週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)
週刊報道サイト記事の螢筌淵察幣野沢朋一社長)

報道サイトの佐藤君が書いてる記事で、明らかな間違いがあるので、伝えてくれないかと、相談された。話を聞くと部屋を又貸しで借りているらしいのだが、家賃が貸してる本人に渡ってないのか、又借りしているIさんが払ってないと、記事になってるそうである。しかも殊更にIさんの過去を強調し、故意に結び付けてある。

それで佐藤君にも会って、話を聞いた。先ず話の主人公は黒木正博であることがわかった。黒木が和歌山県にある「ヤナセ」という会社を使って、銀行を初め色んな所から金を引っ張って、そのままにして居る為に、その後始末に苦慮してるらしいのだが、黒木の戦略なのか、部下を社長にしたまま雲隠れしたので、苦情がそのまま、その「ヤナセ」に来るので、困った跡継ぎした小野沢朋一社長が、岡村泰孝氏に相談したそうである。

それで外部からの取り立てでは、何かと支障をきたす(弁護士法違反等)ので、内部の話にする為に岡村泰孝氏をわざわざ「ヤナセの役員」にして、取り立てを始めたようである。そこで、逃げ回って出て来ない黒木を燻りだす作戦として、報道サイトに記事を提供したようである。

それは別にいい。しかし嘘を提供してはいけない。黒木から金を取りたてるのに、黒木の利害関係者を辿って行くのはいいが、その先に有名人がいたとしても、関係ない人を無理やり関係人に仕立てるのは良く無かろう。

話を聞いて、黒木が一番悪いのはわかる。金を借りたら返すべきである。しかも部下に、その責任を負わせて逃げ回るのは、最も卑怯である。小野沢社長は、黒木を背任で訴えればいいではないか?会社に将来性もメリットもなければ、その上で会社も破産すればいい。

今回の話は、又借りしているIさんが家賃を払ってないから払えという主旨である。しかし、Iさんは間違いなく「ヤナセ」の社員に金を払い、その社員は「ヤナセ」の口座に振り込んでいる。その金がどう使われているかは、Iさんには関係ないことである。

それが小野沢社長の知ら無いところで無くなっているのであれば、小野沢社長は刑事事件として訴えるべきであろう。途中で消えてるということを知っていながら、Iさんを巻き込もうとしているなら、少し悪質過ぎるのではないか?

話を聞いていると、これは「ヤナセ」の内部の問題であるようだ。確かに振り込んでる通帳は存在するが、その通帳を持っているのが誰かであろう。Iさんは領収書も持っている。小野沢社長の代表印が打ってある。ひょっとして、未だに「ヤナセ」の代表印を持っているのは、黒木ではないのか?

黒木が逃げ回りながら、「ヤナセ」の名を使って仕事をしているのか?それを取り返すために、岡村氏に頼んだということなのか?それに、報道サイトは利用されたのか?

他人の仕事を邪魔する気はないが、嘘は書かない方がいい。後々、信用に大きく関わってくるからである。小野沢社長が「支払い督促申立書」をI氏に送って、まだI氏に届く前に、報道サイトは記事に掲載している。

ということは、確認もしないまま、報道サイトを騙す意図ありありである。小野沢朋一社長の考えは、「Iさんが黒木に騙されたのなら、Iさんが黒木から取り返して、『小野沢ヤナセ』に入金して欲しい」という考えだそうだが、それってIさんに取り立てをさせるために、こんな手の込んだ芝居をしたわけ?小野沢と言うのもろくなもんじゃね〜な。





 
補助金保留で日大に蠢く与太話
補助金保留で日大に蠢く与太話

日本大学に対する補助金保留が決定されたことについて、目鼻の効く連中が早速動き出しているという情報が入った。「裏から圧力をかけて処分を取り消させることができる」とか、「世間を納得させるために、形だけの処分だから、暫く辛抱すれば元に戻る」とか、「学内さえ押さえておけば、問題はない」とか、らしいのだが、その後に詐欺らしき文言が繋がるのである。

「文科省に強い人がいる。その人に頼めば直ぐに解決する問題」とか、「こういう話は誰々先生に頼めば一発で解決する。」と言って近づき、金を要求するのだそうである。

何も田中理事長に直接話が通って、田中理事長から金を毟り取る話ではない。日大校友会の中には、日大の為ならエーンヤコーラ、と思ってる人が少なくない。その母校愛を擽(くすぐ)り煽て、あわよくば金にしようと企んでる輩が蠢き出したという話である。

