凄腕の女地上げ師まきりん

凄腕の女地上げ師まきりん

本日掲載のマキリン投書は15通であるが、実はあと9通が未掲載(7月1日、3日分)である。未掲載分の中には、URとの契約書が入っていた。

しかし、その説明文には、URとトーセイとPAGの間で、「実際には建築しなくても、建築確認申請に添付する図面を提出するだけで構わない」という密約が交わされていたと書いてある。

事実であればとんでもないことである。URは税金で運営されている公的機関である。一民間会社の利益に適う契約が許されるわけがない。

しかもトーセイの富永という担当者とUR担当者の会話の録音があるという。ぜひその録音を敬天新聞まで送って頂きたい。その会話を国民に聞いてもらうことにしよう。

ケネディクスの池田総司に続いて、KSGの専務寺崎公彦という新顔も現れた。こちらも会社の背信行為のようである。いわゆるネコババの部類である。

しかし、今までの投書を読んでいると、「あると法律事務所」の服部弁護士は、最初から事情を知ってた感じもするし、問題は河合昭典と野口真紀(時々金田真紀)の偽装破産に演出家として絡んでいたかどうかである。

また、どうもマキリンについている知恵者がナスカジャパンの今井洋のようである。TSKの地上げを、警察力をバックに仕上げて勇名を馳せた浅井健二の高校(愛媛県西条高校)の後輩だそうである。

浅井健二は大日本新政会の街宣活動を止めることができず、またせっかく喰いこんだ富士薬品からも、同じく警察力バックの小川幸三弁護士に追い出されてしまった。最近はあまり名前を聞かなくなった。

今では「ナスか・キュウリか・回し蹴り」の謳い文句で決まる今井洋の方が有名のようである。その今井洋がマキリンを指導してるというのだ。何を指導するのかねー。金の隠し方?金を借りて返さない方法?豚汁の作り方?

投書6/28

投書6/28

ーーーーーーーー
投書6/29

投書6/29

投書6/29

投書6/29

投書6/29

ーーーーーーーーーーーー
投書6/30

投書6/30

投書6/30

投書6/30

投書6/30

投書6/30

投書6/30

投書6/30

 

オープンハウス鎌田和彦の詐欺マネー訴訟と野崎勝弘

オープンハウス鎌田和彦の詐欺マネー訴訟と野崎勝弘

東証一部上場会社オープンハウスの取締副社長である鎌田和彦が起こした名誉棄損損害賠償裁判に顔を出してみた。これは高齢者を中心に騙して100億以上を集めた投資詐欺の主犯大山多賀男から金を借り入れていながら、未だに被害者団体に金を返さない鎌田和彦が事実無根として、当紙を名誉棄損で訴えている裁判である。

最初は事実無根→事実有根→内容は争わない、に変遷している民事裁判である。こちらは内容の有無を記事にしてるのに、内容を争わない裁判と言うのは意味がわから無い。これが鎌田和彦の考えなのか、小川幸三弁護士の戦略なのか、今のところはわからない。

同じような戦略を使って大恥をかいた弁護士もいた。直近では「大山が逮捕されるまで、大山多賀男が詐欺の主犯と言うのは、知らなかった」と言い出した。そうであったとしても、合同捜査本部から関連会社を疑われ、捜索を受け銀行通帳の差し押さえも受けているわけだから、その事実は本人だってわかっているはず。

うちで書き出してからでも、もう一年も経っている。その時点で知ったのだから、さっさと被害者に大山から借りた金を払えば、終わってしまう話ではないか。

金がない男ではない。オープンハウスの副社長だけではない。最近上場したアトラエの筆頭株主でもある。時価相場にして20億の株券を所有しているのである。

上場させる方も、株主の違法性とか調べなかったのだろうか?鎌田和彦を大山多賀男に紹介したのは大学(青山学院大学)の先輩にあたる野崎勝弘だそうである。

野崎は山形アビリティーの社長を、大山多賀男の弟に代わって、引き継いだ男である。野崎勝弘は嫁の出自が良くて、それを売りに詐欺紛いの仕事をしている男である。上場廃止になったLCAでも並み居る詐欺師の中に入って、活躍していた男である。

この野崎が鎌田に頼まれて、梅園の所(神田の詐欺弁護士事務所《解散》の中に事務所があった)に相談に行き、梅園は暴力団を通じて、私に連絡してきた。その弁護士事務所で、私は会って話しを聞いたが、丁重に断った。

