田中チャンコ商店が日大乗っ取りに最終王手

田中チャンコ商店が日大乗っ取りに最終王手

田中チャンコ商店が、いよいよ日大乗っ取りの最終章に王手をかけているそうである。一緒にやってきた仲間というべき者達を切り、内田を理事にしたのだけでも大ビックリであったが、なんと今度は9月の改選期に井ノ口忠男を常務理事にするのだそうである。

この度井ノ口が、校友会枠評議員候補になったそうである。9月1日に現理事会があり、9月10日に新理事会があり、その新理事会で、評議員の中から理事が選出され、その新理事の中から常務理事が選ばれるのであるが、その常務理事候補に、内田と井ノ口が内定し、選ばれる段取りとなっているのだそうである。

内田はともかく井ノ口は、5年前に外部から「事業部部長」として「優子姐案件」で裏就職してきた男である。しかも裏入学で医学部学生を入れると言って、金だけ取ったとして、訴えられた男である(その後の話は知らない)。しかも事業部部長として裏就職する前には、田中英壽理事長を探偵社を使って、行動確認した男である。

田中英壽という男は、恥も外聞も意地も面子もない男かね。みっともないねー。恥ずかしいねー。相撲で強かったのは、万人が認めるところであるが、その頃覚えたごっつあん精神が未だに続き、若い時からヤクザの親分さんに可愛がられ、より上の親分、より上の親分と、渡り歩きながら、日本一の親分との交遊を教職員に見せつけることで、理事長の座を手にした男であるのは、間違いない。機を見て敏なのである。

暴排条例でヤクザとの交遊が問題にされるようになると、ぬけぬけと「交遊はない」と嘘を吐くのである。ツーショット写真が出れば「偽造」だと言ったり、「昔の写真」と言って逃げるのである。ただし、それとて学内で他人の口を借りて言わせるだけで、公の場で自身の口では語らない。嘘がばれることを、誰よりも本人が知っているからである。

しかも、日本一の私学助成金を受けてる大学の金を、本来なら必要のない弁護団や外部広報を雇い、自身の疑惑のガードに大使用しているのである。そして、文科省も、マスコミも黙らせているのである。そんな男が、日本オリンピック委員会(JOC)のナンバー2の副会長である。このことをマスコミで問う者もいないのである。

森喜郎東京オリンピック組織委員長も、「JOCの会長は能無し」と言うのであれば、「副会長は危ない」ぐらい言って欲しかったね。あれだけ日大を食い物にして来た井ノ口姉弟が、よもや日大の執行部に入るなんて、田中一強にしてしまった日大教職員・OBの罪は重い。否、文科省の「私学助成金の使い道」を監査できない機能不全こそが問われるべきかもしれない。

新しくできる学校、学部には、許認可は厳しいが、既存の大学に対しては、天下り先確保の意味からか、深追いはしないのが、忖度なのだろう。金があれば何でも通る世の中なんだね。敵ながら、お見事の一語に尽きるね。

 

凄腕の女地上げ師まきりん(27)類は友を呼ぶ
凄腕の女地上げ師まきりん㉗類は友を呼ぶ

まきりんはあっちこっちの暴力団の名前を出して、行儀の悪い仲介料独占をやって来たブヒブイブー性悪女みたいだけど、それを利用してキックバックさせてたPAGのデブリン河合は、もっと性悪男といえそうだ。

だけど今のところ、この件に関して暴力団からの問い合わせはないね。嘘ついて法螺吹きまくってたんじゃないの?「今井洋から頼まれた」という話は、あったねー。

ところで今回の投書に、「今井洋が破産をかけられた」というのがあったけど、本当かね?破産をかけられるというのは、要約すると「借金をしてて返さない者に対しての対抗措置」ということだろう?今井洋ならあり得るかもね。「暴力団から金を借りて、約束の期限が来て請求されると警察に逃げ込む男」と風評のある男である。

そのくせ高い韓国クラブばかり行くので、(そんな所に行って遊ぶ金があるなら、こちらに返せと)頭に来た暴力団が「今井洋に回し蹴りをした」という話もセットにして噂されている。

これが「ナスかキュウリか回し蹴り」として、名セリフになったのである。このナスカジャパンの今井洋が、まきりんの後見人のようである。類は友を呼ぶ、というやつである。来週にはURの契約書載せなきゃね。


7/27投書URの悪事を晒す

7/27投書反面取材

7/27投書子ブタの野口

ーーーーーーーーーーーーー
7/28投書\婆浬陲気

7/28投書■厳遒虜通骸埆顕颪料阿

ーーーーーーーーーーーーーーー
7/29投書〃錨卦事を整理

ーーーーーーーーーーーーーーー
7/31投書FACTAに掲載

7/31投書▲淵好ジャパンの今井
敬天新聞8月号(更新!)

