日本大学の刷新は田中理事長夫妻の排除から
日本大学の刷新は田中理事長夫妻の排除から

通常、大学の運動部の優勝祝いを、大学主催でやる時、会場に出席することはあっても、当たり前のように女房が壇上に上がることはない。

しかし、相撲部の祝勝会では、必ず優子夫人が壇上にあがる。しかも常に中央に立ち、学長や常務理事、学部長までが、一歩引いた立場で遠慮するのである。

なぜ創立者でもない理事長夫人にここまで気を遣うのか?何故理事長夫人がここまで権力を持つのか?不思議でならない。

アメフトの学生が声明文を出した。監督・コーチ全員に辞めて欲しいというもの。関東アメフト連盟が内田監督、井上コーチに「除名」という厳しい処分を発表したので、二人がアメフト部に直接指導することはないだろうが、内田監督の場合、学校法人の執行部としては、常務理事としてナンバー2の立場にあるわけだから、裏から幾らでも、部を操縦することは可能である。

最初から素直に謝罪し、事実を認めていれば、問題はこんなに大きくはならなかったろう。それを許したのは田中理事長の責任である。内田の会見が批判されてるにも拘わらず、我関せずとパチンコ遊びに耽っていた田中理事長の責任は問われるべきである。

しかも未だにトップとしての責任会見も開かない。とにかく逃げ回る作戦なのである。日本一の補助金を受けてる私学のトップとして、真に相応しくない人物であるといえよう。

何故、文科大臣は職権で会見を命令しないのか?それでも命令に従わないのであれば、補助金を打ち切ればいいのである。そうすれば、流石に教職員等も本気で立ちあがることになろう。内田にしても、常務理事の解職だけでなく、大学を懲戒免職にすべきである。

昨日、日大は理事会を開き、内田の辞任を承認したというが、「本来なら理事会は内田氏を解任するべきで、辞任の承認では大学の自浄作用が働いていないということだ」という教職員から上がっている非難の声は尤もだ。

しかし、田中理事長に対しては未だに「恐怖」を口にする人は多い。やはり暴力団との交遊を見せつけられてきたトラウマが消えてないのである。

日大では生物資源科学部の同じ教室の大学院生が二人も同じ教授のパワハラ・アカハラで自殺している事件が起こっているが、この問題をとりあげてるのが、ファクタという雑誌一社である(過去記事)。

理由は日大弁護士軍団からの恫喝訴訟を起こされるからである。現にファクタは、2億4000万円の損害賠償訴訟を仕掛けられている。しかし一審判決は160万円だった。0、7%以下の名誉棄損と判決された。ファクタの記事の内容は真実であり99、3%も名誉棄損ではなかったということである。

この学生が自殺した話も、両親が真相究明を大学にお願いしたが、結局無視され何も解決されなかった。今回は、優子夫人特別枠推薦の驕り丸出し米倉司会者の自惚れ勘違い上から目線もあって(自業自得)、各社が本気を出して追いかけてるので、色んな闇に光が当たることだろう。弊紙はその一端の暴露の一助になれればいい。

一見、アメフト部の暴走に見える今回の事件であるが、日大の本質に迫らなければ何も解決しないのである。相撲部の選手が大相撲に行くとき、多額の裏金が田中理事長に流れてる闇にも光が当たって欲しいものである。理事会・校友会・事業部のすべてを握ってしまってるからなー。ハァ—、どすこい、どすこい。

日大広報より(クリック)

↑内田が理事に選ばれる理由が、『学識経験者』だって。
どうなってるの?要するに何でもアリってことだね。


日大広報(平成29年9月15日第714号)一面



【投書】日本ボクシング協会に関する告発

【投書】日本ボクシング協会に関する告発
 

件名: 日本ボクシング協会に関する告発
 

管理者 様
 

以前記事にありました、
日本ボクシング連盟の問題について
纏められたものがありました。
 

 

https://badnews-sports.com/%e4%b8%8d%e8
%aa%a0%e5%ae%9f%e3%81%aa%e5%af%be
%e5%bf%9c%e3%82%92%e7%b9%b0%e3%82
%8a%e8%bf%94%e3%81%99%e6%97%a5%e5%
a4%a7%e3%80%81%e6%a0%b9%e6%9c%ac%e7
%9a%84%e3%81%aa%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e
3%81%af%e3%83%88/



https://badnews-sports.com/%E5%B1%B1%E6%A
0%B9%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%81%AE%E
8%B6%85%E5%84%AA%E9%81%87%E5%88%B6%E5%BA%A6/

