検察当局の河井夫妻刑事責任追及で起こり得る事
検察当局の河井夫妻刑事責任追及で起こり得る事

河井克行・案里議員夫妻の参議院選挙前にばら撒いた金について、貰った県議や市議を訴追しない方針を検察側が決めたそうである。そして再度聴取するという話である。公然な司法取引であろう。

これからやろうとする情報を事前に流すということは、迷っている者に「真実を言ってもアナタは罰しませんよ。」と言うことを宣言したようなものだから、これで断然河井夫妻が不利になったということである。

罪に問われないということになれば、証言する者が増えるのは間違いない。検察の本気度が見えてくる。これに対して為す術もなく指を咥えてる状態であるなら、安倍官邸は雪崩現象を起こすのではないか。

やはり黒川元検事長の個人的定年延長はやり過ぎだったのである。それをやる前に稲田検事総長への辞任要求もやり過ぎだったのである。何か落ち度があって退任を迫るのであればともかく、定年にもなって居ない、慣習の「二年で退任」にも至っていなのに、「辞めろ」と言われれば、誰でもへそを曲げるに決まっているではないか。

それも黒川氏を検事総長にするための官邸の策略だったとわかれば尚更である。これは間違いなく安倍官邸の驕り以外の何物でもないが、同時に黒川氏の驕り以外の何物でもない。

筆者も今年の初めに黒川氏の定年退職が延長された時には、その意味も重要性もあまり理解していなかった。黒川氏は個人的な出世の為に欲を持ちすぎ、自業自得の撃沈である。

我々は遠くから眺めているだけだから森羅万象が良く見えるが、当事者は全く盲目になっているんだろうー。安倍官邸だって同じである。常識で考えたら、こんな無茶は通らないと思ってる人もいた筈である。

しかし、圧倒的な力の前に思ってても言えない状況があったんだろうなー。こういう状況がどうしてできるのか、後で検証すると不思議なほど簡単明瞭なのであるが、その時にある独特の雰囲気というのが、こういう現象を創り出すのである。

たとえばモリ・カケ問題は、安倍総理に取って当然不利な状況だった。それ以前の麻生副総理の舌禍問題も、身体検査で辞任した大臣の任命責任問題も、安倍総理に取って不利な状況だった。

しかし責任を取らずにスルーしてきたことに国民も慣らされて、責任を取らないことで、問題が起きる度に逞しく強くなって、モンスター官邸になって行ったのである。それで本人たちも、「何をやってもいい」と勘違いするようになったのであろう。

今の森法務大臣なんか、弁護士免許を持ってると聞いたが、官邸の使い走りと勘違いするほど、自分の意見が全くない。大臣にしてもらった感謝の気持ちの表れだろうが、それにしても見っともない。その立場になればそんなもんかなー。

安倍政権が長くなった一番の理由は、鳩山・菅・野田と続いた民主党の失政だろう。特に鳩山・菅政権はひどかった。アメリカがトランプ大統領になったこと、それ以前の首相が余りに短命だったことも、長く続いた理由である。

しかし、最近は長く続いたことの弊害が多くなってきたことに国民が気づき始めた。河井克行・案里議員夫妻の起訴事件は安倍官邸崩壊の端緒になるのではないか。今週にも動きがありそうである。


第192回 記者クラブ楽屋裏座談会・更新しました!(click)




アマゾンで購入 

 
一律給付10万円の重みは国会議員にはわかるまい

一律給付10万円の重みは国会議員にはわかるまい

国会の会期延長しないことを、与党が決めたようである。このコロナ禍で国民が右往左往しているのに、何で国会審議を終了するのか? まだアベノマスクも全国民には行き届いてないし(うちには先週届いた。仏壇にお供えしている)、10万円も届いていない。給付金の委託先の疑惑問題など、いい加減な政治指導、行政指導も解決しないまま、国会を休むべきではないだろう。

国会議員は衣食住が保障されてるから、何の心配もいらない。どうすれば選挙を受かるかだけを朝から晩まで考えてるのが仕事である。また金持ちを見つけては、仕事の良し悪しも考えずに、寄付を受けるのである。たまに表面化することもあるが、それは氷山の一角である。

