小悪党の裁判所利用
小悪党の裁判所利用

Aという男から民事賠償の名誉棄損で訴えられたので、粛々と期日の「証人尋問」の呼び出しに応じて出廷していたら、相手が当日に三回もキャンセルした。相手も同じく「証人尋問」で呼ばれていたのにである。

一度目は当日裁判所に行ってから、「Aの弁護士が朝から急に腹が痛くなって今日は来れない」ということになって、Aも来れないというので延期になった。

二度目も同じく当日裁判所に行ってからAの弁護士が腹痛を理由に出廷せず、Aも来なかったことで、当日延期となった。

三回目は裁判所に連絡すら無く出廷しなかった。事前に連絡をくれれば、こちらも出廷しなくていい。ところが、裁判所まで行ってから、開廷時間が来ても相手が現れないという無断欠席である。

裁判所に対する非礼もあるわけだから、裁判所も即座に「取り下げ命令」でも出していいと思うが、寛容にも、一応一か月様子を見るのだという。

Aの記事は、「自分は有名大学に留学経験があり、今は国際交流団体の代表をしていて、有名な人を知っている。海外投資で儲かるよい話も知っている」と誇大な話をして、他人から金を騙し取ったという話だった。

それも、知人からの頼みだったから、記事は削除してあげていたのである。それなのに知人が亡くなって間もなく、突然訴訟を起こしてきた。恐らく「仕事」をするに当たって、弊紙を訴えなければ辻褄が合わなくなっての判断ではなかったのか?

そして、「仕事」が終わったのか、壊われたのか、もう裁判を続けてる意味がなくなったのか、ではないだろうか? こういう裁判所利用の者たちがいるのは事実である。

一般の人は、裁判所は悪いことをした人に判断を下す所という認識であるが、それは刑事裁判の話であって、民事裁判というのは、民間の争いごとを裁く所だから、法律をよく知って、裁判の制度をよく知ってる者は、ときに裁判所を利用する者が居るのも事実である。

競売などがいい例である。普通ならば倒産したら、一生立ち上がれないほどの精神的苦痛を負うものであるが、二度も、三度も倒産して、平然と生活をしている者もいる。裏で詐欺のような行為が行われているのである。

複雑にカラクリを作っているので、警察でも見抜けないのである。見抜けないというより、仲間でありながら、敵味方に分かれて裁判をして、勝訴、敗訴の判決を取ったりしてるから、複雑すぎて、嫌がるのである。

それが詐欺師連中の思う壺だから、早急の課題は、これらのカラクリを瞬時に見破れる警察官の育成である。一方で、金に魂を売る弁護士は増える一方である。何かが壊れだした時代に突入したのだろう。
【投書】「S 忠雄」とは?
【投書】「S 忠雄」とは?

【投書】
「S 忠雄」とは?
記事と写真でピ〜ンときた!
東京渋谷で実態のない幽霊会社「エス・ワイ・エヌ」の代表取締役Seki Tadaoだ!
                       。_                        
                  。_                        
        !_                        

_                        



【投書】
今回の記事,興味深く拝見しました。
怪しい手口を使う連中は,みんな塀の中に行ってしまえばいいですね。
 警察はあまり当てにならないので,敬天新聞様の記事で,地面師から1人でも多くの人が救われることを願います。

匿名


【敬天新聞社主殿】
敬天新聞社主殿
この度、【投書】「S 忠雄」とは?
の記事に投稿した「気まぐれびんさん」という者で御座います。
 甚だ恐縮では御座いますが、以下の通り訂正して戴きたくお願い申し上げます。
 理由として、もう少しキチンとした内容で再投稿したいと考えております。
 投稿内容の変更
 「S 忠雄」とは?
 記事と写真でピ〜ンときた!
 東京渋谷で実態のない幽霊会社「エス・ワイ・エヌ」の代表取締役Seki Tadaoだ!
 以下、削除して下さい。宜しくおねがいします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
「気まぐれびんさん」と言う人と、「匿名」さんから「不動産業・S忠雄」について投稿があった。知る人ぞ知る有名人なんだねー。こういう奴らから話が来たときは、とにかく録音する、写真を撮る、書面で一筆取る、とか後日証拠になるものを残すことが大事だね。