敬天新聞8月号(更新!)

LCレンディング山中社長の 怪しい投資八億円に黒い影(一面)

凄腕の女地上げ師まきりん 止まない投書ピックUP・パート2(二面)

社会福祉法人の消えた補助金・茨城県議飯塚と副知事の忖度(三面)

敬天新聞8月号 社主の独り言(中辛)(四面)

敬天新聞・鋭意調査中、1行案件

更新しました!

LCレンディングの山中健司社長

LCレンディングの山中健司社長

『LCレンディングの山中健司に出した質問状は6月9日に付いたはずなのに、なんで今頃代理人弁護士から通知が来るんだろう?ひょっとして山中健司は、弁護士ではなく別のところに相談してたんじゃないの?

弁護士先生も、山中健司が言ってることが正しいと思うなら、もう少し内容をしっかり把握してから、訴訟に臨んだ方がいいですよ。訴訟はいつでも受けて立ちますが、途中で赤っ恥をかかないためにも、真実を知ってからがいいと思います。

よく訴える枕詞で「事実無根」という言葉が使われますが、それが通用して引っ込む人と、「それがどうしたの?」という人がいます。私の場合、「それが、どうしたの?」まではいきませんが、一応、粛々と受けて立ちます。もう25年、名誉棄損では訴えられていますので、法律家ほどの知識はありませんが、そこそこ勉強はしました。

別に名誉棄損で勝とうとは思っていません。実名を挙げて記事に書いた時点で、何らかの名誉棄損は犯してる可能性はありますから。それは私でなくとも、他の執筆者も同じです。私はあくまでも内容を争います。そしてその内容を判断するのは、世論であり読者であるという考えで、記事を書いています。裁判所は法に従い判断するところですから、結果は私の判断と違って当然です。

しかし、裁判所の判断は、いつも「当たらずとも遠からず」という、判断が下されています。我々も全く根拠もなく出鱈目を記事にしているのではありません。

情報提供者の話を何度も聞いて、聞いてるうちに矛盾も出てくるので、それは指摘し、その上で記事にしますので、大きな間違いはそれほどありません。

私の場合「嘘は書かない」を信条にしておりますので、間違いがあれば、すぐに謝罪もしますし、訂正もします。また故意にウソ情報を持ち込んだ者に対しては、その実名を公表しそのまま記述しますので、今までそんなに大した間違いはありませんでした。

一度だけ逮捕されるほどの間違いを犯したのは、田崎喜朗という、亀井静香議員の朝食会を主催し、「月刊財界人」という市販してある雑誌社を経営していた男が、自分の女が寝取られたのを逆恨みして、「その女が銀行支店長に強姦された」と、私に嘘情報を流し、「その男を糾弾してくれ」と、頼んできたことがあった。

もちろん私は、「被害女性に会わしてくれ。話を聞きたい」と言った。田崎は「女性は恥ずかしがって、会える状況ではない」という。

市販している雑誌を出版している会社の社長であるし、ホテルに個人事務所も持ってるし、自宅は田園調布、亀井静香議員の朝食会を主催しているというから、田崎を信用することにして、チラシを作り、街宣車も出した。そしたら「恐喝未遂」で逮捕された。

電話もしたこともなければ、相手に会ったこともない。「なんだこりゃー、」と思っていたら、田崎がさんざん相手に脅しの電話を入れて、金の要求をしていたのである。しかも女の部屋に盗聴まで仕掛けていることもわかった。

女は強姦ではなく、金の無くなった田崎から、店に足繁く通ってくれる支店長に乗り換えただけで、相思相愛の和姦だった。ところが、田崎は逮捕されなかった。誰かから圧力がかかったと、担当刑事が悔しがってたねー。これで、うちは5人が逮捕起訴されたのである。こういう経験を経て、人は成長するのである。』

