LCレンディング社長山中健司の罪ァ擽甼掘

LCレンディング社長山中健司の罪ァ擽甼掘

LCレンディング(山中健司社長)が浦郷直樹グループに8億3000万円を融資した話は、誰が聞いても普通にはあり得ない話と言う人が多い。

「あれは3000万円のキックバックを貰ったから、融資したのは間違いない。そうでなければ乗るわけがない」というのである。

「南建設の南勇次が、あのゴルフ場を維持してきたのは、賃貸料や使用料等を一切払わなかったから、やってこれただけ。真面に払っていたら大赤字で、維持できるわけがない」と言う意見を言う人もいる。

「あれは浦郷が、大手暴力団から借りた金を取り立てられていて、苦肉の策で描いた絵図に山中健司社長がまんまと乗せられた話。普通なら、浦郷が持って来た話は皆警戒するのだが、3000万円というキックバックの話に、ついふらふらっと、魔が差してしまったのではないか。そこが浦郷たる所以である」という人もいる。

3000万円を貰っていたのが事実であれば、山中健司社長の行為は特別背任になる。また8億3000万円の融資の中から、1年間分の金利として1億2450万円を先払いというのも異常である。

おそらく借金返済も含めて、金は右から左に分配されていて、もう維持費は(株)富士リゾートカントリークラブにはないのではないか?

それより、取りあえずうるさい所を落ち着かせて余裕が出てきたので、第二段の手段として、美味しい飾りを付けて、転売を目論んでいるのだろう。

特殊詐欺で儲けて金を持ってる者、日本に土地を保有したい中国の成金、神内由美子女史のような詐欺被害に遭っても被害届を出さないような者等に「一時的に保有して頂ければ、5割の配当を付けて買い戻します。いやここだけの話ですが、次の買い手はもう決まっているんです」とか、話を持って、もう歩いているんだろうなー。

それとも、山中健司社長との話で、もうすでにそのような話があったかもね。だからといって、山中社長の背任行為の罪が消えるわけではない。投資家を騙した罪は消えない、ということである。

騙されて出資したのか、共謀して出資したのか、LCレンディング社長山中健司の罪は重い。

前回ブログ➡ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング
ファンド会社のLCレンディング

山中健司・LCレンディング社長が
3000万円の『袖の下』と引き換えに
反社会勢力の大物・浦郷直樹が実質支配する
富士リゾートカントリークラブに
大枚8億3000万円の無謀な投資!

【投稿】画像クリック
ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング

LCレンディング(山中健司社長・港区赤坂1−12−32アーク森ビル22階)はファンド会社である。投資家から集めた金を投資して利益を上げ、それを会員に配当する仕事である。

当然、きちんとした配当が継続可能なものにしか投資はしないのが原則であり、その間違いのない判断をするのが、社長の腕である。

(株)ワールドエースカントリ—クラブ(現富士リゾートカントリークラブ)を買収するには3億もかかっていない、と関係者が言っていた。それなのに、何でそんな所に8億3000万円も出資するのか?しかも1年分の金利1億2450万円が先払いされているという。

1年分の金利先払いという、一つだけ取っても、変則的な投資である。投書の中には、山中健司社長に浦郷直樹氏から3000万円支払われたと断定的に書かれている。これは出資者に対する背信行為であり、特別背任に当たる犯罪行為である、とまで書いてある。

出資者を募集したのは(株)maneo(瀧本憲治社長)らしい。今回の(株)LCレンディングによる出資は、沼津信用金庫が持つ債権を広域暴力団から借り入れた資金で圧縮、その借入金の返済と、第一管財(株)など、他の関係者で、山分けするするための浦郷氏の仕事だったというのである。

どこから儲けを出すということで金を出したか知らないけど、基本的にはゴルフ場経営であろうが、仮にそれが駄目でも、次は太陽エネルギー販売、それが駄目なら、産廃捨て場にできる、という、夢のような三段固めのシナリオじゃないだろうか?

