四面楚歌の佐川前理財局長と政権に下剋上の兆し
四面楚歌の佐川前理財局長と政権に下剋上の兆し

佐川宣寿氏の目が虚ろになってきた。自殺しなきゃいいけど。官邸と組んで、言われるままに動いている時は、我が意を得たりとばかり、満面の笑みで我が世の春だった筈なのに、何処で狂いだしたのか、今や日本中の国民を敵に回した格好になって、官邸さえ守ってくれない状況になってしまった。こうなれば、人は冷たいもので、みんなが離れていくのである。

ついこないだまで、現理財局長の太田氏は佐川氏を庇っていたが、今では発言が違ってきている。麻生太郎財務大臣も明らかに対応が違ってきた。佐川氏が日に日にボロボロになって行くのがわかる。証人喚問でそのピークが来るのだろうが、余りに悲哀に満ちている。

こういう時、海千山千と言われるような剛の者は、平然とやり過ごす。また逃げて時の経過で復活することもある。ところが、一流大(特に東大・京大)を出て格式のある立場に任官した者は、逃げるに逃げられない。打たれ弱いところがある。

これから着ぐるみごと脱がされて、プライバシーの全てまでが、明かされていくのではないか?官邸にゴマ擦った形の栄転だったろうから、仲間からは恨まれ疎まれたはずであろう。その分、一度箍が外れると、四面楚歌状態になる。可哀想である。

中央官僚は国の根幹を為す行政である。改ざんや隠蔽はいけない。権力者が恣意的に法を解釈したり運用したりは、よくあること。それにはやはり許容範囲がある。国民にわから無ければ、どんどんエスカレートして行くことはある。しかし見つかったら、謝罪しその償いは受けるべきである。

日本では三権分立の中で、行政と立法が癒着しやすい環境にある。能力が優秀なのは断然官僚で、各分野でも専門的にも秀でている。専門的に勉強しているから当然である。

それに比べて政治家は、ただ威張ってるだけで何もわかってない者が多い。豚も煽てりゃ木に登る、タイプの政治家が余りに多いのである。特に自民党系に多い。話の饒舌な者が良い政治家と思われているのである。

官僚は口には出さないが、腹の中では大臣を自分たちが操っていると思っている。また何もわかってない、立場を理解してない大臣が多すぎるのである。

今回は官僚の人事権を官邸が握ったから、必要以上の忖度を官僚が配慮し、また官邸の周辺者、取り巻きが必要以上に驕ったために、益々忖度が忖度を呼び、このようなことが結果が起こったのではないか。

「官僚主導型が国の制度を歪めている。国は政治が主導すべき」と長年言われてきた。しかし、政治が実際に主導すると、こういう状況になる。やはり国の運営は専門家の中央官庁に任せ、政治家は司法や行政の監視・お目付け役が相応しいだろう。

これだけ細かい話が出始めれば、もう勝敗は付いた。麻生さんの責任は逃れられない。安倍総理も早めに謝罪しないと、自民党政権が壊れる可能性も出て来るだろう。

佐川宣寿氏には、当分苦しかろうが、先ずは死ぬという選択は間違ってもしないでほしい。仮に国会招致に呼ばれて真実を語るか、信念を貫くかは、どちらでもよい。2、3年刑務所に行くことになったとしても、時間が経てば、また貴方を評価する声も出て来る筈である。

将来を考えれば真実を語り、心を軽くして、「ただの人」になって時間の経過を待った方が楽であろう。先は長いのだから、ここで生涯の選択というほど、思い詰めない方がいい。森友の結果より、取りあえず、生きることを選択してほしい。
ぞんざいで尊大な態度
ぞんざいで尊大な態度

麻生副総理兼財務大臣のぞんざいで尊大な態度が話題になり始めた。うまくいっている時は、和製マフィア的なファッションもちびっ子ギャング的に可愛いと宣伝するマスコミも、国民感情が批判的になると、一気に手のひらを反すのが日本のマスコミの特徴である。

