疑惑塗れのツタンカーメン展次回開催に中日新聞が名乗り?

疑惑塗れのツタンカーメン展次回開催に中日新聞が名乗り?


ツタンカーメン展を次回やるのに一役買うのが中日新聞だという噂を聞いた。これだけ疑惑があって答えられない状況なのに、本当に中日新聞がやるのだろうか。

フジテレビも全く疑惑に答えていない。それどころか、安倍総理の甥っ子が入社するというので社長がわざわざ記者会見開いてニンマリだった。

今は公的メディア機関の責任より、お台場での日本初のカジノ博打場開催に力を入れてるように映る。違法もなく選ばれるのなら、それはそれで結構である。

より力を持ってる者に近づき合体して相乗効果を得るのは、誰もが目指す方向であることであって、それ自体どうこう言うものではない。

その為にもツタンカーメン展開催においての疑惑には説明責任が必要であろう。フジテレビが100億売り上げたことの手法を責めているのではない。

一番真っ先に功労者として表彰しなければならない関係会社の名前をフジテレビは隠し続けた。隠し続けたということは、その疚しさを一番わかっていたのがフジテレビ自身だったのではないのか、という疑問が成り立つのである。

違法に130億集め、その内70億が使途不明になってると金融庁が公表しているのである。その金がツタンカーメン展の権利を買う金として使われた。

今村哲也や小西正也がやってることは、今流行のファンド詐欺である。被害者が騒ぎ出して事件化になりそうになったら、投資金を金銭消費貸借書に変えて時間稼ぎをして、逃げる算段である。

その今村を田中美孝に繋いだのが奥田昇である。奥田昇は小西正也、今村哲也が集めた金を使って、イー・キャッシュ(株)を牛耳っている。そしてツタンカーメン展で二匹目のドジョウを狙っているのである。

金の流れや人的支配関係を見ていると、奥田昇も間違いなく反社と見ていい。誰が頼んだかは知らぬが、「奥田記事を書かないでくれ」と当紙を暴力団が訪ねてきたのは事実である。

デート商法のように裁判になっても受けて立つ自信はある。
ツタンカーメン展主催を狙う奥田昇が実質支配するイー・キャッシュ

ツタンカーメン展主催を狙う奥田昇が実質支配するイー・キャッシュ


イー・キャッシュ蠅上場廃止を回避した策略の中に、次回ツタンカーメン展主催を狙っている 奥田昇が少なからず影響を与えている可能性がある。

ウイズ・アセット・マネジメント(小西正也代表)が違法に金を集め、インフィニティ・ホールディングス(金を流した当時は今村哲也が代表だったが、今は捜査対策なのか、こちらも小西正也が代表)に違法に金を流した。

金融庁の説明によると130億集めて70億が使途不明になっているという。その間、どんなに豪勢な暮らしをしても使い切るものではない。何処かに隠しているのは間違いなかろう。

ところで関東連合に近い田中美孝がフジテレビに企画を持ち込み、開催権を取得するのに必要だった6億円を今村哲也が出した。表向き開催権を持っているのはNPO法人イシスコミッティとなっているが。

この田中美孝を今村に紹介したのが実は奥田昇だった。奥田昇の代理人弁護士の回答書によると「奥田氏は、知人の紹介で知り合った田中美孝氏から、「ツタンカーメン展」開催の協力者の紹介を依頼され、田中美孝氏に今村氏紹介しました」とある。

今日の話はツタンカーメン展の話は置いといて、上場会社イー・キャッシュ蠅力辰鬚靴茲Α今イー・キャッシュ蠅麓_鵐張織鵐ーメン展開催を目指している奥田昇に牛耳られている。その証拠は幾つもある。

奥田の意向で今村哲也のインフィニティ・ホールディングスの監査役をやっていた武内秀之は今ではイー・キャッシュ蠅量魄になっている。

奥田昇が代取であるC Five Managemenntの現役員である前迫輝子はイー・キャッシュの監査役に入っているし、奥田の代理人弁護士までイー・キャッシュの監査役に就任している。

