週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

いやいや凄い話になってきたねー。和歌山県の酒問屋「ヤナセ」の話である。内紛に関しての取り立てが、暴露合戦になってきたようである。

この話は、黒木正博氏がどういう経緯か知らないが、「ヤナセ」に入り込んで、そこで多額の金を懐に入れ、その後部下を社長にしたまま、責任回避していたらしい。

色んな所からの債権取り立てに困った元部下(正確には部下の部下らしい)の小野沢社長が、事件屋の岡村泰孝氏に相談して、それならまずは弁護士法違反に当たらないように、ヤナセの役員になって、一計を案じたようである。

そこで岡村氏は自分のことを「太いクライアント」と理解し尊敬してくれる「週刊報道サイト」の佐藤君に「1回25万円の20回連載」という約束で、10回分の250万円を先渡ししたそうである。

しかし、黒木記事を連載させて黒木をおびき出す作戦を考えたが、海千山千の兵の黒木氏からは無しのツブテだった。そこで、禁じ手である(と弊紙は思う)池田氏が黒木氏と仲間であるような記事と前歴を褒め殺しにしたのである。

私(白倉)が、この話を知ったのはつい最近であるが、この記事を見て、アウトローズの奥村氏が先輩として心配して記事の内容について何度か注意をしていたようである。

その注意を佐藤君はクライアントと信じて疑わない岡村氏に、その都度報告。そういう状況を知らない弊紙がヤナセに質問状を送ったところ、丁重な回答がきた。

その質問状と回答は過去記事に掲載した。その回答書の中で、ヤナセ側は奥村氏を、「池田氏の代理人」と書いたり、「このまま記事掲載を続けると池田氏に拉致されるぞと奥村氏から言われた」と書いてあったので、弊紙の知らないところで、奥村氏と佐藤氏が「言った、言わない」とやりあっていたので、どちらの話も聞くために、立会したのである。

後日の証明にと、参加者全員の了解の下に、テープを録って、後日そのテープを佐藤君が新橋に届けてくれた。ここで分かったことは、池田さんは、この件に全く関係がないこと。

奥村氏は先輩としての付き合いもあり、佐藤君が(嘘記事を書けば)恥を掻いてはいけないので、記事の続行を辞めさせようと、多少誇張して言った部分はあったと思う。

そこの部分を佐藤君は「岡村さんの曲解です」とか、「虚偽です」とかは認めていたが、「金を先に貰ってるから削除はできない」と言っていた。

「クライアントとの約束だから」と言っていた。この辺はビジネスに徹しているのだろう。本人も「メディアをビジネスに特化した仕事をしたい」と言っていた。

こういう事実をヤナセの小野沢社長はは知っているのかね。黒木氏の取り立ては構わんが、炙り出すために他人を巻き込んで、しかも取り立てのために、どういう名目で経費を捻出したのか知らんけど、本当に普通の酒問屋なの?

それで、アウトローズの記事に対して、今度は反撃の質問状が岡村泰孝氏から奥村氏に届いたのである。ロシア女の話だった。岡村氏からの質問状だから、内容を開示したくなかったら、ほっとけばいいわけだけである。

ところが岡村氏は、どこかのネットを通じてその質問状を世に出したいらしい。内容を見たが、確かに世の中に見せるために作られたような質問状だった。

着け火の張本人ではあるが、さすがに報道サイトは「出せない」と断ったらしい。さて次に金で買われるサイトはどこだろう。佐藤君の見立ては「・・ジャーナル」だという。

まさか、わざわざ火中の栗を拾いに来るかなー?酒問屋「ヤナセ」の話には当分目が離せなくなった。
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)


和歌山県御坊市藤田町の酒類販売会社「ヤナセ」の内紛問題で、現社長の小野沢朋一が元社長黒木正博から、金を取り立てる計画で、事件屋として著名な岡村泰孝を役員に雇い入れ、その岡村が報道サイトを使って、殊更に内容を煽りたて記事を書かせていたことの顛末が見えてきた。


