呉市新庁舎建設工事、再入札も中止

呉市新庁舎建設工事、再入札も中止


以下、市長コメント(呉市サイトから抜粋)

このたび、呉市新庁舎建設工事の入札が不調となり、市民の皆様には大変ご心配をおかけいたしますことを、誠に申し訳なく思っております。

入札辞退の要因は、予定価格内におさまらないとのことでございます。

先般の議会でご報告いたしましたが、労務費・資材価格等さまざまな価格の上昇といった点につきましては、概ね対応できたものと考えておりますが、建設業界を取り巻く急激な環境変化を踏まえながらも、地域への波及効果を求めすぎた面があったのではないかと推察しております。

新庁舎は、市民の生命と財産を守る防災の拠点であり、東日本大震災の教訓からも一日も早く建設する必要があるとの考えは、いささかも変わりありません。

今後の入札スケジュールにつきましては、消費税率の変更など、ますます価格の上昇につながる可能性もありますので、議会にもご相談をさせていただきながら、できるだけ早期に建設できるよう、全力で取り組んでまいります。

平成25年5月22日 呉市長 小村和年

敬天コメント


前回「予定価格が安すぎる」との入札辞退の理由を受けて、市民の血税から約3億5千万円をお手盛りして再入札に踏み切った小村和年市長であったが、今回も業者から足蹴にされ、全国に行政能力の脆弱さを晒すはめとなった。

さて、入札が中止となった以上、辞退した業者名は公式には明らかになっていない。しかし、中止決定の傍から今回の内幕が其処彼処で広まっている。

前回の本命と目されていた大成・五洋・増岡は、大成と五洋はどうやら不参加。取り残された増岡が大林を口説き落として落札を目指したが、またしても談合疑惑が表沙汰になりそうになる。

結果、増岡が裏に入り「鹿島・大之木・神垣」共同企業体の落札で談合がまとまったというが、想像以上に本件入札が注目されたこともあり、天下の鹿島にしても腰が引けてしまったらしい。

小村和年市長のコメントにあるように、早期建設への並々ならぬ決意は揺るぎないようだ。ただし、恰も免罪符の如く安易に東日本大震災を持ち出す市民感情の誘導は、政治手法としては如何なものかと思えるが。
「無期懲役→無罪」の異常性、司法には悪の徹底追及を求める

「無期懲役→無罪」の異常性、司法には悪の徹底追及を求める


 角田美代子が兵庫県警本部留置場で自殺したことは県警本部の怠慢以外にない。

 そこらへんの詐欺師や泥棒が自殺するのは勝手だが、世紀の大犯罪と言われる程の大悪人の主犯である。こんな悪党を死なせたというのは永遠に逃亡されたのと同じぐらいの失態である。

 同じ失態で留置者を死なせるのなら、たとえ故意であってもあっちこっちの施錠を閉め忘れて、義憤にかられた侵入者の誰か(被害者でもよい)に角田美代子が殺されたという失態の方が国民はまだ納得するだろう。

 死刑を求刑されるような犯罪者は、その恐怖と絶望感から自殺願望が芽生える恐れは充分にある。健全な判断や感覚では計り知れないのだ。取り調べる側、監視する側は一般の被疑者とは全く別の監視体制を敷かなければ、起こるべくして起こった失態と言わざるを得ない。

 今日の本題は兵庫県警を責める話ではなく、地裁で無期懲役を判決された男が高裁で無罪になったことである。こんな判断があっていいのか。警察で積み上げてきた証拠は何だったのか。いくら「疑わしきは罰せず」とは言っても、ここまで判断が違えば司法の信頼が揺らぐ。

 それから最近異常に多いのが覚せい剤の運び屋の無罪である。「中身が何だか知らなかった」と言えば無罪の可能性がある。だいたい知らない人から物を頼まれて運ぶか?それも外国から。金まで貰えば尚更おかしいなーと思うのが当たり前だろう。

 運賃さえ払えば人に頼まなくたって、世界の何処へでも荷物を送ることが出来るじゃないか。特に日本のように交通網の発達した国は国内の隅々まで配達してくれる。こんな奴らを無罪にすれば日本は犯罪者天国になる。

