共謀罪(テロ等準備罪)

共謀罪(テロ等準備罪)

共謀罪には賛成である。これだけ事件が多様化し、多発している現在では、今の刑罰では間に合わない、追い付かない、という現実がある。

外国人の犯罪も増えている。本当は共謀罪を新たに作ら無くても、今の法律内でも、強烈な「厳罰化」を実現すれば、犯罪は確実に減るのであるが、それも直ぐには無理のようであるから、やはり共謀罪で対処するしかないと思う。

先日逮捕された、福岡での金塊強盗事件では、通信傍受が功を奏したようである。これが、裁判所の許可を取ってやった適正なものか、どうかはわからないが、こういう強力犯みたいな犯人が逮捕されれば、国民は、通信傍受が違反であったか、なかったかに限らず、「警察は良くやった」と、理解するのである。

そこを野党は理解していない。私は無制限に共謀罪を賛成しているのではない。先進国の全てが成立している法律なのに、「日本だけがない法律」というから、考える必要はあると思っている。

ただ、ドサクサに紛れて、何でも入れるのはおかしい。277の罪名は確実に多すぎる。アメリカのように、三権分立がしっかり機能していればいいが、日本では一番能力のない政治が何故か一番力を持っている。

例えばアメリカでは、総理の10倍以上権限を持っている大統領が、「大統領令」を宣言しても、各州の司法長官レベルでも個々に反対意見を堂々と述べ、大統領令を実行させない。

そういう土壌は日本にはない。日本では、大臣に選ばれたら、その責任を全うするという誇りより、選んでくれた総理に感謝する、恩返しするという、私的な行為が先に表れる為に、官邸の意向に添った忖度意見しか出ず、国民の利益にという観点が抜けるのである。

三竦み、三睨み合いが、理想であるが、日本では司法と行政が一歩下がった状態である、ように見える。三権を監視するのがマスコミの役目なのであるが、日本の場合、三権に尽くすのがマスコミの役目のようである。

オレオレ詐欺のような卑劣な犯罪には通信傍受やGPS捜査が欠かせないのは事実である。確かに拡大解釈すれば、監視社会になるし、恣意的な捜査、都合主義的な解釈捜査をされれば、一般人が巻き込まれることはあろう。

しかし、それは今もあるではないか。それなら、共謀罪の成立と同時に、故意の恣意的捜査に対しても、厳しい罰則を付け加えればいいではないか。

或いは「テロ等準備罪」と言うのを、テロに関してだけの新しい法律に特定して、「テロ準備罪」とすればいい。それなら、「大事に至る前」の、事前の話し合いだけで逮捕しても、誰も反対しないだろう。

一般組織も犯罪組織も関係ない。テロを企んだ時点で犯罪者、犯罪組織と認定していい。これなら金田大臣も答えれるだろう。野党も先ずは、賛成して、そして内容で争うべきである。そうすれば、国民は耳を傾けよう。

最初から、拡大解釈して「何でも反対」からスタートするから、国民の理解を得れないのである。因みに今の法律では、覚せい剤の所持で逮捕されても、裁判所の許可なく取り調べが行われた結果、覚せい剤の所持が見つかっても、無罪になる可能性もある。

警察の適正手続き法違反(裁判所からの許可を貰う適正な手続きがなされていなかった)というわけである。福岡の金塊強盗事件も、通信傍受が裁判所の許可なくやられたものであれば、無罪になる可能性もある。

こういう手続きの簡略化を狙っての法案作りもあろうが、277という味噌も糞も一緒ではよろしくない。先進国と同じように肩を並べるならテロ一本に照準を合わせ、東京オリンピックに間に合わせればいいし、共謀罪は凶暴、凶悪、悪質詐欺等、もう少し犯罪を絞ってからにして、これらには事前協議逮捕も含めていいんじゃないの?

いずれにしても、ドサクサに紛れてというのは、よい印象は与えない。無理を通せば窮屈になる。

我国は「人治国家」か?

我国は「人治国家」か?