実際には小野沢社長が社長になる前には、黒木との間に上司として大脇という男が居たそうである。黒木はこれまた著名な男で、色んな所で名前を聞く。


弊紙で追いかけたことがないということは、所謂特殊詐欺と言われるようなことをしている男ではないのだろう。会社を食い物にしたり、乗っ取ったり、みたいなことが専門の男なのだろう。
 

小野沢が自分では太刀打ちできないと、おそらく岡村を引き入れたのだろうが、岡村もまた事件屋として著名だそうである。今風に言えば、どちらも反社である。


噂では二人とも、暴力団との繋がりがある一方、警察にも繋がりがあるという。要するに特定の警察の情報屋という意味であろう。どこまでを情報屋(S)と言うのかは知れないが、今は情報屋の側が自分の仕事に警察を利用する場合が多いから、公務員である司法警察官は、そこをしっかり間違わないで欲しいのである。


ところでヤナセの社員は、自分の会社の中で、こういうことが起きてることは知ってるの?会社の金なら、役員は好き勝手に使っていいわけ?黒木が会社に負担させた金は億を越えるらしいけど、その取り立てをする為に、名うての事件屋を役員にわざわざ入れて、また会社の金を使って、黒木をあぶり出すために、関係ない人物を登場させ虚偽を書かせ、「ヤナセ」は法律に触れないのかね。


これは小野沢朋一(黒木の部下の大脇の元部下)が依頼した岡村泰孝対黒木正博の話(取り立て)だろう。池田氏は黒木から部屋を借りてただけで、家賃もヤナセの社員に渡して、その家賃もちゃんと通帳に振り込んであって。それがわかった上で、取り立ての民事訴訟を起こしているんだろう。敗訴でも、「裁判中を理由に記事を削除しない」という作戦で。池田氏が怒って黒木を追いこむように。裁判の悪用である。


事件屋は先の先を読んで、裁判を起こすことはよくある。小野沢も借金取りの請求が嫌なら、「みなさんに借金したのは黒木です。私は訳も分からず社長を引き受けさせられました。今実情がわかりましたので辞任します」と言って、ヤナセを辞めればいいじゃないか。
 

しかし、取りあえず、あっちこっちに頭を下げとけば、良い給料が貰えるから社長を辞めないんじゃないの?それで黒木から取り立てが成功すれば一石二鳥、三鳥の儲けと思って、取り立てのプロである岡村泰孝先生に頼んだんじゃないの?

ヤナセ小野沢社長の口座には毎月振込まれている
(詳細↓click!)


 

週刊報道サイト記事の螢筌淵(小野沢朋一社長)J聖罎亮遡箴
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

弊紙の質問状


弊紙から小野沢社長に宛てた質問状


小野沢社長からの回答書

【螢筌淵察小野沢社長に対する弊紙の見解】
早速の回答ありがとうございました。幾つか見解の相違もあるようですので、検討してみたいと思います。まず感じたのは、あなたの認識と「報道サイト」の記事の内容のかい離です。

1,2の回答でも、「賃料問題の滞納について認識はない」となっていますが、報道サイトでは、殊更に滞納となっています。

6の回答を見ますと、「賃料請求は、弊社の債権債務の処理の範疇」とありますが、記事内容は大きく逸脱しているようですね。

10であなたは相澤を社員と認めているのか、「相澤からの報告を受けております」と書いてあります。その一方で「仮に池田氏が賃料を誰かに支払っていても、その支払いが賃料として有効な支払いであるか」と書いてありますが、池田氏は毎回、あなたが部下と認めている相澤に払っていたのです。

その証拠の振り込み用紙も確認しましたし、相沢自身にも私自身が直接聞きました。しかも7,8,9の三か月分は相澤自身が給料を貰えなかったので、自分が振り込まないで、使い込んだと証言しました。

そして、ついこないだまで、相澤はヤナセ東京事務所として使っていたようです。私も何度か会ったことがあります。あなたが内紛として、あるいは恨みとして黒木と争うとか、被害金を取り立てるとかに介入する気はありません。

しかし、あなたが依頼した岡村泰孝氏の黒木に対する取り立て方は、報道サイトに多額金を払い、嘘とわかっていることまで書かせ(現にあなたの認識と記事の内容があまりに違う)、男を売って真っすぐに生きてきた池田氏を侮辱するように「ほめ殺し」写真記事を掲載するのは、あまりに卑怯ではありませんか?