実はこの記事は、「LCレンディングが厳しく弁護士対応してくる」という情報が入っていたので、弁護士から通知書面が来たら、それに返答するために書いていた記事であるが、一向にそういう気配がないので、痺れを切らして、出してしまいました。

久しぶりの歌舞伎町での秘話
久しぶりの歌舞伎町での秘話

久しぶりに歌舞伎町に行った。ある人の裏話を隅々まで知ってる人を紹介するから、というので、尋ねたのである。一目で暴力団関係者とわかるような所作と、手首まで入れ墨を入れてるその人の話は強烈だった。とても実名では書ける話ではない。

「Aとは毎日のように飲みました。女も毎回私が紹介しました。それより、あの夫婦は女房が問題。好きなタイプの教え子に片っ端から手を出してるよ。」ということだった。

その話は聞いたことはあった。ただ、十代頃の男は性的エネルギーが有り余っているので、おばさんが股を貸してくれれば大喜びの現実がある。中には、内緒で付き合ってる者もいるらしいが、見つかれば、呼び出され叱責されるのだという。

だが、女房から呼び出された教え子は、蛇に睨まれたカエルの状態で、否応なしに関係を持たされるそうである。それが苦痛だと思う者もいるだろう。

奇しくも今月から、100年振りに強姦罪が改正され、強制性交等罪と改められ、非親告罪となり告訴がなくとも起訴できるようになったし、5年以上に厳罰化された。

しかも女性だけでなく、男性も被害の対象となった。どこかの相撲部屋でもそういう話があると言うようなことを、聞いたことがある。

女将さんが、中卒の男の子供を預かって親代わりをするのであるが、好みのタイプの子に、付き合いを強要する女将がいるというのである。

問題は子供側にも、そういう気があればいいが、単に自分の欲望を満たす為に、優位な立場を利用して弟子たちに性交渉を強要しているのであれば、年齢にもよるが、これからは犯罪となる可能性もある。

伝統という壁に阻まれて閉鎖的な環境の中では、まだまだ一般に知られていない風習が残っているようであるが、それを逆手に取った虐めや自己満足なら、そろそろ終焉にしなくてはなるまい。スクープを連発する文春砲に期待したい。
政治家は口と下半身に戸をたてろ!

政治家は口と下半身に戸をたてろ!

マスコミの政治家叩きが止まらない。尤も、その発端はネタを絶やさず生じさせている政治家自身にあることは言うまでもない。

「人の口に戸は立てられぬ」という言葉があるが、本来は噂話を広めるマスコミに対して使うのに相応しい言葉であろう。

ところが、今はマスコミが政治家を戒めるのに相応しい言葉である。政治家(特に自民)は軽率な言動を慎まなければならない時である。

自民党の二階俊博幹事長が、派閥研修会で自民党の支持率が低下していることに関し、批判に耳を貸す必要が無いだとか、金を払って購読しているのだから責任もって書いてくれ、といったメディア批判を行った。

しかも、加計学園の問題で安倍首相出席の下で行われた閉会中審査の翌日である。一部の「マスゴミ」に言いたい気持ちは分からなくもないが、今は自重すべき時である。

だいたい先の都議選で自民党が惨敗した責任は、二階幹事長にもある筈だ。本人は自覚がないようだけど、都議選の真っただ中、マスコミ報道に対し「私らを落とすなら落としてみろ!」と豪語した姿は、国民から見ても都議会のドン内田茂が退陣に至った反省を自民党がしていないということを印象づけた。

また、週刊新潮が自民党の今井絵理子議員(参議)の略奪不倫を報じている。バツイチで障害を持つ子供がいることから、同じ境遇の女性から支持を得ていたようだが、妻子ある男性市議との不貞行為(疑惑)は、相手の奥さんと子供を不幸に貶めることになるから批判は避けられまい。

議員とて男と女、動物である以上、成り行きで発情するのは分かるが、一般人ではなく国会議員なのだから、立場をわきまえていただきたい。犬や猿じゃないんだから。それに二階さんの言葉を借りて言わせてもらえば、多額の公金(歳費=給与)払っているんだからさー。

国政に心血を注ぎ、政治家としての仕事を成し遂げ、内政が安定しているならまだしも、地元の沖縄のみならず国全体が、国会の機能不全で嘗てない危機に陥っている時ではないか。

内政がこんな状態でどうするのか?はっきり言って誰が誰と「何発」やろうとカラスの勝手でしょう。国民も心がすさんでしまっているのである。そんな事より北朝鮮に「一発」撃ち込まれたらどうすんだ?