元々舌禍では、森元総理に劣らない人であっただけに、これから過去の言動が繰り返されることであろう。憲法改正は必要という立場の筆者でさえ、安倍総理と麻生副総理の国会答弁は、ちょっと尊大すぎるなー、というイメージを持っていた。

やはり公文書が改ざんされていたという事実の重さを深刻に受けとめなければ、ドミノ式に政権は倒されていくであろう。普段権力に阿っているマスコミも普段の鬱憤を晴らさんばかりに、隠してきた取材記事を一気に書き出すと思う。

本人と会ったことがないので、その人となりは知らないが、テレビに映る言動は、決して良い印象は与えない。特に謝罪しなければならない場面では、全国会議員中、最も似合わない人と言えるのではないか?

にも拘わらず、今は最も頻繁にテレビに映る必要性のある立場である。日に日に、安倍政権の支持率が下がることだろう。これから毎週、テレビ、新聞で支持率を公表されるのではないか。ワイドショーも連日取り上げだした。

こうなれば、麻生財務大臣だけの責任では終わらなくなるだろう。また森友学園でボロが出たことで、加計学園も再度見直されることになろう。

選挙後に真摯に対応し、佐川氏を辞任させて幕引きを図れば、国民もこの問題については、辟易してた部分もあったので、無事に終わったはずである。

内閣がぞんざいな対応をするから、勘違いした官庁までぞんざいになっていくのである。籠池氏が安倍総理夫婦を利用したのは事実であろうが、その名前に忖度して、財務省が気遣いをしたのも事実であろう。

それを主導したのが誰かということである。出世に欲の眩んだ茶坊主が、話を進めていったのだろう。それは政治家なのか、官僚なのか、である。官邸が主導したということもあり得る。最初は昭恵夫人を通じて、「幼稚園の教育が素晴らしい」と称賛していたわけだから。

当紙も「教育勅語を教える幼稚園は素晴らしい」と思っていた。私立でそんな幼稚園があってもいいと思う。日本が公衆道徳に優れていると世界から称賛されるのは、学校で道徳を教えてきたからである。

ゆとり教育になってから、自由を強調しすぎて社会が乱れてきたが、やはり最低限の公衆道徳教育は必要である。誰もあまりに現政権がやり過ぎたから、すぐに政権を野党に渡せ、とまでは思っていない。野党に運営能力がないことは、国民は知っている。

しかし自民党に自浄作用がないとわかれば、混合野党の可能性はあろう。前に一度、鳩山・菅で、ドジを踏んでるけれど、二度目、三度目と回を重ねるごとに、国民にも馴染んで来よう。国民はぞんざいで尊大な態度を嫌うのである。

 
喉元過ぎれば熱さ忘れる自民党

喉元過ぎれば熱さ忘れる自民党

喉元過ぎれば熱さを忘れるという諺があるが、人には誰にでもこのような心理があるようだ。人の上に立つ人でも下層階級で生きてる人でも全く同じである。安倍総理の態度に如実に現れている。

選挙前に「真摯に誠実に対応する」と言っていたモリカケ問題では、未だに佐川元理財局長(現国税長官)の国会招致に反対している。

何も疚しいことがなければ、堂々と出席して、質問に答えればいいだけと思うが、何故強行に招致を拒否するのだろう?本人の口から否定すればいいだけの話ではないのか?。会見を開かないから、益々疑惑が拡がるのである。

野党もだらしがない。これが突破できなければ、国民の支持は得られないと思う。頼りなく見えるからである。ただ野党がしつこく攻めた甲斐が奉功したのか、さすがの佐川国税庁長官が辞任した。

森友学園疑惑において、財務省の書類書き替え疑惑が出てきたことで、与党自民党からも苦情が出たことが大きかったようだ。またその担当者であった、財務省の職員が自殺したということも影響しているようだ。

国民の感情も少しづつ、安倍内閣に厳しくなって来始めた。半年前には総選挙を行うことで逃げ切ったが、今回はその手も使えまい。

もう少し丁寧に親切に答えれば、国民も野党に対して「何もこういうことは、モリ・カケ問題だけじゃない。いい加減にしとけ」という声も上がって来たろうが、選挙に大勝したことで、選挙前の謙虚な気持ちを忘れて、また野党の質問に対して小馬鹿にするような回答が多くなった。

