凄腕の女地上げ師(83)ジャーナリズム

凄腕の女地上げ師(83)ジャーナリズム

有名雑誌等でエッセーだとか、コラムとか書いてる人も、時に話題の時事ネタや企業の不正記事を書くこともある。有名になると、向こうからお客さんが寄ってくるが、無名の人は自分で開拓するしかない。なんの業界でも同じである。

ジャーナリズム、メディア、マスコミ、詳しくはどう分類するのか、良くは知らないけど、これらも何某かのビジネスで成り立っている。

大手に居れば安泰で、その業界でも発言力は強くなる。すべての業界で言えることであるが、強いところに人も金も集まるのである。また有名人になれば、そこにも人や金が集まるのが世の常である。

私はいま敬天新聞を発行し、ネットで敬天ブログを発信している。一部業界では、「知ってる人は知っている」という存在である。25年も続けていれば、それなりに知られるのは当然である。

私は記事を書くだけでなく、新橋でも自分の思いの丈を時事放談的に街宣している。基本は日本主義であり、尊皇愛国である。当然聴く者からすれば、是々非々であろう。

こういう自身の考えを世間に訴えたり、記事で発表することは、日本では損をすることが多い。意見を述べた途端に敵を作ってしまうからである。

だから人気を第一とする芸能人は、政治の話などはしない。最近は社会を批評したり、自分が妊娠したとか、離婚したとか、昔なら隠していたことを自らネタにしている者もいるにはいるが、まだまだ一握りである。

基本的に情報というのは、誰かから持ち込まれることが多い。しかし相手が大物であればあるほど、躊躇せざる得ないし、忖度も必要だろう。しっかり裏が取れていても書けないこともある。

大手マスコミでよくあることだが、記者がいいネタを拾ってきても、会社に持ち込んだ時点で没にされるのである。そういう話が回ってくることもある。

山岡が他人事のようにばかり記事にする、金を貰って記事を書く場合もあるし、書いた後で謝礼を貰うこともある。出張すれば出張費を出すところもある。こちらから要求することもある。書かれた相手が、もう書かないでくれ、削除してくれと頼んでくることもある。

有名になると、当然削除代も高くなる。断ることもあれば、断れないこともある。自分は縁のない世界のような顔をしているが、山岡もやってることは同じである。

ただ、分かりやすいか、分かりにくいか、シャキッとしてるか、フニャっとしてるかの違いだけである。元々田辺勝巳弁護士とのトラブルも、金を貰った、貰わない、多い、少ないが原因だろう?

最近は当紙の知らないところで、「敬天止めてやる詐欺」や「敬天消してやる詐欺」が横行しているらしい。しかし、そういうことをする輩は法を熟知していて、依頼者が、「結果は駄目だったんだから、頼むのに渡した金を返して」と言っても、「こういう公序良俗に反した行為を頼んだ金は裁判で訴えても負けるんだよ」と、平気の平左である。

うちは一度終わった話を山岡のように、ふにゃふにゃ書かない。「あれっ、あの人にお金を渡して終わってる筈なのに、また書かれてる」という方は、連絡下さい。貴方は「止めてやる詐欺」にかかってる可能性があります。

凄腕の女地上げ師(82)目糞鼻糞を笑う珍粕ジャーナル
凄腕の女地上げ師(82)目糞鼻糞を笑う珍粕ジャーナル

4/28投書

この投書(4月28日投書)は最初意味がよくわからなかったけど、セリフはマキリンの言葉ってこと?この投書の主は、こういう感じの事を言ってるのを直接聞いた人かね?それとも、想像かね。

直接聴いた話というのであれば、聞き捨てならない話である。うちが金を貰って書いた記事ということになるではないか?それとジャーナリストというのは、どうやら週刊現代の記者を指してるらしい。

うちは確かに原宿署に名誉棄損の告訴が受理され、事情聴取を受け書類送検されている。いつ送検されたかは知らなかった。山岡が知っているのは、恐らくSKG(止め屋)の天井次夫の情報ではないか、という情報をくれた人が居る。

うちはともかく、週刊現代を訴えた件は、「話にならん」と一蹴されたそうではないか?それから山岡に言っとくが、「右翼標榜暴力団」と書いて、わざわざ「ウィキぺディア」に飛ばしてるけど、英五郎会長も勿論知ってはいるよ。他にも何人か有名な親分さんも知ってるよ。