 


↑クリック
ーーーーーーーーーーーーーーーー


敬天ブログ2017.08.24記事
(クリック)→【投書】日本ボクシング連盟の問題

会見を開かない日大トップ田中理事長
会見を開かない日大トップ田中理事長

日大アメフト選手反則問題では、後出しジャンケンで有利な立場を導こうと卑劣な手を繰り出した日大側であったが、全てが後手後手で危機管理能力の無さを露呈し、社会から大ブーイングを受けてる日本大学執行部であるが、最高実力者である田中英壽理事長は、未だに会見は開かない。

会見に出れば、疑惑てんこ盛りの質問が予想されることがわかっているので、どんなことがあっても顔を出さない作戦なのである。

だからといって、渦中にパチンコはなかろう。「俺は知らないよ、俺は関係ないよ」と言い放つ姿こそ、今の日本大学の姿を現している。大学のトップにしてこの認識である。

例えば名だたる親分との2ショットにおいても、本人は「合成写真」と言い張っている。しかし、それは私的な場所での発言であって、公の場での発言ではない。

多くの記者の前で、その後ろで聞いてる国民の前で、堂々と「合成写真」と否定して欲しいものである。ここまで信用を落とした日大ブランドを取り戻すには、トップの会見は欠かせない問題になってきたはずだ。文科省が会見を指導すべきである。

このまま何も語らず、時の経過を待つだけでは、真実はわからないままで終わってしまう。内田が命令した殺人タックル事件は、現体制の驕りの象徴である。

現体制がどのようにして出来たのかを真相解明しない限り、殺人タックルがどうして起きたのかの解明には繋がらないのである。今までは、こういう問題が起きたら、危機管理防衛隊が動いて、密かにもみ消していたが、今回は全く動いた気配はない。

やはり、亀井静香氏と田中英壽理事長との仲に亀裂が入ったという噂は、本当だったのだろうか?しかし、長年新学部を申請していたにもかかわらず、不認可だったのが、亀井氏の指導と口添えで、「危機管理学部」と「スポーツ学部」が認可になったのは事実である。

しかし認可が下りるまでは、文科省の指導を神妙に聞いているが、認可が下りた途端に4年契約で募集した非常勤講師を、説明も無しに首にするという理不尽さを田中圭太郎氏が、現代ビジネスに書いている。これも法人としての責任者は内田常務らしい。

内田が常務理事になってから、「人件費削減」を打ちだしているそうだが、一方で歯学部では新校舎が建設されたり、新病棟が建設されたりしてるらしい。

これは大塚学長の出身学部だからである。これでは田中理事長を守る発言に終始するのもわかる。またアメフト問題であるにも拘わらず、アメフト部のもう一人の実力者である井ノ口忠男理事の話が一向に出て来ない。

井ノ口理事は、優子夫人の紹介で裏木戸から職員採用され、10年も経たずして、理事にまで出世した立志伝中の人物である。各学部の判断で執り行っていた事業を本部で一本化し、より効率化して、学生や教職員の福利厚生に寄与する目的で作られた筈なのに、自動販売機のジュースの値段が何故か10円高くなったという逸話を持つ「理事長付き相談役」とい肩書も持つ人物である。現代ビジネスの伊藤博敏氏の記事がわかりやすくて秀逸である。

ところで、あれほど固執していたJOCの副会長職を何で、突然辞めたのだろう。やはり2年後に東京オリンピックを控えて、田中理事長の黒い疑惑が気になったのだろうか?文科省は何で本気で調査しないのか不思議でならない。

今日あたりから、田中理事長も入院するんじゃないかな?これが日大の危機管理術の鉄則だからね。

 
日大フェニックスで名選手だった井ノ口


新聞各紙の報道


日本大学関連「敬天新聞」紙面記事バックナンバー​(click!)