太陽エネルギーも出尽くしたし、ゴルフ場の産廃捨て場も、震災の時の、今は昔の話で、今はむしろ、それらの不正が捲れ初めている時期であり、時代遅れも甚だしい感じもするけどね。やっぱり3000万のバックに目が眩んだんじゃないの?」富士山の麓にごみを捨てるなんて、罰が当たるよ。

悪い業者が許可もなく捨てたりしてるけど、普通の人はそんな阿漕なことはできないよ。見つかれば逮捕されます。日本の財産である富士山の麓に、だいたい行政もそんなに簡単にゴミ捨て場の許可は出さないと思う。それが日本の常識です。

ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング

当紙2度目の質問状


投書(画像クリック)

資料1


クリック➡ファンド会社のLCレンディング
 

川崎競馬組合の「甘い裁定」け栽其デ呂隆

川崎競馬組合の「甘い裁定」け栽其デ呂隆

川崎競馬所属の杉村一樹騎手に対し、浦和競馬組合が6月20日〜7月3日まで実効10日間の騎乗停止処分を科すことを発表した。

既に川崎競馬組合が、5月9日〜6月19日まで30日間の騎乗停止処分を科しているから、10日間延長された形である。

これはおかしいだろう。

浦和競馬組合の発表によると、川崎競馬組合から情報提供があり、杉村騎手が浦和競馬開催期間中に携帯電話を業務区域に持込み、外部関係者と通信したことを確認したとしている。

だから、この行為が「競馬の健全な開催に影響を及ぼす信用失墜行為である」と判断し処分に至ったのだという。

であるならば、川崎競馬で行われた規則違反に対し、主催者足る川崎競馬組合が30日間の騎乗停止処分を科した理由と同じなのだから、浦和競馬で行った規則違反に対して、その主催者足る浦和競馬組合は、最低でも30日間の騎乗停止処分を科すべきではないのか?

10日間に決めた根拠は何だろう?既に川崎競馬組合が騎乗停止にしているのだから「うちはプラス10日間でいいや」な〜んて甘ちゃん処分をしていると、やはり浦和競馬組合も川崎と同じく関係者が杉村騎手に弱みを握られているのかな?と疑いたくもなるだろう。

杉村騎手に対し、弁護士を介して出されているストーカー被害女性の告発によれば、川崎、浦和の他、大井、船橋の競馬場でも同様の規則違反が行われていたことが明かされている。

各地方競馬の主催者が杉村騎手と腹の探り合いで、小出しに処分を科すのではなく、南関東4競馬の統括的な役割を担っている地方競馬全国協会(NAR)が、しっかりとガッツリと杉村騎手に厳重な処分を科すべきではないか?

公正保持を厳守すべく公営ギャンブルであるのに、判っているだけでも1年以上もの間、杉村騎手は携帯電話を持ち込んでいた。そのことは川崎競馬組合も確認済みではないか。

これだけでも、馬券の販売に影響を及ぼしかねない長期にわたる重大な違反行為である。見過ごした主催者側も管理・監督責任が問われる話だよ。故に、杉村騎手は南関東4競馬からの追放や騎手免許の停止を科せられても、仕方がないだろう。

地方競馬の主催者が、甘い処分を繰り返せば繰り返すほど、主催者サイドに対し「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と居直ったという杉村騎手の風聞が、信憑性を増すのであーる。


浦和競馬の処分発表

新聞各紙の報道

 

 

 

「佐川急便裏金物語」

「佐川急便裏金物語」

佐川印刷の湯浅敬二元経理担当常務の公判続報であるが、本人は徹底抗戦の構えで、「保釈望まず」を覚悟の上で、裁判に臨んでいるそうである。

ただ、部下の男は執行猶予狙いなのか、全面自供だそうであるから、話に食い違いが出れば、湯浅氏には厳しい判決が予想されるのである。

こういうのも、一種の「国策裁判」で、佐川急便そのものが負けるとかいう判決にはなりにくいのである。どうしても金を使いこんでいる本人の背任横領や詐欺みたいな形になってしまうのである。