人を騙すのが商売の者たちは、とにかく口だけは達者。口だけが商売道具だから、ありとあらゆる嘘をつき、騙し通す。騙される側の欲望を満たすような文言を並べ立て、煩悩を刺激するのである。

だから、騙された側にも幾ばくかの責任もあるだろうと、一人二人の被害相談には、警察もなかなか重い腰を上げないのである。しかし、だます側が絶対に悪いことだけは警察にも理解して欲しいものである。

S忠雄は、今回は仲間らしい江部と言う名前を記述している。江部は弊紙の過去記事で、認知症になった老女に近づいて、その女性の不動産を売渡し、金を横領した地面師一味として掲載されてる男で、現在は刑務所に収監されてるんじゃないかなー?

こういう輩が闊歩する世の中というのは、公衆道徳が乱れている証拠なんだろうねー。
 
石が浮かんで木の葉が沈む時代
石が浮かんで木の葉が沈む時代

昭和から平成にかけての秘密ごとが悉く暴かれだした。令和の時代は、そういう時代になりそうである。「墓場まで持っていく」のが美徳とされていた隠し事も、「発表することが正義」に変わりつつある。

関西電力での裏金問題が明るみに出た。関西電力の原発建設工事で、ああいう事実が表沙汰になれば、他の原発建設工事でも似たようなことがあっただろう、と推測するのが常識である。

現にあるのは間違いない。原発利権でよく名前が出たのは、亀井静香元議員と白川司郎という人物である。白川司郎という名前は、色んな記事で読んだこともあるし、情報として聞いたこともあるが、実際には会ったことはない。

だが、決定的な証拠がないのか、今回のように電力会社が認めるような形にまでは至ってない。電力会社が認めたということは、書類的に証拠となるべきものが出てきたということである。大手マスコミが動き出せば、大抵の事実が表に出ることは多い。

今まで、秘密が維持されていたのは、

1、事情を知る人もある程度恩恵を受けていた。

2、混乱を避けるために言うべきではないと自分に言い聞かせていた。

3、「どこにでもあること」と自分を納得させていた。

4、利益受益者には反社も多く存在するので、怖くて真実が言えなかった。

5、町が潤うことで町民の暮らしも豊かになり、反対する者は僅かしかいなかった。

など、大人の事情によって秘密が守られていただけである。

個人では世の中の矛盾や疑惑を追及する人もいるが、相手が大物になればなるほど、高級&高給な防衛隊で武装するので、疑惑を解明するまでには至らないのである。

防衛隊の中には、弁護士もいれば、暴力団もいるし、中にはアルバイトする警察官まで居たりするのである。今回の関西電力の発表に至るまでには、相当な裏での追及・駆け引きがあったことだろう。

「10年にも亘って金を預かって居て、返す機会を伺っていた」という話を誰が信じるだろうか? 一般的には全く通用する話ではないが、ああいう大きな会社では稀に通じたりするのである。ここで国民が大きな声で「ノー」と言えば、通用しない話だが。

ラグビーやバレーや陸上の活躍次第では、忘れられてしまう可能性もある。しかし決して、闇に葬る話ではない。昭和では常識だった慣習や美徳とされた行為が一つ一つ消えて行くのが、令和の時代かもしれない。

国民の模範でなければならない政治家が、今まったく責任を取らない時代になった。責任を追及されても、開き直って辞めない。離党を勧告されたら、平気で他党に移る。政党が意味をなさなくなってきている。

相撲界でも、絶対と言われた親方に反旗を翻す相撲取りが現れた。昭和の矛盾が噴出しているのか、国体の秩序が乱れ始めたのか、難しい時代になったものである。最近の出来事を見ていると、石が浮かんで木の葉が沈む時代にだけは、ならなければいいがと、つくづく願う次第である。
日本大学創立130周年記念式典
日本大学創立130周年記念式典