加計学園が安倍総理に年間1億円使っている、という記事を読んだが、スケールの小さな話である。佐川急便の佐川清社長は田中角栄総理に、毎年暮れに10億円現金で運んでいたそうである。

当然、見返りはあったろう。佐川急便に比べて、金額は小さくとも、1億円が加計学園から安倍総理に寄付されたことがわかったら、「キックバック」と取られかねないだろう。

何故なら、36億の土地を無償譲渡してもらい、県と市から計96億の助成金を加計学園に払われることが決定しているというのである。

しかし、何故かこの話、最近何処も触れなくなったなー。嘘話なのかな?それとも忖度なのかなー?何処も取り上げてないのに、当紙だけで取り上げるのも不味いから、この辺で止めとくか。

ところで、金塊強盗グループが逃げてる間中、逃亡を手助けするように、福岡県警・愛知県警の合同捜査本部の捜査状況を犯人たちに、情報提供していた警察官がいたようである。

こういう正義の実現を忘れたような警察官が、一握り居るのは事実である。本人は友情ぐらいのつもりでいるのだろうが、間違いなく「金」で魂を売った結果である。

警察の中には、完全に魂を売った者がいるのは間違いない。私がヤクザ氏を取材中にも、警察から「飲みに連れて行って欲しい」とか、「(只で、もしくは安く)飲める所(店)を紹介して欲しい」という電話を直接聞いたことがある。

暴排条例が出来て、昔ほど露骨な繋がりはないそうであるが、一部ではまだ繋がりはあるという人もいる。暴力団ではないが、周辺者といわれるような者の中には、イヌ(情報提供者)と呼ばれる関係を専門にしながら、自身のビジネスを有効に利用している者もいる。

これなんか、警察側が情報収集に利用しているようにも見えるが、弱味を握られて利用されてる、という本末転倒な場合も多々あるようである。

今回は、福岡県警が公表したのは良かった。一時的には批判されても、一方で発表する勇気を評価されて、結果的には信頼にも繋がるのである。

恣意的な捜査、さじ加減的な捜査、と疑われないためにも、法律の下の平等、公正、公平を旨に、犯罪者には厳しく対応していけば、国民の支持は得られるのである。

犯罪もみ消しビジネスに暗躍する、政治家、警察官僚OB、ヤメ検弁護士が、たまに噂になる時があるが、やはり程々が必要である。

権力者の恣意的な捜査、ダブルスタンダードを通り越したトリプルスタンダード的解釈。法治国家である筈の日本が、いつの間にか「人治国家」になったのでは?と勘違いするほどの時さえある今日この頃である。

国民を動かす風
国民を動かす風

安倍総理の側近メディアとして、最近急激に頭角を顕わしてきた山口敬之というジャーナリストに強姦されたという女性が、名前を名乗り顔出しで、記者会見を行った。

発言の一言一言に説得力があり、聡明さを感じる。男が、不起訴処分を受けたことで、正当化する声明を出したことに対する反発である。

この女性の説明を聞いていると、間違いなく準強姦はあったようである。当日の足取り、二人の場面を見た関係者の証言を聞いても、女性の証言と一致している。

ホテルの防犯カメラにも映像が映っていたというし、被害を受け付けた警察署でも、逮捕する方針で臨んでいたそうである。それが、突然天の声が聞こえ、捜査が中止になったそうである。

この天の声が、「官邸の方から聞こえた」、というのである。これが事実なら、国民を動かす風になりかねない気がする。

山口敬之氏は、彼女に対する行動を正当化すべきでなかった。せっかくの官邸の好意を台無しにしてしまったじゃないか。官邸も今国民の支持率が高く、多少の我が儘なら構わないが、何でもかんでもは、よろしくない。

権力に媚びを売るのは、山口敬之氏だけでなくとも、他にファンは幾らでもいたろうに、卑劣な性行為遂行者を無罪にするのは、官邸の仕事ではない。無駄な仕事を一つ増やしたに過ぎない。世の女性を敵に回すことになりかねない。