政治家というのは、本当に国民のことを考えているのだろうか? というような、行いが多い。言葉では歯の浮くような話や、口先だけの責任を取る話は何回も聞いた。しかし、裏でやってることは、国民を裏切るような行為ばかりである。

特に政権を担う与党に指導力がない。野党は綺麗ごとを言い、政府に対して責任を追及するが、国民に全く信頼がないのか、支持が広がらない。あれだけミスを連発している安倍政権を倒せないのだから、余程信用が無いのであろう。それを官邸に見透かされているから、ますます責任を取らない官邸になって居るのである。

麻生太郎副総理の舌禍などは、もう何回も辞任に値する舌禍であったが、全く気にも留めないし、反省する気配もない。と愚痴ばかり言っていたら、10万円の給付金手続き書類がポストに入っていた。

喜びのリハーサルを一回やっていたので、それほどでもなかったが、それでも書類記入を間違わないように見本を何度も読みながら、運転免許証と通帳をコピーし、慎重に丁寧に記入した。

封筒に入れては出して確認しながら、雨の日に出したら濡れて文字がボケてはいけないので晴れる日まで待って、それも近所のポストに投函したのでは、遅くなってはいけないと、わざわざ郵便局にあるポストに投函しに行った。

この思いが政府に通じるかなー(国民はこのような有難い気持ちで10万円を待っている)。ポストの前に立って左右どちらに入れたらいいのか、念入りに読んだら「左側」に「給付金書類封書はこちらへ」と書いてあった。結構親切にやってるじゃないかと思った次第である。

手にするまでは真剣に寄付も考えたが、69歳の老女フレンドにマスクを貰ったお礼(高級入れ歯洗浄剤と決めている)もしなきゃならないし、地元で消費するのも、冷え込んだ経済活動の応援になると言われているので、やはり先ずは日本製の高級ウナギをスーパーで買うことにしよう。

と考えたが、手続きをして、昨日投函したばかりだから、いつ振り込んでくるのかはわからない。果報は寝て待てである。

日大加藤新学長選任は田中理事長体制の総仕上げ

日大加藤新学長選任は田中理事長体制の総仕上げ

説明責任を果たさない代表と言えば、日本大学の田中英寿理事長を置いて他に右に出る者はいない。未だにそれは果たさないままだが、メディアも教職員も学生もその責任を追及できないでいる。声明文でこそ学生ファーストを謳ったものの、体制堅持は頑強のようで、一向に改革は行われていないようである。

内田正人常務理事兼人事部長を「泣いて馬謖を切る」状態だと思われていたから、相当に体制に影響は出るだろうと思われたが、あまり影響は出てないようである。と言うことは、内田正人前監督も唯一無二と言う程の立場でもなかったということか。

世間に対する立場上、訴えを起こした裁判も「予定調和の和解」で終了したことだし、内田前監督も本気では一応納得する決着がついたのではないか。田中理事長も内田前監督も、お互いに本気では裁判沙汰は起こせまい。本気で争ったら両ドボンである。

ところで、下記の読売新聞オンライン記事であるが、一般の人には軽くスルーされる記事である。精々が、「危険タックル問題の時は、田中理事長に散々利用され、こき使われたピエロの役を担わされた大塚吉兵衛学長が定年で辞職したのか。そうかあれからもう、二年経つのか」ぐらいの感想である。

しかし、大塚氏には罪もある。日大では長く、学長のことを総長と呼び大学の表の顔としてきた。裏(経営)の顔が理事長である。ところが田中理事長になってから、昔は教授会で決めていた学長を理事会で決めるようになり、地位をワンランク下げられたのである。今の官邸が検事の定年延長を画策しようとしたことを実現したようなものである。

結果として、意味もわからず矢面に立たされピエロになったのは、御承知の通りである。そして新体制の発表であるが、新学長になった加藤直人学長は田中理事長の身内同然の人である。正確に言えば、優子夫人の身内同然の人である。