特に安倍総理、麻生財務大臣の答え方は、相手を見下げたようなぞんざいな回答に見られてしまう可能性大である。本人たちは愛嬌のつもりで回答してるようであるが、テレビ画面の向こう側には、何千万人という国民の目が注がれているのである。

いつも真剣に質問しているのが野党で、はぐらかしているのが内閣というイメージが強い。程々なら、穏やかな国民はあまり怒らない。日本の場合、特殊な人を除いて、デモに参加するとか、過激な行動をする人は少ない。精々が男は居酒屋で、女は井戸端会議で、愚痴を言うのが精いっぱいである。

ところが、その不満が瞬く間に広がる時がある。世間の風である。この風が起こった時は、総理であろうが、財務大臣であろうが、一溜りもない。為す術もないのである。国民の半分以上がNOと言ったら、全てが変わらざるを得ないのである。

佐川氏が理財局長の時に辞任させて幕引きを図れば、森友問題は終わった可能性もあろう。栄転させたから、益々疑惑が深まったのである。

これは完全に、安倍政権の驕りであり、エゴである。選挙で、野党が分裂し、世間に批判されたことで、また驕りが出てきたのである。

またトランプ大統領の真似をして、安倍総理が個人的意見をメールで発信するというのも、日本では馴染まない。政治のトップに君臨する者は、「大所高所から物事の見れる人が理想」と庶民は思っている。

どんな立派な意見を発信しても、十人十色の庶民の全員には受け入れられない。批判ばかりするメディアに反論したい気持ちはわかるが、公人である以上、仕方がないのである。

一方で安倍総理の唯一の人気の秘密の外交も、北朝鮮とアメリカもまさかの展開になってきた。当紙が訴えていた「トランプに盲目的に追従するのは危険」という兆候も見えだした。一強だからこうなるのである。

層の厚い自民党が、中から物が言えないでいる。国会議員一人一人が国民から負託を受けた立場である。もう少し良心に従って、意見を述べて欲しいものである。

やっぱり藤丸敏議員は安倍内閣の「魔の二回生」

やっぱり藤丸敏議員は安倍内閣の「魔の二回生」

ただ者ではないなー、という匂いぷんぷんの二回生議員である藤丸敏議員(福岡七区選出)であったが、やっぱり金満家になる秘訣が隠されていた。悪いことは隠せないものである。

何とあの、田舎の弱小会社でありながら、スーパーゼネコン清水建設の一次下請けに入って、年商100億のうち56億が利益で47億が役員の報酬であったと騒がれた、相双リテックの裏顧問だったというのである。

そうだろう、おかしいなー、と思ったんだよ。どう考えても、地元の有力企業と言っても、直でスーパーゼネコンの下には入れない。総合的にも、技術的にも、経営面から言っても無理な話である。

前から東京電力の下請け作業はしていた会社ではあったらしいが、相双リテックそのものは原発事故後に、作られた会社らしい。そんな会社が、いきなりスーパーゼネコンの一次下請けに入れるわけがない。

どんなに優秀な会社であっても、清水と信頼関係のある県クラスの大手が下請けに入って、そこと契約するのが普通である。だから地元の人も驚いていたのである。だから本人も後ろからつっかい棒で支えなければ、倒れるほどの天狗になって、顰蹙を買っていたそうである。

紙袋に現金を詰めて、銀座を飲み歩き、金撒き爺さんで有名だったらしい。相双リテックを清水建設の一次下請けに押し込んだのは、藤丸敏議員なら納得できよう。

秘書時代から、セスナ、クルーザー、高級車を所有していたというから、その頃から、特別な金の生る木を持ってたなー、という感じはあるわな。

秘書時代の先生は、自民党の大物であった古賀誠元議員である。大物とか重鎮とか言われる議員は、辞めてからもしっかり、利権を維持してるのである。

三権分立の中で、司法だけが(利権に関しては)ちょっと清潔に見えるが、立法と行政は癒着して、利権を分け合っているように見える。

特に政治に関わってる者は、利権の奪い合いのために、政治家になったと誤解されるぐらい質が悪い者が多い。野党の政治家は、何でこの辺を厳しく追及しないのだろう。

モリ・カケ問題だって、無理やり安倍総理に飛躍するから、無理があるのである。先ずは本人と忖度したと思われる直接の官僚や政治家を追及して事実を認めさせれば、内閣の責任に繋がろう。

