神奈川県下で政治力を発揮する徳洲会グループ

神奈川県下で政治力を発揮する徳洲会グループ


昨年9月17日、東京地検特捜部による徳洲会東京本部や関係先などを家宅捜索した徳洲会グループの公職選挙法違反事件が徐々に進展してきた。

今年1月末の初公判では、徳田虎雄氏の次女、スターン美千代被告が起訴内容を認め、進退きわまったのか、徳田毅衆院議員は連座制適用が現実となった最中、あえて自ら議員辞職願を提出した。

日本最大の医療グループも風前の灯といったところだが、この家宅捜索の僅か数日前に神奈川県藤沢市の特別養護老人ホーム整備事業にて、徳洲会グループの一つである社会福祉法人茅徳会(神奈川県茅ヶ崎市=塚本玲三理事長)が業者選定されていた。

茅徳会は既に茅ヶ崎市で特別養護老人ホーム「つるみね」(ベット床数=全個室100床)を運営している実績がある。





何より藤沢市には総合病院「湘南藤沢徳洲会病院」を有していることが最大の強みであり、神奈川県内では他の特養ホームに特化した零細業者では太刀打ちできない力を持っている。





当然、お得意の政治力も如何なく発揮していることは想像するに容易い。政界をも巻き込んだ不祥事を起こしたにもかかわらず、茅徳会を選定した鈴木恒夫藤沢市長は「引き続き施設開設に向け進めていく」と、飽くまでも茅徳会で押し通す気だ。何やらキナ臭ささが充満している気がする。

特別養護老人ホーム整備事業の選定業者に対しては、その整備費補助の名目で定員一人当たり350万円を藤沢市が補助として支出する予定だという。これに神奈川県からの補助も加算されることになる。因みに、茅徳会が整備する施設は定員100名の予定だ。

高齢化社会において必要不可欠な施設であり、明らかに施設の絶対数が不足している。現に、ホーム入所待機者においては藤沢市民の申し込みが1800人を超えているという。

とはいえ、多額の公金を支出する整備事業であるからには、その対象者に疑義があってはならない。果たして現在の徳洲会グループに新規の補助を受ける資格があるかというと甚だ疑わしい。

既に、鈴木恒夫市長の姿勢に疑いの目を向ける市民も少なくないという。特養ホーム整備の重要性を盾に、徳洲会グループの暗部から市民の目を逸らしているとしたなら、市長の罪は重い。
徳洲会グループに新たな火種。藤沢市の特別養護老人ホーム整備事業で疑惑の選定

徳洲会グループに新たな火種。藤沢市の特別養護老人ホーム整備事業で疑惑の選定


ソチオリンピックの影響ですっかり影が薄くなった事件がある。徳洲会グループの公職選挙法違反事件のことだ。

徳田毅衆院議員の親族が逮捕起訴されるなかで、事件の煽りを最も受けたのが徳洲会からの5千万円の資金提供が表沙汰となった猪瀬直樹氏であろう。

都議会での釈明に追われた末に都知事を辞任し、徳田氏もまたソチオリンピック閉幕の翌日、議員辞職することを表明し、併せ議員辞職願を同日提出した。

核心の当事者が表舞台を去ったものの、裁判は始まったばかり。オリンピック報道も落ち着いた今、事件背景もマスコミによって徐々に明らかとなるに違いない。

首都東京の知事の首をあっさりと飛ばした徳洲会であるが、日本最大の医療グループの土台は揺るがないのであろうか。今般、都合よく徳洲会の今後を占うに適当な事案を拾った。

徳洲会グループの一つである社会福祉法人茅徳会(神奈川県茅ヶ崎市)が、藤沢市が行った特別養護老人ホーム整備事業にて、昨年9月に運営事業者として選定されたのである。

ところが、その数日後に事件が表面化した。東京地検特捜部が徳洲会東京本部や関係先などを家宅捜索したのである。

その後は承知の通り、徳洲会創設者である徳田虎雄氏の次女のスターン美千代氏らが逮捕、その後には虎雄氏の妻、秀子氏も逮捕された。

スターン美千代氏は茅徳会の理事長、秀子氏も同会の理事であった。体裁を繕うためか、茅徳会理事長は塚本玲三氏(医療法人徳洲会茅ヶ崎駅前クリニック名誉院長)に変更された。

