森友学園疑惑の波紋

森友学園疑惑の波紋

森友学園疑惑を最初に報じたのは、豊中市の市議で、それに乗ったのが朝日新聞である。本来なら籠池理事長は、事実を暴露した朝日新聞と戦わなければなら無いが、何故か野党側と組んで、元の仲間と喧嘩してるように世間には映る。

幼稚園児に対する教育からも、思想的には朝日新聞とは合わないように見えるが、どういうことだろう?と思ってる人は多いだろう。

何でもそうであるが、悪事を働いていてばれたら、金を積んでもみ消す(この中には暴力団を使って脅すも含まれる)か、公表して謝罪するか、の二つしかない。逃げれば追われるだけで、被害は拡大するのである。

その時、関係者は蜘蛛の子を散らすように逃げていく。主宰者だけは逃げられないのである。追う方も主宰者を中心に追いかける。追う方は、だいたい勝算があるから追いかける場合が多い。籠池氏はみんな逃げたから、それが不満で不正を暴いた側とと組んだという構図である。

今回の事件で、一番男を挙げているのは松井大阪府知事ではないか?白黒がはっきりしてるし、逃げない姿勢で物事を語っている。

籠池氏は梯子を外されたと騒いでいるが、三通の異なる契約書をそれぞれの関係役所に出したことが判れば、認可適当から外されるのは当然である。もし役所の関係者とか議員とかも事前に、その契約書のことを知ってるとか、そのことを勧めたとか言うのであれば、裏切られたとか、梯子を外されたと怒ってもいいが、自分と建設会社と二人でやったのなら、やはり松井府知事が言う通り、逆恨みと取られても仕方があるまい。

今回の話で、森友学園に突然の神風が吹いたのは、総理夫人が名誉校長を引き受けたのと関係があるのは間違いなかろう。「総理夫人が名誉校長をしている学校なら、特別扱いすべきである」と「気遣いの忖度」を考えるのは、当然である。ここで忖度を考えない者がいたら、相当な変わり者かバカである。昭恵夫人も軽率である。

しかし、その名前を利用しようとした森友学園側にも悪意がある。教育方針は間違っていなかったが、飛躍し過ぎた。昭恵夫人と知り合ったことで、有頂天になり過ぎたのではないか?地元市議に捲られなかったら、上手く行ったかも知れない。

その市議が疑いを持った時に、説得するか理解して貰えばよかった。しかし、疑惑を持った市議は、森友学園の教育方針にこそ違和感を持ってる人物だったので、説得は難しかった。その結果の呉越同舟となったのだろう。

おそらく、こんな特別な計らいでバレずに設立された学校や特養老人ホームや補助金を貰ってる組織なんて、幾らでもあるはずである。

疚しい事業というのは、官であれ民であれ、表に出てしまえば、誰も庇うことは出来ないのである。隠れて悪行に精を出してる皆さん、バレる前に辞めて懺悔することをお薦めします。

鎌倉ハムの私募債について

鎌倉ハムの私募債について

鎌倉ハムの私募債について、「投資詐欺ではないのか?」という問い合わせがきた。被害者らしき投資者の話を聞くと、鎌倉ハムの私募債を500万円購入したらしい。何回か配当があったらしい。その後配当が滞ったので、その会社の大阪本町営業所に行ってみると、もぬけの殻で、電話もフリーダイヤルも繋がらなかったそうで、東京の本社に電話をしても要領を得なかったそうである。

これは間違いなく詐欺である。警察は手形詐欺で1回か2回支払いがしてあれば、「詐欺に問えない」と判断したり、「詐欺に問える可能性もある」と急に及び腰になるのであるが、それが詐欺事件を増殖させた遠因でもある。本当に払おうと思って払えない人もいるだろう。

だがそういう人は常習ではない。投資詐欺でもそうである。何かに少しでも投資してれば、「詐欺ではない」と考えたり、「詐欺には問えない」と考えたりするのである。そして金融庁の許可を貰ってないで投資金集めしたという、金融商品取引法違反の軽い罪で起訴(或いは罰金)にするだけで、犯罪者は舌を出してほくそ笑んでいるのである。