 兵庫県警は留置場の中で大犯罪者に自殺されたことは事実なのだから、言い訳はせず失態を認め謝罪すべきである。その反省を踏まえた上で、より強い正義感を持って犯罪に立ち向かって頂きたい。主犯が自殺したからと言って従犯の仲間の犯罪を有耶無耶にしてはいけない。

 オーム事件は主犯は麻原だったが、従犯の部下も死刑になったではないか。麻原は助かろうとキチガイの振りをしたりして、最後まで何も語らなかった。

 美代子が居なくなっても殺した事実は暴ける。「命令されただけ」と言って逃げる被疑者もいようが、命令されただけであっても何人も殺した行為は共謀共同正犯に等しい。最後まで事件の真相を解明し犯罪者たちの罪を厳しく問うべきである。
警察検察(司法)の犯罪と司法ジャーナル(鷲見先生とMSさん)

警察検察(司法)の犯罪と司法ジャーナル(鷲見先生とMSさん)


 捜査員としては立派な男だったらしいが、トータルたった二十数万円で築き上げた名誉も実績も退職金までをもパーにしたバカな警察官が昨日、書類送検されていた。

 退職直前ということだから気の毒といえば、気の毒である。たった二十数万円のことで弁償もしたことだし、何とか隠してあげれなかったもんかね。警視の位で刑事課長までやった男がねー。

 結局今頃バレるということは人徳がなかったんだろうなー。こういうのを晩節を汚すっていうのかね。我々の場合、明らかな不正なら別だが、警察ネタは書きづらい。

 一つには悪い奴らを捕まえる機関だから弱体化はさせたくない(警察の弱体化は治安の弱体、強いては国の弱体に繋がる)。
 一つには睨まれると何かと面倒くさい(聖人君子ではないから)。

 ましてや検察を相手に物の言える人は先ずいないと言っていいだろう。

 ところが唯一と言っても過言でないジャーナリストがいる。鷲見一雄氏だ。鷲見先生が主催する司法ジャーナルが今プロ筋に受けに受けている。

 鬼より怖いと形容される検察庁に対しても間違いがあれば一刀両断に厳しく切って捨てる。しかし本音は裁判官、検察官、良識派弁護士の応援団である。

 何故弁護士だけ良識派と書いたかと言うと、最近の弁護士の中には「聖職」という心構えを忘れた弁護士が余りに多いからである。金になるなら、犯罪者の味方だってする、犯罪者に法的知恵を貸す弁護士が余りに多いからである。

 勿論人間だから好き嫌いもあるだろうし、間違いがある時もあるだろう。だが私は司法ジャーナルの正義感の感性が好きなのである。

 司法ジャーナルのコーナーの中に「司法の広場」というのがあって、その中でMSという人が居て「登記から真実が見える」ということで、地上げ師や地面師事件の謎解きをされてるが、真に興味深い。

 専門的過ぎて我々登記の素人にはわからないことも多いが、核心を突く記事は本当に迫力がある。それにしても情報に詳しい。分析力がある。

 ドキュメントジャーナリストというかノンフィクションジャーナリストというか、本でも出したら相当売れるのではないか。実は私は新橋でMSさんと会ったことがある。

 私が街宣している処に訪ねて来られたことがあった。この記事を見たらまた是非連絡を頂きたい。一連の記事の内容を詳しく取材してみたい。
福井県敦賀市長銀座の夜&副市長塚本勝典氏

河瀬一治市長(原発推進派)、ケネディハウス銀座ライブ


 福井県敦賀市河瀬一治市長が、今日もはるばる銀座まで、猪首をひっさげやってきた!
【 原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長 】

敦賀市河瀬一治市長ケネディハウス銀座ライブ

 銀座のバーやクラブに飲みにくる地位のあるお客さん達だから、勝手に演奏をしてドラ声をあげても「引っ込めコラ!」とか怒鳴られることもない。しかし心の中では「酒が不味くなる」と感じてはいまいか?

