崖っぷちの安倍政権
崖っぷちの安倍政権

自民党が籠池氏の発言に対して、「詐欺で起訴されている人の話だから、聞いてもしようがないだろう」という姿勢だというから、それは違うと一言、言っておきたい。真実を知るには、「誰が言ってるか」ではなく、「何を言ってるか」である。

筆者も籠池氏のこれまでの一連の言動に対して、疑問に感じるところはある。ここまで色んなことが捲れて来たら、潔さも必要である。国は総理個人の物ではない。財務省の物でもない。自民党だけの物でもない。権力者たちの物でもない。議会民主主義とはいえ、議員がだらしない今、是非は国民が決めるものである。

隠せるものは隠した、騙せるものは騙したという姿勢で臨んだ結果に無理があって、現状にボロが出始めたのではないか?安倍政権も一強ではあったが、そこまで隠し通すことは出来なかった。日本国民の正直さなのであろう。

ロシアでは明らかな選挙違反が監視カメラに映っているが、プーチン大統領が平然と勝利宣言をしても、それがまかり通る。日本では考えられない。国民性の違いであろう。日本はそれだけ健全な国なのである。

今回の森友学園騒動の発端は、学校運営をしたかった籠池氏が安く国の土地を譲って欲しかったが、相談に行った担当部署に、けんもほろろに追い返された。

その後、幼稚園での教育勅語指導の教えが話題になり、誰かの縁で、昭惠総理夫人と知り合い、昭惠夫人がその教育姿勢に感動する。そして夫である安倍総理に報告する。そこで個人的に夫婦で応援する。その関係を強調することで、籠池氏は再度担当部署に話に行くと、担当部署が嘘のように態度が豹変した。

この豹変の一番大きな理由は、昭恵夫人のお付きであった谷査恵子秘書からの問い合わせがあったことだろう。しかし、土地の購入話と、学校経営の認可権は担当が違うので、こちらは思うように進まなかった。

安倍総理も、昭惠夫人がその教育に感動し名誉校長を引き受けたことも、本当かどうかわからないが100万円寄付したことも、堂々と語っても何も問題はなかった。

「関係ない、関係ない。二人とも全く関係ない。もし関係あったら、総理も国会議員も辞めます。」というから、周りが慌てて削除、隠ぺい、改ざんが必要になったのである。

多少の前後や大小はあっても概ね、こんのな感じではないだろうか?素人の筆者が色んなニュースやワイドショーや記事を読んで感じた全体の感想である。

余程のどちらかの贔屓でない限り、一般の人の感想も似たり寄ったりだろう。この期に及んで、繕ったり嘘を言ったりすれば、益々批判を受けるばかりであろう。

日本は天皇陛下を中心とする穏やかな国民性を大事にする国であるから、独裁国家は似合わない。一部の不正はもみ消すことはできても、全体的にもみ消すことは不可能である。

国会答弁での虚偽答弁という意味では、佐川元理財局長の責任は極めて重いが、官邸と一体となって動いてた責任という意味においてはその前の迫田理財局長であろう。

今更ながら加計学園の話が出て来た。柳瀬元首相秘書官が嘘を言い、総理がそれを庇った。財務省のトップのセクハラテープが流れ出した。厚労省局長のセクハラの話も出ている。官僚の歪みが出始めた。佐川の嘘に国民が怒り始めたのである。

全マスコミ調査の政府の支持率が30%を切る前に、自民党の中で最も真っ当な意見を言う、小泉進次郎議員にバトンタッチしたほうがいいかもね。
Is it son-taku?

Is it son-taku?