田中ちゃんこ店が昔、店名にもなるほど可愛がっていた相撲取りがいた。その相撲取りに優子夫人は自分の姪っ子を嫁がせるつもりでいたが、その相撲取りが若くして亡くなったのである。それで姪っ子は長く独身でいた。そこに加藤直人学長が奥さんを亡くして、独り身だったのでその姪っ子と再婚させたのである。

斯くして加藤直人学長は田中ファミリーとなったのである。田中理事長最終章の仕上げこそが言わば、加藤直人学長を作ることだったのである。これで名実共に日大は田中学園になったのである。めでたしめでたし。

タックル問題当時のアメフト部長、日大学長に : 読売新聞オンライン (click)

小池都知事に燻る学歴アラート
小池都知事に燻る学歴アラート

来週にはいよいよ東京都知事選挙が始まる。予想では小池百合子都知事の再選間違いなしという評判である。コロナ禍で毎日テレビ画面に出てきて、安倍総理より都民受けした発言を連発し、しかもコロナ・イングリッシュ新語を連発する斬新さである。いやでも、都民のハートを引き付けてしまう。そうなれば、当然アンチ百合子が現れる。

百合子都知事本人と個人的に会ったことがないから、どんな人かは知らない。しかし見た目はちょっと太めの狸顔。筆者個人の感覚なのかどうかわからぬが、タヌキは優しくて、キツネは狡賢いというイメージがある。

ところが実際は、狸も意外と凶暴で野良猫を襲ったりするのである。罠にかかった狸に近づいたら、こちらに飛び掛かって来ようとしたのをしたのを見て、タヌキの本性を見た感じがした。

まさか百合子都知事がそのような雰囲気を持ってる女性とは思わぬが、3年前の総選挙の時、担がれて「都民ファースト」から「希望の党」へ変わった時、「意見が違う人は排除する」と言った一言で、総スカンを食ってブームが一瞬にして去ったことがあった。

あ〜言うのは売れた者の宿命で、マスコミに持ち上げられて奈落に落とされるという典型的なパターンではあるが、よくもまー、力強く返り咲いたものである。嘘か真か、舛添要一元都知事と付き合っていたとか、森喜郎東京オリンピック組織委員長の元彼女とか、噂だけは喧(かまびす)しい。これもまた売れっ子の宿命である。

これから都知事選本番に向かって話題になるのが、百合子ちゃんの「カイロ大学卒業」疑惑である。前には「カイロ大学首席卒業」が事実かどうかだった。首席か二位か三位かは、凡人には関係ない。どれも凄いことだからである。しかし、こだわる人は「二位以下は最下位に等しい」という人もいるぐらいだから、凡人にはわからぬ貴重さがあるのだろう。

しかし、今騒がれているのは、首席かどうかではない。卒業したのかしてないのかを言い争っているようだ。これは大きな論争になろう。そこら辺には嘘の学歴を披露している人もいるかもしれない。しかし、百合子ちゃんは現都知事であり、再出馬してしかも最有力候補だからこそ真偽が話題になるのだろう。

都知事になる前に、国会議員をやってるし、その前はアナウンサーである。履歴は何度も身体検査を受けてる筈であるから、まさかとは思うがねー。ただ今回筆者が興味を持ったのは、この疑惑の最前線に立って本まで出して追及している女性作家を擁護しているのが、元検事の郷原信郎弁護士だからである。

最近では黒川元検事長の同期として名前が出て来た人だが、安倍政権の疑惑にも鋭く意見を言うのでも有名である。確か検事時代には長崎県の検事正の経験もある人である。もし作家女性の疑惑追及が虚偽であれば、「名誉棄損」の可能性は十分にあろう。逆に疑惑が事実であれば、百合子ちゃんは逃げきれなくなる可能性もある。当選してからでも「履歴詐称」で訴えられる可能性もある。

郷原氏は元検事という履歴を持ちながら、あまり威張った感がない。また元検事であり、弁護士であるだけに、軽々な言動はしないだろうから、尚更信ぴょう性を感じるのである。