準強姦された詩織さんの件で適正手続きを経て逮捕状が出ていたにも拘わらず、直前でもみ消された事実を、「何故」なのか追及すれば、国民は関心を持つだろう。逮捕状が使用者の恣意でイエスにでもノーにでもなるということは、共謀罪でも十分に利用される危険性があるということである。

何故そういうことを強く野党は問い詰めないのか?結局は自分たちも似たり寄ったりのことをしているから、ブーメランになることを恐れて、質問できないのだろう?と思ってしまうのである。

藤丸議員と相双リテックのような関係を国民は知りたいし、一罰百戒になろう。因みに、相双リテックの塚本会長に質問状を出したら、代理人から「藤丸議員と面識はなく、議員との間に何ら関係もない」という回答がきた。ただ記者情報では、あるという話なのだが・・・。

新知事が推進する時代錯誤な茨城県政
新知事が推進する時代錯誤な茨城県政

茨城県政が様変わりしていると噂になっている。前県知事の橋本氏は基本的には県主催の会合をできるだけオープンにして、開かれた県庁を売りにしてきたそうである。

ところが新県知事である大井川和彦知事は、「出席者には本音で語って頂きたい」ということで、「原則非公開」の方針を打ち出したそうである。

確かに記者や市民を入れると、本音で語れない部分もあろう。しかし、そういう会議に出席するような人達と言うのは、ある程度選ばれた人達だろうし、またはその地域を代表した人達であろう。

そんな人達が人前で言えないような意見というのは、差別発言か個別非難的な意見ぐらいしかないだろう。重大な内容であるなら非公開も理解できるが、公的な業務が殆どである行政が、「原則非公開」は、時代に逆行も甚だしい勘違いであると言わざるを得まい。

例えば「生活保護家庭の実情を名指しで個々に説明をする会議」とか、プライバシーを配慮しなければならないような特殊な会議なら、非公開は当たり前である。そういうことを言っているのではない。

初年度から存在感を見せたいという気持ちはわかるが、少なくとも1年間ぐらいはかけて引き継ぎをしないと、あまりに急激な改革は、役所の人達を困らせるだけだろう。

そのドサクサに勢力を伸ばしたい『どん栗の背比べ県議』が何人かいる。それらのことを県民は「山口小武平(こぶへい)」と揶揄して呼ぶのだそうである。

県議を50年も務め、茨城県政の黒幕と言われた山口武平氏(自民党県議団の最高顧問で96歳で存命)にあやかりたい者たちだそうである。

当紙で疑惑記事(1億円を知り合いの福祉法人に県から出させ、私的に流用)を書いてる飯塚秋男県議も小武平の一人だろうし、知事選前に自民党県議に50万円づつ配ったと言われている幹事長の田山東湖県議も小武平を目指してる一人である。

田山東湖県議は大洗から北海道の苫小牧まで運航しているサンフラワー号(三井商船)の停泊中の掃除の権利を持っているらしい。また政調会長の常井洋治県議は、友部の幼稚園理事長をしているらしいが自己破産者でもあるらしい。今もかどうかはわからない。

長崎県の県議にもいたが、自己破産をしてる者が、県議に立候補していいのかね。自己破産したということは、他人に迷惑(全ての借金がチャラ)をかけたということだろう?