そういう奴らは、世の中の全ての動きが飯の種で、その時々の事象に合わせて話を創るのである。昔は口が重たい男が重宝され尊敬もされたが、今は口が軽くて調子がよくて、平気で嘘を吐くような男が出世するようである。

要するに金の為なら、人を騙すことに躊躇しないような者が成功を収め、正直者がバカを見る時代になったのである。詐欺犯罪に厳罰を科さないからである。

詐欺は、やり得と認知されてしまっているのである。そうでなくとも、日本大学130周年に対する寄付集めで、責任者である筈の石井進筆頭常務理事が「騙し取った金を返せ」と訴えられている。およそ日本を代表する大手私立大学の雄とは言い難い現実が見え隠れしているのである。

国が決めた「補助金保留」という決定を、裏から解除するとか、止めさせるということは、総理大臣辺りからの圧力ならあり得るかもしれませんが、市井で力があると評価されているレベルでは、無理な話です。

今まで色んな力(一番は亀井静香元議員を中心とする防衛隊。その前は小沢一郎議員。その前は古賀誠元議員等)が働いていたから、黒い疑惑は見えていたけど、国も遠慮していた。

しかしここにきて、世間を敵にまわし、マスコミも敵にまわしたので、流石の護り隊も公に守れなくなった。いくら雇われてると言っても、守る側にも大義は必要である。世間を敵に回してしまったら、本業が潰れてしまうのである。

明らかな瑕疵が見つかっても、何も指導ができないとなると、今度は国に対して、世間は批判を向けることになる。そこで国は毅然として、「補助金保留」という決定を下したのであろう。

その成り行きを理解できてないのが田中理事長夫妻であり、日大執行部なのである。補助金保留という事態は大変な状況であるにもかかわらず、理解できてないのである。

加計学園レベルなら理事長個人と心中しても世間は納得するかもしれない(本当はとんでもないこと)が、日本一OBも学生も多い大学である日本大学が、理事長夫妻と心中というのは、あまりにバカげた話であろう。

加計学園は創立者だから、多少の無理も我慢できようが、田中英壽理事長は、一卒業生の通過点の理事長でしかない。何故、そのような人物にそこまで恐れを為すのか?

暴力団との交遊が怖いというなら、いま国を挙げて否定している話ではないか。今こそ決別のチャンスではないのか。教育者としての原点に戻るべき大チャンスである。
本質的な問題に自浄作用が働かない日本大学

本質的な問題に自浄作用が働かない日本大学

経済ネタ記事とか、事件ネタ記事というのは、読む前にこそ価値があって、読んんでしまえば、価値がなくなるものである。要するに全ての人に知られてしまったら、価値がなくなるのである。

自分が誰よりも先に知ることで、色んな手が打てるのである。また逆に不正な手を使ったことを知られたら、それを世間に知れる前にもみ消すこともできるのである。

毎朝読む新聞も、ページをめくるまでが楽しみで、一通り読んでしまったら、もう全く価値はない。中には趣味のコーナーや記念すべき記事とかもあるにはあるが、殆どの人が一通り読んだらゴミとして捨てるのである。

何年か前、田中英壽理事長の私的秘書をしていた米本明祐氏が亡くなった時、「米本メモ」というのが話題になった。それには田中理事長の金銭に纏わる裏話がストレートに書いてあるということで、弊紙も必死で手に入れようとレースに参加したが、結局米本メモは手に入ら無かった。

今でも出て来たら、それなりに話題性はあろうが、今出てきても「空想で書いた日記に過ぎない」と、死人に口なしを良いことに全く無視されてしまうだろう。

その時はどうしても隠したい重要な意味を持つ記事でも、時の経過と共に風化してしまうものもあれば、千年の時を経ても尚、全く色褪せないような記事もあるのである。

米本記事の場合、まだ裏入学した学生が残ってるらしいから、それなりに話題性はあろう。ただ田中理事長に特化した裏金に纏わるメモらしいから、田中理事長が理事長である限り、出て来たらそれなりの価値はあろう。

最近では、あれだけ訪ねて来ていたマスコミも、潮が引いたように全く連絡もなくなった。これこそ田中理事長が毎回乗り切る「だんまり作戦」なのである。

しかし、大学始まって以来の不祥事である「私学助成金保留」という厳しい沙汰が文科省から下ったのである。今の日大の予算から見れば、90億円と言う私学助成金は大したことはないという考えかも知れない。

