未解決事件で「心当たりがない」という被害者の経歴

未解決事件で「心当たりがない」という被害者の経歴

赤坂の化粧品会社ビルに拳銃が撃ちこまれた事件とか、パチンコ屋社長の自宅に拳銃が撃ち込まれた事件とか、犯人は捕まっていない。推測に過ぎないが、拳銃を使う犯罪と言うのは、やはり暴力団関係者が絡んでる場合が多い。

よく拳銃を打ちこまれた側が、「身に覚えがない、心当たりがない」というが、あれは殆ど嘘である。拳銃を撃った側が、間違いで撃った場合ならともかく、拳銃を使うということは、その覚悟は本物である筈だ。

相手もいきなりの拳銃発射には発展しない。その前に、前触れの話が出てるはずである。それを無視したから、の発砲と言うのは、十分にあり得る。

そのぐらいの緊張関係が直近にあっての犯行だろうから、被害者側が、拳銃発砲に対して「心当たりがない」というのは、殆ど嘘であろう。中には、過去を思い出させる為に発砲するというのもあろう。私が聞いた話でこういうのもある。

暴力団が「ライバル会社を潰したいので、相手に嫌がらせをしてくれ。御礼は何でもする。相手が潰れたら売り上げの20%も毎月払う。」と頼まれ、散々相手に嫌がらせをして、相手を潰したそうだ。

ところが、約束の配当をくれたのは一年だけで、「警察がうるさいから」とか理由を付けて、一向に約束を果たさず、逃げ回るのだそうである。そこで、我慢ならずにその依頼者の自宅に拳銃を発射したそうである。

こんな理由なだから、「心当たりがない」としか言えないのではなかろうか。勿論暴力団が、金で嫌がらせを請け負うことは悪い。そして依頼者が約束を守らなかったからと言って、拳銃を発射して威嚇することも悪い。当然逮捕されれば、厳しく罰される。

だが、この行為を依頼した方が、「過去は問わない」と赦されていいのだろうか?暴力団は体を賭けて約束を実行した。それは依頼者からの犯罪的ビジネスの依頼があったから。依頼者からの頼みは、明らかに犯罪である。

実行が失敗すれば、両者とも逮捕されていた筈である。成功したから本当は約束を守るべきである。犯行依頼者が約束を守らないから、暴力団は二回目の犯行を犯すことになる。

こんな場合、果たして「過去は問わない」で赦していいのだろうか?拳銃を発砲した暴力団が悪いのは間違いはないが、その動機を作った犯罪依頼者の罰則も厳しく問われるべきであると思うが如何か。

迷宮入りになりそうな、「心当たりがない」被害者の過去を洗えば、おのずと犯人像は浮かんでくるのではないだろうか?
 

週刊報道サイトの佐藤君
週刊報道サイトの佐藤君

報道サイトの佐藤君が新橋に尋ねてきた。話の内容は、「山岡との戦いに勝ちました」という報告だった。

そこで、「ブラックジャーナリストのチャンピオンの山岡に勝ったので、自分がチャンピオンを名乗っていいか」というので、「名乗るのは構わないよ」と言ったら、「敬天新聞のお墨付きを貰えないか」、というから、「山岡もブラック分野ではあろうが、大ブラックではない。あくまでも一つの記事での争いでの真偽を争った結果、真実が君の方だったという結論が一審で出たというわけだろうから、それを強調すればそれでいいんじゃないの?あとは、読者や世間が評価することだから。いい記事を書いて行けば、自然と評価は付いてくるよ。綺麗ごと言ったところで、書き屋も所詮は、取り屋、貰い屋でしかない部分はあるし、その中で自分なりに、いかに社会に貢献するかという自己満足でしかない世界だからね。山岡ジャーナルは優秀なサイトの一つであるのは間違いないが、チャンピオンかどうかはわからない。いずれにしても、判決で勝ったのなら、それは意義のあることだから、堂々と発表すればいいんじゃないの」と答えた。

山岡にしてみれば、無名の書き屋に突然噛み付かれ、脅しても賺しても、しつこく食らいついて来るから、正直迷惑してるんじゃないの?いい加減和解したいのが本音じゃないだろうか?山岡も俺が自宅に火を点けたとか、ああいう嘘を言わなければ、怒らないんだけど、何を勘違いしてるのか、妙に間の抜けたところがあるから、勇み足で負けるんだよ。

