライン(click) 

加藤弁護士だって?いった全国に何人いると思ってんだい!
 
大人の夏休み
大人の夏休み

大人の夏休みは短い。夏休みと言っても、殆ど盆の墓参りに費やされ、休みというより、往復の混雑に忙殺され、疲れが残ったまま、仕事に突入である。

それでも、非日常的な日々を過ごしただけで、心なしか命の洗濯にはなったような気はする。これが多くの庶民の夏休みの感想である。金持ちの夏休みは違うんだろうなー、と思いながら、また原稿書きの日々が始まる。

夏休みの時期は海水浴事故、故郷への帰省中の事故、終戦の話と平和への誓い、お盆の話が恒例である。今年はわずかにボクシングの話題もあった。

昔と違って今は、毎日大きな事件・事故が起こるので、3か月も経てば、その内容を忘れることも多い。これこそ、日大田中理事長の作戦である。危うく術中に嵌るところだった。

相手に間違いがあったり、言い過ぎがあったりしたときに、反論もせず耐えることは、辛いことでもある。それでもひたすら我慢してるうちに、世間が忘れてしまうとか、もういいんじゃないの?とかに、空気が変わってしまうのである。

ただ、ボクシングの山根会長問題がこれからも、二転三転する可能性もある。その連動で、比較対象にされるだろう。しかし、問題の根の深さにおいては、断然田中理事長の方が責任は重い。

それと、解任されたとはいえ、内田元監督常務理事はまだ命令したことを認めてないし、大学側も、学生の言葉より内田元監督常務理事の話を信じ、不満を述べてたくせに、大塚学長からの直接の謝罪もない。

「第三者委員会の最終判断が出たら、(最終責任者である)理事長が会見をされるだろう」と、全国民の前で語りながら、理事長に無視されて恥ずかしくないのか?

だいたい各学部長が選ぶ総長制度から、理事が選ぶ学長に格下げされて、教職代表として恥ずかしくないのか?飴を舐めさせられるうちに、飴の旨味になれてしまって、教授として誇りを忘れてしまったのであろう。

記者会見を行った4人の元副総長(名誉教授)、これから会見を開くと噂されてる元総長(名誉教授)たちの爪の垢でも煎じて飲んだら如何か?

今からでも遅くはあるまい。貴方が辞表を出すことで、流れが変わる可能性もある。せめてもの罪滅ぼしを今こそすべきではないのか?白々しくホームページ上では謝罪し、「学生ファーストを肝に銘じます」と宣言した舌の根も乾かないうちに、チアダンス部の学生からパワハラを告白され、口先だけの取り組みであることを、またも暴露されてしまった。

田中理事長が辞めなければ、とにかく何も改革が始まらないのである。教職員の殆どは、いま何を為すべきか?どうすれば無くした信用を取り戻せるか?社会にどのようなお詫びが必要なのか?という現実がわかっている。

しかし一番上に、その何かが全く理解できてないでっかい石のような頭と体を持つ男が居座っているために、動くに動けないのである。その石を先ずどかすところから始めなければ、前には進めないのである。

と考えながら故郷のちゃんぽんを食べた夏休みだった。
山岡ジャーナリー
山岡ジャーナリー

田辺勝巳弁護士が裁判所で涙を流してまで山岡ジャーナリーを逮捕して欲しいと三文役者並みの芝居をしたそうだが、今回の恐喝事件で山岡を逮捕するなんて無理に決まっているではないか。

報道サイトの恐喝事件に、山岡を共犯仲間として入れるなんて、無理も無理。だいたい山岡は、基本的に犯罪的なことをするようなタイプではない。況してや恐喝もしない。

山岡のやり方は、恐喝をしようとしてる奴等とか、株を上げ下げしようとしているような奴等がネタとして記事を持ち込む。昔は大塚万吉との関係が有名だった。三崎との関係も有名である。最近は天井次夫が有名。

そして相手から反応があれば、本人は対応しないで、そのネタを持ち込んだ者が相手と交渉するのである。そういう手順が裏であることは、本当は知ってるけれど、本人は霞を食ってるような振りをするのである。