また、よりにもよって、山口氏の正当化声明に対して、総理夫人の「いいね」は不味いだろう。女性の敵を呼び込みかねない。籠池騒動の火種を作った張本人として、全くの反省が見られないのである。

明るくて、天然なのは構わないが、日本国総理大臣の妻である。もう少し立場をわきまえないと、主人の足だけではなく、政権の足を引っ張りかねないのである。

安倍総理の支持率が高いのは、国の防衛に力を入れてることと、近隣諸国に対する強気の姿勢に見る、外交政策である。それでも、余り国内政治の不味さ、驕りが露呈すると、国民の怒りに火が点く可能性もあり、政権が不安定になるから要注意である。

野党第一党の党首が、ヒステリックに騒ぐだけの蓮舫(亭主は犬以下と公言する女だから、日本では支持されない)であるからいいものの、演出の上手い神輿の担ぎ手が出てきたら、気を付けなければならない。
 
蟻の一穴天下の破れ

蟻の一穴天下の破れ

こういう時も、窮鼠猫を噛む、というのかなー。省庁のトップまで昇りつめた人をネズミに例えるのは、些か申し訳ないが、相手が巨大な政治組織であれば、やはり使わざるを得まい。

元文科省、事務次官の反乱である。それにしても、読売新聞が取り上げるようなネタかね。現役事務次官ならわかるが、もう辞めた人間の性癖ネタのような話だよ。週刊誌に任せればいい話である。

事務次官も「貧困の実態を自ら調べるためだった」とか、如何にも的な嘘は言わん方がよかった。「その件ではすみませんでした。文科省の品格を落とし申し訳ありませんでした」の方が、説得力がある。

それはどうでもよい。どんな立派な男でも、男にはそういう一面があるのは事実である。動物が証明してるではないか。男の下半身は動物なのであるから。

それより、政府は何故、あんなつまらない情報を流したんだろう?森友学園の時は、対象相手が違反もやってたし、組みやすい人物だったからよかったものの、今回は元事務次官(官僚のトップ)である。しかもデートクラブに通っていただけで、別に違法的な行為をしていたわけではない(ソープランドに行ってる議員もいれば、官僚もいる)。政府が取りあげる問題ではない。

役柄とは言え、菅官房長官の個人攻撃は真にみっともない。立場上気持ちはわからんでもないがね。それより読売新聞である。マスコミの一番の使命は、権力の監視、世論への正しい報道ではないのか?

ポジショントークは構わない。プロパガンダも構わない。しかし、あれだけ大新聞になりながら、権力者の傘下とか、手先だと誤解されるような行為は慎むべきだと、国民は思ったことだろう。

ただ、北朝鮮問題、アメリカとの関係など、外交問題に比べれば、如何にも小さな問題に見えてしまうから、一強時代が続くのである。

野党の攻め方の不味さは、どんな問題でも直ぐに政局に持って行こうとして、無理やり安倍総理に結び付けようとするから、国民の支持を得られない。

安倍総理の虎の威を借りた、側近の独断という場合もあろう。確実に的を射て、国民を「納得」させることが大事であるが、殊勲を焦り過ぎなのである。

それにしても安倍総理は、外交では今までの総理に比べたら強気で国民の溜飲を下げて立派であるが、国内政治においては、お粗末の連続である。

大局で間違わなければ、小局のミスは問題ではないという考えかも知れないが、蟻の一穴から崩壊する山もあることを忘れないでほしいものである。

竹島の日
2.22竹島の日

今日は竹島の日である。本当は国を挙げて式典をすべき日であろうが、大人の事情なのか島根県が主催して式典を行っている。

国は日本固有の島であると強調するが、現実は韓国に乗っ取られている島である。北方領土と何ら変わりない状況である。

一度取られてしまったら、力で奪い返す以外に取り返す方法はない。相手も命がけで奪い取ったものであるから、易々とは返さない。当然返すに見合う条件を提示しなければ、相手は返さない。時間が経てば経つほど、返還条件は厳しくなる。

