凄腕の女地上げ師(77)債権者は戦う覚悟が必須
凄腕の女地上げ師(77)債権者は戦う覚悟が必須

マキリンの債権者会議の中味が全く漏れてこない。普通こんなことはあり得ない。債権者は債務者に対して不満タラタラだから、世間に対して言いたいことが沢山あるはずである。

況してやマキリンに対して、当紙が疑惑的な話を書き続けている。それでも一向に、破産申立した筈の債権者の声が聞こえて来ないのである。普通はあり得ない話である。あとは管財人に情報を送り、判断を任せるしかあるまい。

疑惑を持ってる皆さんも、ただ面白可笑しく投書するだけでなく、疑惑に足りる内容を、事細かく調べて、管財人や裁判所に名前を名乗って知らせてあげることが大事です。

事件性のあるものは、警察への通報だってするべきです。外野で吠えてるだけでは、犬の遠吠えと言って、相手に勇気を与えるだけです。戦う時は戦う覚悟を持つべきです。その時に必要なことは、自身の名前を名乗ること。

どんなに良い内容の話をしても、名前を名乗ら無ければ、所詮怪文書扱いにされてしまいます。名前を名乗れなければ、せめて信用に足る証拠書類を送って下さい。そうすれば、当紙が告発します。

マキリンは債権者破産を申し立てられました。普通なら、にっちもさっちもいかない状態で、オロオロした毎日が繰り返されてる状況でしょう。

ところがマキリンは、日常生活が破産申立られた前と後で全く生活態度が変わっていません。金も潤沢に回っています。第二回目の債権者会議さえ、嘘の書類を債権者会議に出して、彼氏とゴルフレッスンしてるぐらいです。債権者会議を全くバカにしています。

その後の生活態度も全く金に困っていません。去年の暮れには外遊したという噂もあります。これが破産者の姿でしょうか?こういう事実を書いても、債権者申立人からの問い合わせは一向にありません。

土地所有者の了解も取らずに他人の土地を売り歩いてるという、投書も来てました。普通、債権者破産を申し立てられてる最中に、名義を変更するということは、財産の隠蔽とか、詐害行為とかに、問われる事案じゃないのかな?何故こうも平然とこういう事が行われるのだろう?何故債権者は、告発しないんだろう?

そういえば、今井洋韓蔵夢中氏とマキリンの仲はすっかり冷え込んでしまってるらしいね。当紙への説得が上手く行かなかったのが原因らしい。疑惑を持たれた者が公序良俗に反するような説得ではいかんわな。
【投書】PROX並びにスカイスパイラル合同会社による投資詐欺被害者の会
【投書】
PROX(川北宏一)並びに
スカイスパイラル合同会社(福島大輔)
による投資詐欺被害者の会


投書と資料


【敬天コメント】
投書にあった事務所に問い合わせてみましたが、既に会社を潰して逃げたのか、連絡がありませんでした。こういう奴らは、どうせ偽名でやってるのでしょう。騙されたと思ったら、迷わず警察に訴えて下さい。
敬天新聞4月号(更新!)

敬天新聞4月号(更新!)  
 
魑魅魍魎蠢く南青山3丁目
問題物件入札とURの失態(一面)
  
 
パチンコ規制の裏で不自然な動き
当紙に届いた投書と天下りリスト(二面)
  
 
実録!日本大学ドキュメント
仁義なき田中理事長誕生秘話(三面)
  
 
敬天新聞4月号 社主の独り言(小辛)(四面)  
 
敬天新聞・鋭意調査中、1行案件  
 
  更新しました!