それは当然で仕方がなかろう。事実、幾らかは自身の遊興費用に使っているのは間違いないだろうから、そこを突かれれば身も蓋もなかろう。

しかし、50億(当初は60億だったが、起訴状では50億)も持ちだして、サーキット場やゴルフ場を作ろうとしたりしている。
いくら経理担当役員と言っても、会社に内緒で、これだけの金は持ち出せないだろう。金を隠すならわかるけど、内緒で持ちだした金で堂々と、物造りをするかなー。

関係者の話だと、代々、佐川印刷は、佐川急便本社に「付け届け」をする習慣があって、先代の故佐川清会長時代には、佐川印刷から2000万円(申告ナシ)の付け届けが毎月行われていたそうである。

流石に、今の栗和田社長になってからは、そこまではないらしいが、毎月200万円の付け届けは連綿と続いていたそうである。当然申告してない現金である。

湯浅本人は今、拘置所の中で、「佐川急便裏金物語」を執筆中だそうである。当紙が「佐川印刷裏金物語」の間違いじゃないの?と聞き直したら、間違いなく「佐川急便裏金物語」だそうである。

佐川印刷の木下宗昭会長は栗和田会長のイエスマンみたいな人だそうで、怒りの矛先は栗和田氏だという。当紙はどちらの味方でもない。

事実、真実を取り上げることにする。ここまで大きくなって、有力政治家や有力官僚、警察OBとかが、顧問・役員とかで入っていると、よく使われるセリフに「過去は問わない」と言うのがある。

逆に元反社だと言われる者が、今は真面目に働いていても、いつまでも過去を取り沙汰されて邪魔されることもある。権力者、当局者の驕りである。

佐川急便には、交通取締側の警察から多数が天下り、その警察OB役員が警察への収賄を繰り返し、逮捕されたという過去もある。あの世間を騒がせた竹下総理褒め殺し事件を、暴力団会長を使って、解決したのも佐川急便である。

その謝礼に暴力団会長に2000億の債務補償をしたのである。湯浅元常務が有罪になるのは間違いないだろうが、有罪者が主張する言葉だから信用できない、有罪者が書いた著作物だから嘘の羅列であるという考えは改めるべきである。

その著作の中に、犯罪が含まれていれば、時効でない限り、迷わず立件して欲しいものである。

ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング

先日、ファンド会社であるLCレンディングの山中健司代表に以下のような質問状を送った。返ってきた代理人からの返事は、以下のような返事だった。

まったく的を射てない、濡れ衣のような質問状なら、もっと早く、しかもこのような恫喝的な書面の返答ではない。

当たらずとも遠からず、だったのではないか?との、感想を持っている。

この件で、より詳しい内容をご存知の方、提供をお待ちしております。

当紙の質問状

LCの回答


資料




 

【投稿】京都駅前、血塗られた土地の買手はH・I・S
【投稿】京都駅前、血塗られた土地の買手はH・I・S

投稿者=何人この土地で殺された!?

貴誌が報じている「京都駅前、元武富士の土地」を所有者の藤田大史は、警察、公安、国税を騙す策略を考えながら旅行業の大手「H・I・S」と交渉している。

暴力団の抗争事件の発端となり、十数人の暴力団員や地元の同和団体員がこの土地が原因で殺され、未だに暴力団が関与している。ましてや所有者の藤田大史自身が、山口組淡海一家の高山総長の企業舎弟であり、土地も所有者もコンプライアンスに抵触する、汚れに汚れた土地である。