本日、帝国ホテルで行われる日本大学創立130周年記念の案内状の『見本』らしきものが送られて来たので掲載する。この書面が作られたのは、9月13日のようである。空欄も多いが、まだこの時点で決定してなかったということだろう。本番まで二十日しか残ってない時点である。

日本大学ぐらいになると、著名人の招待も多かろうから、人選に苦慮するのだろう。日本大学の顔である田中英壽理事長は式典での挨拶に登場するが、大塚吉兵衛学長は祝賀会の挨拶のようである。

日大には出身者は勿論、関係する大物政治家が多い。小沢一郎、古賀誠両先生を始め理事職についてる人も多い。最終的な案内状を見てみないと何も言えないが、今や田中理事長を脅かす存在と言われている亀井静香氏の貢献も忘れてはなるまい。

昨年、危機管理学部、スポーツ科学部の2学部が新しく認可になったのは、間違いなく亀井氏の力である。また病気治療中という田中理事長が、実際に式典に出席して挨拶するのかも気になるところである。

創立130年記念式典・祝賀会 9/13日付・式次第(click!)

教職員出席者名簿の確認について・9/17日付(click!)

令和元年10月4日読売新聞朝刊一面広告


 
【投稿】今度は「株式会社HALUXAS Capital」!詐欺師親子!松尾隆&田中晶雄!
【投稿】
今度は「株式会社HALUXAS Capital」!
詐欺師親子!松尾隆&田中晶雄!



懲りない松尾隆

近年では郷鉄工を皮切りに、上場廃止が危ぶまれる上場企業のほとんどに名前が出てくる松尾隆であるが、相変わらず元気に活躍しているようだ。しかし、感心してはいけない。この男が活躍するということは、上場企業が裏で違法性が疑われる無理な手法を駆使し、資金調達に関わっていることがほぼ間違いないからである。

最近では、郷鉄工で当時の田中桂一専務とタッグを組み、違法金利で手当たり次第で金集めをやっていたのは記憶に新しい。結局、郷鉄工は、松尾の持ってきた資金の金利負担が裏で処理しきれなくなり、破産に至った。つまり、この男が上場企業に絡むと、ろくなことにならない。

公的に社会的影響が大きい上場企業という社会的公器を、松尾の話に乗ってきた一部の投資家のハコにしてしまうわけであるのだから、この男の社会的悪影響は計り知れない。これが、松尾が一部メディアから「資本のハイエナ」と評される所以なのだろう。ちなみに、松尾自身は、死ぬまでこの意味について理解することはないだろう。

さらに、わが国にとって最悪なのは、この松尾のインチキノウハウについて、ガキの頃から英才教育を受け、公私共に松尾2世の称号に相応しい、松尾の息子・田中晶雄の存在だ!


松尾の詐欺師DNAは、息子・田中晶雄へ!!

田中晶雄は、まだ20代後半ながら、慶応義塾大学経済学部→公認会計士→ゴールドマンサックスという輝かしい経歴の持ち主であるが、親父と一緒に悪さばかりするから、ゴールドマンサックスをクビになってしまったようだ。

郷鉄工の時には、親父と一緒に「LUXRESインベストメント」という会社を使って、投資家から集めたカネを郷鉄工につぎ込み、全部溶かしてしまった。

この親子は、フラフラの上場企業をハコにして投資家から金を集め、一獲千金の完全博打商法を本業としている。当然、これらの行為はコンプライアンス上、重大な問題がいくつも存在する。ところが、松尾親子は、そんなことには全く関心がない。イケイケドンドン、コンプライアンスくそくらいである。

ちなみに、松尾にはセイクレストという、倒産した上場企業の経済事件で前科がある。すでに執行猶予期間は終わっているが、執行猶予中も懲りずに事件ネタには次々と顔を出しており、全く反省するつもりはないらしい。

もっとひどいのは、この親子!散々世話になった投資家から集めた資金について、ほとんどほったらかしのシカト状態のようだ。

これでは、ただの詐欺師親子ではないか!