裁判所に出した資料が証拠になるから、俺が裁判所に訴えたら、代理人弁護士は懲戒になるよ。俺も書き屋の端くれだから、あくまでも記事の真偽でしか争わないけどね。火付け盗賊をするような者が、記事を書けるか?そんな後ろめたさがあったら25年も続かんだろう。まー強姦したり、窃盗したりするのも、たまにメディアの中にもいるけどな。

報道サイトも佐藤君に代わってから、もう三年半経つというから、月日の経つのは早いものである。独特の記事掲載も、一定の評価を得てるようである。依頼者の要望もあってのポジショントークもメディア界では大いにある。これは大小マスコミに限らない。スポンサーを無視できないのである。フリーランスでは尚更であろう。しかし、1行の記事から総理さえをも倒す力を秘めているのがメディアの世界でもある。

まー狭い業界だから、できれば仲良く、敵は政・官・財の権力者、闇勢力、伏魔殿、ドンの不正疑惑にあり、という本来の使命に燃えて貰いたいね。
機能不全の日大執行部と利権を喰らう亀ちゃん先生

機能不全の日大執行部と利権を喰らう亀ちゃん先生

京都府立大学の虚偽診断書作成問題で、評議会は学長に辞任勧告したそうである。その結果、学長は辞任を受け入れた。現時点では、法的な違反は見つかってはいない。しかし、世間を騒がせたという責任だろう。評議会が正常に機能している証拠である。

翻って日大は、評議会にしても、理事会にしても、全く機能していない。ただ朝から晩まで理事長の顔色ばかり窺っている。理事会も同じである。

評議員や理事が、何故理事長の顔を窺ってばかりいるかというと、窺うような者ばかりを選ぶようにしているからである。正論を言う人は選ばない、選ばせないシステムにしているのである。

私立大学だからいいのではないか、という人もいるだろうが、日大は私立大学の中で日本一の助成金を受けているのである。従って、経理に関しては明朗会計、運営に関しては公明正大でなければならない。

しかし、執行部においては真逆のような行為が平然と行われているのであるが、独裁政権の怖さで教職員が震えあがって、物が言えないそうである。

文科省は何をしてるのかね。あそこまで大きくなると、監督官庁さえも言いたいこと言えなくなるのだろうか?内田が人事部長、体育局長、事業部長と言う要職を兼ねるようじゃ、断末魔の叫びかね。日大も余程人材が居なくなったんだろうなー。まー、理事長から見れば、使い勝手のいい部下ではあろうからね。

それより、先ずはフェニックスを日本一にして実績を作れ。できないなら、高橋に譲って、執行部一本に絞って、パシリに命を賭けろ。

で、今日は終わるつもりだったのだが、情報が一本。文理学部の公正な入札で業者が決まっていたのを、理事長からの電話一本で契約を破棄した文理学部に新しく入ったビルメンテナンス会社というのは、なんと危機管理学部の警備を牛耳った亀ちゃんの関係会社らしい。やはり進撃の巨亀が始まった。

【投稿】蓮見和也弁護士の実弟裁判が結審
【投稿】蓮見和也弁護士の実弟裁判が結審

蓮見和也弁護士の実弟で『出入国管理及び難民認定法違反』で起訴された前原卓哉被告の、2回目の公判(2月20日=前橋地方裁判所太田支部)が開かれました。

17席の傍聴席は満席となり、法廷前廊下では入室できなかった者が溢れるなか、NHKのカメラクルーが待機するなど、本事件の注目の高さが伺えました。

冒頭で、追起訴された分の起訴状朗読が行われましたが、主任弁護人である蓮見和也弁護士は前回同様「間違いありません」と、起訴事実を認めると共に、全ての証拠の採用に同意の意思を示しました。

言うなれば無条件降伏です。貴紙を相手にした無謀な裁判で、嘘八百を並べ必死に足掻いていたのとは真逆の対応です。

驚かされたのは、情状証人として蓮見和也弁護士が自ら証人に立ったことです。当初予定していた前原被告の妻は、体調不良を理由に出廷を取り止め、簡素な上申書提出で済ませました。