常連とそうでないものぐらいわかる筈なのに、そういう時に限って「人権が〜」と言いだすのである。なんで常習犯罪者に「人権が〜」と言って、被害者の人権を無視するのか?金を騙されて家族に言えずに自殺した人だっているじゃないか。こう言う事件が起こったら、殺人罪を適用すべきである。被害者の欲の深さの落ち度を取り上げる人もいるが、正常な大人なら、当然その部分を割り引いてもいいが、高齢者や超高齢者(最近は90歳以上をこう呼ぶらしい)、精神障碍者などを騙すなど、もっての他である。

投資詐欺で、形だけ何かに投資して、詐欺じゃない振りをする詐欺師もいるが、基本的に次に投資した者の金を配当に回し、大部分は使途不明金という金にして、懐に入れてトンずらするのが手口である。

鎌倉ハム私募債で金を集めているのは原親子に滝義洋というから、常習詐欺に間違いはない。正式には「鎌倉ハム」の私募債ではない。「鎌倉ハム販売株式会社」の私募債である。投資した人は誤解させられているのである。鎌倉ハムという名前は一社ではない。数社が名乗っている。言うなら、高島易団が誰でも勝手に名乗っていいのと同じようなものである。真面目なハム屋も居れば、悪いハム屋もいるのである。

原定雄、達也親子や滝義洋が金を集めている私募債は鎌倉ハム石井商会と組んで作った「鎌倉ハム販売株式会社」の私募債だそうである。それが正式の手続きを踏んだ私募債かどうかはわからない。手形の乱発で、お互いにののしり合い、現在民事裁判中というが、それとて当局を煙に巻く作戦の可能性だってある。

取りあえず、買わされた人は、直ぐに会社に連絡を取って、回収する策を練った方がいいですよ。彼らは詐欺常習者だから、開き直って「俺が逮捕されたら、益々金は返って来ないよ。黙っていれば、貴方の分だけでも返しますよ」と嘘を言って、事件化するのを遅らすだけですからね。くれぐれも二度も三度も騙されないようにして下さい。

滝義洋の前回の詐欺は豚肉詐欺だった。冷蔵庫の中に豚肉は入ってないのに、あるように装い、伝票を偽造し、それを担保に金を借りるとか、無い肉を売買するとか、である。今回は石井商会の手形を乱発しているようである。

石井商会側はまるっきり騙されたと言っているらしいが、滝の名誉の為に言えば、何千万かは石井親子に現金は渡っているというのが真相のようである。ただし、その何十倍かの手形を滝が乱発したようであるが。転んでも只で起きないのが滝義洋である。

鎌倉九郎さんの3月15日記事も参考になります。滝は暴力団の金を使う一方、警察の狗という一面も持っているそうである。滝に金を貸してる暴力団の皆さん、しっかり監視しないと、回収できなくなりますよ。

また私募債を買った皆さん、自宅に押し掛けたがいいと思いますよ。滝の自宅を知ってる方教えて下さい。当紙で公表します。





 

「千本桜リゾート」の悪党トリオ

「千本桜リゾート」の悪党トリオ

当紙の記者座談会で、よく出てくる「千本桜リゾート」の話だが、この悪党三人衆の岡崎俊城、中津史郎、菅沼栄トリオであるが、てっきり70過ぎの爺さんトリオと思っていたら、よ~く読むと菅沼栄というのは女だそうである。しかも、婆さんかと思ったら、まだ40代と言うから、ちょっと詐欺師業界の注目株である。

元々は岡崎俊城の女であったらしいが、今では中津史郎と出来てるというから、相当な玉であるのは間違いあるまい。一緒に仕事してて、両方と穴友学園だったら、気不味くないのかね。それは一般人の考えであって、一般人じゃない人には関係ないか。

マーサキャピタル(福田一社長)という会社がオリックスから5億借りて返せなくなって、債務を圧縮してくれるよう頼んだら、所有権が変われば1億4000万円になるという話になったらしく、そこで岡崎俊城、中津史郎、菅沼栄の悪徳トリオの会社、JSOフロンティアと形だけの売買契約書を結ぶのであるが、残念ながらオリックスとの話は壊れてしまった。そうなれば、当然JSOフロンティアと結んだ形だけの売買契約書も無効となる筈である。

ところが、詐欺師の塊である三人組は、この売買契約書は本物と称して、「千本桜リゾート」を返さずトラブっているのだそうだ。その挙句、岡崎側が元暴力団の男に依頼して、恫喝したり、糞を撒いたりしたので、地元警察に告訴状を出し、受理されたという話のようである。