さすがの詐欺師親子も年貢の納め時か?!

一つの例を挙げよう。

今回、郷鉄工時代の投資家から話を聞くことができた。その人物によると、例のごとく松尾に騙され、松尾を通じて郷鉄工に投資したようである。しかし、松尾は契約書に書かれている条件を全く守っていないらしい。

実際に問題の契約書を見ると、松尾サイドの契約会社は、前述の松尾の息子・田中晶雄が代表者であるLUXRESインベストメントになっている。この中の条件では、LUXRES社は郷鉄工株式を譲渡することになっているが、当時から譲渡の話が実現したことはない。

それどころか、この投資家は、相手方代表者である田中晶雄代表取締役宛に内容証明郵便を送るものの、無視されているようだ。息子が住んでいる大崎駅前の高級タワーマンションにも書類を送ったが、シカトらしい。最初から確信犯だったのだろう。

ただの詐欺師親子である!

という被害者の声を聞くことができた。

また、実際、他にも松尾親子を刑事事件にしようという動きもあるようだ。


「株を渡しますから、振り込んでください」という振込詐欺!

この詐欺師親子の騙しの手口は、必ず「株式」を絡めることだ。実際に株式を媒介にして実態ある取引をやっていれば詐欺にならない(金商法違反とかそういうのはあるかもしれない)。

しかし、この親子は、投資家に対し、「株式」を渡すと謳いながら、実際には渡さないで金だけ振り込ませ、終いにはバックレてしまう。つまり、振込詐欺である。

そして、前科者で反社の松尾の名前では、さすがに金集めができないから、見栄えの良い経歴を持つ息子・晶雄君の会社を使って金を集める。

ちなみに、郷鉄工の時は、株式会社LUXRESインベストメントを使って詐欺をやっていたが、いろんなメディアに叩かれて評判が悪くなったからか、こっそり新しい会社を用意して次の悪事を働いているようだ。この新しい会社が、株式会社HALUXAS Capital(代表取締役・田中晶雄)だ。

新会社を作り暗躍を開始した詐欺師親子の詳細については、追ってご報告します。

投稿者:阿部ともや


「HALUXAS Capital」法人登記簿(click!)



 
謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状
謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状

私(白倉)が名誉棄損で訴えられるのは一応想定内のことでありまして、別に開き直って言ってるのではなく、私の表現力の乏しさ、語彙の少なさ、知識の足りなさに起因するものでありますから、それは仕方がないことであります。

ただ「事実無根」とか、内容の全てを否定されますと、反論しなければなりません。元より市井の人を相手に記事は書きませんし、間違いがあれば真摯に対応します。

今回はLCレンディングが今頃になって、赤坂署に訴えてきた件で、読めない土地謄本、会社謄本を何度も何度も読みながら、新しい発見をしたことを書いてみたいと思います。

先ず、売買する前のゴルフ場であった、ワールドエースカントリーの清算人、監査役に「荒木譲治」氏がなっていたことです。荒木譲治氏は事件屋として有名で、神田の小林霊光元弁護士の事務所に出入りしている男である。

売買の5年前から清算人になっておりますから、破産管財人になった小林和則弁護士は、荒木譲治氏の知り合いか、小林霊光元弁護士か吉永精二元弁護士あたりの紹介弁護士かもしれません。

荒木氏の事務所は永田町TBRビルである。ワールドエースカントリークラブは平成25年1月16日に破産手続きが開始されています。

このワールドエースカントリークラブは売買直前の二年間は、ゴルフ場としては営業はされていませんでした。しかも65%は借地の状態です。

その状態のゴルフ場を買う会社(ゴルフ場を買うために新しく作った会社・富士リゾートゴルフクラブ)に、LCレンディング(山中健司社長)が、8億3000万円を貸し付けました。

その時山中社長は自身のブログで「10億4000万円の価値のあるゴルフ場に8億3000万円を貸すことにした」と書いていた。しかも何故か貸し付けた会社の社長にもなっています。

私が書きだしたのは、売買が行われた直後らしく、直ぐに削除依頼があった。話が安すぎるので断った。転売する予定であった話が、弊紙に情報が洩れてしまったことで壊れたのではないか。転売する予定だったからこそ、LCレンディングに対して、一年分も金利を先払いしたのである。

今頃になっての名誉棄損の被害届は、成金に転売する(特に訳のわからない中国人に)ためには、弊紙の記事を「事実無根だから今被害届を出してるよ」という建前が必要なのではないか?