法的なことは知らないが、道徳的には、なんだかなー?と言う感じはあるね。それが今茨城県の副議長か?これも、なんだかなー?錦戸(水戸泉)部屋に初の関取(モンゴル出身・日大出)が出たという話は目出度い話だけどね。
混沌たる茨城県政
混沌たる茨城県政

山口武平氏が権勢を誇った時代とは、流石に茨城県政が変わってきた。小粒揃いの足の引っ張り合いの様相を呈してきたようである。

本来ならば茨城県の実力者には、今なら額賀福志郎議員がついてる筈である。派閥の領袖として自民党の重鎮たる立場である筈なのに、何故か存在感がない。それが不満で今、「会長辞めろコール」が起こっているそうである。

確かに顔に覇気がない。名誉だけなら辞めたがいい。騒ぎが起こって、「あっ、額賀派ってあったんだ?」と思いだしたぐらいで、確かに最近の額賀氏の存在感は薄い。安倍総理の存在感が大き過ぎて、他の自民党議員の存在感が、その他一同に見えるのである。

名前が直ぐ出てくるのは麻生さんぐらいである。あとは菅官房長官かな?そう考えれば、取り立てて額賀さんだけが、存在感が薄いというわけでもないような気もするがねー。(うちの派閥からも大臣にしてくれという)押しが弱いと言うことに対する不満かね。

私が演出家なら、
1、みんなで額賀氏を持ちあげてスターにする(露出度を多くする)。
2、一強の安倍総理に媚びを売る。
3、社会が不満を持ってる安倍総理の政策(例えばモリカケ問題の真相を追及する)を問う。
4、自派閥から小泉進次郎のようなスターを創りだす。

ぐらいかな?

1なんか、とてもスターになる雰囲気じゃないと思われるだろうが、とんでもない。誰にでも、何処にでも、ある日突然スターは出来るのです。

額賀さんなら、「好々爺」で十分売りだせる。塩爺タイプ(塩川清十郎)だとか、ひふみんタイプ(加藤一二三将棋九段)だとか。

同じことを言っても、この人なら許せるけど、この人なら許せないとか、スケベなことを言っても、この人が言ったら爽やかだけど、この人が言ったら、虫唾が走るとか、あんな感じってありますよね。麻生さんは失言の繰り返しだけど、辞めろコールまでは起こらないみたいな。

実際の額賀さんの人となりを知らないから、何とも言えないけど、派閥も人の集りだから、足の引っ張り合いとかあって、結局は弱肉強食で決まって行くんだろうなー。真面目なだけの人は、蹴落とされていくかもね。

と記事を書いてたら、額賀派が竹下派と改名されたらしい。あ〜、茨木県政が益々混とんとしていくだろうなー。

県連自民党幹事長が選挙前に自民党県議に50万円づつ渡したという話があったけど、あれなんか違反にならないのかね。飯塚秋男の1億円不正使用も糾弾の対象でもあるが、この幹事長の選挙前金バラ撒きも糾弾の対象だよな。

どちらも逮捕していいんじゃないの?忖度かね。
安倍内閣の次の「魔の二回生」は藤丸敏議員
安倍内閣の次の「魔の二回生」は藤丸敏議員

安倍内閣の足を引っ張る「魔の二回生」という言葉があるそうである。あの「はげ〜」の女性が代表だった。今日話題にするのは、福岡県7区選出の藤丸敏という議員である。

不倫で週刊誌に書かれてあったのを読みながら、「なんで、もう少しわからんようにやらんのかなー。それとも有名になりたくて、わざと見つかるようにしてるのかね?」とか思いながら読んでたら、「この男ただの二回生じゃないなー?陰で相当悪いことをしてる」と、直観したのである。

学生時代から、古賀誠の秘書をやってて、古賀誠の引退に伴って、国会議員になったらしいから、その地盤・看板・カバンの固さから、とても新人と言えない実力者らしいのだ。

だが不思議なことが書いてあった。40歳前後頃に、秘書の立場で、「クルーザー、セスナ、高級車を持っていた」という。しかも、議員になる前の10年間で都心まで30分の立地に、三戸も億ションを購入しているのである。

別に親に財産があったふうでもない。何をすればこんなに儲かるわけ?同じ秘書でも野党の秘書なんて、給料以外に、殆ど副収入はないだろう。自民党議員だって、みんながみんな、こんなに景気は良くないだろう。