 それでも河瀬一治市長は謡う。愛する人のために。

福井県敦賀市長河瀬一治原発推進派

福井県敦賀市副市長塚本勝典氏の心の叫び〜だそう


敦賀市副市長塚本勝典

 市長は何も出来ませんから、私が全て仕切っております。

 例えば今は若者の就職難で困っていますが、市の職員採用は全て私が裏口斡旋業務を任されており私の息のかかった若者のみ全て採用しています。

 今年も既に何人も裏口で採用しています。

(優秀な若者に―副市長のコネがない限り受けない方がいいですよ。絶対受からないですから)

 又、私は酒癖、女癖が悪く、1回目の女房とは県の職員時代に福井の片町のクラブのママとの不倫騒動で離婚してしまい、2回目の女房とも又同じ轍を踏んでしまい、京都へ家出してしまいました。

 ただ今別居中です。

 しかし、次に市長選に出れるので誰か3回目の嫁さんを世話してくれませんか。

 次は市長だ!!
原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長

原発利権―福井県敦賀市河瀬一治市長


 福井県敦賀市原子力発電所の城下町。河瀬一治市長は、この敦賀市で、原発推進派として5期も市長を続け、長期政権で敦賀市では敵なしである。次はこの利権パワーで福井県知事を目指すのだとか。

 敦賀市長河瀬一治氏は「全国原子力発電所所在市町村協議会会長」という肩書きも持っている。また、ロカビリー(太っているからハワイアンに見えてしまうが)バンドを組んで、御自身の太鼓持ちの連中に太鼓ならぬドラムを叩かせたりギターを弾かせたりしている。
 バンドの演奏場所は、なんと「銀座」。クラブだかバーだか、「KENNEDY HOUSE(ケネディハウス)」というお店で演奏しているそうだ。「ノーキー・エドワーズ&敦賀ベンチャーズ コンサート」と銘打って。

 銀座にお姉さんと喋りながら酒を飲みに来ているお客さん達が、河瀬一治市長らの演奏を素晴しいと思っているか、うっとおしいと思っているかは別だが、河瀬一治市長は足しげく上京しているそう。
 福井県敦賀市市長の河瀬一治氏が、どういう名目で、東京・銀座に「出張」してくるのかは不明だが、この写真にアロハのおっさん(河瀬一治市長)と一緒に写っているのは、クラブのママさんであって、河瀬市長の声が大好き…なのか、な?
 まあゲスな詮索はやめておきましょう。

福井県敦賀市長河瀬一治原発推進派

 新幹線駅の陳情とか原発のこととかで、河瀬市長、非常に頻繁に東京都を訪れていますが、ちゃんと敦賀市民のために働いてくれているんですよね?

ジャクエツ(じゃくえつ、jakuetu)さん


※以下の散文は、ある人が「これが市長の心の声です」といってくれたもの。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 私は難しい事は出来ません。考えるのが嫌いですから。ただ4年間楽しく遊ばして下さい。
 私には義理や人情やお世話になった人へのご恩なんか一切考えません。
 自分のみが可愛いだけですからね。
 この間の5回目の市長当選祝いではジャクエツさんからぴっくりするくらい大きなお祝金を頂きました。
 これもちょうど選挙期間中にジャクエツさんの幼稚園舎の建設工事に5億円をボンと補助金として市から差し上げたので、その見返りとして、まあ都合の良いマネーロンダリングだと思っております。
 ジャクエツさん、有効に使わしてもらいまっせ。
 さて、次は福井県知事だ!!
出所(監察付)の鈴木宗男と小沢一郎

出所(監察付)の鈴木宗男と小沢一郎



 鈴木宗男が帰ってきた。帰って来たその日に、「帰りを祝う会」を開いた議員の気が知れない。

 中でも小沢一郎の気持ち悪いぐらいの低姿勢「鈴木先生」の連発には呆れた。小沢だけでなく鳩山といい、福島みずほといい事件前あれだけ批判した輩が、帰ってきたらこれほどまでに掌を返すというのは恥かしくないのだろうか。