オリックスも何で急に名義を変えただけで70%も圧縮することにしたのかわからない。マーサキャピタルも金も受け取らずに売買契約書を結んだこも、おかしい。仲間だったのではないか、と誤解されても仕方がない。

それに関しては、岡崎俊城の履歴が余りに華麗だたから、というのである。岡崎俊城は学習院大学を卒業、父親は元衆議院議員。そして本人は日本航空の常務まで勤め、一番の自慢はこの岡崎が「ホノルルマラソン」の産みの親だそうである。俺も何回か出たことがあるなー。サロンパスの会長が、秘書にサロンパスを持たせて、配りながら走っていたなー。おじいさんだったけど、追い抜かれたなー。懐かしい。

この岡崎の華麗な過去に皆騙されるのだそうだ。ただ、岡崎は今もJALとは関係あるらしく、JALのOB関係者しか入居できない老人ホームみたいなのが福岡かどこかにあって、未だにそこの役員はやっているとか言ってたなー。

JALにとっては、とんでもないお荷物になってるらしいよ。それもこの男がやってる不正は、一つや二つじゃないらしいから、さー大変、ということらしい。しかし、このトリオ、意外と一番悪党は二人を操ってる穴友学園の理事長である菅沼栄じゃないの?

森友学園問題の潮目
森友学園問題の潮目

森友学園問題では、どうやら野党の負けで決着が着きそうな気配である。日本人気質として、長引くのを嫌う。飽きてしまうのである。籠池証人喚問をピークに、もう潮が引き始めたようである。

原因は、無理やり安倍総理の責任を問い政局に持って行こうとしたことだろう。安倍総理を直接絡ませるには無理があった。

奥さんが幼稚園児の統率された整列に感動されたのは事実だろうし、そのことを帰って夫(総理)に報告し、その話を聞いた総理が「へー、今時素晴らしい幼稚園だねー」と言ったとしても、何もおかしくはない。

また、その延長で、新しく創ろうとしていた小学校の名誉校長をを頼まれて、善意の好意で引き受けたとしても、全くおかしなことでもない。昭恵夫人は、裏で悪巧みな計画が進行していることを知る由もないし、実際に全く絡んでいない。

普通こういう請託が問題になる場合、議員に裏金が渡っていたりするのだが、今回は相談されたという議員(ほとんど無名)の名前も何人か出たが、それらの議員が金を貰ったという事実は出ていないようである。

頼まれて(陳情)、口を利いてやった許容範囲ではなかったか?そこでだ。じゃー、それなら何故、近隣より8億も安くなったのか?ここが問題である。ここを徹底して野党は暴くべきだった。

昭恵夫人のお付き秘書からは、「相談された件については、無理ですとの回答が来ました」と籠池氏に返答が行っている。その後財務省の担当官が「総理夫人の秘書からの問い合わせか?」と、「気遣いの忖度」を考えても不思議ではない。

自分の出世のためとか、上司の為にとか、考えたかも知れない。上級官僚と言えども、煩悩だらけの人間だからね。ここを徹底的に暴いて、不公平な不正を暴き、そういう公務員を処罰すべきだった。野党はあまりにハードルを上げ過ぎたのである。

この問題に疑惑を持って最初に疑問を呈したのは、豊中市の市議だった。それに朝日新聞が飛びついた。朝日は昭恵夫人の天真爛漫な性格(家庭内野党)を知り尽くしていて、また総理から舌禍を引き出せば、関連性を持たせて、政局が作りだせると考え、それに野党が飛びついたのである。

現に安倍総理は「私や妻が森友学園の話に関わっていたら、私は国会議員も総理も辞めますよ」と発言した。これは失言だった。言葉を足せば問題になるようなものではないが、この言葉で野党が、俄然闘志を燃やしたのは間違いなかった。

籠池氏も公の場で話するなら、一部証言拒否などしないで、堂々と全て話すべきだった。たとえ「詐欺未遂」で逮捕されるにしても、その方が潔かった。

ここまで全国民が注視すれば、嘘を言った方に取り返しのつかないリスクがあろう。それにマスコミが総動員してる以上、過去から未来まで含めて、余すところなく情報が掴まれている筈である。

そういう意味では公人たちは、その殆どが出尽くしている。籠池氏はこれからが正念場となろう。
稀代の詐欺師山本一郎がお引越し!?