イー・キャッシュ蠅郎までも債務超過で、上場廃止になる可能性は多いにあった。債務だけの問題ではなかった、金の内容にも問題があった。

イー・キャッシュ蠅梁りない金を補っていたのは実は金融庁から不正に集めていたと認定されたウイズ・アセット・マネジメントだった。一応金銭消費貸借は奥田の部下の武内秀之の別会社(合)エージェンシーとなってはいるが。

その証拠なのか、現実に今村哲也と大西正也はイー・キャッシュの役員会議にまで出ている。そしてイー・キャッシュ蠅両山静雄代表は100%子会社螢▲肇薀硬豕を通じ、身内に必要のない金を流用している疑いがある。



ということを奥田昇ご用達税理士「税理士法人トライスター」の工藤徳朗代表が監視しているというチャート図が出回っているようだ。

やっぱり上場廃止にした方がいいかもよ。証券取引等監視委員会や金融庁の担当者の皆さん参考にしてね。

【関連記事】

登録取消処分のファンド会社とフジテレビ
ツタンカーメン展次回開催を目論む黒幕の奥田昇

ツタンカーメン展次回開催を目論む黒幕の奥田昇


フジテレビツタンカーメン展の蔭の主役であった今村哲也、田中美孝は今はボロボロだそうである。ボロボロという意味は全く金がないという意味らしいが、ボロボロを装っているのか、本当にボロボロなのかはわからない。

直接金を集めた小西正也はあくまでも今村のダミーだから、最初から金は持っていないのはわかる。だが、金融庁から違法に130億集めたと認定されてる今村が金がないというのは、どう考えてもおかしい。

いずれお縄を頂戴する身だから、たっぷり金を隠して今から破産準備のカモフラージュをしているのではないか。

金を騙し取られた被害者の皆さんは、表向き小西正也を訴えねばならないようにしてあるわけです。何故なら金融庁を騙して投資を募ったのはウイズアセットマネジメント蝓幣西正也)。

しかし、集めた金は今村哲也の螢ぅ鵐侫ニティホールディングスに貸し付けを装い、流れた。ただし、今はこのインフィニティホールディングスも代取は小西正也が就任している。今後の捜査対策である。

この記事は金を騙し取られた被害者の皆さんと、この話に興味を持って捜査に臨もうととしている当局の皆さんに、理解しやすいように「流れと関係」を書いている。

しかし、調べて行くとどうも黒幕は奥田昇のようである。今村哲也と田中美孝と奥田昇が関係あるのはわかるのだが、どういう上下関係かはわからない。

この中の誰繋がりで、誰に頼まれたかわからないが、暴力団が当紙に相談に来たのは事実である。その者は「奥田のことを書かないでくれ」と言った。

田中、今村はもう名前が出てしまっているし、関東連合との顔写真も出ている。それに次回ツタンカーメン展をやろうとしているのは奥田昇だから気にしているのだろうか。

他にも幾つか理由はある。奥田の部下である武内秀之というのがインフィニティホールディングスの監査役にいたが、今は捜査を恐れてか別会社(エージェンシー)の代表になっている。

そして奥田昇が現在、代取を務めているCFiveManagementの前代取を務めていた牛山浩二が、エージェンシーの前代表なのである。

過去記事で「次回ツタンカーメン展の開催をするにあたっては、表向き主催者は『公認会計士』の名前を使うようだが、名前はわからない」と書いたが、おそらくシール・コンサルティング蝓∪罵士法人トライスターの代表をやってる工藤徳朗ではないか。奥田昇の「知恵袋」仲間らしい。

もう一人の知恵者は丸源ビルオーナーが逮捕された時、「着任報酬は5000万円です」の名セリフで有名になった弁護士だというのだが誰だろう。投書には「証人を脅して裁判官に異例の注意を受け、検事を辞めた人物」とも但し書きがしてあった。

【参照記事】

司法ジャーナル〜反社会的勢力と「ヤメ検」 秋霜烈日から酒池肉林への欲望の変化について

奥田は「敬天記事は痛くも痒くもない」と豪語しているらしいが、「痛くも痒くもないなら、痛くも痒くもしてやろう」というのが昔の当紙の姿勢だったが、あれから20年。時を経て荒波に揉まれ、常識も覚え,頭を垂れることも知り、すっかりまーるくなった当紙は、ただ粛々と事実と真実を追いかける新聞社に変わりました。

だいたい痛くも痒くもない者が何故、暴力団を通じて金でもみ消そうとするんだ?小西正也が集めて、今村哲也に流れた金が武内秀之を通じて、あるいは直接、奥田に流れているんじゃないの?