確かにふにゃふにゃっとはしてるけど、基本は悪いことをするような奴ではないから、逮捕はされないだろう。思いこみも激しいところがあるから、ちょっとサイコパス的な所があると思われがちである。

その山岡の生涯の敵となりそうな田辺弁護士も、評判は芳しくない。敵は多いらしい。だから防衛という意味なのか弁護士事務所にしては珍しく、警察OBなども顧問に入れている。

それに裁判所がジャーナリスト認定したと言い張る報道サイトを使って、山岡ジャーナリー攻撃するのも、まことに弁護士らしからぬ姿勢である。

ここの佐藤君もちょっとサイコパス的なところがある。しかし、みずほ銀行の及川詐欺事件においては、及川を恐喝していた者たち(高尾正志・大津洋三郎他)は捕まっていないが、事件解決に貢献したのは間違いない。

田辺弁護士も、弁護士にしてはサイコパスチックである。戦うならば正攻法で戦わないと、有ること無い事書かせたら駄目だよ。山岡でなくとも誰であっても、その者に何かを掴まれて、それを追及されたら、それは仕方のない事。

不正をやっていなければ、とことん戦えばいいし、やっていたなら謝罪か和解かしかあるまい。今回の事件は、サイコパス的三竦みで、引き分けだな。と言っても、三人ともしつこそうだから、まだまだ続きそうだなー。

ジャーナリストはしつこさが命、ってか?山岡には天井次夫という知恵者も付いたようだし、田辺先生も注意しないと足元を掬われます。

天井次夫は一般に企業の汚れ役やトラブルに乗じて金儲けする男だそうである。ドン・キホーテの裏顧問だそうである。その時々で、警察OBを使ったり、暴力団を使ったりする。

今は山岡のスポンサーでもあるそうだ。だから山岡は中味も知らないで、いきなりマキリン側に立って、擁護記事を書いたりするのである。

通常の山岡なら、弱者の味方だから、圧倒的にマキリン側に虐められた人が多いわけだから、いきなりマキリン側から記事をかくことはなかろう。天井に金で買われて、或いは忖度しての記事であったのであろう。

書き屋さんは、何処かにサイコパス的なところはある。自己満足な世界だから仕方がないね。それに妄想癖のある人も多い。連想ゲームが得意なのである。

そういえば、盆前に「山岡が歌舞伎町で刺された」という噂が流れた。山岡も有名ネット記者だから、逆恨みを買うことはあろう。真相は「階段から転げ落ちて顔面強打で5針縫った」ということだったらしい(これとて本当かどうかわからないが)。有名人は大変だね。
『人柄はその一言に現れる』
『人柄はその一言に現れる』

「人柄はその一言に現れる「」という言葉がある。ボクシングの山根会長のためにあるような言葉である。「奈良判定」が裏付けられたことで、今まで不正な判定が行われていたことが判明した。

自分で、カリスマとか、世界一の男とか、男・山根とか、聞いてる方が恥ずかしいぐらいの言葉がポンポン飛び出すのは笑えるとしても、不正な判定はひど過ぎるだろう。

よくも長い間、みんな我慢したもんだねー。外国に行っても、「自分の名前と政治力で勝たせた」というのも、冷静に判断すれば大変な事態を証言したということである。

本人は辞めたことで、責任は終わりと考えているかもしれないが、この代償はそう簡単には拭えまい。そうでなくとも、IOCは世界ボクシング連盟のガバナンス機能を疑って調査中なわけだったのに、これで益々黒い状況になったと言えよう。

しかし、本人にはその自覚は全くなさそうである。とにかく自己愛・自分ファーストの塊のような御仁である。黙って退けば、過去は問わずに改革はできたかも知れないのに、喋るだけ喋ったから、もう隠すことはできないだろう。

独裁者によくあることだが、周りが余りに煽てるから、自分が全てを作りあげたと勘違いするのである。テープ発言の中に「近大には勝たせたくない」という発言があったが、実は日大の特任教授に認定されてから「日大判定」という言葉を聞いたことがある。