【投書】千駄ヶ谷の物件で不可解な登記

【投書】千駄ヶ谷の物件で不可解な登記

投書


登記簿

「義理とお金を秤にかけりゃ、お金が重たい男の世界」
「義理とお金を秤にかけりゃ、お金が重たい男の世界」

何年前だったか忘れたが、ローソンの子会社でチケット販売を請け負ってた会社の専務が115億円の特別背任で逮捕された事件があった。その時逮捕されたのは、専務の山岡武史。1億のキックバックを貰って、100億もの金を融資したのである。

LCレンディングスの山中健司に似てるな。金を引っ張ったのは、プレジールの岩本暘二だった。岩本はその金を豚肉詐欺に投資し、引っかかってしまうのである。その豚肉詐欺で捕まったのが、滝義洋だった。詐欺の食物連鎖である。

その岩本暘二が刑務所から出てきて、外国のネット事業でまた金を集めているらしい。今の時代に儲ける秘訣は「平気で嘘を吐けること」である。

とにかく、前を見ても後ろを見ても金を儲けてる者は、みな嘘つきだらけである。まー、商売の根拠が仕入れにどれだけ儲けを乗せて売るか、と言うのが基本だから、それをオーバーにしたのが詐欺という目で見れば、わからないでもないが、こうも猫も杓子も詐欺だらけでは、どう生きて行けばいいのか、何が正義で、何が悪か、わからなくなる。やっぱり詐欺を無くすには厳罰しかないと思うけどなー。

義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい男の世界。という、男が大切にしなきゃいけない心のうちを高倉健や鶴田浩二が歌って、日本中の男が、矜持として持っていた時代が確かにあったような気がする。

一部では、まだ大切にそういう気持ちを持ってる人もいるかもしれないが、恐らくそれは天然記念物の絶滅危惧種と言われるような存在か、世間から疎まれてるような存在になっている気がするね。

今の時代は、「義理とお金を秤にかけりゃ、お金が重たい男の世界」、「義理と人情と二つを足して、それより重たいお金の世界」、「地獄の沙汰も金次第、この世の沙汰も金次第。」、「法律を破ろうが、道徳を破ろうが、約束を破ろうが、金を持てば、全てがひれ伏す。信念も、魂も、友情も、全てが金で買える世の中でありんす。」なんて、言葉が浮かぶ世の中である。

このままでいいのか?今の世の中、表も裏も厚顔無恥な者だけが、出世する世の中です。悲しいね〜。
 
日大の理事から消えた中村克夫氏
日大の理事から消えた中村克夫氏

当紙が書いた日大の過去記事の中に、「中村克夫理事を『将来の理事長候補』と書いてあったので、とんでもない。あの男など理事にさえなる資格がない男なのに、理事長なんてもっての外」と、怒り心頭で、尋ねてきた人がいる。

仮にK氏としておこう。フリーライターの紹介だった。どちらも日大OBである。話を聞くと30年近く前の話である。「もう時効の話ですね」というと、「たとえ時効の話であっても、道義的に許せる話ではありません。私は今からでも訴えたいぐらいです」という。

昔有名な公認会計士で北見義郎という人がいたらしい。公認会計士らしいが、ヤクザが好きで、ヤクザと組んで何でも屋をやる人だったらしい。

主な仕事は債権回収だったそうである。池袋に(株)陽光という会社があって、社長の名前が「欧州帰りの男」と書いて、中村欧帰男という人だったそうである。

その子会社に、サラ金をやっていたアルコという会社があって、そこにいた社員を二人排除して欲しいという依頼をしてきたそうである。

「排除」という意味が、どこまでを差すのかはわからないが、それで広域暴力団系のYという男に依頼したら、相手の男を灰皿で殴りつけ、被害者は耳が削げ落ちる大怪我をしたそうである。それで池袋警察署に「殺人未遂事件」としての帳場が立ったそうである。

ところが、どういうわけか、その帳場が消えてしまったというのである。K氏は中村克夫理事が「殺人未遂事件」をもみ消した、というのである。

筆者は、「別に世の中、人の繋がりで出来ているから、時にはそういうことがあっても、不思議ではないでしょう。本当はいけないことでしょうけどね。」と言ったら、「そんなもんですかねー。」と、どうしても納得いかないようである。

当紙が中村克夫理事の話を書いたのは4年前の記事であるが、「あの時は新顔だったし、法学部出身と書いてあったから、あのような記事を書いたが、田中一強が続いている間は、誰が理事になっても、辻褄合わせの駒に過ぎないですよ」と言ったら、それなら理解できる、とほっとした感じだった。

それにしても30年前とはいえ、殺人未遂を依頼するとは聞き捨てならない話である。また日本財団の笹川陽平理事長と親しいそうで、日本中の場外舟券売り場建設の先乗り隊として乗り込んで、地元住民や政界への工作などが仕事だそうである。