秘書でさえ、こんな荒稼ぎしてたというなら、古賀誠そのものは、その何十倍も稼いでいたのかね。野党は何でこういう処を責めないのかね。

国民は自分たちがギリギリで生活してるから、国会議員が歳費以上の儲けをしてることに、敏感に興味を持っている。風は直ぐに吹き、風が吹き出せば、溺れた犬を棒で叩くのが大好きなマスコミも動き出す(元気な犬は叩けない。噛み付かれるから)。

議員辞職に追い込まれるのは間違いない。野党がこれをやらないということは、自分たちも多かれ少なかれ似たり寄ったりのことをしてるから、この追及はタブーということかね。

モリ・カケ問題(国が不正に安く土地を売買した問題)も、加計学園の理事長に説明させればいいだろうに、庇うから余計に疑われるのである。話を直接知らない安倍総理に幾ら質問しても答えは出ないよ。

直接担当した関係者を、国会に呼んで追及するしか答えは出ないだろう。一般の者が、こういう行為をしたら、何かの犯罪に抵触するんじゃないの?公務員ならいいわけ?日本の場合、正三角形の三権分立ではなく、政治が上に立つ二等辺三角形の三権分立、って感じだね。

三権分立の中で、一番勉強しなくてもなれる可能性があるのが政治なのに、なんか変だね。田舎の議員は酷いよ。だから、「一部の女性議員を股裂きの刑にしたい」とか、ツイッターするバカも当選するんだよ。

信頼できる女房とだけの会話ならまだしも、世間に発信したときの影響とか、考える能力もないんだねー。そんなのが議員だから。そんなレベルで、県から出て、国へ当選するのもいる。政治を銭儲けの一部(ビジネス)としか考えてないんだよね。藤丸議員も要注意人物であろう。
松山政司代議士に旧知の女性が怒り心頭
松山政司参院議員に旧知の女性が怒り心頭

松山政司という参議院議員がいる。福岡県築城郡椎田町から出ている。日本青年会議所の会頭まで務めた男らしい。初めて聞く名前だったので調べてみたら、何と第三次安倍内閣の内閣府特命担当大臣である。

特命担当大臣というのが、何をするのか良く知ら無いが、その松山政司を許さないという女性がいる。福岡県の飯塚出身の女性である。やはり地元で青年会議所の役員をやっていたそうである。だから、松山政司のことを良く知ってるのだという。

それで、なんで松山議員に怒ってるのかを尋ねた。松山議員の親戚にあたる、工藤政由とか言う人が居て、その人が地元の町長さんをやっていた。しかし、ある日公文書偽造、贈収賄等で逮捕された。警察の最終目的は松山建設社長でもあった松山政司議員だったそうである。松山議員から「自分の事は絶対に言わないでくれ。出て来たら一生面倒見るから」と言われ、約束通り、一人で背負って行ったそうである。

その為に警察の追及は厳しく3拘留も再逮捕が続いたそうである。もちろん逮捕されたことで、町長の職は追われ、その後の政治家生命も終わったそうである。それにも拘わらず、一向に面倒を見る気配もなく、話し合いに行けば逃げ回り、そして社会に対しては、綺麗ごとばかりいうので、その元町長さんも、もう見切りを着けて、告発する決心をしたそうで、その町長さんにお世話になったお礼もあるので、松山政司退治を決意したそうである。それなら納得するまで戦えばいいと、新橋で訴える場を提供しているのである。

松山政司と検索すると、「女体盛り」と出る。青年会議所の集りの余興で女性の裸に刺身の魚を飾りつけて、それを肴に一杯やって大受けしたそうだが、その裸になった女性が16歳だったとかで、主催者の幹事が逮捕された事件だそうで、そこに当時会頭であった松山政司が居たのではないか?という疑惑が持たれているのである。

しかし、女史の話では、親しいメンバーに、その件を尋ねたら、「そこに松山政司は居なかった」と言うのが真相という。検索記事では「?」になってるから、「居た?」でいいんじゃないの?と言ったら、「是は是、非は非」で戦いたいので、「女体盛りの話はしても、松山政司がそこに居たとはいいません」という。