乗っ取られた時期は殆ど一緒だが、北方領土に比べて殆ど岩礁だから、そんなに注目を浴びて来なかった。直接的な被害としては、島根県の人達の漁業権が狭くなったということと、日韓関係が上手く行かなくなった時の韓国の政治利用に使われるぐらいしか、話題になっては来なかったのが実情である。

韓国は、「元々自国の島であったが日本に取られたものを取り返した日」として、祝日として式典を行っている。日本の場合は、「日本固有の領土である竹島を返せ」と言う式典である。式典だけだから「返してほしい」ぐらいの叫びだろうか?

過去の地図や書物を引っ張り出して正当性を訴えても、国内であれば裁判とかで決着は着く可能性もあろうが、外交では国内の裁判は通用しない。国際裁判であっても結論決着ではない。国際社会では「力」のみが答えなのである。

従って現状では日本では竹島であり、韓国では独島なのである。例えば、五島で盗んだ仏像でさえ(昔、朝鮮半島から持ちだされた物という証拠がないにもかかわらず。本人は泥棒として捕まっている。)、返さない国である。

そこまで嫌われてるのに、どう対処すればいいんだい?日本国民に、(フォークランドを奪い返したイギリス国民のような)力で奪い返す気概がない以上、機運が盛り上がるまで、粛々と式典を続けていくしか方法はあるまい。

このように、乗っ取られた島を取り返すことは、容易なことではない。だから、上陸させないために、基地を作っておくとか、普段からの怠りない準備が必要なのである。

尖閣諸島などは喫緊の課題である。韓国の次期大統領候補に一番近い文在寅という人物は、親北親中の政治スタンスらしい。韓国は今は、自由主義陣営の側に居て、アメリカと歩調を合わせている。

それが、白昼堂々と外国でも身内を暗殺する北朝鮮や日本から恐喝することを常としてきた中国と手を結ぶことを厭わない考えを持つ国に変身する可能性も高くなる。今よりもっと危険になるということである。

慰安婦像ぐらいで、ガタガタするな。ほっとけばいい。何を言ってもダメなものはダメなんだよ。例えば日本に住む在日韓国人の団体である民団の代表団は「慰安婦像は撤去すべきである」という考えを伝えに行ったそうである。

外国の内政のことは、その国の人に任せた方がいい。口を出せば責任を取らなければならなくなる。それより、専守防衛である。ひたすらひたすら国を挙げて専守防衛である。
石原都政の出鱈目ぶり
石原都政の出鱈目ぶり

石原都政の出鱈目ぶりがまた一つ暴かれた。豊洲に建てられた建物が高級ホテルや高層建物よりも坪単価が高いというから驚きである。出鱈目やりたい放題である。

一部の報道によると、鹿島建設から別荘を貰ったとか、クルーザーを貰ったとか、書いてあったが真偽のほどはわからない。だが、こういう出鱈目ぶりを暴かれると、そんな記事も真実性を帯びてくる。

小池都知事になって、色んな都の不正が暴かれているが、小池都知事が知り得たということは、猪瀬知事や舛添知事も、本当は知っていたということになる。

知っていたけど、大人の事情で知らんふりをしていたとか、利権の引き継ぎ者として暗黙の了解をしていたということだろう。こういう政治家は多い。都知事と与党である都議会自民党が利権を棲み分けし、都民を欺いて来たのである。

それから東京都では、常に与党と与する公明党が力を持っているのである。昔、公明党の藤井富雄という都の実力者がいた。その息子が今も都の関係の産業廃棄物処理は一手に握っている。