オリンピック開催迄に5つ星ホテルを誘致し、建設するには、今夏には工事着手しなければ間に合わない。

この暴力団や詐欺師が関与し続ける、血塗られた土地に、何としても5つ星ホテルを誘致したい、京都市長を始め、京都選出の伊吹文明衆議院議員らの要望を汲み取り、このコンプライアンスに抵触し放題の問題の土地にホテルを建設する為、世間に言い訳出来る方法として「先ずは長期借款にして、警察や公安や国税や世間の声が静まるのを待ち、熱を冷ましてから、東京オリンピック前に所有権を変える」と言う進め方で、現在所有者の、北朝鮮の帰化人で暴力団のフロントである藤田大史に、H・I・S側が提案し、話が前向きに進んでいる。

貴誌に、山口組に30億、朝鮮総連に20億、地元対策に10億と書かれていたが、それは口実で、30億以上の借金のある藤田大史は、買手側には山口組に50億と渡すと伝え、実は10億しか渡さず、同様に、朝鮮総連に20億と伝え、10億しか渡さず、地元対策は10億を0にし、30億の裏金を懐に入れる策略だったが、敬天新聞の記事から嘘が暴かれてしまい、慌てた藤田大史が、HISの話に飛び付き、近々契約に至りそうだ。

山口組への上納金は、淡海一家の高山総長が収監されている今、誤魔化せると考え、朝鮮総連には、10億しか浮かせなかった事にし、話を付ける事が最も困難な、地元の人権団体の崇仁・協議会の会長の川村眞吾郎はゼネコンに押し付ける計画だ。

朝鮮総連に上納する、北朝鮮の帰化人に加担する、H・I・S代表の澤田氏(澤田氏も在日の帰化人である)も京都市長も伊吹議員も国賊ではないだろうか。

藤田大史は何か問題が起きても逃げれる様に、交渉を京都の事件師「丹」に任せている。「丹」の詳細は次号に掲載するが、藤田大史が任せる人物だから、同類の問題人物だ。既に滋賀県のフジケンと交渉していた。(フジケンが100億しか金策出来ず交渉は流れた。

京都の駅前の土地を未だに朝鮮総連を重視し、あの北朝鮮に送金し、広域暴力団山口組に上納する人物に媚び経つらい、騒ぎを収める方法を教授し、大金を渡すH・I・Sには幻滅した。そしてその案に相乗りした京都市長や伊吹文明衆議院議員にも幻滅した。

普通なら150億で購入できる土地を230〜250億で売却し、脱税し、暴力団に上納し、何時戦争を仕掛けて来るかもしれない、私達日本も標的にしている北朝鮮に送金とは!読者の皆さんは許せますか?
 
【投書】森トラストを悩ますコンプラ問題

【投書】森トラストを悩ますコンプラ問題

投書(画像クリック)

資料.献Дぅ肇螢奪廛弌

資料▲供Ε圈璽GC

資料グリンピークマナーGC

資料た好肇薀好鉢


【敬天コメント】
一回、二回読んだぐらいでは意味がわからんなー。何が言いたいんだー?暴力団から借りた金が入ってるから、上場会社は買うべきじゃない?と言ってるわけ?

要するに、それが高く売れた場合、結果的に暴力団に対して、周り回って利益供与になるという計算か?パチンコ屋の三点方式と一緒だな?これとは意味が違うか?この場合上場会社KLABの真田社長の個人的なお金が奥田昇を通じて、その塚本敬一に貸し金され、その金が暴力団に返金されたというんだな?借りた金を返すのも利益供与なの?