「罪を償って帰ってきたのだから、暖かく迎えてやろうじゃないか」ぐらいの方が、まだ本人も嬉しかったろう。ここまで裏腹のこと(口から出まかせ)を言われて喜んでいるとしたら、鈴木宗男も二束三文である。

 誰が企画したのだろう?鈴木宗男にしても、決してプラスにはならなかったろう。何故なら五ヶ月も残しての仮釈放であり、今はまだ謹慎が必要な時期であるはずだ。国民の目線から見れば「浮かれ過ぎ」に見えるだろう。

 村上正邦氏の時と大違いである。こんな輩が与党である。今の日本を舵取りしているのである。青少年はこの大人達の変節をどう理解するだろうか。こんな輩が日本のリーダーである。

 中国や韓国に舐められて当然である。結局は批判するだけ、足を引っ張るだけ、重箱の隅を突くだけの意見しか持ち合わせておらず、国益や日本の未来像を描く能力を全く持っていないのだ。

 だから小沢のように出来もしない理想像ばかりを並べて国民を騙し、政権を獲ろうとする輩が出てくるのだ。目の前に人参をぶら下げられて、直ぐに飛びつく国民も情けないが、政治家に対する厳しい法律を作るべきだ。

 小沢自身、政界において求心力が落ちているのは、自分が一番感じているだろうし、近い将来、自分にも鈴木宗男と同じ結果が待ち受けている可能性もある。

 昨日のあの小沢の気持ち悪いほどの低姿勢は、鈴木宗男に自分をダブらせていたのではないか、と思えてならなかった。
小沢一郎の政治生命

小沢一郎の政治生命



 一般国民は小沢一郎の言い分を誰も信用しない。今頃になって「司法の場で裁判が始まったのに、何で国会で説明しなきゃならないんだ。その必要はないだろう」と記者を恫喝していたが、それじゃなんで今まで幾らでも説明する時間があったのにしなかったんだ。

 嘘をいってないのなら、いつでもどこででも、何度でも会見できる筈だ。何故、証人喚問に応じないんだ。大体、雇い主に内緒で4億もの金を誰が勝手に動かせるものか。しかも4億についての説明が何故二転三転するのだ。

 国民が小沢に疑いを持っているのは、4億の話だけではない。「政党転がし」をする度、助成金をネコババして、私的な金にしてきたマジックこそ4億円の原資ではないのか。

 ゼネコンから貰った金も通常の議員が貰う献金という生易しいものではなく、仕事の手配や采配をしているし、場合や場所によっては支配権まで持っているわけだから、配当か恐喝と呼ばれる種類の資金獲得と言っていいだろう。

 そのことの説明を国民も求めている。また政党助成金にしても解散した時は国に返すか、皆で分けるべきだろう。そのことをどうして所属した議員が公的に発言できないのか。これら議員もだらしない。

 自分が国民から選ばれて議員になったという自覚がない証拠だ。本来この議員達が告発していれば、国民や検察審議会が強制起訴する必要はなかった。今回の強制起訴には、小沢に対する不正は勿論のこと、全国会議員に対する叱咤激励も入っているのだ。

 小沢のような権力を持った国会議員は、結局は国民からNOを突き付けなければ倒せないのだ。金を貰った一部の者以外の全てから包囲されている以上、もう助かることはない。小沢は完全に終った。

JUGEMテーマ:ニュース
浜井卓男(66)静岡県議会議長が保育園乗っ取りに成功 裏切りと深謀遠慮を巡らし、手にした銭はウン千万円也−7
敬天千里眼情報

浜井卓男(66)静岡県議会議長が保育園乗っ取りに成功 裏切りと深謀遠慮を巡らし、手にした銭はウン千万円也−7

浜井卓男(66)静岡県議会議長が保育園乗っ取りに成功 裏切りと深謀遠慮を巡らし、手にした銭はウン千万円也−6
敬天千里眼情報

浜井卓男(66)静岡県議会議長が保育園乗っ取りに成功 裏切りと深謀遠慮を巡らし、手にした銭はウン千万円也−6

練馬区役所から練馬区建設業協会所属業者へ、入札情報漏洩の疑い その4

敬天千里眼情報

続きを読む >>
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>