今回も気を見て敏な公明党であるから、しっかり小池都知事と良い関係になってるから、またまた安泰である。

天狗になり過ぎてた自民党都議会は、今頃小池氏に揉み手で擦り寄っても、もう遅い。「伏魔殿に集う利権漁りな黒いねずみ達」というイメージが都民に定着してしまった。

今は実力が逆転してしまったが、最初の写真撮影や握手の拒否、都知事就任あいさつの時の出迎え無し、これが非常に印象が悪く都民に映ってしまった。

一番印象が悪いのは川合重勇議長である。都民だけじゃなく国民にも印象を悪くしてしまった。その結果が、千代田区長選挙に顕著に表れた。

その責任を取ってドンは辞任するようだが、都議会自民党の古参議員全員が辞任しなければ、今の空気の流れは変わるまい。

石原都知事の暴走を見逃したのは、与党であった都議会自民党と公明党の責任でもある。公明党はいち早く空気を読んで、小池都知事に歩調を合わせる作戦。

ここに来て、空気を読めなかっただけでなく、小池都知事就任最大の功労者でもある石原氏が、空気を読まない発言をし出した。

浜渦、内田茂含めて百条委員会で追及しなければ都民ファーストの改革にはならないよ。
問われる対米「追随」と「自主」路線
問われる対米「追随」と「自主」路線

人の上に立つ人は、全体を見渡せるぐらいの度量のある人でなければ、本来は資格はない。一業界のトップに立ったからと言って、その目でしか世の中が見れなければ、混乱しか生まれまい。

アメリカはこの70年間世界をリードし、善悪はあっても資本主義の良い面を強調しながら、一応貧しい国にも気配りを見せてきた。だから日本も、完璧ではないが、アメリカに追随して来れたのである。

勿論世の中に完璧はあり得ない。個人的な解釈なら別だが、全ての人に平等に、全ての人が幸せに、というのは、現実にはあり得ない。

それでも民主主義は、一応現在の社会ではベストに近いとして、広く受け入れられている。そこにトランプ大統領のアメリカンファーストという弱肉強食丸出しの保護主義である。

小池百合子都知事が提唱する都民ファーストとは意味が違う。小池都知事がいうファーストは、「都政は一部の伏魔殿の利益であってはならない。透明化されて、都民の全ての人に利益にならねばならない」という、ファーストだろうからね。都民のプラスにはなっても都民のマイナスにはならないファーストである。一部の既得権益者、利権者が困るだけである。

それに比べてトランプ大統領のファーストはアメリカ第一主義を訴えているが、世界中に影響力を持つアメリカが自国だけの保護主義を実践したら、今まで築き上げた各国との絆が全て壊れるだろう。

他国に配慮しない主義だから、それなりにやっていける国はともかく、他国の支援がなければやっていけないような国は、奈落に落ちるような場面も出てこよう。

国連にも従わない。北米自由貿易の見直し、TPPからも脱退、地球温暖化防止からも脱退。アメリカが中心になってやってきたことを、全て否定するわけだから、世界中が混乱するのは間違いなかろう。

政治は物事を大所高所から見て判断しなければならない。それがトランプ大統領のように、全てを儲かるか儲からないかという「経済の目」で見たら、強者と弱者の差は益々拡がろう。

今や世界中人口の半分に当たる貧民と世界の金持ち8人との富が同等というから、やはりおかしいだろう。しかもそのうちの6人がアメリカ人だそうだ。

しかも彼らはタックスヘイブン地を利用して、真面に税金を払ってないのである。動物本能丸出しの判断で行動しようとするトランプ大統領であるが、発展途上国の大将としてなら立派な大将に評価されるかもしれないが、世界のリーダーとしてはどう評価されるかである。

そのアメリカに、今までのように、尾っぽを振って着いていくことが、日本として是か非か?日本人にも覚悟と自覚が求められよう。
小池百合子都知事のマイナスイメージ記事
小池百合子都知事のマイナスイメージ記事

小池百合子都知事のマイナスイメージ記事がちらほら出始めた。高利貸しで儲けた爺さんにチケットを100枚単位で買って貰ったとか、その爺さんの愛人の着物着付けの先生から貰った着物をリオで着た、とか言う話である。