一見、当たり前の行為に見えるがなー。日本も変わったねー。奥田昇って、あのツタンカーメンの時、活躍してた奥田かなー?奥田の周りには、優秀な弁護士先生もいるし、暴力団も、関東連合もいたなー。沖縄で仕事しているという噂も流れていたけど、この話だったのかね。

内容が今一わから無い(何処に違法性や不条理があるのか)ので、知ってる人は、もう少し詳しく教えて下さい。
 

【投稿】続報 「京都駅前の問題だらけの土地」

【投稿】続報 「京都駅前の問題だらけの土地」

投稿者=この土地は一生塩漬け


先日、貴誌が報じた「京都駅前、元武富士の土地」は京都市長を始め、国会議員、不動産業者、暴力団、詐欺師が持ち歩き、全国的に有名案件になっている。この土地は暴力団を始め、10人以上が殺されたり、行方不明になったりで、「呪われた土地」と地元の不動産業者は関与を避ける。

現在、所有者は北朝鮮の帰化人である藤田大史(大至)など数名の在日朝鮮人や、ファミリー企業である。藤田大史は昨今京都の病院院長を買収し、偽の診断書を書かし逮捕されマスコミを賑わした、山口組淡海一家高山総長(四代目会津子鉄会会長の息子)の企業舎弟である。

藤田大史はMKタクシーの青木が会長だった近畿産業信用組合から、問題の物件を購入した。高値で転売出来ると思ったからだ。近畿産業組合のグループは高値での転売に失敗したが、自分(藤田)なら山口組の後ろ盾や、朝鮮系の金融機関の融資も十分に受けれる。在日の金持ち人脈も広く、京都で一番の物件を手に入れた事から大儲け出来ると浮かれていた。

しかし、この問題の土地は一筋縄では纏まらない。詐欺師が多すぎて、騒がれた上に、この土地の一部に朝鮮総連建設計画をマスコミに叩かれ、藤田と山口組との関係や、朝鮮総連との関係が暴かれ、なかなか売買に至らなかった。

京都の駅前近くで、これほど纏まった土地は無い。近年、京都は、海外や国内の観光客は年々増加が続いていて、観光業は大盛況だ。

今、京都にはホテルが足らない。京都市長は、密使を藤田大史ら所有者に送り、
「この土地に5つ星ホテルを誘致したいから協力して欲しい」と懇願した。通常なら、住友不動産など大手の不動産業者に依頼すれば、5つ星ホテルも建つだろう。

しかしながら、裏金を要求する藤田らは、まともな取引は出来ない。「自分ら仲間の取り分30億、朝鮮総連20億、山口組に20億、地元対策費に10億、計80億の裏金を払う買手にしか売らない」と、こんな普通で無い条件だから、先日の記事の通り、上月啓右などのブローカーが闊歩し、裏金を支払う買手を探している。

こんな無茶苦茶な要望でも、京都駅前の二度と出ない纏まった土地ゆえ、買手が現れる。つい最近も、藤田大史らが委任した弁護士と、上月啓右が委任した弁護士が、この物件売買で交渉している。直接取引は避け、慎重に弁護士を使っているのは、藤田大史も上月啓右も暴力団に関係が深く、コンプライアンスに抵触する為、誰かに知られると警察や公安が動くからだ。

先日の記事には、この物件の売価は、専門家の見解が170億、付加価値付けて200億と書かれていたが、地元の大手不動産業者に聞くと、140億が妥当な値段。付加価値付けて150億がマックスだと聞いた。仕入れ値が70億はその通りである。

70億で仕入れた物件を250億で売却し、自分らの取り分や、山口組への上納金や、地元の同和地区の対策費や、朝鮮総連を通じて、今や狂った国と化した、北朝鮮に送金しようと企ている。

250億の内、170億を通常売買取引にし、80億を裏金で藤田らに渡さなければならない。表向きは170億の売買だと国税も騙すつもりだ。

京都市長が京都の発展の為に5つ星ホテルを誘致したく、問題山積ながら、駅近くで三千坪を超える、この物件に執着する気持ちは分かるが、この土地に群がる魑魅魍魎を退散させる方法は無い。諦めて、他のまともな物件にホテル誘致を考えないと、売買成立後も、売買手数料や建設などを巡り、また死人が出るだろう。そしてまた塩漬けになるだけだと思う。
 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>