先日、カイロ大学が卒業を認める声明を出したようだが、一個人のために大学がわざわざ声明を出すというのも、不自然な感じもするし、まだ簡単に終わるような気配ではない。ただ女流作家の疑惑の根本というのが、在学当時小池氏と一緒に住んでた女性の証言だけなら、根拠が足りないかもしれない。
お国柄と多様な精神文化
お国柄と多様な精神文化

国や県からの外出自粛、自宅待機の要請を守り、毎日時代劇を見て演歌を聴いて、日本の文化を今一度取り戻したねー。そういう国民は多いんじゃないのかなー。東映オールスター時代劇はいいねー。杉良太郎の遠山の金さん、中村吉右衛門の長谷川平蔵、中村梅雀の伝七捕物帳、仲代達也の雲霧仁左衛門、仕置き人、忠臣蔵、新選組等。

立場や環境は違えど、日本人が持つ公衆道徳、仁義、勇気、勧善懲悪、勤勉、努力、恩返し、仇討ち、防衛、助け合いなどの教えがたっぷり詰まって、楽しみながら、自然と身に付き、勉強になる娯楽番組である。

麻生太郎副総理はこの事を、(他国とは)「民度が違う」と言いたかったんだなー。いつも言葉足りずで誤解を受けたり、たとえ心に思っていても大人として言葉に出さない方が得するような場面でも、つい我慢できないのかポロっと本音が出てしまうのが、この方の特徴である。正直と言えば正直な人なのだろう。

日本文化の良さをアピールしているつもりの表現なのであろうが、人の考えはそれぞれだから、悪く悪く解釈して発表する者もいるのである。だが、今では打たれ強くなって、「民度が違う」ぐらいの表現ぐらいでは、びくともしないのである。

先日、インドネシアで16歳の妹を、兄二人が鉈で首を切り落として殺したという事件があった。理由は、この妹がおじさんに当たる男性と性交をしたからだった。日本人の感覚では、先ずは16歳の未成年の娘に手を出したおじさんが逮捕され批判される存在で、娘さんは被害者として扱われ保護されるだろう。

ところが殺人を犯した兄たちの言い分が「名誉殺人」と主張しているという。詳しくはわからないが、「名誉殺人」と主張するぐらいだから、「殺すに値するぐらいの恥ずかしい家の名誉を傷付けた行為を妹がした。だから我々は妹を殺すことで、辛うじて家の名誉を守ったのだ」と言っているのだろう。

日本人の感覚では、「まだ未成年の妹に手を出したおじさんが許せないから、殺した」という事件の方が、理解を得れるような気がする。インドネシアの文化の中に、男尊女卑の強い差別があるとか、長幼の序の感覚が日本の江戸時代ぐらいの強さで残っているとか、そういうその国の伝統文化を野蛮と切り捨てるのか、民度が低いと理解するのかは、人それぞれであろう。

とりわけ男女差別が強い国であるインドの伝統には驚くばかりであるが、どこまで口を出していいものやら、他国の伝統文化だから口を挟むべきでないとするのがいいのか、難しいところである。それにしても日本の伝統文化は素晴らしいものが多いねー。国はもっと自信を持って時代劇チャンネルを推奨すべきであると、思った次第である。
ポスト安倍レースの行方
ポスト安倍レースの行方

安倍総理に引導を渡すのは誰かと言う話題も出始めた。それなら一人しかいないだろう。狸爺として一世を風靡した二階幹事長である。三選の長期政権を作った、三本の矢である、麻生太郎副総理、二階幹事長、菅官房長官の、甲乙着けがたい貢献力ではあったが、やはり早くから先見の明を持って、先読み先読み宣言をして先導してきた二階幹事長の役割は大きかった。麻生氏の「総理のミスを横道に逸らす結果に繋がる」舌禍も、お見事と言えばお見事な役割ではあった。