 
日大実話ドキュメント!大学を蝕むチャンコ田中体制

日大実話ドキュメント!大学を蝕むチャンコ田中体制

パチンコ理事長の傀儡!!大塚学長誕生秘話



いよいよ大塚学長が緊急記者会見を開いたが、やはり要領を得てない。田中理事長を守るために会見を開いたのであろう。こういう状況でありながら、呑気にパチンコしている田中英壽理事長の傀儡学長であることが露呈しただけの会見であった。

大塚学長は三期目であるが、一期目目の時は総長であったが二期目からは、格の下がる「学長」になっている。元々(投票権の少ない)歯学部の学部長から立候補して、情勢的には不利な立場であったが、田中理事長が当時の相手候補を倒すために担いだ御輿だったのである。

その先方で動いたのが内田常務理事や石井進常務理事だった。相当な金が動くのである。総長選の度に金がかかるので、総長を理事会で決めれる「学長」に変更したという。

健全な大学なら、裏金を使わずに選挙は行なわれるわけだから、何も総長選挙に金はかからないから、理事会で決まる「学長」に変える必要もあるまい。

教職員の殆ども意味も知らないまま規約が変えられ、また知ったところで、何も言えない環境になっているのが今の日本大学のなのである。もし実名で苦情を言ったら、内田に呼ばれて、鉄拳制裁か、左遷されるのがオチだから、わかっていても言えないのである。

弊誌も実際の経験、元執行部、現教職員からきちんと取材をして記事にしているが、弊紙の理解力、能力不足もあるので、情報提供者との間に乖離があって、多少の食い違いもあるので、他紙の記者の皆さんにおかれましては、一つの参考という形で読んで頂ければ有り難いですね。

白ブログで、読売新聞が日本大学と和解した事実を詳しく報じていますが、補足すると、あの記事は事実です。金を田中理事長に渡したとされる会社は、昔の名前を「たくみ」(探せば名刺はありますが、面倒なので平仮名で書いてます。漢字は忘れました)と言います。

私(白倉)は何度も田中応援記事を書いてた頃、謝礼を頂いていました。社長は園田という人で長崎の人でした。会社名はその後サンエスコーポレーションに変わりました。

そして、日大の全ての事業に一枚噛みます。校舎を作る、壊すだけでなく、運動部の全ての用具、事務用品、日用品、茶碗皿に至るまで、この会社を通します。

しかし、何故か突然こんな優良会社を解散します。国税を恐れたのでしょうか?それとも理事長というテッペンを獲ったので、過去を隠したかったのでしょうか?確か過去記事に投書として張ったと思います。

読売新聞は、その会社からのリベートの一端を記事にしたに過ぎませんでした。しかし日大側の弁護士軍団(土屋東一元日弁連会長弁護士、石川達紘元特捜部長弁護士、弘中惇一郎弁護士他に十数名)に、恐れを為して和解したのでしょう。

実は殆どの人が知りませんが、田中理事長は今、東京地裁民事で、「騙し取った金だから返せ」案件で被告として、訴えられています。表向き被告は石井進常務理事です。事件番号は、(ワ)第5023号、原告株式会社セイシン、被告は、株式会社NU校友会他6名ですが、その中の一人が田中英壽理事長なんです。

東京地裁です。これは2年前に亀井静香氏の力添えで認可が下りた三軒茶屋に校舎が出来た危機管理学部の建設を請け負った話で、「仕事をさせる」ということで、裏金を先取りしながら、「約束に反して仕事が貰えなかったので、お金を返して下さい」というような裁判のようです。