妻に代わって実兄が証人に立った訳ですが、余りにも白々しい内容でした。月2回ほど、自分の元に被告が訪ねてきては、ビジネスの相談や近況報告といった話しをしていたそうです。その反面、被告が妻と別居中のうえ愛人と同居生活をしていた事実も知らなければ、逮捕されるまで犯罪行為に一切気付かなかったと言います。

兄弟間の意思疎通がはかられてないばかりか、犯罪行為を見抜けない洞察力の欠如といった、弁護士資質もが疑わしい限りです。主任弁護人としても情状証人としても不適格者と言わざるを得ません。

兎に角も、本件裁判は結審しました。求刑は被告会社に罰金200万円、前原卓哉被告には懲役2年と罰金200万円が求められました。判決は3月10日です。
-------------------------------------------

【敬天コメント】

当紙に注目されるまでは、デート商法の守護神として裁判所にランボルギニーで颯爽と通勤していた蓮見和也弁護士であったが、最近は精彩に欠けているらしい。

一番の稼ぎ頭だったソフトバンクの未払い債務の取り立て業務も契約が切れた、という噂もある。しかし、セレブが通うジムとして有名な、六本木ヒルズの中にあるトータルワークアウトには、今も通っているというから真相はわからない。

判決は今週の金曜日か。実刑になれば、控訴して裁判を延ばし、学校の認可の付いてるうちに、売り飛ばす作戦には間違いなかろう。理由は実刑になれば、即学校法人が取り消されるらしいからね。

60人いた学生は30人が今月卒業するらしいが、あと30人は残るらしいから、生徒付き校舎付き学校法人認可付きの売買である。学校法人売買専門家らしい老人が、何故か情状証人に立ったらしい。引き続き目が離せない裁判である。
 
【投書】日大東北高校相撲部暴行事件〜追加情報
【投書】日大東北高校相撲部暴行事件〜追加情報

画像クリック

---------------------------------
【敬天コメント】
大学の学生の自殺と言い、この問題と言い、親御さんから見れば口惜しくて仕方がない事実だろうけど、田中商店とその仲間にしてみれば、自身の保身のための利害行動しか考えないんだろうねー。

外部からの圧力に対しては、莫大な大学費用負担で「亀ちゃんと仲間たち」の成果が功を奏しているのは間違いない。

ただこの危機管理隊は外からの圧力には機能しているが、内部の常識的発言には脅しは効かない。何故ならこの危機管理隊のメンバーは、社会的に信用のある人達だから、常識的行動をする人達には、無理は言えないからである。

内部の常識的発言を封じ込めているのは、田中英壽自身の過去の強面イメージの錯覚トラウマである。大物暴力団との交遊ぶりを目の当たりに見せつけられた者たちは、未だにその関係がトラウマになって、過去を語れない、真実を語れないのである。

外部から優秀な人材を入れすぎたら、日大魂が消えてゆくことを心配する人達もいるけど、自身の保身と金儲け以外に目のない今の彼らには、馬の耳に念仏だろうなー。

田中商店に限らず、トップを取った者たちが陥る裸の王様生活は、人間の煩悩が織り為す典型的な六道の世界だから、誰にも止められんわな。奈落に落ちて初めて気付くことなんだよ。それが人間の性なんだよね。
森友学園国有地払下げ問題で教育方針批判は的外れ
森友学園国有地払下げ問題で教育方針批判は的外れ

森友学園の教育方針について、批判報道がさも正しいように報道されているが、これはおかしい。教育そのものは自由ではないか?