以前なら一回の舌禍で、十分に退場に繋がっていたのだが、「任命責任は私にあります」という口だけの責任を取ることで、いつの間にか責任を取ったことになってしまう不思議な習慣も身についてしまい、またそこを論破するだけの能力のない野党にも助けられ、一強なのか余興なのかわからぬ長期政権が続いたのである。

また菅官房長官の、体全体から醸し出すちょっと陰のあるような寂し気な暗さが、国民の同情を引くのである。いま横浜にカジノ認可を決める黒幕のような言われ方をしているが、見た目ではどうしてもそのようなイメージには見えない。横浜人になり切れない東北人の徳なのである。三人の中で、総理になる可能性があるとしたら、菅さんであろう。

ただ次が育っていないと言う理由で、ワンポイントリリーフとして、麻生太郎総理という線がないではない。それに過去の総理歴で、「失意のうちに総理を追われた」という無念感が本人の中にあるだろうから、「今度は必ずやり遂げる」という気持ちが強くあるのではないだろうか?

しかし、国民の中には「どうせ舌禍で身を滅ぼすだけ」という考えが大勢を支配しているとは思う。狸爺さんは、端から裏方に徹し、名より実を取る御仁のようだから、自身の総裁には興味はなかろう。次の総理候補に対しても、取引をするなら幹事長であろう。

石破茂氏なんかは、自分が総理になった時の組閣人事まで発表しているようである。明らかに安倍政権から外されていたから、安倍人気が落ちれば、アンチ安倍ということで、当然目はあるだろう。自民党で収拾がつかなければ、公明党党首の繋ぎも噂されている。

ただここに来て、アベノマスクの不自然な仕入れ先に公明党関係者が利権先として浮上してきているので、山口那津男総理が現実化してきたら、足を引っ張る色んな話題が出て来ることだろう。

安倍総理に余力があれば岸田文雄政調会長が禅譲で本命と言われていたが、安倍総理に余力はない。そこで混乱ならワンポイントで麻生太郎氏もあるが、やはり自分の頭脳と口で物を言える石破茂氏が本命と見た。

対抗に麻生太郎氏、押さえに菅官房長官か? コロナ禍問題で急にテレビ画面に出て来る機会が多くなって知名度が上がった、西村経済再生担当大臣も可能性はあるが、イケメン人気では吉村洋文大阪府知事の方が人気が上らしい。

国際社会に出て行く機会も多いから見た目もある程度評価の対象に入れるのかもしれないが、やはり90%は能力で選ぶべきであろう。能力の無い総理を持てば、国として後退することを、何度も経験した筈である。にもかかわらず、同じ過ちを繰り返すのが人間の業なのであると、鬼平や金さんも言っていたような気がしたなー。
国家訴追主義と健全な社会
国家訴追主義と健全な社会

黒川元検事長の辞任で検察庁の存在がクローズアップされている。検察官は「正義の黒子」と自覚している人は多いのではないか。しかし逮捕された経験のある人は、必ずしもそう思ってない人も多い。検察官に怒鳴られ、騙されたという感じを持ってる人も多いからである。

いわゆる泥棒や詐欺師のような犯罪常習者は別として、人生の中で「一回だけの過ち」として逮捕される人も少なくない。冤罪というものは、滅多にはないだろうけど、初めて逮捕された人としての心境としては、気が動転して、何をどう説明すればいいのか、しどろもどろである。そこへ持ってきて、優秀な頭脳を持つ法律のプロから質問されれば、誘導されてしまうのである。

拘束されてる状態でなければまだしも(但し疑惑をかけられたら、検事はいつでも拘束する権限は持っている)、逮捕されて警察署から手錠をかけられて犯罪常習者と一緒に縄で繋がれていくと、ショックで普段の弁解能力は発揮できなくなる。

初めての人は、警察署に逮捕拘留されることにショックで、そこで被疑者として他の逮捕者と一緒に過ごし、取り調べを受けることにショックを受けるのであるが、警察署での取り調べは22日間で終わるが、検察官の腹一つでいくらでも拘留する権限を持っている。