最初は否定していた奈良判定も、現実には録音が出てきて証明されたわけだから、ひょっとすれば日大判定もテープが出てくる可能性も否定できない。本人は自分が辞めたと思ってるだろうが、やはり除名(永久追放)に値する所作であろう。

せっかくの高校総体に水を差してしまったが、山根氏のキャラクターもあって、一気に噴き出してよかった。一方、日大の田中理事長は卑怯にも一切表に出て来ようとしない。口下手のように言われているが、畏まって話するのが苦手というだけで、部下の前では饒舌である。

しかし、色んな話も漏れ出している。「田中理事長は入院する時、なんで赤羽中央総合病院でしょうか?」というメールが送られてきた。

それは日大病院に入院すると、その日のうちに日大中に知れ渡ってしまうから。病名によっては、クーデターを考えてる者がいるかもしれないと、独裁者は疑心暗鬼になるのである。田中夫婦の主治医は斎藤先生である。

日大では、また新たな疑惑が持ち上がった。チアリーダーの学生に対するパワハラである。こんな話も出るようになったら、全クラブを見直した方がいいだろう。田中日大の闇は根が深いのである。
詐欺・犯罪は厳罰で抑止する
詐欺・犯罪は厳罰で抑止する

時々ポストに近所の交番から「地域の安全と安心な街づくり広報紙」として、手作りのチラシがポストに入っている。住民には心強いチラシである。

最近多い注意はダントツに「オレオレ詐欺」をはじめとした特殊詐欺についての注意が多い。先日は「身に覚えのないハガキに注意」として、架空請求問題を取り上げていた。

「民事訴訟管理センター」、国民訴訟通達センター」、全国紛争解決センター」とか実在しない名前を名乗って、はがきが届いても、『身に覚えのない請求には応じる必要はありません』とか、『はがきの連絡先には電話しないで下さい』と書いてあった。

しかし、連絡しないことは、被害に遭わない第一歩ではあるが、犯罪の抑止力には全くならない。筆者は何度か直接このバカ共と電話で喋ったことがあって、あまりの憎たらしさに警察に相談に行ったが、警察では全く取り上げる気持ちがないのである。

断られる理由は、「この詐欺師たちは、中継基地を外国に置いてるから、日本の法律では追いかけられない」という理屈だった。今の技術を持ってすれば、本当は簡単に追いかけられる筈である。

しかし、今は詐欺犯罪があまりに多いため、犯罪に捜査が追い付かないのである。だからどうしても、被害金額の多い順番になってしまうのである。

しかも犯罪者にも人権はあるから確たる証拠を掴むまで軽々には逮捕もできない。犯罪者側は、そこまで計算に入れているのである。こういう確信犯の詐欺師には、厳罰しか対処法はないのである。

日本の政治家は何故詐欺に対する厳罰を躊躇するのだろうか?人を差別して刑を重くするのではない。その犯罪に刑を重くするのである。そうすれば、真面な人なら必ず事件を起こす前に考え直すであろう。

ひもじくて食料を盗むとか、生活のために売春するとかとは、全く違う「人を騙す行為」である。自分が働きもせず楽して豪勢な生活をする為に、高齢者を騙すという、人として最も卑怯なことをして稼ぐ輩である。

電話掛け子で10年、金を受け取り子で20年、命令した子で30年、統括者で40年、主犯50年でどうだろう?これを国会中継で審議すればいい。誰も反対しないと思う。

人を差別的に裁くとか、権力者が恣意的に解釈を変えたりするから、国民が不満を持つのであって、罰則を重くするだけなら誰も反対はしないと思う。人が、その犯罪をしなければいいわけだから。

一握りの者は、どのような罰則を設けても、規律を作っても、やる者はやるのである。それは仕方がない。フィリピンの事例を見ればわかるが、厳罰を9割の国民が支持し、自ら出頭するぐらい効果がてき面ではないか。

犯罪撲滅に関してはフィリピンを見習うべきである。いくら人権が大事と言っても犯罪を温床化してはならない。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>