昭恵夫人が感動して涙した画像を批判的に流しているのもあるが、これも間違いである。人が感動するのはそれぞれである。

私は先日、自衛隊を支援する会の人達が主催する「軍歌祭り」に参加して、軍歌を歌いながら涙が止まらなかった。歌詞の慈愛の奥深さで琴線に触れたのである。

歌を歌いながら、安っぽい歌謡曲の流行よりも、この軍歌を広く歌い継いだ方が、余程公衆道徳を広めることになるのではないか?、と考えたほどであった。

教育勅語を保育園に取り入れてるからけしからん、という声もある。私は軟弱な若者が多くなった今こそ、教育勅語を義務教育で取り入れるべきであると思っている。

教育勅語の中には「滅私奉公」の意味もある。それだけではない。少年少女、青年が育って行く上で大切な体育・徳育・仁育の教えも入っている。

俺が、俺がと、自由をはき違えている今の日本の若者には、滅私奉公の心も必要である。特に男は、敵が現れたら国のためにも、家族のためにも、戦うことは忘れてはいけないし、覚悟を持たなければならない。それを子供の頃から自然と身に付けることは必要である。

アメリカの3S政策(セックス・スクリーン・スポーツを解放し、快楽至上主義で、牙を抜いてしまう目的)で、世界で一番国防を忘れた国民になり下がった国民には、北方領土を取り返すことより、竹島を取り返すことより、尖閣諸島を奪い取られる危険より、拉致された国民を取り返すことより、アメリカの防衛力の傘の下で金儲けにだけ精出している方が楽だという根性が染みついて、平和の裏側には、攻めて来る敵国とは戦ってでも自国を守るという覚悟が、余りにも無さすぎるのである。情けない。

森友学園が法律違反をしている部分があるのであれば、その部分を叩かれても仕方があるまい。しかし、学校創立や土地の払い下げに当たって、議員に配慮をお願いするなんて言うのは、過去から現在に至るまで、そんな実例なんて腐るほどあろう。

私は森友学園の理事長と面識あるわけでもないので、贔屓をするつもりなど、毛頭ない。常識論を言っているのである。議員への口利きや陳情なんて、日常茶飯事である。

どこかのテレビが、入学に当たって、「入試より面接を重んじた」とも言っていたが、そこの方針であるならいいではないか。

因みに私は、大学に入学する時、一般の入試を受けたが、その後面接があって、その場で「合格」と言われた。質問は「尊敬する人物は誰ですか?」だった。私は「明治天皇に殉死した乃木希典将軍です」と答えた。面接で合格した大学時代の教育を思い出した次第である。

それにしても山本太郎と言うのは、失礼な物言いをする奴だねー。長幼の序と言うのが全く感じられないね。小沢一郎も、あんなのと共同代表をするようじゃ、落ちる所まで落ちた感じが否めないねー。

 
投資詐欺と中村浩一郎
投資詐欺と中村浩一郎

マグロの養殖やら、ホテルの買収やらの名目で金を集める投資詐欺で脚光を浴びた中村浩一郎が、鹿児島の大山に連れられて訪ねて来たのは何年前だったかなー。

有名人を出汁にして金を集めるのが得意技である。用心棒を兼ねてマカオのカジノに招待された人の話では、その顔の広さに驚いたそうである。

全てに特別扱いで、ゲートを通り抜けるのに最低一人200万円は両替しないと入場できないシステムになっているそうだが、中村だけはフリーパスだったそうである。相当な金を使っているのだろう。そりゃそうだろう、返す気のない他人の金だもの。

中村が一緒に映っている写真は、何とあのゲーリープレイヤーだそうである。山本一郎のように、政治家のパーティー券を何枚か買ったよしみで、主役と記念写真を撮ると言うような、そんなセコイ話ではない。

ゲーリープレイヤーのパーティーに主役で招待され、そこで甲冑と日本刀をプレゼントしているのである。ゲーリープレイヤーは自身もゴルフ界の超大物選手であったが、タイガーウッズの先生としても有名である。

そのゲーリープレイヤーから、中村は直接指導も受けているのである。余程、金も投げているのであろう。返す気のない他人の金だから、幾らでも投げれるわな。

ゲーリープレイヤー氏は、中村が詐欺師であろうが知ったこっちゃない。実業家で自分に金を使ってくれるいい人、であればいいだけの話である。中村もタニマチ気取りであろう。

その中村が、またぞろ大金を集め出したそうである。地元のチンピラに虐められてるとか言って来たから、知り合いの県議を通じて、県警に紹介もしてあげたのに、その後全く挨拶にも来ないなー。