権力者に仕える者が忖度するのは当たり前である。それは許容範囲のものであろう。問題は自分の出世のために忖度する者たちが居ることである。それらが許容範囲を超えてるのである。忖度を利用するといってもいい。

そして、そこに取り入りたいと考えてる周囲の業者は、蜜の味のする美味しいものを届けながら耳元で囁くのである。見た目には二人だけの秘密のように見えるが、天知る地知る人が知るである。

一度そのような関係ができたら、その当事者はいつまでも食らいつくだろうし、関係が切れたら騒ぎ出すのは当然である。その前に、二人だけの秘密だったはずだが、あまりの嬉しさに、妻であったり、仲間であったり、部下であったり、中には行きつけの店のママに話す者もいるだろう。その話を聞いた者まで、自身の手柄のように関係を誇示し、次から次に話が広がって行くのが世の中である。況してやそれが、日本で一番権力がある総理大臣なら、当然のことである。

偏に安倍総理の驕りである。もうとっくに終わっていてもいい話である。国民も飽きている。森友なんか8億円の値引きより、実質三百万円で購入した土地に、なぜ24億も貸す銀行があるのか?それは正当な貸し出しだったのか?それは建築資金だった筈なのに、なぜ建設業者に支払われてないのか?等、その金の流れを追ったほうが、より大きな問題に行き着くのではないか?

安倍総理はトランプ大統領の真似して、ツイッターなどで、マスコミ批判をするべきでなかった。マスコミと言っても相手は人間だから、当然仇討ちを狙ってくる。いとも簡単に情報は流れるだろう。世論喚起や世論操作に長けているマスコミは、一種のスパイである。世論を味方に付けられたら、総理といえども、どうにもなるまい。

的を射てない感情論を質問する野党の質問が続いた時も、バカにするのではなく、「自分に忖度というより、総理という立場に忖度した人は居たかもしれないし、また愚妻が軽々に行動したことも、やはり亭主としての私にも何らかの責任はあろうかと、しみじみと反省を噛みしめてるところでございます」ぐらい言えば、世間から拍手喝采で、「いつまで野党はつまらんことをぐちゃぐちゃいってるんだー。もっと大事なことがあるだろうー、先へ進め。」となった筈である。

やはり、そばに居ると言えないのかなー。いつの間にか裸の王様になってしまったんだなー。あの自民党議員の質問のザマはなんだ⁉どんなに素晴らしい政治をやっていても、万民に満足行く政治はないし、時代の流れによっても、評価は変わって行く。況してや支配が永くなると権力も腐敗する、飽きもくる。今宵はここらで、よかろうかい。

またまた茨城県で議員が暗躍!不可解な特養老人ホーム開設

またまた茨城県で議員が暗躍
不可解な特養老人ホーム開設


茨城県の飯塚秋男県議が、県から1億円の補助金を自身が関係する社会福祉法人に出させ、不正流用した件は、未だに解決に至ってない。

保守的な県民性故か、まだ辞めろコールは起こってないようである。ただ足を引っ張ろうとしている者たちは、少しづつ出始めたようである。

この記事を読んだという茨城県人から相談がきた。こちらは所替わって、神栖市の話である。話そのものは10年前のことであるが、どうしてもその不正が許せないので、公表して欲しいというのである。

実はこの件では、ある記者が追いかけ、時には記事にもしたらしいが、田舎独特の柵で、事件化まですることが出来なかったというのである。

話を聞いてて個性のある人だったから、「貴方の評価が及第点に届かなかったんじゃないですか?」と質問はしてみたが、話を聞くとやはり裏で県議の不正な匂いもするから、介入することにした。

名前が出て来た県議は、神栖市を選挙区にしている西條昌良県議である。神栖市は一定の土建業者が市を牛耳っているということで、過去に記事にしたことがある。

当時の市長だとか副市長が95%以上の落札率で特定の業者の談合を見逃しているという話だった。その市長たちは辞めたそうだが、新しい市長もまた取り込まれているという噂もあるから、それもいずれは取材してみようと思う。

今回の話は、特養老人ホームを開設するにあたって2社(仮称まごころ会と仮称梅寿会)が申し込んだそうであるが、その負けた方の会社(仮称まごころ会)の「負け方がおかしい」という話である。