お互いに公序良俗に反している話なので、裁判所がどういう判断を下すか見物です。日大現執行部の姿を現してる一端の出来事です。興味のある方は確認してみて下さい。

また先日の米倉司会も、現執行部の姿勢を表現しています。正式な日大職員ではなく、妻の知り合いの橋本稔子女史(井ノ口理事・アメフト出身の実姉)から田中優子理事長夫人を通じて、割り込み就職(途中採用)した人物です。

だから、「トップダウンで就職した俺に文句を言えるものなど、日大の中にはいない」という態度が見え見えで、流石に忖度していた記者たちからまで反感を買って、火に油を注いでしまった。

今の執行部にはもう人材がいないのである。田中夫婦の独裁政権を止めるのは、文科省の介入しかないのである。日大マンよ立ち上がれ。

必見!
資料・田中理事長夫婦のお財布たくみ(クリック)

上記関連記事(敬天新聞平成28年6月号)→click!


下は古い資料ではあるが、田中理事長とその仲間が昔から、日大を食い物にしてきたことがよくわかる資料である。当局の皆さんも教職員の皆さんもじっくりと読んでほしい。

「技三」は「たくみ)と読む。今のサンエスコーポレーションである。

【参照資料】資料全文pdf


上記関連記事(黒ブログ2014.03.17 )→click!


訴訟情報
被告・日本大学理事長田中英壽と筆頭常務理事石井進

東京地裁民事第41部合2B係

【事件番号】 平成29年(ワ)第5023号 損害賠償請求事件

【原告】 株式会社セイシン 外

【被告】 株式会社NU校友会 外

株式会社NU校友会

〒175-0082

東京都板橋区高島平1丁目47番11号

日大の最低最悪の記者会見
日大の最低最悪の記者会見

23日の夜の日大主催の内田監督と井上コーチの記者会見は酷かったねー。伊丹空港や羽田空港の会見よりかは神妙には見えたが、結論としては、「選手が間違って解釈した自己判断」と、やはり選手のせいにして、自分たちの責任を逃げた話に終始した。

それにしても、司会者は誰だったか知らんが、あれもまた酷かったねー。今の日大執行部の思い上がりがそのまま出ている態度だった。もう少し丁寧に言葉を使えばいいのに、質問記者を度々恫喝していた。

上司である内田常務を守ろうという姿勢だったのかも知れないが、前日の日大加害者選手学生の告白会見に対する「謝罪も含めた説明会見・言い訳会見」に変わりはないのだから、もう少し丁寧で気品ある司会をしないと、みんなが騒いでいるように、「火に油を注いだ会見」になってしまったのである。

あまりに権力が一部に集中し、一人で大役を重任するために、今の執行部には、もう人脈が居なくなったのであろう。本来、日大は人脈の宝庫である。

政界、財界、文化界、スポーツ界、芸能界は勿論のこと、大学教職員にも優秀な人は沢山いるのであるが、その能力を活かすどころか、踏み潰しているのから、あんな醜態を晒すのである。

今回は内田が矢面に立たされて、井ノ口の姿が見えないが、コーチの井上は本来、井ノ口の子飼いである。井ノ口の為に作られたような事業部の社員になって、そこからいつの間にか、大学の正規の職員になっている。

今では事業部の社員を三年やれば、職員になれるという規約まで出来たそうで、日本大学の職員になるのに、正規の手続きを経なくても、事業部に就職した「裏職員」が堂々と「正規職員」に誕生するシステムまでできたわけである。ひどい話である。そういう理不尽なことでも全く意義が唱えられない体制になってしまっているのである。

内田は体調不良で会見後入院したそうである。いよいよ雲隠れである。弊誌が前から訴えているように、この問題の本質は、「田中英壽理事長体制の闇」に切り込まないと見えてこないのである。

教職員ではない、田中優子夫人、橋本稔子女史に何故発言力があるのか?理事会では何も決めないで、田中チャンコ商店でちゃんこを食べながら大事なことは決定するのである。

また部外者だった当時、探偵社を使って田中理事長の行動確認んをした井ノ口忠男が、なぜ裏から入って、今では堂々と表の理事なのか?