池田氏に不正があるというなら、私は口は挟まないが、全くの濡れ衣とわかっていて、話の中に入れ込むのはおかしくないですか?

アウトローズの奥村氏も書いているが、報道サイトの佐藤君も故意に書いたことを認めているが、「クライアントからの依頼だから削除できない」と断っていた。それぞれの立場があろうから、別に構わないが、嘘を書く、嘘を書かせると言うのは如何なものか?



 
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

小野沢ヤナセは、「Iさんが受け取った領収書は黒木が勝手にヤナセの​会社印を偽造したもの」と思ってるらしい。そこまでわかってるなら、こんな手の込んだ演出記事を報道サイトに掲載させないで、黒木を印鑑偽造で訴えれば済むことではないのか?金の使い込みなら背任や横領でだって訴えることもできるはずである。

Iさんが又借りするきっかけは、黒木だったらしい。黒木の了解の下に契約したのだという。最初から全額払ったらしいが、ついこないだまで、ヤナセは東京事務所として机と電話をおいて、相澤丈という男が常駐していた。

その男の肩書は「管理部経理課・課長」となっている。その男に現金を渡し、その相澤が通帳に振り込み、領収書を出していたそうである。

今年の7,8,9月分においては、その相澤が、金を使い込んでることを認めていた。本人の弁によると、給料が出なかったので、その給料分として貰ったとか、退職金として貰ったとか、言っている。

しかしそれはヤナセの問題であって、部屋を借りたIさんの問題ではなかろう。それも一年半も経ってから、苦情を言うのもおかしな話である。

どうやら絵図を書いたのは、岡村泰孝という男らしい。岡村は事件屋としても有名な男で、福岡勇次、小野塚清などの仲間らしい。一時は弁護士会の有名人でもある笠井浩二先生に「騙し取った土地の所有権の確認訴訟をやらせていた」そうである。

一年前だか二年前だかに、成金社長が女にわいせつ行為をしたとかいう話で、成金社長から金を取ろうとして逮捕された実績もある。ただ、その後民事で成金社長(鎌田だったかな?)を訴えてたから、たんまりと和解したかもしれない。

それはいいが、今回の記事の書かせ方はよくない。社内の背任行為を解決するのに、自分が入り込むのは構わない。小野沢に頼まれたのだろうから。黒木をおびき出すために、Iさんを絡め、Iさんの過去まで引っ張り出して、Iさんに「黒木に払った分を取り返して、小野沢の方に払ってほしい」というのは、むしがよすぎる話だろう。

事前に相談をしてくるならともかく、いきなり記事で書かせるというのは、卑怯千万である。それも先払いで金を払って書かせるというのは、如何にもである。老獪な作戦である。

だいたい和歌山県御坊市藤田町にある「ヤナセ」という会社は何屋さんなんだ?そんな田舎の会社が社内の役員のトラブルの金の回収に、東京でも名うての事件師を取り込んで、大金をはたいて回収を企むというのも、感心はせんなー。社員は今の実情を知っているのかね。

確かに最近の黒木は大物らしい。色んな事件物で名前は聞く。しかし金を使いこんだとか、流用しているとかがわかってるなら、幾らでも刑事告訴できるではないか?況してや会社の印鑑偽造までして金を横領しているのであれば、尚更である。

弊紙の質問状に対して、小野沢朋一社長から丁重な回答も来たので、後日質問状と共に掲載する。弊紙が出した質問状であるが、その回答書に対して、「曲解である」とか、「ほぼ虚偽である」とか、「完全な虚偽」とか、他者も介入してのバトルが繰り広げられたので、これもまた後日掲載する。