この事態を受けて藤沢市の鈴木恒夫市長は「選定に不備はなく、また茅徳会は徳洲会とは別法人であることから引き続き施設開設に向け進めていく」と、何ら問題ないとの姿勢である。

因みに選定審査後に、市民の疑惑や不振を招くような行為をしたと市長が認める場合には不適とする、とした欠格事項がある。

第三者から見れば、不適とするに十分に要件を満たしていると思うのだが、鈴木恒夫市長は是が非でも押し切ろうとしているようだ。

そもそも藤沢市の特別養護老人ホーム整備事業は、募集しても応募事業者がないことで遅滞してきた状況がある。早急の施設整備が喫緊の課題となっており、折角決まったものを白紙には出来ないということか。

穿った見方をすれば、徳洲会グループの茅徳会でなければならない特殊事情でも抱えているのであろうか。天下の都知事を抱き込むことから比べれば、地方都市の首長を懐柔するなど朝飯前であろう。

何れにせよ、このまま平成27年度の運営開始まで、すんなりと事が進むのであれば、徳洲会の政治力は健在であるとのアピールにもなる。
猪瀬辞任で頓挫した十字会病院売買で今井洋氏が新田修士氏に接近

猪瀬辞任で頓挫した十字会病院売買で今井洋氏が新田修士氏に接近


猪瀬都知事が辞任したことで売買がご破算になっていた十字会病院の最新情報が入った。いま十字会病院の実質的売買権を持っているのはナスカジャパンの今井洋氏だそうである。

表向き所有者は松見イク女史だが、債務に押しつぶされ身動きができず、一任しているという。

一説には仕掛けられて親族が「溶かされた」という人もいるが、育ちが良いだけに金使いは常識外だったという。

ご存知の方も多いが、松見イク女史は2020年に東京オリンピック開催が決定したJOC 竹田恒和会長の前妻の母親である。

慶応大学講師として今売り出し中の恒泰氏のおばあちゃんに当たる。恒泰氏と言えば先頃芸能人の華原朋美と話題になったが、あの女はやめといた方がいい。

あの女は「薬」疑惑が絶えないし、どう考えても売名に利用しているようにしか見えない。どうしてもデート商法したいなら、日本人マスコミがいない外国で思い切りデートすればいい。

話はそれたが、今井氏は愛媛県西条高校の同窓会である「道前会」の実質的な東京会長らしい。東京事務所は今井氏の事務所においてあるようだが、会長は別人のようである。

しかし同窓会の会長と言えば一応上京組では実業界での出世頭のはずだ。少なくとも反社企業の代表ならなれない、と思う。

その今井氏は、猪瀬氏の辞任で描いていた売買話が壊れ、苦肉の策として、あの病院乗っ取りで有名な新田グループのリーダーである新田修士氏に一任したそうである。

新田氏は確かつい最近まで服役してたはずだ。ただ新田氏は病院業界には精通しており、相当な人脈を持っているのだという。

25億という数字が基準らしい。
大成建設多田副社長ほか、敬天新聞を利用する姑息な輩

大成建設多田副社長ほか、敬天新聞を利用する姑息な輩


今週号の週刊文春記事はすごいね。うちの名前が俺の知らないところで大活躍しているよ。本当に大成建設の副社長がうちの名前を使ったのかね。テープ起こしたと書いてあるから本当だろうなー。

それにしても多田副社長も軽い男だねー。その前に断っておきますが、文春記事が本当だということを前提に記事を書きます。

だいたい一面識もないうちの名前を使うのは非常識。使うなら一言、断りぐらいは入れてくれないと。それに使い方が間違ってるよ。

怪文書を載せられた人に向かって「詫び状」はないだろう。例えば詫び状を取る場合はこちらが不正を追及したとき、相手が表向き「事実無根」と訴えてきながら、裏で和解を模索してきた場合に、詫び状プラスアルファーという場合がある。今回は全く矛盾している。

これでは相手から「本当に敬天新聞が詫び状を求めているのか」と疑われて当然である。OというOBも胡散臭いなー。「運転手を引きずり出してどやしつけといたでー」なんて、そんなことしたら、自分が総攻撃食うだろうよ。正気塾を舐めちゃだめだよ。

この男も副社長か理事長の仲間じゃないの?相撲部の猛者で日頃から暴力団との付き合いを公言していたというから、日大の田中理事長にそっくりだな。

それに街宣は止まったけど、敬天はしつこいからとか、一部当たっちゃいるけど、「講釈師見てきたような嘘を言い」の部類じゃ困るよ。街宣に1日500万円も払ってくれるなら、うちも雇ってちょ。