その事に対して、私は被告として出廷して、真実を述べるつもりでいるが、先日裁判長から「野崎さんは出廷できますか?」と問われた小川幸三弁護士は「連絡が取れません」と答えた。

あれだけ関係の深かった鎌田と野崎が連絡が取れないというのは不自然であるが、そうであるなら敬天で野崎を探しましょう、と答えた次第。

小詐欺師の野崎であるから、どうせその辺をちょろちょろしてる筈で、本気で探せば直ぐに見つかるはずである。野崎勝弘が鎌田和彦に頼まれもしないで、勝手に動くとは思えない。

鎌田は一部上場会社オープンハウスの副社長として、コンプライアンスからも、鎌田から敬天まで線で繋がるのにあたり、途中に暴力団が介在してるために、その事実が嫌なのであろう。

事実は消えないのだから、そんなものを隠しても仕方ないと思うけどね。それなら「まさか、あの野崎さんの先が暴力団に頼むとは知りませんでした」とか、「まさか、あの野崎さんが、暴力団を知ってるような人に相談するとは思いませんでした」とか、白々しく言って、野崎も同じようなことを言えば、良かったんじゃない?

だけど、鎌田はともかく、そこまで野崎を説得するだけの戦略を組めなかったんだろうなー?ということで、一連の真実を知るために裁判所が野崎を探しておりますので、野崎勝弘の居場所をご存知の方、敬天新聞までご一報下さい。
 

敬天新聞7月号(更新!)まきりん特集号

敬天新聞7月号(更新!)まきりん特集号

女地上げ師まきりんとPAG河合ちゃんの悪事・特集号(一面)

凄腕の女地上げ師まきりん投書100枚からピックUP(二面)

野口真紀は偽装破産か!?キ-マンは竿師の河合昭典(三面)

敬天新聞7月号 社主の独り言(ピリ辛)(四面)

敬天新聞・鋭意調査中、1行案件

更新しました!

タブロイド判(プリントアウト用)はコチラ→クリック

日大の新たな裏入学疑惑

日大の新たな裏入学疑惑

日大の事業部を姉弟二人で牛耳っている橋本俊子、井ノ口忠男であるが、この二人、日大の部外者であるが、今一番の学内での実力者だそうである。

二人とも田中英壽派ではない。田中優子派である。田中英壽理事長が全く頭が上がらないのが優子夫人だそうだが、その優子夫人の背景をいかんなく発揮しているのが、この井ノ口姉弟である。

飛行場を始め、こんなところに日大広告が、というあの必要以上の広告を一手に担当してるのが、姉の橋本俊子である。過去に何度も担当部所から、「無駄な広告費」として苦情が出ているが、「理事長奥さん案件」として、執行部が説得する案件として、有名な案件である。

文科省が何もしてくれないから、学内からもあきらめムードだそうである。その兄弟が裏入学で、「また」入れたという噂が出ている。

神戸でYという病院を経営している医者がいて、そこの息子が松戸の歯学部に裏から入ったと密かに噂になっている(マスコミで書く勇気のある人には教えます)。

神戸のYだから、山口組関係者とか、Y医者だからヤブ医者とか、考えるのは早計である。この姉弟が暴力団関係者と密接であると言うのは、有名な話である。

世間では「暴対法に触れるのではないか?」と大騒ぎになる話も、ここ日本大学では亀ちゃん危機管理隊がしっかり守っているので、話題にもならない。暴対法もスルーなのである。

「徳洲会マネー100億円を貪る悪いやつら」と文春に名指しされた、能宗克之とコンビを組んでいた、元新潮社の記者だった久恒信夫が、亀ちゃんの紹介で、日大の広報に鎮座している。

久垣は、徳洲会マネーで退社後に大邸宅を建て、同じ頃、新潮社の愛人女性に高級マンションをプレゼントしたとまで、書いてある。

世渡り上手な男である。大体、新聞作るのに、年間6億も徳洲会から払わせていたらしいが、どんな新聞を作れば6億もかかるんだい?これって、犯罪の域じゃなかったの?