それから火に油を注いで、益々問題を大きくした感のある米倉司会者の経歴であるが、共同通信の経済部長で退職し、大阪でスナックをやってた現夫人が井ノ口理事の実姉である橋本稔子女史の知り合いで、そこから優子夫人を紹介され、その経歴と手腕を買われ、広報の顧問に就任したそうである。

田中体制の独裁ぶりを見せつけるような一コマが垣間見えた会見だった。学生に責任を押し付け、自分の責任を逃げるような大学に100億も出してる文科省は、立ち入らないのかね。


日大内田は恥を知れ!宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め

日大内田は恥を知れ!宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め

日大アメフト選手の反則タックル問題で、被害を受けた選手が大阪府警に被害届を出したそうである。これは常務理事としての立場の内田監督の責任である。

一監督であったら、もっと対応が早かったであろう。一監督であったら、学内でも体育局のトップや理事会からも叱られ、右往左往しながらも、直ぐに謝罪を含めた事後作業に専念したことだろう。

ところが、体育事務局のトップも、理事会のトップも内田監督自身みたいなもの(実際は虎の威を借りる狐の第二位)だから、誰も意見は言わない。そうすれば、内田監督の脳で考える対応しかできなくなる。

せっかくの「危機管理防衛隊」の優秀な頭脳が活躍する場がなかったのである。そのお陰で、せっかく鳴り物入りで新設された「危機管理学部」のイメージも大幅にダウンした。

内田監督の判断の悪さが元で、これからも、色んな問題が噴出して来るのではないか?しかし、忘れていけないのは、内田監督の判断の悪さで問題が大きくなったこと。

それは何故か?である。理由は一つ。内田監督の暴走を許してしまったのは、田中英壽理事長の判断の甘さである。いつものように、ひたすら時の経過を待って、世間が忘れるのを待つ作戦である。その間、優秀な「大人の解決作戦」チームが、特殊な人脈を駆使して、相手側を説得するのである。

しかし、今度ばかりはそうもいかないようだ。昔は少なくとも、執行部に理事長支持派が10数名は居て、それなりに運営されていたが、今は側近として動くのは職員としては内田常務理事だけで、事業部として井ノ口理事の独占、橋本稔子は広報を任せられているが、日大の職員ではない。

現実には、彼らだけで執行部が運営されてる状態なので、何年か前から教職員の中に不満や鬱憤が充満している状態なのである。しかも、もうアメフト部だけの問題ではなくなってきている。マスコミも本気で田中体制を追いかけ始めたようだ。

被害届は大阪府警に出されたようだ。ただ捜査は警視庁がするらしい。日大の危機管理防衛隊の中には、元警察庁長官とか、元警視総監とかの名前もある。現役警察官が忖度するとか、気後れするとかが、ないことを願うばかりである。

田中英壽理事長がJOC副会長をしていた時、山口組トップと田中理事長の2ショット写真が外国雑誌に「ヤクザオリンピック」と揶揄され掲載されたことを、国会で質問された下村博文元文科大臣は、「私が直接調べて報告します」と言ったきり、もみ消してしまった事実がある。こういうことが、彼らを驕らせてしまっているのだ。

しかし、勇気ある学生が真実を語った。やはり弊紙が指摘した通り、内田や井上が指示していた。謝罪の仕方、責任の取り方、内田は宮川選手の爪の垢でも煎じて飲め。この選手の潔さで、大学が救われたようなものである。執行部は恥を知れ。

学生一人も守れず、それどころか、学生に罪を被せて終わらせようとして。文科省は監督官庁として指導力を発揮して、助成金を減額すべきである。そうすれば危機感を持って、教職員も声を上げるだろう。だいたい大学の職員でもない理事長夫人が大学の人事や事業に口を出すのも異常である。事業部の帳簿を見直した方がいいよ。矛盾や不条理がでてくるから。