今村のインフィニティ社(無登録貸金業者)から顧問料が奥田の弁護士に、金融庁より発表後も払われてるという噂もある。調査中。
フジテレビ日枝会長に叙勲資格なし。先ずはツタンカーメン展の総括をせよ

フジテレビ日枝会長に叙勲資格なし。先ずはツタンカーメン展の総括をせよ


フジテレビの日枝会長が叙勲を受けたが、問題にならないのだろうか。ツタンカーメン開催は明らかに犯罪者と組んだビジネスではなかったか。

主催するにあたって、尤も必要であった初期投資をしたファンドが金融庁から登録取り消し処分を受けた。行政処分の中で最も厳しい処分を受けたということは監督官庁として看過できないということである。

そんな疑わしい会社だということがわかっているからこそ、フジテレビは協賛会社として名前を隠し続けたのではないか。しかも繋いだ男がまたオレオレ詐欺や投資詐欺に繋がるような男であった。

ということでフジテレビは最後まで名前を伏せたまま開催を続け100億円を売り上げたというのだから、説明責任はあろう。

フジテレビ側の責任者がコネ入社も疑われる宇津井健の息子、隆である。隆は当然ベンチャー企業の田中美孝の人間模様は知っていたはずである。その関係の説明を宇津井隆はするべきである。その責任を取らない、説明をしないから、また次の被害者が出ているのである。

その被害者を増やしているのが奥田昇である。奥田昇は名古屋、福岡、でツタンカーメン展を開くと言って金を集めていたが、最近は仙台でも開くと言っているそうである。

もう一回ツタンカーメン展を開く権利を持っているというのが奥田昇の言い分であるようだが、フジテレビは本当にこいつ等と約束してるのか。早く開催することを約束してるかどうかだけでも発表すべきである。

フジが黙ってることをいいことに、どんどん被害者は増えているではないか。奥田たちはもう既に金を集めてしまっている。

その前に今村哲也が130億集めているが金融庁からは「ノー」裁定が下っている。本来は全額集めた人達に返さなくてはならない。ところがそんな金が残ってるわけがない。金消に変えたりして時間稼ぎをして逃げる算段であろう。

その一方で、また奥田が50億も集めているのだ。フジテレビがはっきり態度を示さないからである。日枝会長も叙勲で浮かれている場合ではない。宇津井健の息子の隆にもちゃんと説明させろよ。コネ入社であろうが、なかろうがもう立派なフジテレビの社員じゃないか。大人としての責任を取るべきである。

テレビ局と言っても株式会社だから、別に儲けることに異議を唱えているのではない。詐欺の片棒に担がれるようなことはしなさんな、わかったらすぐさま公表し二次被害の出ないように努力するのが公共電波を扱う者の使命ではありませんか、と提言申しあげているんですよ。

その責任のトップは日枝会長でしょう。だから考えるべきなのです。責任が取れないのなら叙勲はご辞退するべきです。

日枝会長こういうときは、宮内庁の手を煩わすものではありません。自ら辞退を申し出るものです。叙勲者は汚れていてはいけないのです。

秋の叙勲を受け、こちらでも・・・
日枝フジテレビ会長に英がナイトの称号授与(2013.11.26)
NTコンサルティング合同会社の新規ファンドの運用始まる?

NTコンサルティング合同会社の新規ファンドの運用始まる?