正々堂々な戦い方で、潔いねー。本当は麻生太郎副総理とも喧嘩したいとか言うから、「それは止めといた方がいい。麻生太郎と喧嘩するには、一生を賭けた喧嘩をしないと勝ち目はない(絶対ないとは言えない。命を賭ければ一寸の虫にも五分の魂)。先ずは一生食うて行くだけの力を蓄えるのが先。中途半端に戦いを挑んでも返り討ちに遭うだけ。今の貴方には戦うだけの力がない。権力者は絶大な力を持っているので、色んな圧力をかけてくる。あと10年経っても怨念が消えなかったら、相手を殺して自分も死ねばいい」と言った。

長く麻生太郎選対のウグイス嬢をやっていたらしい。知り合いのよしみで、麻生氏の秘書に仕事を頼んだら、「話がついてるから、そこに尋ねて行けばいい」と言われたので、尋ねて行ったら暴力団の親分だったらしく、こっぴどく脅されて這う這うの体で逃げ帰ってきた嫌な思い出があるそうである。しかもその親分は後日殺されたそうである。

彼女にしてみれば、「どの面さげて暴力団追放を言ってるの?」と言う思いがあるようだ。その秘書が逃げ回って、謝罪もしないから、恨んでいるそうである。しかし、「今、貴方が戦う相手ではない」と、説得したのである。人は仕事が上手く行くようになったら、怨念も薄くなるのである。
敵ながら天晴れ!志桜里ちゃん
敵ながら天晴れ!志桜里ちゃん

山尾志桜里天晴れ。不倫を疑われた弁護士を顧問に迎え、無所属からの出発だけでなく、改憲に物申して行くそうである。「憲法も守らない為政者に改憲を論じる資格があるのか?」という法律家としての矜持が許さないのだという。

日本で一番権力を持つ為政者に向かって物申すというのは、素晴らしいではないか?私は改憲賛成派であるが、敵ながら天晴れではないか。

いま権力者に物を言う人がいなくなった。金の前にひれ伏す者は多い。国から厚遇されてる政治家であれば、強い自身の信念で物申さなければいけないのに、民進党から希望の党に、我先にと乗り移りながら、逆風になってしぼんでしまったら、全てを小池百合子都知事のせいにするのは、勘違いも甚だしい。

立憲の者たちが、「前原と小池の密談について」論じるのはいい。媚びを売らずに戦って、当選したわけだから。しかし、希望の党で当選した者も、落選した者も、小池批判はチャンチャラおかしい。自分が希望して、選ばれたことを喜々として、行ったのではないか?何を今さらチャンチキおけさだよ。

入る時には改憲賛成で誓約しながら、今頃になって、「民進党に戻る、立憲に行きたい」。そんな資格がお前らにあるか?志桜里ちゃんの爪の垢でも煎じて飲め。

志桜里ちゃんの立派なところは、信念を貫くところ。あれだけ不倫でバッシングされながら、「一線を越えてない」とばかり、その相棒とタッグを組んで、一匹オオカミでチャレンジするところ。

週刊誌は売るために、不倫が世界で一番悪いように面白おかしく書くけども、不倫か有倫かは別にして、人が営みで誰でもやってること。時に勇み足があったり、調子に乗ったり浮かれたりは、誰にでもあること。たったそれだけで失脚する人もいるが、志桜里ちゃんの法律家、政治家としての矜持の前では、「たったそれだけ」なのである。その誇りたるや良し。

中央やや右の百合子ちゃんブームに陰りが差して、今度は中央やや左の志桜里ちゃんブームが来るのは間違いない。日本人は穏やかな国民性だから、大衆に受けるには「やや」が大事で、極端な考えはあくまでも一部でしか受けないのである。

それにしても政治家のレベルが低い。我々と何ら能力は変わらない。当選さえすれば、生活が安定するわけで、選挙に通ることが、政治家の仕事と極論する小沢一郎の気持ちが、最近になってわかってきた。