聞けば確かにおかしいのである。田舎のモリ・カケ問題である。先ず、仮称梅寿会は申し込んだ時の母体は那珂市瓜連の「さいせい幼稚園」だった。対して、仮称まごころ会は地元の水産加工業者だった。

問題は「さいせい幼稚園」は、申し込みをした時点では、まだ認可されておらず、那珂市に尋ねてもそのような幼稚園はありませんとハッキリ否定されたことである。

仮称梅寿会申請人の楠見和人氏は、この時出した名刺に、「学校法人さいせい学園、理事。副園長」と書いた名刺を出している。おそらく裏で、もう認可が出ることがわかっていたのだろう。

ただ、外ではまだ使えない筈である。況してや公の場で使用するなんて言語道断ではないか。要するに虚偽の名前で申請したのであるから、この時点で失格である。

そして何故か、まごころ会が老人ホームを建設する予定の土地が3300坪の自社所有地であるのに対して、梅寿会は決まったら買うという条件付きの1800坪である。

しかも産廃ごみの埋め立て地後で、土地価格も2000万円が相場であるにも拘わらず、水戸信金が売買に関し7000万円も貸している。

その1年後には何故か、5億円も貸している所がある。まるで、森友学園問題と加計学園問題を足したような田舎版である。続く。

【投書】パチンコ業界のフィクサー
【投書】パチンコ業界のフィクサー

投書


【敬天コメント】
なるほど。武本孝俊社長は日本経済新聞やNHKにまで喰いこんでいるのか?仕事がら監督官庁に喰いこんで行くというのは、やり手の社長なら考えることである。問題はその喰いこみ方が違法であるかどうかである。

こちらもまた「脱法ではあるが、違法ではない」という論理を振りかざすつもりかな?やはり脱法も違法というスタイルを確立しないといけないけど、政治家そのものが、底の抜けたバケツのようなザル法ばかりの言い訳するから、説得力もないしなー。

ところで武本社長は、自分でゴルフ場を持っていながら、何でロッテのゴルフ場を使うんだー?なにか理由があるのかね。それにしても、パチンコ業界は、2月のギャンブル依存症改革でこれから厳しい時代に突入すると言われている。

今までのように、愛人にマンションを一棟買ってやったとか、自家用飛行機で毎月海外旅行、とかは難しくなるのではないか?そんな中で、新しく取り入れられた封入式の特許の殆どを持つなんて、武本社長もやるねー。後ろからお付きが、つっかえ棒で支えないとひっくり返るほどの、我が世の春かね。

しかし、独占はよくないね。天網恢恢疎にして漏らさずって言うから、何が災いするかわからんよ。まー、強欲も程々のところにした方がいいね、と思いました。
凄腕の女地上げ師(79)債権譲渡
凄腕の女地上げ師(79)債権譲渡

4/9投書

資料1.(株)勝鬨

資料2.債権譲渡契約書

資料3.代々木一丁(土地)登記簿

資料4.代々木一丁目(建物)登記簿


この契約書(資料2)には印鑑も日付もないけど、下書きの段階の契約書かなー?内容は噂で言われていた内容だなー。PAGの河合はマキリンに3000万円で債権を売ったんだ?それを今回マキリンが勝鬨とかという所に1億(以上)で売ったわけだ。

マキリンは7000万円(以上)の儲けを出したわけだな?だけど、名義上はまだマキリンの会社のままになってるから、投書の主は、債権者を欺罔していると言ってるわけだな?

まー、通常なら、金のやり取りと同時に名義も変えるというのが普通だわな。勝鬨の方だって名義を変えないと言うのは、リスクのあることだから、一概にマキリンだけの責任とは言い切れないかもしれない。

それから、債権を売買するにはPAGの了解もいるみたいにも書いてあるけど、PAG河合からマキリンが(高い安いは別にして)買い取った物であるなら、なんでそれを売買するのに、PAG河合の許可がいるわけ?