本紙7月号(←クリック)に掲載したNTコンサルティング合同会社(港区=清水要一代表)の投資ファンドだが、同社の説明が正しければ7月1日から運用が開始されている筈だ。

募集総額10億円、目標利回り年間8%を謳うファンドであるが、一ヶ月余りの募集期間で幾ら掻き集めたかは定かではない。

過去に未公開株や実体無き企業の社債を買って騙された被害者をターゲットにしたファンドであるが、募集総額若しくは募集定員に達したとは到底考えられない。

勿論、集められた投資金が実際に運用されるかは懐疑的といわざるを得ない。償還は三年後ということだが、投資家にとっては運用益を期待するより会社の存続を今から心配したほうがいいようだ。

既に、同社の行状については金融庁への情報提供準備を進め、被害拡大と資金の不当流出を防ぐがために早々の事業停止を促す方針だ。


写真はNTコンサルティング合同会社が本社を置くマンション。住居兼事務所利用可の賃貸物件だが、同社の居室は約12畳のワンルームである。

過去に数々の優良ファンドを組成し実績を挙げ、今回も10億円規模のファンドを運用するという同社の規模からすれば、些か物足りないのではないか。因みに綺麗な外観ではあるが、築50年(昭和38年竣工)の歴史ある建物。
カラーコード社(一之瀬健治)の残党が仕掛ける新たなファンド

カラーコード社(一之瀬健治)の残党が仕掛ける新たなファンド


未公開株やら投資ファンドの出資詐欺を働く輩は、一巡すると元の投資家(被害者)へと標準を移す。俗に言うカモを狙い撃ちし、次々詐欺を仕掛けるのだ。

最近よく耳にする事例は、上場間近といった未公開株は買ったが一向に上場しない。その内に販売会社とは連絡が取れなくなり、仕舞には株式発行企業も消滅し手持ちの株券が紙屑(元々からして紙屑)になる。

そこに「貴方の損害を取り戻しましょう」と、救済を装って新たな出資話を持ち掛ける詐欺だ。最近では「損害金を取り戻すお手伝いをします」といった探偵社も、この部類だ。

ただし、この手の手法は新しいものではない。過去、多くの若者が嵌められたアポ業者による会員権詐欺では、その終焉間際には既存の契約解除を餌に新たな商品を売り付ける共食いが横行したが、その中身はネタの違いはあれど本質に変わりはない。

さて、以下に添付した本紙過去記事(平24.7)を読んで頂きたい。

詐欺容疑で再逮捕された綾部登の影に潜む一之瀬健治の現状に迫る←クリック

同記事掲載のカラーコード社は、最近になって事務所を閉鎖し、同時に代表の一之瀬健治は行方知れずだという。

その一之瀬健治の部下だったと称する橋本某が、NTコンサルティング合同会社(港区東麻布2-16-4)の営業部長を名乗り、カラーコード社の株主(被害者)に対し、新たなファンド投資を持ちかけている。

募集総額10億円を謳い、7月から運用を開始するという同ファンドの情報を得た当紙は、早速、同社代表の清水要一氏及び橋本某氏に取材申し入れを文書にて行った。

今日現在、取材申し入れの応諾についての回答はない。
経済犯の狩場となる、法規制が脆弱な日本市場

経済犯の狩場となる、法規制が脆弱な日本市場


MRIインターナショナルの犯罪について書こう。社長のフジナガは日本に精通した男であろう。

最初から日本人を狙った詐欺事件である。何故それを断言できるかというと、本社はアメリカネバダ州に置きながら、顧客は日本の富裕層を狙っている。

これにはれっきとした理由がある。アメリカ国民を騙せば、1、罪が格段に重い。2、損害賠償が異常に高い。3、犯罪に対する当局の対応が迅速である。

対して日本は、1、経済犯罪に対して罪が大軽い。2、払う金がなければそれで終わり(おまけに自己破産という手まである)。3、経済犯罪に関するものは捜査本部の立ち上がりが遅く、しかも情報があっても被害者が少ない段階では動かない。

特に詐欺に関しては構図が複雑に見えるのと、「被害者にも欲があったから、投資した」と解釈する傾向がある。そういう意味では日本は犯罪者天国である。まー●●●●を見ればわかる。

特に経済犯には舐められている。アメリカ並みの重罰を課すべきである。詐欺で100億以上の金を集めたものは有り金の没収と生涯刑務所から出てこれない(外国人も同じか永久追放)ぐらいの重罰を課すべきである。