日大ほどの知名度と実力、実績があれば、大学運営というのは、普通にやっていれば、外部に無駄な経費を払う必要はない。田中英壽理事長になってから、必要のない相当無駄な大学経費が外部に流れているのである。

それも殆どが、暴力団との過去を問われない為の工作と不正疑惑もみ消し工作のために、である。教職員が物言わぬのは、自己防衛(給料保全)の為であるのはわかるが、日本一の私学助成金を出してる立場から、監督官庁の文科省が取り上げないというのも、この国の政権の恣意的なものを感じるのである(野党もだらしないが)。

また問題提起しないマスコミの貧弱さも証明しているのである。同じ大学院でアカハラ・パワハラで二人が自殺している事実、陸上部のコーチが学生と不倫して、それがマスコミにバレた腹いせに、理事長側近理事が、陸上部助監督をフルボッコにした事実。

傷害事件として警察が介入してもいいような事案であったが、どこのマスコミも取り上げない。ここで久恒氏が登場し、広告料でチャラになるらしい。「臭い者には蓋」というのは、世界共通の文化である。

ファンド会社のLCレンディング
ファンド会社のLCレンディング

山中健司・LCレンディング社長が
3000万円の『袖の下』と引き換えに
反社会勢力の大物・浦郷直樹が実質支配する
富士リゾートカントリークラブに
大枚8億3000万円の無謀な投資!

【投稿】画像クリック
都議選の行方

都議選の行方

籠池漫画ショーを見せてもらった。これで森友学園は完全に安倍総理有利になった。バカな男だねー。

「黙して語らず」でいれば、ボロも出なかったのに、生来の出たがり屋なんだな、夫婦揃って。あんなのに引っかかった安倍総理夫人も軽すぎる。日本の総理夫人として恥ずかしい。酒の飲み過ぎ、という噂。

ところで、安倍総理に100万円寄付して貰ったから、夫人がやってる店に返しに来たというパフォーマンスまではよかったが、百万円の束を見せたのは不味かった。テレビに映った百万円は完全に2万円だった。一番上と一番下だけ1万円札で、中身は間違いなく白い紙だった。

何であそこまでするかねー?日本中が注目してるテレビに映っているのに、まだ金を出さずに口だけの方がよかったろう。しかもわざわざ、札束をパラパラとやったもんだから、しっかりと印刷も無い白い紙というのが映ってしまった。

あの瞬間に、朝日新聞、民進党を中心とした野党の努力も水の泡になってしまった。私はただ思わず吹き出したが、官邸は鬼の首を取ったほど喜んだろう。

これで「自民党有利」と思ったら、今度は豊田何とかという、基地外みたいな女が出てきた。これもまたインパクトがあるねー。三流大学の中退レベルの女かなー、と思ったら、東大出とはびっくりだね。これが安倍チルドレンという。

やはりブームで当選するのはバカが多いね。勘違いするんだろうなー。当選した途端に周囲から「先生」とか呼ばれるから、やっぱり本人も錯覚するんだろうなー。

それに秘書は自分が雇う。そのくせ、給料は国の税金で賄う。秘書は給料は国から貰っていると思っているが、議員は自分が雇ってあげたからお前の給料は出る。すなわち俺が払ってるのと同じ、と思ってる(勘違い)。そういう主従関係の思い違いが、トラブルの原因であろう。

古くなれば阿吽の呼吸で、どちらもお互いに立てあうようになるにのであるが、新人はそこら辺の呼吸がわからない。こんな奴らが法律を作ったり、許認可を決めたりするんだから、世の中意外といい加減なんだよね。詐欺師でも運のいい奴は、捕まらないで生き延び、そのうち真面な仕事に投資して、何食わぬ顔して上場会社の経営者になる者さえいる。

政治家をして、このいい加減さだし、政治家に力が付けば、これに媚びを売る民衆があり、何かの切っ掛けで落ちぶれれば、民衆は嘘のように離れていく。すべての関係は、空であり無常である。

下にある時は、そのことを知るが、上にあれば、その栄光が永遠と考えるのが人の常のようである。もちろんそれは、歴史も証明しているし、身近にも幾らでも例はある。それでも自分は違うと考えるのが、人間の浅はかさなのである。

籠池2万円でせっかく有利になったのに、豊田真由子の「このハゲ〜、」で、また逆戻り。かくして都議選は、小池百合子新党の独り勝ちになるだろう、と見る。これが私の都議選予想です。

凄腕の女地上げ師まきりん灰吋優妊クス池田本部長参戦

凄腕の女地上げ師まきりん灰吋優妊クス池田本部長参戦

ブヒブヒブーと、喘ぐマキりん投書が今日も10通。ケネディクスの取締役戦略投資本部長の池田総司という新顔が出て来たねー。

投書によると、この男も会社を裏切った背任男のようである。払わなくていい仲介手数料をPAG役員河合昭典に払って、山分けしたとか書いてある。

なるほど、河合がマキりんを使ってやったことを、池田総司が河合昭典を使って、やったってことだな?その金で、品のない人は韓クラへ行き、気取る人は銀座に行くんだね。

しかし、マキりんは破産申告してから、数回ハワイに行き、宮崎のシーガイアでゴルフ三昧したわけか?どう考えても、管財人を舐めてるなー?