知ってれば、暴力団か?英会長は敬天新聞の最高顧問じゃないよ。10年くらい前、文化振興会の呼びかけで「日本ジャーナリストクラブ」というのが出来て、会長が古川のぼる氏(フクロウ博士)で、理事長に敬天新聞が指名され、副理事長に勝手連の光永勇氏が選ばれた。その時の最高顧問が英会長だった。以来付き合いはある。

俺は自身の肩書に色んなことを言われても、「半分そうです」と認めるようにしている。それは、社会から見てそういう風に見えるなら仕方がないじゃないか?自分の信念を世の中に認められないことは、往々にしてあることである。わかる人がわかってくれればいいではないか、と思っている。

と、ここで記事は終わったのだが、5月1日の投書で知ったが、山岡の記事はひどいねー。天井氏が山岡のスポンサーだというのは聞いてたが、この記事見るとマキりんも、しっかりスポンサーだね。俺がまるで金貰って書いてるみたいな書き方だね。

5/1投書-1

-2 チンカス・ジャーナル


5/1投書

報道サイトの佐藤君と田辺弁護士の仲違いで漁夫の利を得たもんだから、調子に乗ってるな。バカ垂れが。誰がマキりんに金を請求したのか知らんが、請求されたと思うなら、訴えればいいだけの話じゃないか?

俺がマキりんに要求したり、請求したりしたのかい?この山岡も女の腐ったようなふにゃふにゃして、何か言いたいなら、会ったときちゃんと言えばいいじゃないか?この前、大川さんの葬儀の時、会ったけど、俺が声かけた時、何も言わなかったじゃないか?それどころか、何年ぶりに会ったと喜んでたじゃないか?大川さんが会わせてくれたとか言って。お前もコロコロ変わるやつだね。

お前こそ、この件で俺に取材してないじゃないか?目糞鼻糞を笑う部類のくせに、自分だけ品行方正な振りするなよ。新橋の街宣や来賓あいさつで、面白おかしくリップサービスとかすれば、最近はそういう揚げ足を捉えて裁判所に敬天資料として提出する軽い弁護士もいる。自分が問うてる内容に自信がないからである。

マキりん記事が82回続いたからって、マキりんの私生活を82回も取り上げてるわけではないだろう。投書の主たちが、探偵社を使ったと言ってるわけだから、その中には、もちろん盗撮もあるだろう。そんな部分(投書)も含めて、今名誉棄損で訴えられて、原宿署が鋭意捜査して、検察庁に書類送検してるんだろう?

盗聴魔のお前が4の5の言う場面か?お前が記事を書いて逮捕され、1年以上勾留され、裁判で無罪になった人がいたじゃないか?いま名前が出てこないけど思い出したら書くよ。こういう記事を書いてると、記事対象者には何某かの傷を与えるものだよ。

似たような立ち位置に居て、「自分だけは違います」は、おかしいだろう。だからうちは、できるだけ「詐欺」に特化して取り上げてるんだよ。世間から見たら、お前も俺も「ブラック」には変わりないんだよ。続きは次回だな。

5/2投書

5/2投書


 
凄腕の女地上げ師(81)マキリンがやらかした?
凄腕の女地上げ師(81)マキリンがやらかした?

4/21投書&登記簿

【敬天コメント】
裏付けのあるいい投書が届きましたが、内容が難しくてなかなか理解できません。一昔前に流行った「抵当権・・」という方法の意味もわからないし、漢字も読めませんから「・・」にしました(読めないのでパソコンに打ち込めない)。

PAGに、責任があるのではないか、というのは何となくわかります。元々この債券は関西アーバン銀行が所有し、その債権をPAGが買ったわけですね。

その債権をPAGが、なぜか安価でマキリンに売ったわけだすね。そしてその債権をマキリンが1億以上で勝鬨に売ったわけですね。そしてまた、勝鬨からYM開発とかへ売られたわけですね。

その時に昔流行った手法で「抵当権」がついてきたわけですか?関西アーバンは回収が面倒くさいと思ってPAGに売るわけですよね。PAGはその回収で儲けようと思って買うか、いくらか上乗せして再売りを考えますよね。

それとも関西アーバン銀行が、PAGに融資するとき、「多めに融資するから、この債権も買ってくれ」とか言われて買った「お荷物物件」ということかな?自分の処で捌けないお荷物だから安価で売ったのかな?

そこはさておき、その債権をPAGはマキリンに売った。「安価で売った」というところが味噌かな?それとも、「破産者であることを知ってて売った」というところが味噌かな?