それと日本人の年配者が持っている奥ゆかしさと断れない性質を利用したような電話勧誘ビジネスの禁止。これを法規制するだけで、日本の経済犯罪は格段に減るだろう。

とにかく電話勧誘がなくなれば本当にお年寄りが安心して暮らせるようになるのではないか。これは多くの日本人が考えていると思う。

安倍内閣の関係者の方、このブログを見られたらぜひ総理に進言して頂き一日も早く法律での規制をお願いいたします。

ところでフジナガは日本の富裕層から金を出資させる手口として、高級ホテルで講演会を開いて「運用は州政府の関係への投資だから100%間違いない。管理は州政府の第三者機関がしている」と嘘をついていた。

また出資してくれた人に対しては海外旅行に招待するという、まったく日本の投資詐欺師が行っている手口と同じである。これは証券会社の手口である。

それも主役は最大手の野村證券か。一年前にオリンパス事件で逮捕された佐川肇や横尾宣政も野村證券出身であるが、その上司はソフトバンクインベストメント北尾吉孝である。

この北尾も村上ファンドと同じくシンガポール投資庁と同様の機関であるテマセク(ブルネイ王朝が出資)から多額の融資を受けてるという話もあるが、こんなことがあって日本の警察が手が出せないということかなー。

村上目玉君はMRIの件で証券取引等監視委員会に話を聞かれたという噂もあるけど、フジナガから村上ファンドに金が流れていたのだろうか。

もっと書けば商工ファンド(大島健伸社長)を大きくした陰の功労者といわれているスパークスの阿部修二にもつながる。

オリンパス事件では中川昭夫も捕まったがこれも野村證券OB。そして昨年捕まった2000億円集めた年金詐欺事件のAIJの淺川和彦、これも野村證券OB。

これらが詐欺の確信犯である証拠はタックスヘイブンのケイマンにペーパーカンパニーを置き、その上海外の複数の金融機関を通して運用実態をわからなくしていること。手口は同じである。騙すつもりでなければ、投資家や当局にいつでも本当の説明ができるはずである。

日本の犯罪者に対してだけでなく、外国の犯罪者に対しても、「日本でだけは捕まりたくない」と言われるような犯罪に厳しい国家になってもらいたいし、ミイラ取りがミイラにならない強い国際捜査官を育てるべきである。
破産手続中のユニヴァーサル法律事務所

破産手続中のユニヴァーサル法律事務所



目下、破産手続が進行中である弁護士法人ユニヴァーサル法律事務所。破産手続開始以降も、放置されていた同事務所のホームページも、数日前に閉鎖された。

事務所入口は、平日の昼間というのにシャッターが下ろされ、其処には破産管財人による『告示書』が貼られている。

事業者にとっては死亡宣告に等しいものだが、けして珍しくはない。ただし、その対象が弁護士法人であることは非常に稀だといえる。

同事務所が入居する左門イレブンビル(新宿区左門町3番地1=地上7階地下1階))は、四谷三丁目駅から徒歩数分という好立地に建つ商業ビルである。

現在も多くの入居者で埋まる活気あるビルであるが、同事務所がある2階フロアーだけは、シャッターと防火扉が閉じられ照明さえも落とされているので、薄気味悪い空気が充満している。

森田哲治弁護士も、投資詐欺のスピーシーや大山多賀男といった悪党共を顧客として抱え、桁違いの報酬を得ていた当時からは想像もつかなかった現状であろう。

若しくは、破産ありきで稼いでいたとするなら大したタマである。だとすれば、最優先債権以外の配当に回る余剰は見込めず、一般債権者は間違いなく泣きを見ることになる。

既に、債権届出に応じない訳あり債権者には、森田哲治弁護士が別個対応しているとの話も聞こえてくる。法律知識で武装した弁護士が自身の破産をコントロールしているとなると、何とかに刃物の例え以上に厄介だといえる。
ユニヴァーサル法律事務所が破産手続開始

ユニヴァーサル法律事務所が破産手続開始


スピーシー投資詐欺を側面から支え続けてきた、弁護士法人「ユニヴァーサル法律事務所」(新宿区左門町3番地1左門イレブンビル2階=森田哲治弁護士)が、平成25年1月29日午後5時、東京地方裁判所にて破産手続開始が為された。