稀代の詐欺師山本一郎がお引越し!?

山本一郎が浅草を追い出され、銀座に引っ越したらしいが、何処に引っ越したか教えて下さいという投書が来た。一方で、山本一郎が引っ越した住所は中央区銀座1−3−3東亜ビル9Fです、という連絡があった。

山本一郎に事務所を提供したのは、高濱とかいう爺さんらしい。仲間なのか、善意の第三者なのかはわからない。まー、これほどの有名人に事務所を貸すぐらいだから、善意の第三者と言うのは無理があろう。

山本一郎も今のように有名になる前には、白タクをやってた時代もあったらしい。その頃は寝る家もなく、車の中に寝泊まりしながら、白タクをやっていたらしい。人に歴史ありだねー。

そんな時一人の菩薩に出会ったそうだ。名を太田ひさ子さんと言ったそうだ。ひさ子女史は幸か不幸か、1億の金を投資させられたらしい。羨ますい〜。やはり才能だろうね。今からでも、その才能を見習いたいと思ってる世の男性は多いだろうなー。俺なんか投資させられっぱなしだからねー。

山本一郎は、それを元手に、KKCの前身となる「お助け会」を始めたのだそうだ。「KKCの時」も一人の菩薩(ヤーレン・トーレン女史)が2億の投資をして設立されたそうである。今の競球なら、さしずめキンペイ女史ということだろうか?

山本一郎の投資詐欺は、被害者に女性が多いのが特徴的である。男のビジネス感覚での投資に比べて、女の場合は友達に誘われての切っ掛けが多い。

山本一郎と話していれば、男の場合ある程度「嘘」と見抜けるところがある。ところが女は、山本の話についつい惹かれて魅力を感じてしまうようである。ヒモ的要素も持ち合わせているようである。

現実には銀座に引っ越したというのではなく、月曜日から金曜日まで、その銀座で、勉強会と称する「カモ釣り大会」を開催していたようであるが、一人とか、二人しか客が集まらなかったそうで、山本君も熱が入らず、銀座出張は止め、今はまた、浅草での活動再開だそうである。

この銀座事務所の話には後日談があって、この事務所の前任者は、あのコマシのマコ(篠原誠改め三木誠)ちゃんが居た事務所だったそうだが、ご存じのようにマコちゃんが先日、詐欺未遂で逮捕され、事務所が空いてしまった。そこで、家賃を埋める為に、一郎君に声を掛けたのではないかと、囁かれている。真偽はいかに?

それにしても、当局も動きが鈍いねー。息子の原田竜一が中国人被害者に襲われてあばら骨を折ったという話も出てたけど、金を稼ぐために来ている中国人が、金を騙し取られたんじゃ、それは怒るわな。

豊田商事の二の舞にならんように、早く身柄確保してあげた方が、本人のためでもあると思うがね。同胞に大損害を与えた愛人のキンペイ女史も気が気じゃないね。

それにしても不思議なのは、日本人も大して金を持たないのに、働きに来た立場で、よく金を持ってるなー。中には1億の被害に遭ってる者もいるらしいよ。何の仕事をして稼いだんだろう?

はは〜ん、だから被害届は出さないだろう、の読みで、中国人から金を集めたのか?山本一郎は。甘い。他国に命を賭けて稼ぎに来てるのに、金に対する執念が違うよ。出稼ぎ者を舐めたらあかんぜよ。

パチンコ業界の闇・コンパス武本孝俊氏からの回答書
パチンコ業界の闇・コンパス武本孝俊氏からの回答書

コンパスの武本孝俊氏に、「ファクタに警察庁保安課の斎藤康裕元課長と山佐の佐野慎一郎社長との密会写真を会員制雑誌ファクタに持ちこみ掲載させたのは貴方ですか?」という質問状を出したら、「自分ではない」という回答が来た。

そこで再情報を集めたが、どうしても武本氏の疑念が消えないので、「ファクタに警察庁保安課の斎藤康裕元課長と山佐の佐野慎一郎社長との密会写真を会員制雑誌ファクタに掲載させたのは貴方ですよね」と再度質問状を出したら、ミネルバ法律事務所の喜多村洋一弁護士から、再度、「ファクタに写真を持ちこみ掲載させたのは武本孝俊氏ではない」という否定の返事がきた。