しかし、このやり取りなら、どう考えても大成副社長の方が悪巧みだなー。文春が煽ってるんじゃないだろうな。取材にきた記者に作為は感じなかったし、嘘ならここまではっきり書けないだろう。

最近当紙の知らないところで名前を使ったり、金を取ったり、ネコババしたり、敬天新聞もいい迷惑である。中には弁護士のホームページの中に「消えない記事(敬天新聞)も削除します」と堂々と書かれているのだから、驚きである。

もちろん一面識もない。訴訟で争ったこともない。尤も間違い記事や訂正記事など指摘されれば、そんなに大上段に構えなくても適時削除もする。この弁護士も何を勘違いしているのだろう。弁護士が誇大宣伝もしくは商売優先虚偽告知ではいけませんので、一応懲戒申し立てはしといたけどね。

有名税と言ってしまえばそれまでだが、こういう輩があまり多く出没すると清貧にまじめに詐欺師集団、在日犯罪、似非同和犯罪、中国人詐欺犯罪、デート商法に代表する電話勧誘犯罪追及をやってる当紙としてはやりにくくなるのである。

というのは当局に誤解を与えてしまうのだ。いろんな事件がある度に「また敬天か」となる。ついこないだも「みずほ銀行」の中の恐喝事案で「敬天新聞と話をつけてほしい」と頼まれ、預かった1億円をネコババした大津洋三郎という北朝鮮籍と思われる事件屋の話があった。

こいつらも当局の狗になったり、逆に捜査官に毒まんじゅうを食わしたりというのもいるから、危なくて仕方がない。

それにしても東京医大の話は放っておくわけにはいかんなー。関係者に面会を求めればまた誤解されるから、多田副社長に質問状でも出すか。

今回の場合、名前使用料って請求できるのかなー。
徳洲会徳田理事長の側近だった久垣信夫氏が日大にも潜入

徳洲会徳田理事長の側近だった久垣信夫氏が日大にも潜入


徳洲会病院グループに大捜索が行われている。発端は徳洲会ナンバー2まで登りつめた能宗克行氏が懲戒免職になったことで、過去の行状をレポートにして特捜に訴えたことである。

一方で文春記事では「徳洲会マネー100億円を貪る『悪いやつら』」というタイトルでもわかるように、能宗克行氏が数十億の金を懐に入れたことでの追及を恐れて、自身を正当化するために特捜に逃げた、というような論調である。

これらの情報を見て、あっちが正しい、こっちが正しいとの意見が喧くでることだろう。私の意見はこうである。どちらも正しいと思う。

能宗氏は秘書であり事務総長であり専務理事であったわけだから、当然徳洲会の中心に居た人物であった筈だ。であれば命令は徳田虎雄理事長であっても、能宗氏は不正の中心にいたのは間違いなかったろう。

その能宗氏が語る話は経験だろうから、特捜に持ち込んだ話は先ず間違いはない筈だ。従って特捜は持ち込まれた事案に対しては相当優位に事が運べるだろう。

そういう意味では徳洲会側が迎えた「最高の弁護士」も持ち込まれた事案に対しては防戦一方になるのは間違いない。

現に文春記事は徳洲会側が流したマスコミ対策だろう。文春が徳洲会側に付いた記事を書いているのか、中庸な立場からなのかはわからないが、文春の記事もまた事実だろう。

権力者のナンバー2であれば虎の威を借りて何でもできる。しかも権力者が長い間寝たきりであれば尚更、権力を自由に行使できる。そこにマスコミ対策のプロが知恵袋として付けば鬼に金棒であると錯角しても不思議ではない。

世間は病院を私物化しているように見える(実際してると思う)徳田家に不利だろうが、能宗氏が相当な金を横領したのも事実だろう。

しかし特捜が能宗氏の情報を元に事件化してるので、司法取引した可能性もある。仮に「自分を逮捕しなければ事件にならないというのであれば、どうぞ捕まえて下さい」と能宗氏が言ったとしても、検察だって人情はあろう。普通より大目に見よう。