核ミサイル開発を順当に進める北朝鮮、我が国の安全保障の要である米政府とトランプの混迷、反日に躍起な韓国や中国、北方領土問題をダシに経済支援金を取り付けようと画策するロシア、何一つ重大な国際問題が解決に向けて進んでいない。

今、首相を変え大臣を変えても国益を損ない世界に恥を晒すだけ。誰が成っても一緒。稲田防衛大臣が辞任しても、民進党の蓮舫が代表を辞任しても国民にとっては糞の役にも立ちません。かといって事あるごとに選挙をしても税金の無駄遣い。その代償は全て国民が被ることになる。このジレンマをいったいどうすればいいのだろうか。

取り敢えず政治家は、口と下半身に戸をたて、慎重を期すべきである。

凄腕の女地上げ師まきりん(26)遂に警視庁が内偵

凄腕の女地上げ師まきりん㉖遂に警視庁が内偵

六本木界隈の不動産業者の間で、「ある女地上げ師」が暴力団の資金源になっているとして、警視庁の捜査対象に成っていると実しやかな噂が飛び交っているという。

そんな噂がいよいよ現実味を帯びてきたようだ。政界や財界の人達の間で「三万人のための情報誌」のキャッチフレーズで知られている会員制月刊誌『選択』7月号が、六本木で暗躍する謎の女地上げ師に対し、警視庁が内偵に乗り出していると報じたそうだ。

これって「まきりん」の事じゃないのかね?現に「まきりんに警視庁の内偵捜査」という投書がどっさり届いているよ。

月刊志「選択」に続き、「エコノミスト」や「ZAITEN」にも記事が出るんだって?楽しみだなー。

まきりんと共に手を取り股を取り「お仕事」をしてきた河合ちゃんをはじめ関係者たちは、これまでの所業の全てが白日の下に晒されることだろう。

7/24投書〃邊『選択』

7/24投書∩択に出てたよ

7/24投書7沙事件 詐欺罪成立か?

7/24投書い海譴最大の社会問題だ

7/24投書URはもうダメらしい

ーーーーーーーーーーーーーー
7/25投書 崛択」警視庁内偵捜査って

7/25投書∩択は反面取材

7/25投書6睛撒ヾ悗盥愼匹靴討い觧┿

7/25投書す饑任

7/25投書ゲ搬欧かわいそう

7/25投書最終章が始まりますよ

7/25投書Ш埜紊竜佑任垢

ーーーーーーーーーーーー
7/26投書〜択に続いてエコノミストとZAITEN

7/26投書管財人の先生さん






 

凄腕の女地上げ師まきりん(25)吉報と凶報

凄腕の女地上げ師まきりん㉕吉報と凶報

相変わらずマキリンと河合ちゃんの投書が後を絶たない。相当恨まれてるな。

投書は毎日のように届くから、あっという間に溜まってしまうよ。

昨日は本紙にとっては吉報(まきりんにとっては凶報)がとび込んできたけど、投書の数が多いので今日はそれまで届いた分を掲載し、吉報はまた明日。

7/21投書.ルドコーポのM&A

7/21投書⊂承鎔貘紊般邯真紀

7/21投書トーセイとの南青山の密約

7/21投書ぅ函璽札いURに抗議文

ーーーーーーーーーー
7/22投書URとトーセイに質問

7/22投書△匹譴世韻両緇豌饉劼出てきたことか

7/22投書7錨形動は何気にみんな知っている

7/22投書いい野口

【投書】LCレンディング告発レポート!No.2
【投書】LCレンディング告発レポート!No.2

またまた間髪を入れず厳しい投書が来たねー。本当に浦郷グループはともかく、山中社長は持ちこたえるかなー?て感じが現実味を帯びて来たねー。

LCグループの一つ、LCホールディングスは一部上場企業だって?ここの本荘社長はLCレンディングの取締役も兼ねてるっていうけど、本件を知ってんのかね。 敢て暴力団排除をHPで大々的に謳っている業者ほど怪しいものはないね。

LCレンディングの山中健司社長のドス黒い所業が白日の下に晒され、LCホールディングスの上場廃止に発展するかも知れないね。自ら示した基本に反しているのだから仕方ないか。