しかし、国からの助成と言うのは何も金額だけの問題ではない。色んな認可や補助にも影響してくる。国からの助言や指導を無視していると、当然、入学にも制限がかけられるだろうし、内部監査も厳しくなるだろう。

こういうのは、じわりじわりとボディーブローが効いてくる。その怖さよりも、理事長辞めろコールの声をあげる方が、未だリスクが高いということだろう。

一番の大きな問題は、現職教職員からの「田中ノー」の、顔出し実名の声が上がらないことである。学生に期待するのは酷というもの。時代が違う。せっかく元副総長が立ちあがったのに、後に続く者がいない。

同じく助成金保留になった東京医科大学では、刷新を図り、女性学長が積極的に会見を開き、体制が変わったことをアピールしている。片や日大は、とにかくトップの会見は開かない作戦である。

文科省がもっと積極的に認可権を発揮して指導介入すべきである。横槍を入れるような者に対しては、全マスコミに流せばいい。

【投書】ゆうこりんが広告塔の螢▲セラ

【投書】
ゆうこりんが広告塔の螢▲セラ

「オートリッチ AutoRich FX」投資案件

敬天新聞 御中

タレントの小倉優子さん(ゆうこりん)が広告塔を務めておられる、株式会社アクセラによるFX自動売買プログラムレンタルサービス「オートリッチ AutoRich FX」に関しまして、初心者が手を出して投資金のほとんどをを失うという被害報告が多々上がっております件につきまして、以前、記事に取り上げていただき、ありがとうございました。

この件につきまして、追加でご報告したいのですが、運営会社の株式会社アクセラについて調べてみたところ、前身は株式会社リンケージという会社らしく、これは平成27年に新規登録され、所在地は兵庫や大阪を転々として、平成28年に新宿区百人町に所在を移し、名称を株式会社アクセラに変更し、平成29年に金商登録をして、平成30年に、現在の新宿区新宿1丁目にオフィスを構えるに至っていることが国税庁のサイトでわかりました。


国税庁法人番号公表サイトに登録されたアクセラの情報
→(click!)

 


前身の株式会社リンケージについても調べてみたところ、が平成27年に新規登録した時、所在は、兵庫県神戸市北区花山東町2-23となっておりますが、その時期より少し前に、この会社と同名の株式会社リンケージという会社が投資顧問業(近畿財務局 金商350号)をやっていたことがわかりました。


その会社は「フューチャーボイス」という株式情報サイトを運営して、日経225の先物を扱っていたようですが「6年間マイナスはありません」と謳いながら実際にはマイナスを出していたなど、どこかの会社と同じ手口で儲けていたようです。


フューチャーボイスの会社情報

→click! 

→click!

→click! 


また、このサービスの中で、会員の許可を得ずに勝手に会員の口座から自動売買を行なっていたようで、不審に思った会員が金融庁に問い合わせると、この会社は「投資一任行為」の資格は与えられていなかったことから問題視されたようです。そして裁判に発展し、第一回口頭弁論の開かれた平成27年を最後にウェブサイトは閉鎖されています。代表者の井上氏はその後もメルマガなどで投資助言を続けているとか。

 


フューチャーボイスの被害情報

→click! 

→click! 

そしてこの会社の所在地が、データでは、兵庫県神戸市北区花山東町2-23-505と、兵庫県神戸市北区花山東町3-27-903(事務所)になっていました。


なんと!

株式会社アクセラの前身の会社と所在地が同じなのです。


これは、つまり、株式会社アクセラの前身の株式会社リンケージは、上記のように、「6年間マイナスなし」と言いながら利用者がどんどん資金を失い、あげくに会員の資金を違法に取引に使用して裁判にまで発展した詐欺業者であったという可能性が高くなっております(偶然にも同じ名前で同じ所在地の会社が存在した可能性もありますが)。


にわかには信じがたいですが、私の調べた上記のリンクサイトでは、そのことは指摘されておらず、私のような素人がGoogle検索だけで発見してしまったのは運か不運か、それともただの勘違いなのか、、、。

もし本当なら、そのような業者に、また新たに金商登録を許すとは金融庁とは何をやっているのでしょうか。

小倉優子さんや事務所の方々はこのことをご存知なのでしょうか?(もし事実であれば、ですが)