だから、(株)陽光という会社なわけかな?いい仕事してるねー。と思いながら、あれっ、4年前記事ということは、去年の理事会ではどうなったのかな?と思って調べたら、中村克夫理事は常務理事を外れただけでなく、30人枠の理事からも外れているね。

あの時、次の理事長の可能性もあると書いたんで、田中理事長の怒りを買ったのかな?Kさんそういう状況でしたよ。
 
茨城県議飯塚秋男と消えた補助金一億・火消しに現れた土建屋が大物右翼を騙り大炎上
茨城県議飯塚秋男と消えた補助金一億
火消しに現れた土建屋が大物右翼を騙り大炎上

茨城県議の飯塚秋男議員が自身が影響力を持つ社会福祉法人に対し、1億円の補助金を強制的に県庁に出させた件で、未だに飯塚秋男県議は、県民に対して説明責任を果たしていない。

県から補助金が出た時点で、指定された業務に、きちんと金を支払っていれば、このような問題は起こらなかったはずである。ところが、指定された支払いは行わず、飯塚議員が1億を使い込んでしまったのである。

飯塚議員はこの事実は認めている。ただ、「自分が一人で使ってしまったのではない。だからその全容を調べている最中だから、もう少し待ってくれ」という、言い分のようである。

飯塚議員は勘違いしている。1億円の使い道や明細の説明、言い訳は、調査が始まった時に、当局にすればいい。1億円が不正に流用されたのであれば、まずは県民に謝罪・説明すべきではないのか?出処進退は、県民の反応を見ながら考えればいい。

この時の県側の責任者は、今回の知事選で敗れた橋本時代の副知事であった山口やちゑ女史が県の福祉部長の時の話である。山口女史も、もう民間人になられたので真実を語られたら如何か?

この事件では、県職員だった酒寄元之氏と、野沢ワールドの子会社で、やまびこの里福祉会の常務の斎藤亨に頼まれた笹沼政国氏が補助金不正受給で逮捕されたのである。

笹沼氏は1億円の使いこみ分を立て替えることで、桜川福祉会を買収する役目を負っていて、自分が一部を立て替えたそうだ。ところが、その企みを知った、飯塚秋男議員と臼井平八郎議員が、県の福祉部にクレームを付けて、この話を阻止したために、買収の話は壊れた。

そのために、「自分が持ちこんだ(頼んだ)話で、笹沼さんが立て替えた金を回収できない」と責任を感じた酒寄元之氏が、嘘の補助金を出すことを繰り返し、一部それがバレて逮捕されたものである。

しかし元を質せば、この問題の発端は、飯塚秋男議員の1億円の不正流用である。1億円が適切に使用されていたら、建設業者も備品納入業者も困らなかっただろうし、野沢ワールドも買収など考えなかったはずである。或いは1億円で手放していれば、円満解決していたかもしれない。

不正流用した上に、もっと利益を上積みしようと考えたから、県に圧力をかけ話を壊したのだろう。中味を知っていたかにもよるが、同伴した臼井議員にも責任はある。

一連の追及で飯塚議員が頼りにしたのが、塚田建材の塚田隆氏だった。地元の建設屋さんのようである。よく話を聞けば、大手右翼団体ともそんなに深い付き合いではないようだが、何故かその時は、大袈裟な関係を強調した感じだった。

茨城県は保守王国として有名ではあるが、一方で議員の不正が横行することでも有名である。また、この話で何故か、議長、副議長に報告すべきだ、と助言していた幹事長には、知事選挙の時に、金を配ったという疑惑があり、受け取った議員の名前の○印の付いた議員名簿が送られて来ている。

これが違反に当たるのかどうかわからないので、もう少し調査してからまた報告する。

(↑相関図クリック)




 
元KKC山本一郎とドリーム学園貝原秀輝
元KKC山本一郎とドリーム学園貝原秀輝

何年も追いかけてる犯罪者と言っていいような者たちが、全く逮捕されない不思議な件を忘れられないように、時々書くようにする。日本人から金を集めた時は、詐欺として立件されたが、中国人から集めた今回は未だに事件化されてない。