投書の人も含めて勘違いが多いが、いくらマキリンがスパースターでも、妖艶で豊満な美熟女でも、一人ですべてを地上げするなんてできるものではないよ。

騙し騙され、最後は金と力の世界みたいなところがあるわけだから、やはり多くの人の、努力、協力、我慢があっての成功である。違法性もなくただの民・民の取引なら、我々がとやかくいうものでもない。

この投書&登記簿は、マキリンの破産の実態を調査している管財人とか、免許更新を受け付けた東京都とか、不動産連盟の人たちに読んでもらって、参考にしてもらいたいね。話の発端は、URと村上ファンドの契約違反行為から始まるのである。

※補足「滌除=てきじょ」(不動産用語集→click!)
凄腕の女地上げ師(80)債権譲渡について
凄腕の女地上げ師(80)債権譲渡について

マキリンが第二回目の債権者会議を虚偽の理由で欠席した時、一緒にマキリンとゴルフレッスン場に通っていたと話題になっていた佐々木という青年がいたが、彼は鈴木宗男元議員の秘書だという情報が入ってきた。

「それがどうしたの?」と言われれば、それもそうだが、あの騒ぎ以来、二人の関係は壊れたそうである。ということは、年末から今年にかけて、アゴ足付きで海外にゴルフ旅行でお供した相手は、佐々木青年ではないということか?プライバシーの件ではこのくらいにしとかないと、なんせ名誉棄損で訴えられてるからなー。

ところで、4月14日の投書では、債権譲渡契約書についての解説が書いてある。私(白倉)が、「理解力がないから、説明して欲しい」という呼びかけに応えてくれたものだろう。

その中で、マキリンの立場は1、表明保証違反になると書いてある。誰に対してだろう?2、アイキャピタルエステートと会っていれば、契約違反になる、と書いてある。3、契約違反であれば、無条件で契約解除になる、とも書いてある。

おそらくこれらは、売買先の勝鬨(かちどき)に対しての、違反だろうけど、民事であれば、解約になるというだけの問題であろうから、金持ちマキリンには、あまり影響ないんじゃないの?

それから、PAGにも報告義務があると書いてあったけど、元々PAGとマキリンが仲間として行動している話だから、仮に報告してなかったとしても、あまり問題じゃないんじゃない?要するにPAG側が問題にしないということ。

いよいよ来週の火曜日(24日)は、「PAGがURに、建物の検査済み証を取得して提出する最終日」である。URがプレハブを「建物」として認めるかどうかである。

その日を境に、「日本の財産を、何で違反を許してまで外資に利益協力しなくてはならないのか?」という声も強まろう。それから、「協定書」の存在があると投書が来ていたが、もしお持ちの方がいたら、送って下さい。皆さんに公表して、判断して貰いましょう。十分に公益性はあると思います。

4/14投書
凄腕の女地上げ師(79)債権譲渡
凄腕の女地上げ師(79)債権譲渡

4/9投書

資料1.債権譲渡契約書

資料2.代々木一丁(土地)登記簿

資料3.代々木一丁目(建物)登記簿


この契約書(資料1)には印鑑も日付もないけど、下書きの段階の契約書かなー?内容は噂で言われていた内容だなー。PAGの河合はマキリンに3000万円で債権を売ったんだ?それを今回マキリンが勝鬨とかという所に1億(以上)で売ったわけだ。

マキリンは7000万円(以上)の儲けを出したわけだな?だけど、名義上はまだマキリンの会社のままになってるから、投書の主は、債権者を欺罔していると言ってるわけだな?

まー、通常なら、金のやり取りと同時に名義も変えるというのが普通だわな。勝鬨の方だって名義を変えないと言うのは、リスクのあることだから、一概にマキリンだけの責任とは言い切れないかもしれない。

それから、債権を売買するにはPAGの了解もいるみたいにも書いてあるけど、PAG河合からマキリンが(高い安いは別にして)買い取った物であるなら、なんでそれを売買するのに、PAG河合の許可がいるわけ?

「何処かに売る時は俺に相談しろ」とか、「値段は俺が決める」とかの、密約があったわけ?そういうのがあったとすれば、相談しないマキリンに非はあるだろうけど、当然マキリンは相談したんじゃない?、それより大事なことは、管財人に事実を知って貰うことである。

破産は民事だから、刑事ほど公的権力がないので、強制的な権限が少ないそうである。だから事実を伝えて参考にして貰うことが大事なのである。

どうしても関係者は感情論が先走ってしまう。「臆病者のウサギ」ではいけない。とにかく事実の積み重ねが大事である。契約書が難しくて理解できないが、黄色い部分が大事な所という意味かい?わかりやすく説明のできる方教えて下さい。
凄腕の女地上げ師(78)URよ「転売禁止」「買戻し特約」は何の為?
凄腕の女地上げ師(78)URよ
「転売禁止」「買戻し特約」は何の為?