そこで注目されているのが元「週刊新潮」や「フォーカス」の記者だった久垣信夫氏である。この久垣氏が知る人ぞ知る亀井静香議員と親しい。

文春の記事を見てもわかるように金儲けがうまい。亀井静香議員がどういう形で日大に介入するんだろう、って2、3日前に書いたらもう介入事案がわかりました。

何とこの金儲けのうまい久垣信夫氏をマスコミ対策として亀井氏が日大に紹介したのだそうだ。報酬は月額200万円とのことである。

いくらか高橋秘書に戻りが入っているのかな?しかし徳洲会に火が付いたら日大の対策なんかできるのかね。

意外と捜査関係者の言葉にあるように「徳田ファミリーも悪いが、二人の側近はもっと悪い。今回の事件は、自分たちの悪事を覆い隠すために二人が仕掛けたテロのようなものです」と言うのが正鵠を射てるのかもしれない。
東京医科大学病院疑惑追及に正氣塾も参戦

東京医科大学病院疑惑追及に正氣塾も参戦


 東京医科大学病院の飯森槇喜雄教授についての怪文書らしきものが送られてきたが、ただ「辞めて欲しい」という、全く内容のないものなので掲載はやめる。

 前の怪文書は女医さんか看護師さんか事務職員か知らないが、二人と同時進行愛人不倫の記述があったので、読み手も楽しめたが、今回は内容がなかった。

 街宣車が出ているという話だったので、何処だろう、と思っていたら何と「正氣塾」だった。相変わらず頑張ってるなー。


東京医科大学飯森教授2012091701
東京医科大学飯森教授2012091702


 いま街宣車を出す右翼も少なくなってきてるから貴重である。ただ正氣塾が街宣車を出したということは、それなりの根拠があるということだ。

 大学病院の主任教授にただ愛人が二人いたというぐらいでは街宣はかけないだろう。でも病院内での不適切な関係が公私混同を生み、職員の目に著しく醜く映っていて、外部からの忠告がなければ正常化出来ないほど飯森教授が驕り高ぶっているとしたら、街宣もありうるか。

 一時は辞めたとか辞めるとか言った情報も入ったけど、まだ頑張ってるんだー。まーどっちの言い分が正しいのか知らんが、高級大学病院の情報だから遠くから時々報道することにしよう。
東京医科大学、副学長の恋の噂はどうなった?

東京医科大学、副学長の恋の噂はどうなった?


 東京医科大学、飯森副学長の火宅の人的複数股疑惑は落ち着いたのだろうか。街宣車も走ってるという話も聞こえてきてたけど、まだ走ってるのだろうか。

 だいたい社内恋愛の場合、周りにわからないようにやってても意外と誰か見てるもんだよ。何か事件が起こったとき、付き合いもないのによく近所の人が「監視でもしていたのではないか」というぐらいの話をインタビューで答えているだろう。

 付き合いがなくてもあのくらいしっかり見ているんだもの、職場なら恋愛感情、人事感情、上司、部下、出世、賞罰、そこに金まで絡めば嫉妬、やっかみ、はもちろん、中には恨みまで芽生えて来る者もいよう。上司から部下の本当の姿というのは余り見えないけど、部下から上司の姿はよく見えるものなんだよ。

 そんな中で女医さんか看護師さんか知らないが、愛の棲家まで知られるとは飯森さんは油断し過ぎ。部下だと思って、何でも見せてると大火傷するよ。部下もいずれは先輩になり上司にもなって、物の言える立場になるんだから。

 人の命を預かる尊敬される立場のお医者さま、下半身に人格なしとは言うけれど、あまりお騒がせ無きようお願い申しあげます。じゃじゃ馬のように暴れるわが息子をしっかり調教するのも教育者の努めですぞ。
湘南美容外科、怒アップマンコ写真削除

湘南美容外科、怒アップマンコ写真削除


 月曜日に湘南美容外科のマンコ画像怒アップに対して厚労省に苦情を言いに行こうと思ってたけど、やっぱり「善は急げ」って言うから昨日関係各所を廻ってきた。

 厚労省、経産省、消費者庁、JAROと廻るつもりで、先ず厚労省に行ったら「これは行政の管轄ですので本社のある新宿区の判断ですね」というので新宿区役所の行政相談室に話をしたら「これは保健所の管轄です」と言われ、今度は保健所に行って説明したら「これはひどいですねー、直ぐに注意します」と言うことだった。