いずれにしても、世間がひっくり返るほどのネタでもないし、違法的な話でもない。都知事に当選すれば、着ぐるみ剥がされて、全てのプライバシーがオープンになることを覚悟で、立候補したわけだろうから、そのくらいの話は想定内の出来事ではあろう。

舛添さんも猪瀬さんも、知事に当選してから後の行動を問われ辞任したわけだから、そういう意味では当分は盤石であろう。千代田区長選挙では、もう勝敗が決まったような風評である。

誰も、石川雅己区長対与謝野信の対決とは思っていない。内田茂(都議団ドン)他自民党都議団その他一同対小池百合子都知事の代理選挙、と思っている。

その証拠でもあるまいが、千代田区長が石川雅己という人だったと初めて知ったし、石川氏が4期も区長をやっていたなんてのも知らなかった。

おそらく石川氏は、小池都知事の応援がなければ多選批判で負ける可能性もあったろう。また与謝野馨の甥っ子である信氏が叔父の名前を連呼しなければ誰も名前も知らなかった。今回の選挙が注目されるので、一気に知名度が上がるのは間違いない。

ただ今の時期、自民党都議団側推薦では、印象が悪かろう。かと言って、組織票がなければ、もっと惨めな結果だろうし。

自民党都議団もどうせやるなら、堂々と「自民党都議団公認」とすればいいものを、「無所属」からの立候補というのも、如何にも中途半端である。自信の無い証拠であろう。

一応選挙は水物でやってみなければわからないところはあるが、伏魔殿のドン対都民ファースト透明化改革推進派リーダー、という構図が出来上がってしまってる以上、当の本人が逆であっても、小池百合子都知事が応援した方が勝ち、だろうなー。

そのくらい、小池氏が都知事になってからの活躍が目覚ましいということである。

東京オリンピック開催場問題で、結局は元の鞘に収まったという人がいるが、とんでもない。彼女が一つ一つを精査したことで、森喜郎一派の青天井支出企みが止まったではないか。この功績は大きいよ。

東京オリンピック問題も、豊洲移転問題も、石原都政、猪瀬都政、舛添都政で起こした問題であって、その隠していた事実を小池都知事が暴いて、都民にオープンにしたことではないか。

豊洲に移転した後でわかったら、世界中から信用を失うだろう。誰が何故、東京ガスも売却を嫌がる工場跡地を、築地の移転先に決めたのか?、目的は何だったのか?、そちらもしっかり調査して、報告すべきである。こういうのは特捜って、やらないの?
カジノ法案の腹の内
カジノ法案の腹の内

とうとうカジノ法案が通ってしまった。何でカジノ法案を急ぐのか。東京オリンピックとカジノが何で関係あるんだろう?そんなことより、先ずはパチンコの換金システムが博打に当たらないのかでも、もっと議論したほうが国民には関心あるだろう。

生活保護を受ける身でありながら、パチンコ屋が開店する1時間も前から並んで、労働意欲のない飲んだくれ親爺たちの姿は、まさに社会の癌である。

自分が働いた金で、仕事の休みの日を使ってパチンコするのは構わない。競馬、競輪、競艇、オートレースは、国が認定したギャンブルだから、まだいい。世の中には息抜きも必要だから、楽しみの範囲ならギャンブルもいいだろう。

これらの他に、宝くじ、スポーツくじもある。ただいずれも、一部を除いて庶民的な金額で遊べる範囲ではある。それに比べてカジノの場合は、やったことはないのでわからないが、話を聞いてると、一人の掛ける金額がとてつもなくデカく、相当ギャンブル性が高そうである。勤労意欲を損ねるようなギャンブルがまた一つ増える。

しかし、日本でカジノ場を作っても、日本人の金持ちは、あまり行かないのではないか?理由は、従業員が日本人だから、素性がすぐばれる恐れがある。国税にも目を付けられるだろう。

行くとすれば、成金とキャバ嬢のセットとか、詐欺師と韓クラ嬢のコンビとか、限られた者達だと思う。カジノに遊びに行く者は、だいたい奥さん以外の女を連れて行く、というのが相場みたいだから、やはり海外のカジノへ行くと思う。