俺も中村が投資詐欺が本業とは知らなかったから、真剣に県議を通じて紹介してやったのに、俺まで勘違いされてしまいそうだなー。困った奴だ。






 
日本クラウド証券のファンドを仕切るシモン・ヒル
日本クラウド証券のファンドを仕切るシモン・ヒル

日本クラウド証券という会社があるらしい。その証券会社がやってるファンドがあって、日本で2番目に大きなファンドだそうである。

証券会社がやってるファンドだから、真面で間違いがないと思われてるそうだが、そのにファンドを裏で仕切っているのが、上場を取り消されたLCAに巣食って話題になったシモン・ヒル(寺口士文)という男が、裏で仕切っているという投書がきた。

LCAと言えば、福岡勇次、崎畑悦子(あれっ、こちらはシルバー精工だけだったかな?)夫妻から始まり、高齢者投資詐欺主犯で服役している大山多賀男を一部上場会社オープンハウスの取締副社長鎌田和彦に紹介た野崎勝弘も暗躍した会社である。

因みにオープンハウスの副社長という立場にありながら鎌田は7000万円を未だに返していない。昔は一部上場と言えば、それなりに社会的責任も道義もあったけど、今は金さえ儲ければ、何をやってもいい時代なのかねー。

何人か知らないが、会社に喰いついたらヒルみたいに離れない男、シモン・ヒルが裏で仕切ってると言うんじゃ、クラウド証券のファンドも危ないなー。

念の為に当時の記事(2011年5月9日記事2012年4月23日記事)を掲載しておくので、投資された方は会社に問い合わせるなり、参考にして下さい。

そういえば、投資詐欺被害者に未だに金を返さない鎌田和彦が個人筆頭株主の会社で去年6月15日に上場した会社というのは、(株)アトラエ(新居佳英社長)という会社である。

今日の時価相場でいうと、23億になるというんだから、さっさ7000万ぐらい被害者に払ってあげればいいと思うけど、無明と渇愛のど真ん中で、六道を輪廻し続けている真っ最中なんだなー。
敬天新聞3月号

敬天新聞3月号

螢錙璽襯疋曄璽襯妊ング代表取締役伊井田栄吉を問う(一面)

Soft-Ex営業マンの怪しい勧誘利用される芸能人とテレビ局(二面)

詐欺道を極める(株)競球の山本一郎・未だ逮捕されない勧誘トークの嘘(三面)

敬天新聞3月号 社主の独り言(甘口)(四面)

敬天新聞・鋭意調査中、1行案件

更新しました。

松坂よしひろ埼玉県議の息子とごきげんホールディングス

松坂よしひろ埼玉県議の息子と
ごきげんホールディングス


埼玉県県議会議員の息子の犯罪という投書が来ている。松坂よしひろ埼玉県議の息子で、松坂巧という若者が、「ごきげんホールディングス(戎祐次社長・大阪)という会社の株を買っておくと、上場して株価が3倍に上がる」と言って、H27年7月7日に株式購入資金として、1300万円。その年の12月5日に100万円を持って行き、その後音沙汰がないのだという。

松坂県議に尋ねると、「息子は勘当している」ということだったらしい。また去年(28年)の秋ごろ県議の自宅を訪ねて玄関のチャイムを2時間ほど押したらしいが、誰も出て来なかったらしい。

留守だったのか、居留守だったのかはわからなかったらしい。しかし息子の巧は、最近池袋のヴィトンで70万の買い物をしている形跡があるという。

巧に騙された被害総額は1億2000万ぐらいあるらしい。被害者が一人なのか、複数なのかはわからないが、この松坂巧には、『師匠』というのがいるらしく、その師匠と言うのが、山田にしき(42歳)という男で、六本木ヒルズのグランドハイアットに在住しているそうである。

よく意味がわからんが、この男は「店をやる」と言っては金を集め、「飛ばす」を繰り返しているそうである。おそらく偽名か通名であろうが、それなりに有名な男らしい。

「ごきげんホールディングス」という会社が、松坂巧と仲間なのか、全く関係のない寧ろ被害者なのかは、今のところわからない。名前はいかにも遊びっぽいけどね。

松坂県議ブログ(クリック)


螢乾ゲンHD登記簿(画像クリック)

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>