金の集め方も、金の扱い方も、配当の払い方も、途中で金を盗まれるストーリーも、現金を机の上に飾って大法螺吹くスタイルも、側近を愛人にするやり方(愛人が側近か?)も、前と全く一緒なのに、何故か今回は未だ逮捕されていない。

日本人には名前が知れ渡ってしまい、金を集められないので、ターゲットを中国人にしたのだろうが、「配当(金利)がバカ高いものだから、システムが破産するのは当然ということで、それでもそんな所に出資する貴方たちが悪い」という当局の考えなのであろう。出資者(被害者)も公序良俗に反しているのである。

しかし、これを事件にしなければ、山本一郎の「やり得」になってしまい、第二、第三の山本一郎が現れよう。こういうのを主宰する者に共通してるのは、口がとにかくうまい。人たらしでもある。新興宗教的な魔術を持っているのである。気付いた時にはスッテンテン、いやスッカラカンなのである。こちらは被害者の自己責任も大いにあるのである。

もう一人の何故この人逮捕されないの?は、ドリーム学園の貝原親子である。こちらは外国人に学校ビザを出せる立場を悪用して、学校法人の金を私的流用しながら、自転車操業を続けている。

外国人留学生に早め早めの授業料納付をさせ乍ら、一方で高値売却して、売り逃げを図ろうとしてるのである。学内での金の流れはめちゃくちゃで、理事会も開かないのに開いたことにしたり、理事も出席しないのに出席したことにしたり、自作自演で書類を作り、堂々と監督官庁である東京都に提出するのである。

一時は教職員からの内部告発もあって、東京都も地元警察も内偵しているという噂もあったけど、未だに貝原親子に振り回されて、何とも情けない。

文書偽造や金の流出については、当時の弁護士や傀儡理事長もひと肌脱いでいる。現在の貝原の周りには、弁護士免許のない弁護士である小林霊光をはじめ、魑魅魍魎が取り付いている。そして敬天とは話が着いた、暴力団で押さえた、という話を実しやかにしながら、転売話を進めているらしい。外国人の学生や教職員が可哀想である。

それにしても、東京都のだらしなさよ。さっさと許認可を取り上げてしまえばいいのに。時々思い出したように書かないと、敬天は金で片が付いたと言われるからである。更なる人が騙されて、大金を詐取される恐れがあるのである。こちらは被害者に自己責任は全くない。
安倍政権の驕りが招いた森友問題再燃焼
安倍政権の驕りが招いた森友問題再燃焼


(4)15年9月3日 国有地売買を管轄する財務省理財局長・迫田英典らと安倍が官邸で会う(午後2時17分から27分)

(5)15年9月4日 森友学園側と近畿財務局が交渉(午前10時から12時、近畿財務局9F)

(6)同日 紛糾する「安保法制」国会を抜け出し、安倍は午後に大阪入りして読売テレビ出演

(7)同日 大阪の「かき鉄」で元りそな銀行高槻支店次長の冬柴大(故冬柴鉄三元国土交通相の次男)らと安倍が会食(午後4時ごろ)⇒その後、りそな銀行は森友学園に21億円を融資へ

(8)同日 国土交通省が校舎の木質化で約6200万円の補助金を決定

(9)15年9月5日 安倍昭恵が講演し、「名誉校長」に就任

(10)16年4月6日 国が除染費用など約1億3100万円を森友学園に支払い

(11)16年6月20日 国と森友学園が1億3400万円で土地売買契約

とくに(4)から(9)までの事実経過をじっくりご覧いただきたい。はたして世の中、ここまで「偶然」が重なりあうことなどあるだろうか


上の文章は、どこかの記事を丁度一年前に参考までにコピーしたものだった。このコピーが事実であれば、森友学園は300万円で土地を手に入れたことになる。

しかも偶然か故意かわからぬが、りそな銀行が森友学園に21億円も融資している。こんなに金があるのに、何で森友は倒産するわけ?籠池氏は何処かに金を隠しているのかね。

りそな銀行はまるまる21億円貸し倒れかなー?21億円に見合う担保は取っていたのだろうか?この辺を洗えば、もっと真相が見えてくると思うけど。

この記事から言えば、昭惠夫人より先に、安倍総理が森友に力を入れてるようにも見える。ただ、7の項目が「ただの食事会」だったかもしれない。事実を知りたいなら、りそな銀行にも問い合わせてみればいい。