したがって、日本でのカジノの開催というのは、外国の金持ちを目当てと想定しているのであろう。だから野党が、「ギャンブル依存症が増える懸念は?対策は?」とか質問しても、ふにゃふひゃと交わす屁理屈は、「依存症になるような貧乏人は、日本のカジノ場には誰も遊びに来ないから大丈夫だよ〜ん」という腹の内があるんだなー。

日本人は「お・も・て・な・し」には、自信があるから、世界の富豪を取り込んで、金を落とさせる作戦なんだな。それならそれで、そういう風に発表すれば、「それなら、賛成だな。外国人の金持ちから、金を取る作戦なんかいいじゃないか。それなら、外国人だけじゃなく、日本人の金持ちも呼び込んだ方がいいねー。賛成。」という人もいる筈なのに、腹の内を見せない法案だから、国民が心配するんだよ。

最初から、「依存症になって家庭崩壊するような貧乏人は入れません。依存症になっても、100億損しても、家庭には何の影響もないような人しか入れません。たとえて言えば井川意向さんのような人たちの為に作るギャンブル場です」とか言えばわかりやすいのに。

あっそうか、腹の内を見せたら、外国人が怒って来なくなるというわけか?なるほど。なんとなくわかってきたよ。金が国に入っても、また一つ日本人が大事にしてきた文化が無くなっていくんだろうなー。
 
東京都議会自民党の馬鹿さ加減
東京都議会自民党の馬鹿さ加減

都議会自民党が、小池都知事とは正面から喧嘩できずに、小池氏に調査を依頼された「都政改革本部調査チーム」に噛み付き始めた。

こいつらはバカじゃないの?「調査チーム」はあくまでも小池都知事に依頼されて、矛盾や不正や不透明な経費、高騰過ぎる建築費などに無駄や無理がなかったかを検証しているのであって、本来自分らがしっかりしてれば、起こり得なかったことを検証してるのではないか?

しかも、その結果を検証するというのであれば、まだ理解する人もいようが、単に揚げ足取りのやっかみのような質問ばかりである。だから都民が怒って、小池都知事に応援しているのが、全くわかっていないのである。

オリンピック経費高騰の問題でも、当初既存の施設を利用しコンパクト(少額)にできるし、数千億の予算で出来るという謳い文句で招致したではないか?それが、決定と同時に3兆円を超える予算を計上すれば、小池都知事じゃなくとも疑問を持つのは当然じゃないか?都議会に勇気ある告発者がいれば、元々こんな問題にはならなかったはずである。

豊洲移転問題でもそうである。99,9パーセントの落札率に意義も唱えない都議会を誰も信用なんかしていない。そういうことも、小池氏が都知事になって初めてわかったことじゃないか。

今まで、一部の利権者だけで秘密裏に都政を動かし、都民に報告開示して来なかったことが、今初めてオープンになったことが多すぎるから、都民は小池都知事を支持しているのである。都議として恥を知れ、ということである。

海外視察という名の「ただの海外旅行」。政務活動費の誤魔化し。地元企業との癒着。程々なら都民も、そんなに騒ぐまい。余りに度を超した、異常さだから怒っているのである。

野党にしても、採決では数で負けるだろうが、もっと不正に対して大きな声を上げるべきである。都民の疑問に答えるような正しい調査をしている「調査チーム」を査問するのではなく、石原元都知事や森元総理、JOC会長、副会長等を100条委員会に掛けた方が、余程都民は拍手喝采するであろうが、弱い者にしか怒れないのが今の自民党都議団なのである。だから人気がないのである。

当選したばかりの小池都知事には小馬鹿にして出迎えもしなかったくせに、発言力が増した今の小池都知事には揉み手で擦り寄り、満面の作り笑顔で写真に映る。煮ても焼いても食えない狸爺達である。

来年の都議選には何としても落とさなくてはなるまい。要らぬ仕事がまた一つ増えたよ。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>