問題の本質は日大の私物化!田中ちゃんこ体制
問題の本質は日大の私物化!田中ちゃんこ体制

必見【投書1】
部員が強姦事件!日大アメフト部寮にガサ入れ
画像↓クリック


必見【投書2】
内田が陸上部の井部監督に暴行!
【投書】↓クリック

上記関連資料1.週刊文春↓クリック

資料2.FRIDAY

資料3.日大東北高

補足資料.内田正人fecebook


内田監督が辞任した。遅きに失した。本人は被害者選手や父兄に直接謝罪をしてからでなければ、辞任してからの謝罪では失礼だから、(謝罪を終えた今だから辞任を発表する)と言ってたが、反則行為から13日も経ってからのコメントとしては、素直に評価できないだろう。

それが本心なら、試合後直ぐにでも行けただろうし、何よりも関西大学が抗議の記者会見を行う前に、謝罪をするべきであったろう。追い詰められての記者会見であるのは見え見えである。

それに記者会見の報道を見ていると、加害者側の責任者として「本当に申し訳ありませんでした」という謝罪・誠意というものが、会見からは伝わらなかった。

口では一応「すべて自分の責任です」とは言ってたが、その態度・姿勢、記者とのやり取りは、あまりに堂々としており、謝罪会見には感じなかった。

本当に大変な問題を引き起こしたという気持ちがあれば、もう少し落胆したお詫びの気持ちに溢れたイメージが自然と醸し出て来るものだが、それを全く感じなかった。

おそらく本人はこの騒動(辞任)に納得していないのだろう。やはりSNSでは弊紙と同じ印象を感じた人は多いようだ。「俺が監督を辞めるのは、お前らに責められたからではない。騒ぎを納める為に仕方なく辞めるのだ。大学内では誰一人辞めろとは直接言わない。現に理事会では話題にさえならなかった。俺に命令できるのは理事長夫妻だけなんだ」という態度の会見だった。

内田監督は常務理事は別問題(だから辞めない)、と発言していたが、果たしてそうだろうか?田中体制問題を取り上げれば、その闇は数限りなくあるが、内田の問題に限定しても、幾つかある。

昨年、陸上部の村上幸史コーチ(やり投げで3回連続オリンピック出場)が学生と不倫関係になったと週刊誌沙汰(文春2017年4月13日号)になった時、「理事長に恥を掻かせた」と、井部誠一助監督を本部体育局に呼び出し、出血するほど殴りつけた(投書参考)。

周囲は被害届を出すように言ったらしいが、得意の大人の解決をして、事件化にはならなかったようだ。また、昨年アメフト部の学生が、強制猥褻・窃盗事件を起こし、高井戸署に逮捕され、アメフト合宿所が家宅捜索され大騒ぎになった事件(2017年10月29日記事・投書参考)が起こったが、一切会見もしないし、謝罪もしなかった。

そういうことを知っていながら、大学は一切記者会見しないのである。読売新聞を手懐けた頃から、マスコミを抑えるノウハウを覚え、自信を持ち出したのである。

確かに事件を揉み消す力には長けている。そう考えれば、今の田中体制の延長線上にこそ、今回の事件は起こったのであると言えるのではないか。





 
問題の本質は「日大の闇」田中理事長夫妻の独裁体制

問題の本質は「日大の闇」田中理事長夫妻の独裁体制

日テレが「内田監督が今日にも被害者選手に直接謝罪する予定である」と速報を打っている。また昨日は遅く「関西大学に謝罪するために内田監督が伊丹空港に降りた」と速報を打っている。

日テレが内田監督の動向を把握しているのには、理由がある。一部の新聞ではすでに記事にしているが、日大は読売巨人軍のオフィシャルスポンサーになっているのである。

国から私立大学最高の助成金(100億円)を受ける立場で、一球団のスポンサーになっていいのかの是非もあろうが、誰も苦情を言わないから、やりたい放題である。

これは日大本部の井ノ口忠男理事の実姉が、日大の職員ではないが、実質日大広報を仕切っていて、内田監督の動向は逐一田中理事長には報告されていて、その話は、井ノ口忠男理事の実姉橋本稔子女史にも報告されるからである。