実際に破産申し立てはされてはいるが、売買の2か月後に、「費用不足による破産手続き廃止」の決定確定が出ている。ここらへんにカラクリがあるのかなー?

ゴルフ場の債権者の一人であった南勇二社長は当時、「よく調べてるなー」と言ってたと聞いたけどなー。

「LCレンディング」社長のブログ


富士リゾートカントリークラブ収支計画(2017)

富士リゾート現況所有者別集計表
敬天新聞10月号(更新!)

敬天新聞10月号(更新!)  
 

東急の渋谷駅周辺開発の工事で
螢螢シルの不可解なスキーム(一面)
  
 
身近に潜む地面師予備軍に注意
不動産業S忠雄の話は本当か?(二面)
  
 
ど壺に嵌る旭電業蠅梁斥杆
ASK駒井とズブズブな関係者(三面)
  
 
敬天新聞10月号 社主の独り言(甘辛)(四面)  
 
敬天新聞・鋭意調査中、1行案件  
 
  更新しました!

謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状
謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状

※前回記事→click!

LCレンディングが金を出して浦郷直樹グループが運営しているゴルフ場の運営は、(株)富士リゾートカントリークラブ(現在名義上の社長は水田章氏)が行っており、株式は100%を(株)富士マネジメント(代表・青木英嗣。実質浦郷直樹がオーナー)が所有している。

maneoグループであるLCレンディングから借入8億3000万円があり、クラブハウスと(株)富士リゾートカントリークラブの自己所有地に抵当権が設定されている。

これとは別に、運営費を東京SOXの関係の宮崎という人間に1億借りていて、クラブハウスに2番抵当権を設定してるという話もある。

土地に関しては、自己所有部分が全体の34、3%、残りの65、7%の土地については、今年3月に20年の定期借地契約を締結していて、年間借地料は1500万円だそうである。また会員権については、民事再生案件なので、預託金の処理は終わっていて預託金債務は残っていないそうである。

収支に関しては2年ほどクローズしていて、LCレンディングが融資した時にオープンしたので、全くの赤字である。謄本には「抵当権」も設定されている。

設定している会社は大手暴力団という噂もあるが、赤字会社に金を出すところもあるんだなー。「この抵当権設定こそデタラメの証明だよ」という人もいるが、残念ながら謄本を読めない弊紙には理解ができない。

当然LCレンディングは、金を融資した当日の平成29年3月16日に抵当権設定をする。そして、平成29年10月2日に3500万円の根抵当権設定仮登記。10月19日に解除され、改めて5000万円の根抵当権設定の仮登記が設定されている。これが現在の富士リゾートカントリークラブの現状である。

ワールドエース法人登記簿


富士リゾートクラブ法人登記簿

都留市下谷3572-1富士リゾート不動産登記簿







 
波紋が広がるASK駒井裕と旭電業のメガソーラー
波紋が広がるASK駒井裕と旭電業のメガソーラー

都内世田谷区に本店・岡山県に本社を持つ旭電業(松岡徹社長)が、殺人未遂を二度も実行した可能性のある元暴力団(駒井裕ASK社長)と組んで、太陽光発電事業をやってる件で、岡山県商工会議所の中尾という役員が、問題解決のために、新たな暴力団に解決を依頼しするための仲介の労をとったと言う話が出てたので、岡山県商工会議所の役員や組合員を調べたら、岡山県商工会議所の役員の中に中尾という人物はいなかった。

役員に名を連ねている人は、全国でも名前の通っている人ばかりで、少なくとも隠れて反社と付き合いのあるような人はいない。どこから岡山県商工会議所役員という名前がでたのだろうか?話の内容が内容だけに、しっかりと精査して記事にするよう投稿者に注意喚起した。

岡山県商工会議所1Fで「NTTドコモショップ」をやってる中尾さんと書いてあった。商工会議所のあるビルの1Fで「ドコモショップ」をやってるぐらいの人だから、情報提供者が当然商工会議所の役員だろうと勘違いしたのだろうか?