世の中に詐欺業者や悪徳業者は多々あると思いますが、そのような企業にどうか天誅が下ることを祈ります。

そのために私もできる限りのことをしようと思います。

その一環として、オートリッチFX の被害者掲示板というブログサイトを複数人で運営しております。


オートリッチFX の被害者掲示板→(click!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
熱心に調べてるねー。貴方のような丁寧な調べ方をする人が、相手は一番疲れるわけだから、これからも徹底的に調べて貴方が感じる矛盾や不条理を公表してほしいですね。

貴方のサイトを読んでみましたが、非常に真面目な方ですね。それから、行政や司法というのは、必ずしも弱者の味方ではありません。「法を犯してなければ、裁けない」と言うのが現実です。悪徳業者はそこをついてくるのです。

日本社会では今、詐欺師が蔓延しています。弁護士でありながら、「脱法であっても違法ではない」と言いながら仕事をする者もいます。その意味はよくわかりませんが、法律さえ犯さなければ何をしてもよいという捉え方でしょう。

また弱者に対して表向きの優しい言葉はかけますが、本当に情けをかけてくれる人は一握りです。現実には、権力者に忖度したり媚びを売る人は多くいますが、弱者のために立ちあがってくれる人は少ないのです。結局は自分を守るのは自分でしかありません。

貴方の調査は多くの被害者を勇気づけてる筈です。頑張って下さい。

ジャーナリストの使命
ジャーナリストの使命

権力者の違法を監視することがジャーナリストの使命の中の一つであるというのであるなら、日本ではジャーナリストは育たない。

ジャーナリストであっても、先ずは生きて行くために食っていかなければならない。大手マスコミに所属すれば、食うことには困らない。しかし、大手は個人的な情報収集を許さない。

仮に政治家や大手企業トップのスキャンダラスな情報を掴んでも会社に報告する義務がある。発表するかどうかは上層部が決めるのだ。

これではいけないと、自由に発信できるフリーになると、今度は生活がやっていけない。大手にいた時のように、情報が入らない。社会からの信頼がない。やはりテレビやラジオや新聞に何らかの関係を持たなければ、相手も耳を傾けてくれないのである。

特にマスコミ業は、情報が命ではあるが、同時にスポンサーとの並立で成り立っている。「西郷どん」を見ててもわかるが、富は力のある者(勝った者)から順に分ける。庶民には残り物しか行き渡らない。

マスコミには、そういう全体的な世の中の実態を知らせる務めがあるのだろうが、政府に敵対するには勇気がいるから、追随してた方が楽と考えるマスコミがいるのも事実である。

現実に地方に行けば、役所から仕事を貰っているマスコミも沢山いて、役所の広報誌の一面を担っているのである。その方が仕事として安定する。

大手企業、大手大学、大手宗教団体、大手病院等のゴマすり、ヨイショ記事ばかりを専門記事にしているメディアも少なくない。そんな所を、マスコミとか、メディアとか、ジャーナルとか呼ぶのか知らないけど、日本では職業になってるのは事実である。

おそらく外国であっても、形態は多少異なるかもしれないけど、内容は似たり寄ったりではないか?日本は国が安定してて、外国のように大統領が変わったら国の全てが変わるというように大袈裟な変化はない。

だから多少の批判をされても、権力者がジャーナリストを殺すということはない。精々がこじつけた逮捕ぐらいである。それから考えると日本では、権力者に寄り添ったマスコミでいる方が、楽な上に安定した生活も送れるのである。

だから世界のマスコミ自由度ランキングの72位という、先進国では断トツの最下位に位置するのである。マスコミの在り方は、国の歴史、文化、伝統、国民性によって、全く違うということである。

貧しい国では、外国人を拉致して、その家族や会社から金を取る「誘拐ビジネス」犯罪というのもあるらしいが、日本では外国人を拉致して外国人の家族から金を取るという発想はあまりない。あくまでも国内で、日本国民からという発想である。

歴史的大変革が起ころうとしている時代なら、命を賭けた暴動も起こりうるが、国が安定し、衣食住がそこそこ足りれば、命を賭けてまでの暴動は怒らない。それはメディアも国民も同じである。

50年前の日大騒動は、経営人の使途不明金からの暴動であったが、同じような不正が今問われているが、今の学生は我関せずである。補助金の保留という学校始まって以来の危機的状況にも拘らず、理事長の責任追及に理事会・評議委員会・校友会・さえ動かないのである。