関連した質問状を出してる所からは、回答はない。これは名誉に関することだけでなく、業界の裏切り行為にも繋がることだから、他の人も事実であるのかそうではないのかぐらいは、回答を出したがいいと思うけどね。

警察庁が違法の可能性があるから、「双方向通信遊技機」は許可を出さないと、歴代課長補佐が言い続けてきたにも拘わらず、武本孝俊氏とゲームカードジョイコHDの石橋保彦氏や柳漢呉氏たちは、85億も掛けて「双方向通信遊技機」にだけ通用するカードを作ろうとした。結果的には、途中で止めたらしいが。

その件だって、最初から作れない、或いは作っても売れないということは、わかっていた筈なのに、おかしな動きである、と社員の人達は感じていたようだ。

それより、監督官庁の意向に反対するような動きをしていた業者に対して、見えない懲罰はないのだろうか?別にあからさまな懲罰対象にしてもいいと思うが、そこはそれ大人の事情とかを優先する日本社会だからね。

パチンコ業界は脱税の温床、違法送金の温床、ギャンブル依存症の温床、生活保護者の遊び場等、決して社会の評価はよろしくない。警察も違法は違法として厳しく取り締まって頂きたい。

双方向通信遊技機の特許は全て、SANKYOが持ってるそうである。部品に関する特許は武本氏らしい。過去に山佐の佐野社長と保安課との癒着を勘ぐって、しつこく保安課に喰いついき疑った会社があったことを、警察側が仄めかしている。

勿論全くの事実無根と、一蹴している。投書ではそれをSANKYOであると指摘している。今回密会写真を撮影した探偵会社は「株式会社テイタン」である。

このテイタンに行動確認を依頼した者は誰か?そしてこの密会写真をファクタに掲載させたものが誰かが話題になっているのである。

SANKYOと言えば、つい毒島氏を想像してしまうが、当局に楯突くような行為は自殺行為にも見えるのだが、そんなバカげたことを直接するだろうか?誰かの絵図のような気もするのだが・・・。
20億の大株主(アトラエ蠹貍撻泪供璽6194)鎌田和彦

20億の大株主(アトラエ蠹貍撻泪供璽6194)鎌田和彦

昨年の6月に、アトラエという会社がマザーズに上場しています。

この会社の個人筆頭株主は、インテリジェンス創業者で、現在はオープンハウス副社長で、大山多賀男の振込詐欺マネーを利用して未だ返済する気がないという反社会的人物の鎌田和彦です。

鎌田は、現在、アトラエの個人筆頭株主として、20億以上の時価総額の株式を保有しています。
その気になれば、大山から受け取った7000万円(少なくとも)なんか余裕で返せるでしょう。

大山の事件では、被害者が、小山とその他の共犯者を訴えているという情報もあるようです(詳細は知りません)。

カネがないところに勝訴しても、結局、回収できません。困っている被害者の多さは、計り知れないでしょう。

20億の資産家・鎌田和彦からの回収を考えてみるのも一つの手段と思います。

鎌田はEDINETという金融庁の情報公開システムで、堂々と公人として連絡先の携帯番号も公表しております。参考にして下さい。

詳細は以下の画像をクリック

資料


資料


 

振込詐欺マネーの受領を認めた鎌田和彦
振込詐欺マネーの受領を認めた鎌田和彦

現在、裁判で係争中の鎌田和彦(オープンハウス副社長)が、昨年の大みそか付の原告第5準備書面において、「振込詐欺のドン」大山多賀男から資金提供をうけていたことを、ようやく認めました。

足掛け2年の歳月がかかりましたが、鎌田が裁判で振込詐欺マネーの受領を認めました!