それに今は検事の取調室にも録音録画が義務付けられたので、言葉遣いこそ優しくなったが、そこはそれ刑事罰法的知識プロだけに誘導にかけては天下一品なのである。しかも毎日犯罪者と対峙しており、被疑者の考え、言い訳、嘘、全てをお見通しなのである。

対する初犯は、オロオロ、ガタガタ、ビクビクである。10回も会えるチャンスがあるなら、言いたいことの半分ぐらいは言えようが、検事さんと話ができるのは、精々が一、二度である。だから後で振り返って、「あの時、ああ言えば良かった。こう言えば状況が変わっていたかもしれない」と思っても、後の祭りである。だから逮捕される前は、警察の方が怖いけど、逮捕されてからは検察の方が怖いのである。

刑事事件捜査においては、主導するのは検事であって、不起訴にするか起訴にするかの権限を持っている。不起訴とは「疑惑が全て消えたわけではないが、起訴するには犯罪構成要件が足りない。取り敢えず『お咎めなし』という処分」のこと。起訴とは、「犯罪を犯したことは疑いのない事実であるから、裁判を開いてその軽重を裁判官に決めてもらおう」という処分のこと。

一般の人から見れば、「悪いことをしたんだから、それなりの処分を受けて当然」と言うだけの感覚であろうが、犯罪者側には犯罪者側の論理があって、ぎりぎりのアウト論・セーフ論がある。

起訴になって、現実に裁判が始まると、世の中には、大岡越前裁きやら、遠山金四郎裁きはない。だから、不起訴や罰金刑(刑事罰では最高50万円まで。現金で払えない時は1日5000円の計算で服役する)で終わって20日間で釈放されるのと、起訴されてそれ以降、裁判が終わるまで拘留が続くのとでは、雲泥の差である。

金がある人は起訴された後に「保釈」と言って、決められた金を払って釈放されることもあるが、これとて検事さんが反対したら中々、保釈も効かないのである。そういう特殊な権限を検察官は持っているのである。

ただ専門捜査能力とか、尾行調査とか、科学鑑定捜査とかに関しては、警察力の方が断然上である。組織力が違う。その両組織を安倍官邸が押さえることで、より強い政権を築こうとしたのであろうが、生き残り組織力をあげたのは、検察庁と警察庁の方だったと言われている。

犯罪抑止のための情報網の敷設なら賛成であるが、過度の監視社会は、やがて国民を疲弊させ、混乱を招くことだろう。たとえば国の為に働いてる組織であれ、国民の為に働いてる組織であれ、一組織が異常に力を持つようになれば、それは健全な社会足り得ない。何事もほどほどに、そこそこにこそ、真の自由と幸せが有るのであるのではないか。


 
栄枯盛衰は世の習い
栄枯盛衰は世の習い

私は物事に対して是々非々で臨むから、何事にも一貫性がない。強いて言えば悪を憎むと言うぐらいである。中でも詐欺的な犯罪が一番嫌いで、内容に寄っては「殺人」より、詐欺が嫌いである。

罪の重さでは殺人の方が重いのはわかっているが、内容に寄っては「已むに已まれず」と言う場合もあるが、詐欺には「已むに已まれず」という場合はない。まだ盗みになら、「已むに已まれず」と言う場合があるだろう。

売春に限っては、よほど悪質なもの以外は取り締まらなくてもいいような気もする。まー、現実に売春は取り締まられてはいないけどね。日本ではもう今はないけど、世界においては、女性をさらって行って、逃げられないような所に売り飛ばすという組織があったりするらしいけど、そんな所は国を挙げて壊滅すべきである。

現に北朝鮮では売春が目的ではないが、日本人を拉致して行って未だに返そうとはしない。そしてそれを取り返せない日本もだらしがない。自国だけで解決できないのであれば、声を大にして世界に発信すべきである。日本にいる在日朝鮮人に差別をしたり、批判したりする必要はないが、北朝鮮自身の行為に対しては強く抗議すべきであろう。

今こういう倫理や道徳が忘れ去られ、経済優先が先行している。生きるためには食うことが必要であるから、どうしても経済が先行するのである。動物のように、腹が減った時にだけ獲物を襲うというわけにはいかないから、これまた難しい問題である。