投書(画像クリック)


政治家の資質と信頼回復の第一歩

政治家の資質と信頼回復の第一歩

先の都議選以降、安倍政権の内閣支持率が最低記録を更新し危険水域に至っている。松居一代の「バイアグラ男かかってこい」の台頭で、豊田真由子議員の「このハゲー」問題を大衆が忘れつつあるのに、こんどはPKOの日報問題で稲田防衛大臣と自衛隊幹部の軋轢が表面化し危機的状況である。

今、ネットでは上西小百合議員がサッカーチーム浦和レッズの試合をツイッターで罵り炎上しているが、こんな時に国の政治以外のことに熱をあげ名を馳せているこのバカ女が自民党でなかったことは、幸いであろう(いずれにせよ国民にとっては不幸であるが)。

しかし、最大野党であった民進党も支持者離れ+離党+内輪喧嘩でガタガタだ。組織票の手堅い創価公明党や左巻き共産党が存在感を増すばかりで、これまた国民にとっては不幸である。

自民党の安倍さんは内閣改造、民進党の蓮舫は執行部刷新で起死回生を計ろうとしているが最早手遅れだろう。

支持政党を失った国民は、小池百合子人気で次は「国民ファーストをやってくれ」という夢を抱き、一か八かのギャンブル政治に頼らざるを得ない不幸に陥っている。

しかし、問題の根は各党への政治不信ではなく、個々の政治家への不信である。

それは国会議員のみならず地方議員に至るまで、首長や議員といった政治家の信頼が地に堕ちているという事だ。

今は国会議員の資質が問われているが、ついこの間までは東京都では舛添さんが、その前は猪瀬さんが、地方では兵庫県議だった野々村竜太郎号泣男がセコイ金の問題で世を騒がせてきた。

兵庫県議だった野々村は、日帰り出張をでっち上げ政務活動費を900万円も騙し取っていた詐欺であった。これを期にあっちでもこっちでも政務活動費の不正受給が発覚し、各地で問題と成った。

そして、政務活動費の使い方が改められたり、情報開示や領収証の添付などは当たり前と成った。

ところが、未だに政務活動費を騙し取る議員が後を絶たない。今月も埼玉県では自民党の沢田力県議が領収証を偽造して政務活動費500万円を騙し取ったとして詐欺で告発されて辞任した。

こういう事件が起こる度に地方議員の政務活動費が問題視され、地方政治の信頼回復に努めますと首長や議長などが記者会見をする。

しかし、最も悪いのは国会議員達である。何故なら毎月数十万円の政務活動費を受け取る地方議員がこれだけ騒がれているのに、国会議員は政務活動費にあたる「文書通信交通滞在費」を毎月100万円(年1200万円)を貰っていながら、未だに使い道の報告義務も開示の義務も負っていないのである。

嘗て、民主党の鳩山政権下で総務副大臣だった内藤正光が国税の査察で一億円を海外投資していたことが明るみとなった。その原資が文書通信交通滞在費であることが発覚し大問題に成った。たまたま国税によって世の知ることになったのだ。

それでも未だに国会では改められてこなかった。別件で国税の査察でも入らなければ、国民が使い道の詳細を知るすべが無いのである。

経済成長や憲法改正といった政策などが、なかなか思うように実現できないのは分かるが、文書通信交通滞在費の領収証の添付や公開の義務に至っては、議員の心持一つで直ぐに実現できることである。議論の必要も無ければ反対する理由も無いだろう。反対する議員は是非公の場で堂々と持論を言ってほしいね。

お使いをしたらレシートとお釣りを渡す、そんな小さな子供でも分かるような事を、なぜ国会議員がやらないのか。地方で問題と成り改められても、国民から第二の報酬と批判されても国会議員は知らん顔である。

こんなこともやらずして、内閣改造だの執行部刷新だの、閉会中審査に出席するだの、国籍を公表するだのやってみたところで、信頼回復も糞もない自己満足である。

国会議員の一人一人が年間1200万円もの大金をどのように使っているのか?公金を使う以上、こうした疑念や不適切な使用を排除しなければ、国民の信頼など得られるはずがないではないか。

国民に対し、政治家が議員の資質と信頼を語るなら、先ずそこから改めなさい。

 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>