【鎌田和彦が訴訟に至るまでの経緯】
鎌田は当初、敬天新聞からの事実確認の質問状に対し、何も回答せず、「赤坂警察署の指導により返送します」の1文のみを据えて送り返しました。最初に事実関係を釈明する機会を与えられながら、自らその機会を放棄しました。

その後、敬天新聞での不正追及がなされたら、何を勘違いしたのか、現役の指定暴力団を利用して追及を止めるように不当な言論弾圧を行いました。
これについて、鎌田に依頼された暴力団側からの証拠書類が裁判所に提出されているようです。
いずれ、暴力団が動いた背景についても明らかになってくるでしょう。

その後、やむをえず、訴訟を起こしてきました。


【訴訟後の経緯】
鎌田は、名誉棄損で訴訟してきましたが、最初に敬天新聞社、その後投稿者を訴えてきました。
鎌田の代理人である小川幸三先生の訴状を見てみると、主要な論点である大山からのカネの流れについては、争わないという内容でしたが、こちらが、「そこを争わなければ、この裁判の意味がないでしょう」という趣旨の主張をしていたら、ようやく時間をかけて認めざるをえなかったというのが真相です。

提訴直後の鎌田は、大山からの振込詐欺マネーを受領したことについては、何が何でも認められないという姿勢でしたが、それには無理がありすぎます。

代理人の小川弁護士は、昨年、10月11日の口頭弁論で、次回までに「事実を明らかにしていきます」、「時間は1ヶ月半ください」ということで、結局、12月13日の口頭弁論時まで時間があったわけですが、この時に出てきた書類は、たった2枚だけでした。


この続きを読むには以下の画像をクリックして下さい。

 
森友学園籠池砲と安倍政権の行方
森友学園籠池砲と安倍政権の行方

森友学園の土地売買の話も、籠池理事長の話も今一わからない。幼稚園教育の取り組みを見て、感心して賛同する人がいても別におかしくはない。

幼稚園児が整列して、君が代を歌ったり、教育勅語を暗記して読み上げるのを直接現場で見たら、感動する人は多いと思う。今の若い親の子供のしつけに、「なんてだらしないのか」と思ってる人は意外と多いのである。

こういう時、ジンケン、ジンケンと騒いでいる人の方が、意見としては耳障りがいいので、心の中で「教育としては間違っていない」という人は、声が上げにくいのである。

そこで、「この教育をこのまま幼稚園だけで終わらせるのは勿体ない。このまま小学校、中学校、高校と続けて行けないものだろうか?」と考える人達がいても少しもおかしくない。

政治家にだって、役人にだって、宗教家にだって、そんな考えを持つ人がいても全然おかしくない。幼稚園経営ぐらいだったら、自宅が少し広ければ、ぐらいの感覚でやっていけるだろうが、小学校経営ということになれば義務教育でもあるし、色んなハードルもあるだろうし、ルールも厳しく適用されるだろうから、簡単に経営者にはなれないだろう。

それなりの準備金、保証金も必要になろうから、思い、憧れ、意思の発露だけでは、難しかろう。この件では、何が良くないのか、何が問われなければいけないのかが、混ぜこぜになっていて、焦点が見えなくなっている。

国有地が何故安く売買されたのかが問われ、そこに財務省やら政治家やらが絡んで、違法的な手段で売買されていたのなら、言語道断である。先ず問題にされなければならない。

しかし、安倍総理が統制の取れた挨拶ができる園児を見て、「素晴らしいと思った」という発言を取り上げたり、夫人が講演したことや、園児の歓迎を受けて涙ぐんだことや、名誉校長になったことを、さも犯罪のように悪意に取り上げるのはおかしい。

主宰する方は、少しでも役員や来賓に有名人や著名人を並べようとするものである。何か伝手を頼ったり、知人にお願いしたりするものである。

講演も同じである。無名の人では、講演そのものの意味がなかったりする。日本人の特性として、「いい話をする無名な人よりも、話の内容はなくても有名な人の方が、人が集まるし喜ばれる」という実態がある。名誉職というのは、ある意味人寄せパンダである。その組織に重みを付けるために存在する、実態のない役職という位置づけである。

野党もそのような事実はわかっているのだろうが、国民の関心を惹きつけるために、同じことをしつこく質問しているのである。

こういう問題は、罰則のある「証人喚問」で厳しく質問しなければ、事実は解明しない。介入を噂されてる官庁や、与党政治家、政府と真逆の話をしている籠池理事長を証人喚問で国会に呼んだことはいいことである。松井大阪府知事は自分を国会に呼んでくれ、とまで言っている。大阪府の認可の経緯もあろうから、呼ぶべきである。

デヴィ夫人は、100万円を森友学園に寄付したことを発表した。おそらく、教育方針に感動したのだろう。この問題を提起したのは、豊中市のオンブズマン市議で、それを後押ししたのが朝日新聞である。