「何処かに売る時は俺に相談しろ」とか、「値段は俺が決める」とかの、密約があったわけ?そういうのがあったとすれば、相談しないマキリンに非はあるだろうけど、当然マキリンは相談したんじゃない?、それより大事なことは、管財人に事実を知って貰うことである。

破産は民事だから、刑事ほど公的権力がないので、強制的な権限が少ないそうである。だから事実を伝えて参考にして貰うことが大事なのである。

どうしても関係者は感情論が先走ってしまう。「臆病者のウサギ」ではいけない。とにかく事実の積み重ねが大事である。契約書が難しくて理解できないが、黄色い部分が大事な所という意味かい?わかりやすく説明のできる方教えて下さい。
凄腕の女地上げ師(78)URよ「転売禁止」「買戻し特約」は何の為?
凄腕の女地上げ師(78)URよ
「転売禁止」「買戻し特約」は何の為?


4月6日の投書は、当紙の理解力では意味がわからない。馬越氏だとか、千寿だとか、誰が誰に瑕疵があるのかがわからない。「協定書」が存在するというが、誰と誰が結んだ協定書なのか、内容はどういうものであるのかがわからないと、白とも黒とも言えない。

今回の騒動で一番悪いのは、村上ファンドではないのか?原則自社でビルを建設するという契約であるにもかかわらず、URを騙すように「吸収合併」して、売り抜けている。

この時60億も上乗せしてPAGに売却している。URは何故、この実態を知ってて、契約を解除しないのか?その後のURの姿勢が、益々村上ファンドやPAGを付けあがらせたのではないか?

村上ファンドは株屋であり、会社乗っ取り屋。PAGは投資会社である。どちらもエンドユーザーではない。当然土地転がしが目的である。

「転売禁止」の目的の一番は、土地転がしではないのか?それが目の前で行われようとしていて、なぜ注意ができないのか?違反をした時のための、「買戻し特約」ではないのか?それとも「脱法行為ではあるが、違反行為ではない」という解釈なのか?

それならそれで、その旨を発表すればいいではないか?そうすれば、PAGだって、無駄なプレハブなど建てる必要もない。URの曖昧な対応が、業界を混乱させているのである。

お陰で当紙は、民事・刑事で訴えられている。当紙は真実を知りたいだけである。誰の言い分が真実なのかを追及しているだけである。URが結論を出せば、混迷している問題に答えは出るはずである。

「転売禁止」だとか、「5年以内に2000岼幣紊侶物を建てる」という決まりが契約の中になければ、このような騒ぎにはならないだろうし、それらがあるということは、何か理由があるから、わざわざ入れたのであろうから、その説明をするだけで、全てが解決着くのである。なぜそれを言わないかが、不思議である。

またマキりんが債権者破産を掛けられたということは、債権者がマキりんの態度に対して頭にきたということである。金があるのに債権を払ってくれないということである。

だから裁判所に「マキりんの財産を調べて、その中から自分たちの債権分を回収して、配当して下さい」ということらしい。自分から免責を求める自己破産ではないので、殊更財産を隠したり、貧乏な振りをしたりする必要もないらしい。

儲けてると噂なのに、一向に自分の債権を払ってくれないから、「どうなっているんだ?」と訴えた債権者破産ということですね?ということは、偽装破産ということは考えにくい。破産法を知らないアタシの早とちりでしたら、ごめんなさい。

だから堂々と顎足付きで彼氏と外遊したり、高級外車を買ったりしてたわけだ。まー、こちらの方は、破産管財人が調査中だから、結論を待つしかないね。

3/30投書


3/31投書


4/6投書
レスリング伊調馨選手に対するパワハラ問題の終息

レスリング伊調馨選手に対するパワハラ問題の終息

レスリング協会が伊調馨選手に対するパワハラを認め謝罪した。先ずはいい対応であった。指導している先生方もどこまでが指導で、どこからがパワハラになるのかがわからないと思う。

同好会で楽しむことを前提にやるスポーツと、世界のトップを目指すスポーツとでは、身に着ける技術、体力は全く違ってくる。厳しさも当然違ってくる。そのどこまでが許容範囲なのか、わからなくなってくるのである。