日高理恵のネーミング募集とか言ってたけど、高理→集り→タカリンかな?20年ぐらい前の写真を見たもんだから、ついついマキリンと可愛いネーミングにしたが、内容を知れば知るほど、小汚い腹黒婆—というイメージが強くなり、最近は、マキリンも似合わなくなって来た。

寧ろマキリンが集り専門だから、タカリンみたいだし、姉の日高理恵の方が、リエリンっぽい感じ。わけわから無くなったなー。本日の投書では、房園とか榊原とか有名選手の名前も出ている。

榊原は、最近一世を風靡した山本幸三大臣の親友でもある。また当紙とは因縁のある蓮見和也弁護士ともチングである。果たして房園氏はマキリンの敵なのか味方なのか、で状況は相当変わって来よう。

今回の投書の土曜日の最初と、月曜日の最初の投書は、国税や司法、警察関係者に読んでもらいたい内容である。

【本日のまきりん掲示板】

投書6/24

投書6/24

投書6/24

投書6/24

投書6/24

ーーーーーーー
投書6/26

投書6/26

投書6/26

投書6/26

投書6/26

ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング

LCレンディング(山中健司社長・港区赤坂1−12−32アーク森ビル22階)はファンド会社である。投資家から集めた金を投資して利益を上げ、それを会員に配当する仕事である。

当然、きちんとした配当が継続可能なものにしか投資はしないのが原則であり、その間違いのない判断をするのが、社長の腕である。

(株)ワールドエースカントリ—クラブ(現富士リゾートカントリークラブ)を買収するには3億もかかっていない、と関係者が言っていた。それなのに、何でそんな所に8億3000万円も出資するのか?しかも1年分の金利1億2450万円が先払いされているという。

1年分の金利先払いという、一つだけ取っても、変則的な投資である。投書の中には、山中健司社長に浦郷直樹氏から3000万円支払われたと断定的に書かれている。これは出資者に対する背信行為であり、特別背任に当たる犯罪行為である、とまで書いてある。

出資者を募集したのは(株)maneo(瀧本憲治社長)らしい。今回の(株)LCレンディングによる出資は、沼津信用金庫が持つ債権を広域暴力団から借り入れた資金で圧縮、その借入金の返済と、第一管財(株)など、他の関係者で、山分けするするための浦郷氏の仕事だったというのである。

どこから儲けを出すということで金を出したか知らないけど、基本的にはゴルフ場経営であろうが、仮にそれが駄目でも、次は太陽エネルギー販売、それが駄目なら、産廃捨て場にできる、という、夢のような三段固めのシナリオじゃないだろうか?

太陽エネルギーも出尽くしたし、ゴルフ場の産廃捨て場も、震災の時の、今は昔の話で、今はむしろ、それらの不正が捲れ初めている時期であり、時代遅れも甚だしい感じもするけどね。やっぱり3000万のバックに目が眩んだんじゃないの?」富士山の麓にごみを捨てるなんて、罰が当たるよ。

悪い業者が許可もなく捨てたりしてるけど、普通の人はそんな阿漕なことはできないよ。見つかれば逮捕されます。日本の財産である富士山の麓に、だいたい行政もそんなに簡単にゴミ捨て場の許可は出さないと思う。それが日本の常識です。

凄腕の女地上げ師まきりん歌勢のブーちゃん

凄腕の女地上げ師まきりん歌勢のブーちゃん

ブヒブヒブーと喘ぐマキりん記事も、少し食傷気味ではあるが、国を欺く「偽装破産」の可能性がある以上、とことん追いかけないとね。

マキりんの代理人弁護士になってた、横井良先生から苦情が来なくなったけど、どうやら本当の事情が分かったんだなー?だいたいマキりんの弁護士なのに、河合を庇ってる箇所があったのも、変だった。

マキりんみたいなブヒブヒブーと、嘘八百並べる変態女から仕事を受ける時は、着手金で1000万円ぐらい貰っておかないと、相当不利になるからね。日を追うごとに、河合昭典とマキりんの立場は苦しくなってるね。