 せっかくだから消費者庁にも行ったら「これは警察に通報した方が良いんじゃないですか」と言うのでついでに新宿署へ写真を見せに行ったら「これはいかんですねー、すぐ対応しましょう」ということだった。

 夜になって、一人寝の友のおかずに怒アップ写真をこっそり覗こうと思ったら、あ〜らすっかりまんこ写真は消えていた。

 注意されたからとはいえ自ら削除したことで今回は沙汰無しとなるのか、「けじめ」として書類送検ぐらいの御咎めがあるのかわからない。

 と言うのは某県警が猥褻画像陳列で内偵しているという話が当紙に聞こえていた。湘南美容外科もまさかこんなに早く対応するとは思わなかったので、ちょっと驚きだね。逆に相川院長の逮捕はなくなったわけで、当紙に感謝するんだよ。

 まー取り敢えずビジネスとセンズリに利用されていたマンコ画像が削除されたことはよかった。一抹の寂しさはあるけどね、なーんちゃって。
湘南美容外科のエロ本的まんこ写真アングル

湘南美容外科のエロ本的まんこ写真アングル


 最近、湘南美容外科の広告が非常に多い。品川クリニックや神奈川クリニックが落ち目だから一人勝ちに天狗になっているのだろうか。
 神奈川クリニックは買収されてなくなったんだっけ。当紙に百枚ぐらいの怒アップ「マン写メ」が送られたきた。
 こんな「マン写メ]をインターネットで流していいのか、問題提起してくれということである。
 さすがにマン写メは迫力がある。美容整形病院だから女性に見せるための症例写真ということだろうが実際には男の興味と趣味に利用されてるのではないか。
「身体の部位の術前、術後の症例だからOK」という認識だろうが、一罰百戒の意味も込めて当局は公然わいせつ陳列罪で院長を逮捕すべきである。
 日本はアメリカとは違う。フリーセックスの国とは違うのだ。
 私有地の中で車に乗るのに免許書がいらないのと同じで、湘南美容外科の中にマン写を張り巡らすのは勝手だが、国民の全てが見られる状況でオマン写怒アップはないだろう。
 本当は怒アップマン写を当ブログに貼り付けて世に問うことも考えたが、当局に勘違いされて当紙が陳列罪でお叱りを受けても合わんからなー。
 時代の流れとはいえ当局は猥褻に関しては押され過ぎ。法律は存在するわけだから法を超えたら迷う必要はない。
 厚生省も何で注意しないんだよ。まさか知らないんじゃないだろうなー。
 月曜日、山梨県知事の贈収賄で甲府まで街宣に行く予定だったが延期になったので月曜日はマン写を持って厚生省に教えに行くよ。
湘南美容外科女性器写真サンプル膣、大陰唇、小陰唇、クリトリス(湘南美容外科の怒アップマン写)


山梨抗議街宣(抗議街宣に行く予定だった山梨県知事の贈収賄抗議文)
女医の暴力について投書してくれた方へ

女医の暴力について投書してくれた方へ


 女医の暴力で悩み相談に来られている方へ。

 恐るべききちがい沙汰で苦慮されたことは理解します。相手に対する憎しみも本気度は伝わりますが、我々は貴方のことを全く知りません。

 記事化すれば相手に相当のダメージを与えるでしょう。

 相手と戦うには自分も捨て身になって表に出て戦うべきです。

 それに貴方は街宣までお望みのようですが、昔と違って街宣に対しては当局の対応も厳しくなっております。私的なことではとても街宣はできません。

 それに街宣行為の基本的なスタンスとして病院や学校など弱者が集まるような所は街宣活動は出来ないことになっているのです。例えば医療報酬詐取などの証拠があれば出来ないこともないのですが。

 首になった看護師さんから「当院では医療報酬詐取をやっています」というタレコミはあるんですが、恐らく内容は事実でしょうが、裁判になったら負けます。証拠がありませんから。

 書類上証拠となるものがなければ、どんなに事実であっても裁判では必ず負けます。それに基本的には「金のある人が有利に裁判は進む」というのも事実です。

 過去過ぎる話も気になります。

 迷わず警察に訴えるべきでした。今も続いているようなら考えなくもないですが、先ずは身分を明かし名前を名乗って直接話を聴かなければ真実は見えません。

 世の中には嘘もありますし、赤の他人の我々を前線に立たせるリスクを背負わせるわけですから先ずは直接話を聴かなければ動くに動けないのです。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>