1年前に、これだけの事実を見つけ乍ら、その真相を解明できなかった野党もだらしがない。また一度は終息したかに見えた話をきっちりもみ消せなかった安倍政権も驕りそのものだったのであろう。

政権が混乱すると、喜ぶのは日本を敵と思ってる外国と犯罪者たちである。特に詐欺師は、混乱さえ飯の種にしてしまうので、困るのである。

田中角栄の国有地払い下げに比べれば、可愛い問題だけど、どこで狂ったのだろう?やっぱりぞんざいで尊大な態度が、野党を本気にさせ、国民の後押しに繋がっているんだろうなー。


 
伊調馨選手を阻むパワハラ問題
伊調馨選手を阻むパワハラ問題

伊調馨選手に対するパワハラ問題で、強烈なキャラクターのおばさんが現れた。まるで存在そのものがパワハラである。収拾どころか、火にドラム缶一本の油を注いだような強烈な印象である。

相当ワンマンな学長なのであろう。自分の中では「正義の声」の発露であったろうが、いま登場すべき人物ではなかった。レスリング協会の副会長も務めているというから、「この姿勢こそがパワハラそのもの」と国民に受け止められたのではないか?

こういう率直に物言う人は、実際にはそんなに悪い人は居ない。だが、一歩場面を間違うと火達磨になる可能性もある。栄監督に対して「その程度のパワーしかない男にパワハラができるわけがない」とか、「伊調さんは選手ですか?」とか、あの尊大な態度は、まるで「女麻生さん」である。

これで初動取り扱いは完全に間違ったという形で、第二幕へ進むことになろう。内閣府の聞き取りとは別に、レスリング協会関係者の色んな過去が週刊誌のネタになるのではないか?

中には、今まで言えなかったつらいことを、告白する人や、投書する人も出て来よう。こうなったら、本人の問題よりも周囲の問題が騒がしくなる。不倫やセクハラも出て来るだろう。

ところで、このおばさん小泉チルドレンとして、一回だけ国会議員に出たことある人らしいね。だから堂々としてるんだー?体育会系に属する女子はどちらかと言うと、男っぽい面を持ってる人が多く、結構縦の関係を尊重する。文科系との違いである。

中でも柔道、剣道、レスリングみたいな運動系部員は、特に顕著である。例えば、私服から運動着に着替えたりする時、真っ裸になって着替えるのであるが、毎日の出来事だから何とも感じなくなる。

一応男女は当然別室ではあるが、強いチームのコーチや監督になれば、尻を叩いたり胸を突いたりぐらいは頻繁にある。普段は何とも感じなくても、一度嫌だと思ったら、全てがセクハラの連続にもなろう。

男と女の関係でも上手くいってる時は問題ないだろうが、ひとたび歯車が狂えば、憎しみに変わる。レスリング協会がいう「パワハラはなかった」との言い分もわかる。指導者には「自分たちが教えたから強くなった」という誇り(驕り)がある。それは事実である。

しかし、今回の告発者はオリンピックで4連続金メダルに輝いた伊調馨選手に対してあったといっているのである。伊調選手は吉田沙保里選手と共に国民的な人気がある。頭から否定すれば、国民が怒るだろう。

業界の実務的なことでは、選手と監督では圧倒的に監督の方に権限がある。一般的には監督には一切苦情は言えないのが現実である。今回はとにかく、メンツを捨てて栄監督側(協会側)が非を認め謝罪することである。

確かに相手も負けず劣らずの実績を持つ名伯楽の栄監督である。それでも、国民の目は「あの伊調選手がいうのなら、余程のことがあるんだろう」という流れのようである。

一部週刊誌には誰かが裏で糸を引いているとか、恐喝を描いてる人物がいるとかの報道もあるが、それが事実であっても、それは終わってから検証すればいいことで、終息を目指すのであれば、先ずは空気の流れを読むことが大事であろう。

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>