今までにも権力者の擁護を受けてとか、特別な計らいでとか、国有地を取得した者、多額の助成金を違法に貰った者、一年かかる認可を一週間で受任した者、とか腐るほどいたろう(当然、謝礼もあった)。

だが、こうして世に出るのは稀である。政府も真剣に対処しないと、大変なことになる。一歩間違えば、舛添都知事現象さえ起こりかねないのである(野党の狙いは正にそれ)。

麻生大臣の口をひん曲げての質問者を小馬鹿にした回答だけは避けるべきである。野党の目的は安倍政権打倒に風を吹かすこと。国民は質問にも返答にも、その一挙手一投足を見ている。

疲れるだろうが、しつこい質問にも投げやりにならず、丁寧に答えることである。流れは一進一退コロコロ変わるだろう。籠池氏の、野党に叩かれて捲れた話なのに、野党と戦略を練る行動も今一わから無い。トランプ政権は、日本が真に独立するまたとない機会だから、慢心だけはご用心召され。
日大の田中英壽理事長に退陣説?
日大の田中英壽理事長に退陣説?

噂らしいのだが、あくまでも噂らしいのだが、田中英壽理事長が、近いうちに辞めるのではないか、という噂が流れているというのである。

鉄壁の要塞に守られているようでも、守る者も守られる者も所詮は人だから、傍から思うほど完璧ではないのも事実である。

10万人の頂点に立つということは、何も無くても神経は磨り減るだろうし、常に何処かで監視されてると思えば、胃や腸はズタズタになろう。

無名の時のように、あっちこっちで浮名を流すわけにもいかんだろうし、ストレス発散ができないのである。もし辞めるとしたら、引継ぎ者に「過去を掘り返さない」という条件を吞むものにしか、譲れないだろう。

田中英壽理事長の理想は、内田や井ノ口への引継ぎだろうが、いくら何でも無理を通して窮屈になろう。殆どの教職員は満を持して、田中退陣を望んでいるらしいから、一歩間違えば朴クネ退陣現象が起こる可能性さえある。

そうなれば猶更、「過去を問わない」執行部に譲りたいと思うのが、人の浅ましさである。

確かに田中理事長も、先の瀬在・野崎体制を倒す時、散々周囲に「彼らを倒したら、彼らがやって来た不正のすべてを公表する」と宣言していたが、結局公表しなかっただけでなく、その何倍もの利権を独り占めして不評を買っているのである。

「不正を公表する」というのは、あくまでも政権を取るまでのパフォーマンスであって、実際に執ったら「不正そのものが利権」なわけだから、公表しないのは当たり前の話なのである。

前任者を刑務所に送ったところで、美味しい果実を食べれなかったら、なんのための出世だったのかわからなくなると考えるのが、煩悩者の煩悩たる所以である。

外国では前任者を徹底追及して、刑務所に送ることもするが、日本ではそこまではしない。惻隠の情という優しさである。辞めたことで責任は取った、禊は終わったと捉える場合が多い。

田中理事長の場合は、余りに側近と言われていた人たち、関係者と言われた人たちを無下に切り捨てた薄情さが目立っている。その人たちが真実を語らないのも、語れないのも、親分さんたちとの交遊関係を見せつけられてきたトラウマが原因であろう。

親分と呼ばれるような人たちからの支援なしには、今の地位は有り得なかったというのは、間違いない話である。

「菱の血判」という日本一の大組織暴力団山口組の内紛を記した書籍の中に、田中英壽理事長の名前が仮名であるが出てくる。

しかし、私に言わせればまだ一部でしかない。その田中英壽氏が、日本で一番多い助成金を国から頂いている私立大学の理事長なのである。

文科省は何を考えているのだろうか?自ら調査すると言った、下村博文元文科大臣は恥ずかしくないのだろうか?野党でこの事実を追及する者はいないのだろうか?

田中英壽氏は日本大学の理事長だけではない。3年後に東京オリンピックを主催するJOCの副会長でもある。果たしてその資格があるのだろうか?

高給弁護士軍団の恫喝訴訟を恐れて、今のところはマスコミも動かない。だが、国から日本一の助成金を受け取っている以上、弁護士軍団に支払われている弁護士費用も公表されるべきではないのか?
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>