志桜里ちゃんの場合、強みは発信力であろう。政治家流にいえば、禊は済んだわけだから、あちこちの党から、誘いは来よう。国民が政治に興味を持つためには、やはりその世界にスターが居た方がいい。

憲法論議がどんどん強まって、国民から広く意見が出たほうがいい。そして、憲法のどこを変え、どこが守られればいいのか、日本の今や未来について議論されることはいいことである。
アメリカファーストの正体
アメリカファーストの正体

イバンカさんという米大統領補佐官が来日した。何かの講演会があって講義をしたらしいが、ガラガラだった。

安倍総理が出席したから警備の面から入場を制限したのか、講演の内容に人気がなかったのか、ただのパフォーマンスだったのかわからないが、本人もあれでは、いい印象ではなかったのではないか?

とにかくテレビでは、アメリカ大統領補佐官の来日というより、美貌やファッションばかりを強調して、補佐官扱いではなかったのは事実である。

イバンカさんの来日で感じたのは、「アメリカファースト」ではなく、「トランプ一家ファースト」のような感じを受けたのである。

トランプ大統領が来日する前の盛り上げ役というのか、露払い役というのか、とても補佐官ではなかった。今までの大統領に比べて、家族を全面に出して、しかも政府の要人につかせている。国の私物化にさえ見える。その上、世界の動きに対して、ツイッターでいちいち意見を言う。その反応を見ながら一喜一憂する。とても大統領の自覚があるとは思えない。そんな人に、世界で一番信用される程、傍によっていいのか?上手く行ってる時はいいが、トランプ大統領がアメリカでズッコケた時が怖いのである。

トランプ大統領の就任9か月での支持率がこの70年の間で、最も最低だそうだ。確かに国の政治を代表として動いてると言うより、個人の意見を言い過ぎだね。

それも不動産屋の親父丸出しみたいな感じで。それに仲間がどんどん居なくなっている。あのツイッターがいけないね。トランプ大統領の信用がなくなれば、北朝鮮との戦争が起こらなくなるだろう。

トランプ大統領の信頼が落ちることで、最も悪影響を受けるのが、安倍総理だろう。アメリカが北朝鮮から手を引けば、日本が矢面に立たなければならなくなる。日本には、そこまでの覚悟はない。アメリカが先頭に立ってくれたからこそ、後方支援者として、強気の発言ができた。それが安倍総理の唯一の人気の秘密である。

北朝鮮との戦争が始まれば、国内の出来事は小さく見えてしまう。はからずも麻生副総理が本音を言ったみたいに、「自民党が勝ったのは(世界の嫌われ者を演出してくれた)北朝鮮のおかげ」だったのである。

しかも、日本国民はアメリカが圧倒的に勝つと信じている。間違いなく北朝鮮とだけの戦争ならアメリカが圧倒的に瞬殺するだろう。

しかし、もし中国やロシアが、後ろから北朝鮮を支えたら間違いなく長引く。中東アジアにはアメリカが嫌いな国も多い。それらも北朝鮮に味方するかもしれない。そうなれば第三次世界大戦にならないとも限らない。

戦後から確実に世界のリーダーだったアメリカだが、トランプ大統領になってから、今までアメリカが世界のリーダーとしてやってきたことを全て否定するようになった。

それが「アメリカファースト」の正体であるなら、ただ黙ってついていくだけで、大丈夫であろうか。アメリカは「日本を守ってやってる」と思っている。事実である。アメリカとの同盟関係がなかったら、中国は尖閣から沖縄にかけて直ぐに上陸してくる可能性は高い。

憲法9条を日本が守っても、中国は関係ない。憲法9条を守ることは、国内では意味があっても、外国には意味がない。今こそ日本が自立するチャンスである。自立するには、他人の傘を借りてばかりでは、申し訳なかろう。

経済力も防衛力も外交力も、国の責任において、国民で負担し分かち合い、一本立ちすべきであろう。日本が世界に先駆けて発信できるものは多い。雨が降ったら自分の傘を差すのが常識です。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>