4月6日の投書は、当紙の理解力では意味がわからない。馬越氏だとか、千寿だとか、誰が誰に瑕疵があるのかがわからない。「協定書」が存在するというが、誰と誰が結んだ協定書なのか、内容はどういうものであるのかがわからないと、白とも黒とも言えない。

今回の騒動で一番悪いのは、村上ファンドではないのか?原則自社でビルを建設するという契約であるにもかかわらず、URを騙すように「吸収合併」して、売り抜けている。

この時60億も上乗せしてPAGに売却している。URは何故、この実態を知ってて、契約を解除しないのか?その後のURの姿勢が、益々村上ファンドやPAGを付けあがらせたのではないか?

村上ファンドは株屋であり、会社乗っ取り屋。PAGは投資会社である。どちらもエンドユーザーではない。当然土地転がしが目的である。

「転売禁止」の目的の一番は、土地転がしではないのか?それが目の前で行われようとしていて、なぜ注意ができないのか?違反をした時のための、「買戻し特約」ではないのか?それとも「脱法行為ではあるが、違反行為ではない」という解釈なのか?

それならそれで、その旨を発表すればいいではないか?そうすれば、PAGだって、無駄なプレハブなど建てる必要もない。URの曖昧な対応が、業界を混乱させているのである。

お陰で当紙は、民事・刑事で訴えられている。当紙は真実を知りたいだけである。誰の言い分が真実なのかを追及しているだけである。URが結論を出せば、混迷している問題に答えは出るはずである。

「転売禁止」だとか、「5年以内に2000岼幣紊侶物を建てる」という決まりが契約の中になければ、このような騒ぎにはならないだろうし、それらがあるということは、何か理由があるから、わざわざ入れたのであろうから、その説明をするだけで、全てが解決着くのである。なぜそれを言わないかが、不思議である。

またマキりんが債権者破産を掛けられたということは、債権者がマキりんの態度に対して頭にきたということである。金があるのに債権を払ってくれないということである。

だから裁判所に「マキりんの財産を調べて、その中から自分たちの債権分を回収して、配当して下さい」ということらしい。自分から免責を求める自己破産ではないので、殊更財産を隠したり、貧乏な振りをしたりする必要もないらしい。

儲けてると噂なのに、一向に自分の債権を払ってくれないから、「どうなっているんだ?」と訴えた債権者破産ということですね?ということは、偽装破産ということは考えにくい。破産法を知らないアタシの早とちりでしたら、ごめんなさい。

だから堂々と顎足付きで彼氏と外遊したり、高級外車を買ったりしてたわけだ。まー、こちらの方は、破産管財人が調査中だから、結論を待つしかないね。

3/30投書


3/31投書


4/6投書
【投稿】郷鉄工所「第三者委員会」が認定した、石川歩・長瀬隆雄ら役員の「違法行為」と「責任の所在」
【投稿】郷鉄工所「第三者委員会」が認定した、
石川歩・長瀬隆雄ら役員の「違法行為」と「責任の所在」



投稿(click!)


資料・松尾ブログ(click!
凄腕の女地上げ師(77)債権者は戦う覚悟が必須
凄腕の女地上げ師(77)債権者は戦う覚悟が必須

マキリンの債権者会議の中味が全く漏れてこない。普通こんなことはあり得ない。債権者は債務者に対して不満タラタラだから、世間に対して言いたいことが沢山あるはずである。

況してやマキリンに対して、当紙が疑惑的な話を書き続けている。それでも一向に、破産申立した筈の債権者の声が聞こえて来ないのである。普通はあり得ない話である。あとは管財人に情報を送り、判断を任せるしかあるまい。

疑惑を持ってる皆さんも、ただ面白可笑しく投書するだけでなく、疑惑に足りる内容を、事細かく調べて、管財人や裁判所に名前を名乗って知らせてあげることが大事です。

事件性のあるものは、警察への通報だってするべきです。外野で吠えてるだけでは、犬の遠吠えと言って、相手に勇気を与えるだけです。戦う時は戦う覚悟を持つべきです。その時に必要なことは、自身の名前を名乗ること。