「偽装破産」を相談されて、その演出の一部に加わった弁護士は逃げられないけだろうど、そこに加わってないのであれば、堂々とマキりんの代理人になっても、大丈夫でしょうが、ただ本人は根っからの嘘吐きのようだし、裁判所の呼び出しにも平気で嘘をついて、男と遊び歩くような糞女ですから、くれぐれも注意は必要ですよ。

まー、今回に限っては降りた方が無難じゃないでしょうか?マキりんも、「病欠」として出席を拒んだのであれば、その日ぐらい静かに隠れてればいいものを、頭もすれっからしのパー女なんだなー。

ベストは実際に1日ぐらい病院に入院すべきだった。何で河合ちゃんは、そこまで教えてあげないんだよ。PAGのボロがこれから捲れるんだろうなー。

【本日のまきりん掲示板】
6/19投書

6/19投書

ーーーーー
6/20投書

ーーーーー
6/21投書

6/21投書

6/21投書

6/21投書

6/21投書

6/21投書

6/21投書

河合ちゃん

現在のマキリン

金を騙しとられたと訴えられた日大の田中理事長

金を騙しとられたと訴えられた日大の田中理事長

見つけた、見つけた、見〜つけた♬。裁判所で見〜つけた♬。田中英壽が被告のは〜な〜し♬。とメロディーまで付いてしまうような、驚き桃の木山椒の木の話である。

あれだけ完璧に、鉄壁の守りで、危機管理学に学校の金を使い、自身の汚れた裏金作りを隠してきたはずなのに、上手の手から水が漏れたのか、猿も木から落ちたのか、なんと、民事とは言え、金を騙し取られたとして側近が訴えられ、その使用者責任の被告として、日本大学の理事長である田中英壽が訴えられたというのである。

日本大学の一職員に金を騙し取られたから、その使用者責任として理事長が返せというような、呑気な話ではない。三年前に当紙で書いてきた、石井進と安藤季賢のコンビが業者を騙し、金を取っていた話がなんと、民事訴訟になっているというのである。

騙しも騙したり領収書のある分だけでも4000万円を超えてるそうで、実際は6000万円を超えてるそうである。石井進は現在筆頭常務理事で、創立130周年の責任者である。

どうもその地位を利用しての、悪巧みのようである。石井進筆頭常務理事とコンビの安藤季賢は生産工学部学部の同期生で、安藤は応援団の団長だったそうである。

日大は職員の出世組に応援団出身者は多い。安藤季賢は部外者でもあるし、田中理事長の先輩にあたるものだから、ずけずけ物言いすることから、田中理事長に嫌われていて、本部は出入り禁止だそうである。

だから本部で石井常務と会う時は、山本というのが代理で会いに行き、外で待ってるのだそうだ。安藤も歳を考えなくちゃー。いくら応援団の団長だといっても、50年前の話を持ちだして威張っても、同窓会のパーティーならいざ知らず、現状の立場では、田中英壽理事長とは月とスッポンだろうに。

先ずはそこは弁えないと。意見を言うなら、まるっきり仕事に関係ない立場から、物を言った方がいい。いま日大に必要なのは、金で身を守る危機管理をすることではなく、田中英壽理事長に正しく物が言える人物の登場なのである。日大は今「裸の王様に忖度」状態なのである。

ただ、忘れてはいけないのは、日本大学は私立大学ナンバーワンの助成金を受けてる私立大学であるから、本来は入札にしても公平に行われなければならない。

ところが実質は裏でバックマージンを出すところに、落札させている。三軒茶屋に新しくできた危機管理学部は清水建設が9年ぶりに取ったらしい。

今まで取れなかったのは、清水建設と親しかった教授が、「反田中」だったかららしい。今回は、石井、安藤コンビが「田中理事長に金を運んだから」と言う人もいれば、石井、安藤コンビが、入札情報を漏らしたから、という人もいる。

本来ならここで、当局やら、新聞社やらが、動いても良さそうな匂いがするのであるが、情報は知ってるみたいだが、タイミング待ちだそうである。

日本大学本部筆頭常務理事が民事ではあるが、詐欺のような形の貸し金請求訴訟で被告として訴えられ、その借りる理由が「仕事を取るには田中理事長に金を渡さないといけないから」と言うのである。

今までの慣例から大いに信憑性はある。田中英壽理事長はJOCの副会長である。元文科大臣の下村博文は国民に、「田中英壽理事長の暴力団との交遊を自身で調べ報告する」と約束しながら、恐れ戦いたのか、ナシのつぶてである。これが自民党都連会長の姿である。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>