実は、橋本稔子女史が、弟の井ノ口忠男氏を理事にしたと言っても過言ではないのである。少なくとも日大の職員は全てそう思っている。

と言うのは、「人たらし」として、その魅力満載な橋本女史こそが、田中英壽理事長の元糟糠の妻(今は大金持ち)である優子夫人のハートを鷲掴みし、先ずは日大利権に喰いこんだからである。

井ノ口忠男が日大利権に入り込むのは、その後である。井ノ口忠男を理事にする為に、事業部を作ったようなものである。詳しくは弊紙ホームページの「日大実話ドキュメント」を読んで頂くとして、恐らく大阪での内田監督の道案内は、井ノ口忠男理事がする筈である。

井ノ口理事は日大アメフト出身であり、昨年から日大校友会大阪支部の会長でもある。大阪人として、裏表の人脈がある。関西大学の関係者との折衝なども井ノ口姉弟人脈をフル活動して、行われていることだろう。

因みに井ノ口忠男理事の息子も日大の職員(事業部所属)であり、アメフト部のコーチでもある。昨日は、「日大本部で内田正人常務理事も出席して理事会が開かれたが、アメフト反則事件については一切話題にならなかった」と広報が発表していたが、これだけ世間の話題になっているのに、全く世間を無視した対応である。

表面こそ、亀井静香元代議士を中心とした高級弁護士軍団で防衛しているが、源泉は大物暴力団との交遊なのである。今の日大体制は田中英壽・優子夫妻独裁体制を、橋本稔子、井ノ口忠男姉弟、内田正人の三人で支えているのである。

ということは、現実には今の日大は、この5人で運営されているのである、と言っても過言ではない。だから、あれほどの違反行為をし乍ら、謝罪さえしないのである。

この問題の本質は「日大の闇」にある。そこに焦点を当てない限り、解決はあり得ないだろう。日大の教職員も、アメフトのOBも、もうそろそろ勇気を持って真実の声をあげるべきなのである。

 



日大フェニックスで名選手だった井ノ口


広報を牛耳る井ノ口の実姉橋本稔子女史(エルフ社代表)


利権スキームの一例(click!)



 

未だにNo2が雲隠れ!これが日大の危機管理能力

未だにNo2が雲隠れ!これが日大の危機管理能力

日大アメフト部監督で、大学常務理事の内田が未だに雲隠れしたまま、公の場に出て来ない。これが日大危機管理学部の実態である。

関学大から求められていた反則行為に対する回答では、「スポーツ選手として、大学生として、あるまじき違反行為を度重なり行った」と、まるで学生だけの判断でやったような、責任転嫁した回答である。酷い話である。

もし学生が自身の判断だけでやったのなら、何故一回目で注意しないのだ。監督・コーチ陣の意思に反して学生がやったのであれば、少なくとも二回目の反則を取られた時点んで叱責し、替えればよかったじゃないか?

それに、選手が勝手にやったのであれば、試合後にでも相手側に飛んで行って、先ずは謝罪するだろう。自陣の選手が卑劣な反則行為をやったのだから。

しかし、監督自身も試合後のコメントで、選手の行為を当然というように褒め称えているではないか。今更、選手個人の責任にするのは、あまりに選手が可哀想すぎる。

こんな大将には、人は着いて行かない。少なくとも、自陣の総大将であれば、一兵の部下の反則であっても、「その責任はトップである自分にある」という姿勢こそ総大将のあるべき姿である。

日本大学のナンバー2の常務理事ともあろうものが、何とも見苦しいでなはないか。これから先は今までの日大危機管理業務の実態を見てきた弊紙の推測であるが、今広報が「監督は指示していない」という時間稼ぎをしている裏で現実には、反則を犯した選手や選手の父兄への(学校の方針に合わせてくれという)説得工作をしているものと思われる。

例えば、1、学生の卒業を保証する。2、大学に就職させる。3、アメフトコーチにする。4、親や親族の就職も世話する。5、多額の慰謝料を払う。等の好条件を出して、大学側の話に添う考えに歩調を合わせる工作をしていると思われる。