また個々を優先するか、国を優先するかによっても、考えはそれぞれであろう。最初は部族の中の衝突みたいなものから始まって、それを力のある長が纏めたり、人徳のある長が治めたりしてきたのであろうが、食料が足らなくなると、今度は隣の部族との争いになり、勝った方が全部を収め、負けた方は男は奴隷となり、女は売春婦にされるか殺されるかだったろう。

有史以来、社会は男が治めてきたからである。こう考えると社会はやはり最終的には力の世界になる。そしてその力は、振り子のように右に行ったり、左に行ったり、前に行ったり、後ろに行ったり、ブームを起こす。それが嫌で逆らう人もいる。

ただ一つ言えるのは、どんな素晴らしい政治指導であっても、一時的には大勝しても、何故か長続きはしない。またいつか懐古はされるが、一生は続かない。社会が飽きるのか、一種のまやかしから庶民が目覚めるのかはわからないが、嘘のように潮が引くのである。

安倍総理にもそのような時期が来ているように感じる。これが世の習いであり、歴史の実態である。アベノマスクが未だに届かないのも、閣僚が誰もアベノマスクをしてないのも、恐らく安倍政治の終わりを告げているのだろう。
安倍総理の人間力
安倍総理の人間力

安倍総理の長期政権の理由は一言で言えば「鈍感力」であったろう。自分が総理という自覚がなかったのではないか? まだ過去形で言うのは早いかもしれないが、今もその自覚がないのかもしれない。

周りに総理の力を背景に目敏く動いた人間は多数いたかもしれないが、本人にそのような自覚はなかったのであろう。おそらく疑惑を持たれてる幾つかの案件に対しても、本人にすれば全く自覚がないのである。

だから結果的に嘘を吐いてるような形になってる論争も、本人の中では嘘を言ったつもりじゃないと、おそらく本気で思っているのだろう。これが一、二年の総理なら潰されてしまうのであろうが、色んな相乗効果が出て、今日まで持ったということである。「軽い御輿」だったから、周囲が担ぎやすかったのである。

また安倍総理に官僚が忖度したから長く持った政権と言われているが、今度の黒川検事長の辞任でわかったが、今まで官僚たちの安倍政権への異常な忖度は、安倍総理に対する忖度ではなく、自身の出世を賭けた忖度であることがわかってきた。

安倍総理は育ちがいいから、金への執着はあまりない。色んな批判記事を見てても、不正な利権絡みの話は一つも出て来ない。取り巻きに利権絡み、認可絡みはあるが、不正な話も全く出てこない。本人にもそのような自覚がないから、むきになって反論するのである。

モリ・カケ・サクラにしても、部下(秘書)に「できることなら、やってやれ」、「桜を見たいと言ってるんだから、見せればいいじゃないか」というぐらいの感覚で、相手の意図や策略、陰謀など全く理解もせず、況してや自分が総理であるという自覚もなかったのである。

だから同じようなミスを何度も繰り返すのである。知り合いになったら、「最高にいい人」ではないのか? だから、佐川理財局長が嘘の答弁したのも、文書改ざんを部下に指示したのも、官邸が指示したと言うより、「自身が出世の為に意図して忖度した」結果なのである。

だから、役人として矜持、責任、自覚を持ってる人は、「国民を裏切れない」と自ら死を覚悟したのである。だから、安倍総理は自殺した赤城俊夫さんの死が理解できないのである。奥さんの言葉が理解できないのである。

あの死の真相を知って、「少なくとも私の発言で上司が忖度した結果であったとしても、赤城さんに責任を負わせる結果となってしまった。偏に私の至らなさである」と言う言葉を残して、総理職を辞していれば、全ての疑惑を吹き飛ばして、憲政史上最長だけでなく、最大・最高の名誉ある総理として名を残したことであろう。安倍総理は人間力が足りないのである。
嘘の乱発は方便では済まされぬ失政の証し