特に結果を出してる者は、自分のやり方に間違いないと思うだろうし、選手もまたそのスタイルを信じてついていくしかないのである。

特に協会側も「世間に認められるのはオリンピックで結果を出すこと」であり、その結果を出し続けた栄監督に絶大な信頼をおかざるを得ず、指導法についても口を出せなくなって行ったのだろう。

しかし、それにも拘わらず、言い訳もせず、今回早めに協会として謝罪したことは、終息を図るには立派な対応である。反論しようと思えば、幾らでもある。

しかし、反論したところで、世間(マスコミ)の返り討ちに合うだけで、出なくていい内容を掘りくり返されるだけなのである。泥沼化するだけであろう。

福田富昭会長も馳浩元文科大臣も松浪健四郎元国会議員(現日体大理事長)も、深々と頭を下げた。この潔さを、日本人は「よし」とするのである。

福田富昭会長は日大OBである。直言居士の人物としても有名である。あの田中英壽理事長にも、歯に衣着せぬ物言いで、直言する人らしい。そういう人たちが「非は非」として認め、謝罪することが、国民には受けるのである。

本来なら、「今後協会が善処する」ことで終息するはずであるのだが、もう一つ問題が残っている。栄監督が勤める至学館大学の谷岡郁子学長の発言である。

今のままで終われば、消化不良のマスコミは、もう一波乱の出来事を願っている。栄監督の不満や谷岡学長の舌禍を待っているだろう。

二人は、表に出ないことで時の経過を待つ作戦かもしれないが、それではマスコミ(世間)が許すまい。やはり、一度は表に出て、しっかりと謝罪するしか方法はあるまい。

どんな厳しい質問にもひたすら頭を下げるべきであろう。とにかく言い訳はしない。一度はその「ショー」を見せなければ、本当の意味での終息に結び着かないないだろう。

その「ショー」を見れば、国民は「そこまでやる必要はない」とか、「もう、いいじゃないか、非を認めているんだから」と、なるだろう。特に、谷岡学長は自分から参戦したんだから、ケジメを付ける必要はあろう。

しかし、それでも、仕方がナイカク自民党!
しかし、それでも、仕方がナイカク自民党!

佐川元理財局長の証人喚問は酷かったね〜。最初から疑問に答える気はさらさらなかったね。会場に入るときの足取りが堂々としてたし、気合が入った顔をしてたから、「決心したなー」という感じはしたが、まさかの逆転ホームランだった。

1週間前ぐらいは、野党に袋たたきにされて、顔に生気がなかったので、自殺だけはするなと心配したが、そんなやわな男じゃなかったね。あの国会喚問で、安倍政権の支持率が上がるのか下がるのかが見ものだね。

佐川喚問は安倍政権の姿勢とは関係ない。佐川元理財局長個人の資質の問題であるが、安倍総理、昭恵夫人、麻生財務大臣、官邸、官邸の関係者の全ては一切関係ないと完全否定。

一方で、じゃー誰が関係あるのかというと、刑事訴追の恐れがあるといって答えない。この繰り返しを、国民がどう判断したかが、支持率にどう影響するかである。

もし支持率が下がったのであれば、安倍総理が気の毒である。太田理財局長の言い分とも、少し乖離し始めている。ここまで捲れてきてるのに、今更開き直っても何の意味もなさないと思うけど、何を血迷ったのかねー。

一方で、安倍総理の人気を支えてるのは「外交」である。それも韓国・北朝鮮に対する姿勢が特に受けている。トランプ大統領との関係も世界の誰よりも信頼関係がある仲のように見えた。

しかし、国内で森友問題で追及されてる最中に、世界は激変の様相を呈し、特に北朝鮮が主役の外交に韓国やアメリカまで、振り回されている。その中で、日本だけが蚊帳の外である。

少なくともアメリカとだけは、より強固な同盟国の関係が結べたようなトランプとの仲だったような気がしたが、やはりコロコロ変わるトランプは、アメリカンファーストしか考えない、不動産屋の親爺でしかなかった。