また実際に日大には、これらの条件を出しても、実際に叶えられる人脈があるのである。あの読売新聞でさえ、説き伏せ記事を押さえてしまった事実があるぐらいだから、一学生や父兄など、簡単に感情を翻す力は持っているのである。その裏側にメスが入ら無ければ、事実の解明は難しかろう。

本来なら、先ずは負傷させた関西大学の選手・父兄に謝罪するのが筋である。当日の試合に戻るが、反則を犯して、攻守が交代し、違反した選手がサイドラインを割って自陣に帰って来た時、最初に話かけてるのが井上奨コーチである。

井上は井ノ口忠男理事が日大に裏就職で押し込んだ男で、学生時代にはホモビデオに出演し、アメフト部に大迷惑をかけた男である。井上の両親は井ノ口の大阪の自社ビルの1階で洋菓子店を経営し、その菓子を日大で販売されている。因みに井ノ口忠男コーチ兼理事は、今回反則行為を犯した選手と同じラインバッカーだったそうである。反則行為は内田→井ノ口→井上→選手と指示された可能性もある。是非、事実を解明してもらいたいものである。

井上のホモビデオをスッパ抜いたフライデー記事(click)







 

日大の恥晒し内田正人は辞職せよ!
日大の恥晒し内田正人は辞職せよ!

やはり内部情報通り、「監督の指示だった」という話がでてきた(内部調査の結果として日大は否定してるが)。内田は、こんな卑怯な行為を指示して、恥ずかしくないのか?

クォーターバックは戦陣の司令塔である。その司令塔を負傷退場にすれば、やられた方は、完璧に戦力ダウンする。

関学のように強いチームには2番手、3番手クォーターバックは居るには居るだろうが、あまりに卑怯である。

命令を受けて、卑劣な行為をやった選手も可哀想である。この卑劣な行為(アメフト用語では「殺人タックル」と呼ばれている)をやった男として、生涯負荷として付いて回るだろう。日本では最も忌み嫌われる「卑怯者」である。

内田は「責任は俺が取る」と言ったそうであるが、どのように取るというのか?取るどころか、未だに雲隠れしてるではないか?

自分が直接顔を出すならともかく、コーチと選手にこっそり、関学大に謝罪に行かせたり、姑息な手段で済ませようと、計画したようであるが、事の重大さを未だに理解してないようである。

内田正人監督は日本大学のアメリカンフットボール部の監督でもあるが、学校法人日本大学の常務理事でもある。

今は人事部長であるが、その前は日本大学の体育会(運動部)の全てを束ねる保険体育事務局の局長も務めていた。

全ての運動部の監督を指導する立場の者が、この位のスポーツマンシップしか持ち合わせていないのが、今の田中体制である。

去年まで助監督だった文理の高橋が、いつの間にか辞めて、自分だけ監督に復帰している。人事部長という立場を利用して、高橋をどこかに飛ばしたんじゃなかろうな?

田中英壽理事長夫妻から見て、使いやすいということで、常務理事になったんだろうけど、だいたい内田は、常務理事というタイプじゃないよ。そんな立場にするから、勘違いするんだよ。

篠竹監督も確かにワンマンで暴力的な部分もあったけど、篠竹監督は最期まで家庭も持たず、寮で学生と寝食を共にして、その一生をアメフトに捧げた人だった。

その暴君の部分だけを真似て、学生を指導しても、誰も着いて来ないのは当然じゃないか。雲隠れが個人の判断なのか、田中英壽理事長の判断(ナンバー2の内田常務理事の上には、田中理事長しかいない)なのかわからぬが、今回は本人の説明なしには終わらないだろう。

それとも「沈黙の大学」としては、監督としての辞表だけを受理して、広報が得意の代理謝罪(&言い訳)でもするのだろうか?

今頃は大阪校友会(井ノ口忠男会長・理事)を中心に、関学や負傷した選手の父兄等に、取り下げの根回しとかしてるだろうなー。

雲隠れは、その時間稼ぎの可能性も十分にある。





 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>