それとも中尾という人物が自ら、商工会議所の役員らしきことを吹いたのだろうか?暴力団を紹介するような役に一枚噛むような者が、今の時代、商工会議所の役員であるわけがなかろう。

商工会議所の入ってるビルのオーナーなのか、そのビルにたまたま入ってる業者なのかはわからぬが、困った御仁である。今後大醜態に繋がろう。岡山県商工会議所に入会されてる方で、このブログを見た方がいらっしゃったら、ぜひ会長さんに報告されて、「とんでもない事件に巻き込まれる恐れがあるから、軽薄な行動は慎むように会員の方に通達を出して下さい」と教えてあげて下さい。

それから共和化工の大阪支社長の浜ちゃんも言動がよくないなー。怖かったから同調したのか、金のために同調したのかは知らないが、「エッタほいさっさ」はないだろう。会社が食肉センターにお世話になってる立場なのに、センターで働いてる人たちを侮辱する駒井に同調するのはよくない。他の人たちは、下を向いて聞かないふりしてたと言うじゃないか。大いに反省すべきことである。
【投書】技能実習生問題と建築現場での死亡事故

【投書】技能実習生問題と建築現場での死亡事故
 

情報提供です。


先日世田谷でこのような死亡事故がありました。
 

解体工事で一酸化炭素中毒か、男性2人死亡1人重体 東京・世田谷(click!)2019.9.10 12:13 SANKEI NEWS


解体現場で死亡事故があり、ベトナム人の若者二名が犠牲になりました。
 

解体業者は、現場にあったダンプに入った社名から、埼玉の「有限会社ツカハラ」と思われます。
 

ベトナム人といえば技能実習生ですが、本来解体業務に技能実習の許可はでないはずです。
 

おかしいな、怪しいなと思っていた矢先、事故から三日後に添付の写真の通り積水ハウスによる建築計画の看板がでました。
 

施主は積水ハウスのようです。
 

そして本日、現場の前をとおると、性懲りもなくベトナム人5名を現場で使っているではないですか!
 

施主の積水ハウスはあのような痛ましい事故がありながら、不法就労の疑いがある解体工事を続けております。
 

近年、技能実習制度を悪用して外国の若者の夢を奪う輩が跋扈しております。


貴社におかれましては、亡くなった若者のためにも、真相を糾明いただければと思います。


よろしくお願いいたします。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】


ビザの種類によっては、日本では就労はできません。最近は解体業とか、ゴミ捨て場とか、自動車廃棄場みたいな所で働いてる外国人をよく目にする。

どういう就労ビザを持っているのか知らないが、当局が厳しく取り締まれば、相当な数の違反者が見つかるのではないか? きつい仕事、汚れた仕事、安い仕事と言うのは、今の豊かな日本ではみんなやりたがらない。

その点発展途上国の国から出稼ぎに来た人たちは、そういう仕事も苦にせず働く。最初のうちは。日本や仕事に慣れてくると、愚痴も言うし、文句も言いだす。だからきちんとルールを決め、ダメなものはダメ、いいものいい、という姿勢が大事なのである。

今回の投書は「技能実習生」の問題ではなく、「違法就労」問題じゃないの? 一定のルールを決めて、単純労働も認めるしかないと思う。ただし一緒に犯罪者が紛れ込む危険性もあるから、犯罪者には厳しく臨む体制の強化も必要である。 
 

積水ハウスは施主として少しは責任を感じているのかね? この前の地面師連中に騙された件では、金は回収したのかなー。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>