「ジャーナリズムをビジネスにする新しい手法を取り入れ、新しい風(ブーム)を起こす。金を貰って書くジャーナル。書かれた相手が消してくれと来たら、それを受けるジャーナル」だという。別に新しい発想ではないが、それを公言し実行しているところが、新世代と言えるのかもしれない。そこを老獪な事件師が利用するのであろう。

その老獪な事件師さえ「太い客のクライアント」と言うところに新人類ジャーナリスト誕生の動機があるのかもしれない。取りあえず千客万来の多忙さだそうである。






前回記事click!→週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)




 
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

報道サイトの佐藤君が書いてる記事で、明らかな間違いがあるので、伝えてくれないかと、相談された。話を聞くと部屋を又貸しで借りているらしいのだが、家賃が貸してる本人に渡ってないのか、又借りしているIさんが払ってないと、記事になってるそうである。しかも殊更にIさんの過去を強調し、故意に結び付けてある。

それで佐藤君にも会って、話を聞いた。先ず話の主人公は黒木正博であることがわかった。黒木が和歌山県にある「ヤナセ」という会社を使って、銀行を初め色んな所から金を引っ張って、そのままにして居る為に、その後始末に苦慮してるらしいのだが、黒木の戦略なのか、部下を社長にしたまま雲隠れしたので、苦情がそのまま、その「ヤナセ」に来るので、困った跡継ぎした小野沢朋一社長が、岡村泰孝氏に相談したそうである。

それで外部からの取り立てでは、何かと支障をきたす(弁護士法違反等)ので、内部の話にする為に岡村泰孝氏をわざわざ「ヤナセの役員」にして、取り立てを始めたようである。そこで、逃げ回って出て来ない黒木を燻りだす作戦として、報道サイトに記事を提供したようである。

それは別にいい。しかし嘘を提供してはいけない。黒木から金を取りたてるのに、黒木の利害関係者を辿って行くのはいいが、その先に有名人がいたとしても、関係ない人を無理やり関係人に仕立てるのは良く無かろう。

話を聞いて、黒木が一番悪いのはわかる。金を借りたら返すべきである。しかも部下に、その責任を負わせて逃げ回るのは、最も卑怯である。小野沢社長は、黒木を背任で訴えればいいではないか?会社に将来性もメリットもなければ、その上で会社も破産すればいい。

今回の話は、又借りしているIさんが家賃を払ってないから払えという主旨である。しかし、Iさんは間違いなく「ヤナセ」の社員に金を払い、その社員は「ヤナセ」の口座に振り込んでいる。その金がどう使われているかは、Iさんには関係ないことである。

それが小野沢社長の知ら無いところで無くなっているのであれば、小野沢社長は刑事事件として訴えるべきであろう。途中で消えてるということを知っていながら、Iさんを巻き込もうとしているなら、少し悪質過ぎるのではないか?

話を聞いていると、これは「ヤナセ」の内部の問題であるようだ。確かに振り込んでる通帳は存在するが、その通帳を持っているのが誰かであろう。Iさんは領収書も持っている。小野沢社長の代表印が打ってある。ひょっとして、未だに「ヤナセ」の代表印を持っているのは、黒木ではないのか?

黒木が逃げ回りながら、「ヤナセ」の名を使って仕事をしているのか?それを取り返すために、岡村氏に頼んだということなのか?それに、報道サイトは利用されたのか?

他人の仕事を邪魔する気はないが、嘘は書かない方がいい。後々、信用に大きく関わってくるからである。小野沢社長が「支払い督促申立書」をI氏に送って、まだI氏に届く前に、報道サイトは記事に掲載している。

ということは、確認もしないまま、報道サイトを騙す意図ありありである。小野沢朋一社長の考えは、「Iさんが黒木に騙されたのなら、Iさんが黒木から取り返して、『小野沢ヤナセ』に入金して欲しい」という考えだそうだが、それってIさんに取り立てをさせるために、こんな手の込んだ芝居をしたわけ?小野沢と言うのもろくなもんじゃね〜な。





 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>