嘘の乱発は方便では済まされぬ失政の証し

黒川元高検検事長の賭け麻雀を文春にリークしたのは誰かと話題になっているらしい。黒川氏は知る人ぞ知る麻雀好きだったらしいから、それなりに知ってる人は居たのだろう。かと言って普段はそんなことは気にも留めないし、記事にしたところで話題にもならないだろう。

麻雀をやってる人で賭けないでやる人なんて、家族麻雀ぐらいであろう。いや家族麻雀でさえも賭けて楽しんでる人もいるかもしれない。黒川氏が賭け麻雀で話題になったのは、安倍総理を後ろ盾に次期検事総長を目前に控えていたからである。

黒川氏が検事総長になれば、第四次安倍内閣成立とか、河井克行・案里夫妻セーフとか、モリ・カケ・サクラ疑惑不再燃とか、政治問題と絡めた対応が注目されていたからである。それが黒川氏の退任で、一気に安倍総理不利という風が吹き出したわけである。

だから、危機リスクも少なくなったとリークも出たのであろう?  気を見て敏な者は、こういう身の代わりは早い。次の勝ち馬を目敏く見付けて、そちらに乗り移ろうとしているのである。今度は検察庁が反撃するだろう。

最近は菅官房長官に代わって、今井直哉、杉田和博、北村滋、佐伯耕三の各氏が安倍側近と言われてるらしく、今回の賭け麻雀の特ダネ記事を書いたと言われている片岡女流記者がどのラインと強く結びついているのか、つばぜり合いが始まることだろう。

賭け麻雀が違反だからという話なら、レートがもっと高い麻雀をしている公務員とか、もっと公務員に相応しくない麻雀をしている者とかいる筈である。況してや訓告にしか値しないような麻雀なら見逃してもいいではないか?

ここで黒川元検事長が辞めざるを得なかったのは、黒川氏を検事総長にするために、「わざわざ個人的に定年を半年間延長させたこと」でしょう。初めは国民もあまり意味がわからなかった。そのことを隠すために、一般の公務員の定年延長まで持ちだした。

公務員の定年延長には、本来多くの国民は反対の筈である。それに、コロナ禍でみんな必死に我慢し努力している時に、公務員の定年延長の話なんてどうでもいい話である。

安倍総理はモリ・カケ・サクラと、野党の質問に対して、知らないものは知らないと正直に答えればいいものを、むきになって啖呵を切るものだから、フォローする官僚が帳尻を合わせる為に結局嘘を吐かざるを得なくなる。嘘を吐くだけでなく、公文書の改ざんまでしなければならなくなる。

しかし、自分が改ざんしたわけではないから、罪の意識がない。改ざんした者たちを栄転させることで、恩は返したと解釈しているのではないか? それから、あの野次もよくない。下っ端の野次係ならまだしも、総理大臣が自ら野次るのもみっともない。野次には愛嬌があって、笑いを誘うぐらいじゃないと支持を得ない。

コロナ禍にしても専門家委員会の議事録もないとか、常識がなさ過ぎ。それを問われると、「委員が委縮してしまって、発言が出ないことに考慮した」とか、誰が委縮するんだよ。日本を代表する先生方だから、それこそ自信を持って専門的な知識や意見が出るだろう。如何にも人権を配慮する必要があったような、嘘を言うから国民が怒るのである。

もし本当に議事録を取ってないのであれば、素直に「すみません。忘れてました」と謝ればいい。嘘を言う癖が吐きすぎて、しかも官僚が忖度して話を合わせてきたものだから、どんどんエスカレートしてる感じなのである。

実際には、録音ぐらいはしてると思う。官邸がしてないと言えば、録音まで「ない」と言わざるを得なくなるだろう。普通の役場でさえ議事録を取るのに、日本中から集めた専門家会議を録音しないわけがない。況してや未知の世界の対処法を巡る大切な会議である。

中央官庁の高級な役人がそんなヘマをするわけないじゃないか。本当に議事録を取ってなかったのであれば、出席役人は全て首にすべきであろう。いい加減政府も嘘から脱却して欲しい。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>