どんなに良い内容の話をしても、名前を名乗ら無ければ、所詮怪文書扱いにされてしまいます。名前を名乗れなければ、せめて信用に足る証拠書類を送って下さい。そうすれば、当紙が告発します。

マキリンは債権者破産を申し立てられました。普通なら、にっちもさっちもいかない状態で、オロオロした毎日が繰り返されてる状況でしょう。

ところがマキリンは、日常生活が破産申立られた前と後で全く生活態度が変わっていません。金も潤沢に回っています。第二回目の債権者会議さえ、嘘の書類を債権者会議に出して、彼氏とゴルフレッスンしてるぐらいです。債権者会議を全くバカにしています。

その後の生活態度も全く金に困っていません。去年の暮れには外遊したという噂もあります。これが破産者の姿でしょうか?こういう事実を書いても、債権者申立人からの問い合わせは一向にありません。

土地所有者の了解も取らずに他人の土地を売り歩いてるという、投書も来てました。普通、債権者破産を申し立てられてる最中に、名義を変更するということは、財産の隠蔽とか、詐害行為とかに、問われる事案じゃないのかな?何故こうも平然とこういう事が行われるのだろう?何故債権者は、告発しないんだろう?

そういえば、今井洋韓蔵夢中氏とマキリンの仲はすっかり冷え込んでしまってるらしいね。当紙への説得が上手く行かなかったのが原因らしい。疑惑を持たれた者が公序良俗に反するような説得ではいかんわな。
凄腕の女地上げ師(76)買戻特約
凄腕の女地上げ師(76)買戻特約

南青山三丁目登記簿謄本


南青山三丁目登記簿謄本が送られてきた。甲区の一番最後に「買戻特約」とはっきり書いてある。ただ買戻しの期日は平成32年と書いてある。つまりあと2年先(2020年)の4月ということになる。

ただ、5年以内に2000岼幣紊侶物を建てるという約束事も決まりの中にある。それを欺罔するつもりなのか、5年以内の期日である来月を目指して、いまプレハブを建てている。

果たして、プレハブが約束事の中にあった、「周辺地域に見合った商業ビル建築物」に該当するのか、URの判断を待つところである。

それにしても、もう一つの大事な約束事である、「転売禁止」という条項を、どうやってクリアするのだろう?URから落札したのは、村上ファンドである。

その村上ファンドは60億の利益を乗せて、実質PAGに転売している。あくまでも吸収合併であるとの主張であるが、まきりん自身が、自身のホームページの中で、「吸収合併という名の転売が、アメリカでは主流である」と述べている。

はっきりと転売という認識を持っているのである。現に今までの周辺の地上げはPAGがやっている。そしてまた、更なる転売もPAGが仕掛けている。

所有権は完全にPAGなのである。URがなぜわざわざ「転売禁止」という縛りを設けたかである。おそらく転売という土地転がしを繰り返されたら、あっという間に土地の値段が跳ね上がり、一向に開発に繋がらないからであろう。

そのURの契約を村上世彰が裏切ったのである。仮に村上ファンドとPAGの吸収合併を転売とまでは言えないと解釈するのであれば、5年以内に建物を建てるという条項違反は明らかであるから、それだけでも来月をもって、買い戻し条件を満たしたことになろう。

 
凄腕の女地上げ師(75)URの失態
凄腕の女地上げ師(75)URの失態

本日は金田真紀女史の第五回目の債権者会議だそうだ。今度ぐらいは会議の中味が漏れてくるかなー。財産である筈のマンションの名義が変わっているわけだから、これは大きな疑問として、マキリンから管財人に説明の義務があろう。

ところで、今日の投書は意義のある投書だねー。なんでもっと早く出さなかったんだろう?村上ファンドの落札額が55.5億で、直ぐに吸収合併という名の転売で、PAGが120億で買っている。村上ファンドは転売利益が約64億である。

不動産屋の話によると、こういう取引の場合、幾らかのキックバックは常識らしい。この投書を見ても、吸収合併と言いながら、落札した筈の村上ファンドから、明らかに経営権がPAGに移っている。そしてその周囲の地上げはPAGが中心になって行い、マキリンが大活躍するのである。また反社からの購入などの時は、KSGなどの代理を立ててきたのである。

それにしても、他の入札者が、2位が東急不動産、3位がフュージャースとなっている。この二社だったら自社で開発し自社ビルを建てたことだろう。問題は起こら無かったはずである。これはURの失態と言ってもいいだろう。今からでも遅くはない。買い戻して再入札すべきである。

【3/16投書】入札結果資料

 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>