他の同盟国の関税は上げないと言いながら、一番強固な同盟国の筈の日本の関税は上げるのだという。1年前の約束は何だったのか?そろそろアメリカオンリーからの独立も考える時期なのかもしれない。

しかし、地理的に中国、ロシアという大国が近隣にある。弱さを見せれば、すぐに侵略して配下にしようとする歴史を持つ国である。地続きでない事が、唯一侵略されずにきた証明である。特に中国は尖閣諸島への上陸を狙っている。

ロシアだって、アメリカとの同盟が切れれば、北海道の一部に上陸する可能性だってあるかもしれない。日本の経済力、技術力は、喉から手が出るほど欲しいのである。

無理難題を仕掛けてくるのは間違いなかろう。そのためにも、防衛力には力をいれるべきである。そして、それ以上に大事な「戦う覚悟」を身に着ける教育を始めるべきである。

となれば、自民党以外の政党では、頼りない。ということで、どうやら支持率は下げ止まりのようである。結局は、森友問題が支持率を下げたのではなく、政権の驕り高ぶった姿勢に嫌気をさしていただけで、真摯な態度を見せれば、やはり自民党しかない、というのが国民の考えのようである。
末期を臭わすスルガ銀行の過剰な融資
末期を臭わすスルガ銀行の過剰な融資

違法な融資を隠れて続けてきたスルガ銀行にやっと世間が注目しだした。デート商法が一世を風靡した裏には、スルガ銀行の行き過ぎた融資があった。今はそれも金融庁が監督・指導し、デート商法と判れば、いつでも解約できるようになった。

デート商法融資がなくなったら、今度はシェアハウス建設に対しての過剰な融資が問われている。おそらくもう金融機関の体を成してないのではないか?要するに街金感覚なのであろう。

地元の噂が入ってきた。地元では「スルガは潰れるらしい」との噂が広まっており、現実に乱暴な融資が始まっているらしい。適当な融資計画申し込み書を出せば、誰にでも融資するというのである。一部の不良行員がブローカーと組んで、客探しをしているという。

借り入れの条件は、紹介者が先ず無事に借り入れが成功したら融資額の20%の謝礼を貰うそうである。その他に担当してくれた行員に3%の謝礼を払うというのである。

どこの銀行でも、こういうことをするバカたれ行員がいるのも事実だが、最近のスルガの場合、金融庁からの監査・審査が頻繁で、内部にも外部にも動揺が広がっていると思われる。

今年に入ってからの融資を調べれば、この話が事実かそうでないのかが、わかろうというもの。現実にこの条件で借り入れをした人がいるという。

人の口に戸は立てられないから、内緒で進んだ事実も、いずれは馬脚を現すのである。どんな大きな組織でも、どんな固い組織でも、組織と言うのは、人の集りで形成されてるわけだから、完璧ではない。

中には、お喋りもいれば、自慢したがり屋もいる。出世や欲得のために、立場を利用するような者もいよう。一般の人は銀行は人を騙さないと思っている。だから信用して金を預けるのである。だが、実際には何年に一回か、不良行員の事件が起こる。

果たして一不良行員だけの仕業なのか、本当は上司も絡んでいるのかは、わからない。何人もの人の手を経なければ、決済できないシステムになってるわけだから、一人だけでできるかねー?とついつい疑ってしまうのである。

みずほ銀行の及川幹雄受刑者の件も、結局は個人犯罪で終わったし、及川の不正を見つけて恐喝していた高尾正志以下も、有耶無耶のままである。世の中、何が正義かわからんねー。
【投稿】郷鉄工所「第三者委員会」が認定した、石川歩・長瀬隆雄ら役員の「違法行為」と「責任の所在」
【投稿】郷鉄工所「第三者委員会」が認定した、
石川歩・長瀬隆雄ら役員の「違法行為」と「責任の所在」



投稿(click!)


資料・松尾ブログ(click!
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>