弁護士法人の破産など、過去に数例しか発生していない異常事態だ。森田哲治弁護士は、スピーシー投資詐欺を陰日なたから支えた代理人弁護士であった。

他にも、同様の悪徳事業者らから「頼りになる希有な弁護士」「悪党の駆け込み寺」として重宝されていた。その分、弁護士費用はべらぼうな額を請求されたという。

そんな金満弁護士法人が、この度、破産手続きが開始されたのだから驚きだ。スピーシーを含め、散々ヨゴレ仕事を引き受けてきたユニヴァーサル法律事務所は、多くの疑惑を溜め込んでしまったのであろう。

ならば、炙り出される前に破産させてしまえといったところか。既に森田哲治弁護士は、妻とも離婚(偽装?)し溜め込んだ財産を分散・隠蔽の工作に及んでいるとの情報もある。

尤も、森田弁護士の元にある金は、悪党共が被害者から毟り取った犯罪収益の一部といえる。

今回、破産管財人となった鶴巻暁弁護士(上条・鶴巻法律事務所)は、身内意識からの情を絡めることなく、十倍増しの厳しさで事に従事して頂きたいものだ。
みずほ銀行・及川幹雄が仕組んだ似非ファンドの顛末

みずほ銀行・及川幹雄が仕組んだ似非ファンドの顛末


みずほ銀行の及川幹雄の件について投資詐欺被害にあったという人物から電話があった件を思い出しながら、電話で受けた概要(イメージ含む)を書いてみる。

去年の9月の話だったのだが、相談者がその後連絡が来なくなった。及川たちが危機感を感じて先回りしたのだろう。被害者は安藤という人物。

安藤氏は四国在住で物販の営業のため、全国を巡っているそうである。そして、大阪の知り合いの紹介で鈴木卒務(ツトム)という人物と知り合ったそうである。

鈴木は、投資家の紹介のツテを辿って、「及川ファンド」的な金集めをしているブローカー。おそらく及川幹雄、本間美邦の手先で動いている鈴木修が偽名を使ったのではないか。

安藤氏は、春に鈴木と知り合い、「みずほ銀行がシークレットでやっているファンドがある。今、『ぎょうせい(古くからある出版社)』の株主異動にかかる資金集めをしている。

投資リターンが見込める」等といって、みずほ銀行絡みの投資と思わせ、資金提供を申し入れられた。安藤氏に鈴木は色々とこの投資がみずほ銀行絡みだと思わせようとしたそうである。

鈴木は「契約はみずほ銀行本店でやる」、「名義はみずほキャピタルとの契約」、「みずほ銀行の裏の資金を動かしている」みたいなことを散々いって、安藤氏に資金提供させようとした。

安藤氏は5月25日に1,000万円の資金を預けることにした。ところが、資金を預ける段になって、みずほ銀行本店に行く話がコロッと変わって、どこかのホテルでの契約となったそうである。

そこに出てきたのが、及川幹雄。結局押されて、及川個人に出資だか貸金だかよく分らない契約をさせられた。その配当は、第1回目が8月10日の筈だった。

しかし、これが入らなかった。第2回目の8月25日を待たず、安藤氏は及川を呼び出した。そして、その場で一度警察を呼んだそうである。その模様は、安藤氏本人が録画しているという。

その時は、警察に帰ってもらって、「必ず支払いますから」というような懇願をされ了承したが、その後携帯電話などの連絡が一切通じなくなった、とのこと。

これらについて、特に「警察を呼んだ時の動画」を見ればある程度、嘘をいってるとかが分ると思ったので、安藤氏が次に東京に来ると言っていた9月の7日に、どこかであって、動画の内容と状況を詳しく聞こうと思っていたが、その後連絡が来なくなった。

当紙で及川と本間美邦の不正疑惑記事を書いたから相談してきたのだろうが、及川たちも慌てて被害揉み消しに動いたと思われる。相談者が二階に上げて、自分の都合で梯子を外すというのはよくある話である。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>