いつの時代であっても、何の業界であっても、その世界の中で、一線を越えたら、引退するというのが、世の常識と思うけどね。いかがか?
トルコの総領事館でのサウジアラビア人記者殺害事件
トルコの総領事館でのサウジアラビア人記者殺害事件

サウジアラビアのジャーナリストが、トルコのイスタンブールにあるサウジ大使館の中で、生きたまま殺されたというニュースが流れている。もう少し確実にわからないように殺すこともできたろうに、「世間(国内)に、見せしめ」の意味があったのだろうか?それなら読みが浅かったと言わざるを得ないだろう。

大使館が国内と同じく治外法権で守られているとは言え、外国の中にある。外交が上手くいってる関係か、その国が民主国として成熟してるかとか、色んな条件によっても異なろう。それにしても浅はかであった。一番の間違いは「驕り」であったろう。

ロシアや中国、北朝鮮などでは、こういうやり方も頻繁に行われているようであるが、あくまでも「国内問題」だからとして、外国からの批判は一切受け付けない。

だいたいが反政府運動をする者は、国策として逮捕される危険性を感じたら、外国へ逃亡し、そこから反対意見(為政者は批判と取る)を発信する。特に発展途上国とか独裁国家とかを批判する者は、命を狙われる可能性大だから、要注意である。

今回のジャーナリストは、外国にある大使館だと思って油断したのだろう。それにしても、酷い殺し方をするものである。権力者は時に錯覚する。世の中の全てが自分の思う通りになると勘違いするのである。地位を手に入れ、金を自由に動かせる立場になったら、人はひれ伏してくるようになるし、やがて自分が法であるような錯覚にさえ陥るのである。

日本にも昔は憲兵という理不尽な組織もあったようだが、今の日本には、国が関係する国民を虐げる露骨な組織はない。そうかと言って、三権分立が確実に守られてるかと言うと、一番能力のないように見える政治が踊らされているのか、威張っているのか、ちょっと上にあるように見える。

正三角形でなければいけない三権分立が、二等辺三角形に見えるのである。予算編成権があるからだろうか?人は金に弱いからなー。取りあえず金があれば、友達はいなくても、人は寄って来る。

内容は全く違うが、たまたまジャーナリストの安田純平さんと言う人が、三年半ぶりに拉致組織から解放された。この組織は、政治組織と言うより、外国人誘拐をビジネスにしている犯罪集団のようである。

まー、政治犯ではあるのだろうが、拉致・誘拐を専門に特化した組織ではないのか?日本人は海外に行った時、観光・仕事に拘わらず、「経済大国人で、みんな金持ち」と思われているらしい。

国民の中で金持ちは一握りで、殆どの人は結構しんどい生活してるのに。安倍さんが外国に行く度に、寄付ばかりしてくるから、勘違いされてるんじゃないの?何よりも、何で中国に未だに金を援助してるわけ?日本よりも金持ちなのに。中国にあげる金があったら、腕周りが9センチしかない貧しいアフリカの子供たちを支援してあげた方が、よっぽどいいよ。と思いました。
一億円ネコババ師の大津洋三郎

一億円ネコババ師の大津洋三郎

北朝鮮国籍者とか、二重国籍者とか言われる、ネコババ師大津洋三郎が相変わらず、世の中に害悪をまき散らしているらしい。

「大津洋三郎が敬天新聞に届くはずだった1億円をネコババした」と最初に教えてくれたのは報道サイトを始める前の佐藤君の関係者だった。みずほ銀行の元行員であった及川幹雄が顧客を騙して数十億を集めたという話に派生した話である。

この及川の犯行を嗅ぎつけた胡散臭い連中が、及川を脅し、金をせびり出したのである。おそらくマッチポンプであったのだろうが、及川を脅す奴、それをバラシて記事にするぞという奴が、それぞれに分かれて各々の立場で出演し、そいうのを押さえてやるからと言って現れたのが、大津だったらしい。

当時、及川と知り合いだった佐藤君が、現金で2回に分けて、大津に渡したというのだから、間違いない話であろう。ところが、及川が被害届を出さなかったのか、最初の恐喝当事者である高尾正志(半端ジャーナリスト)が外国に逃げたから捜査ができなくなったのか、わから無いけど、今からでも事件化するべきと思うよ。

弊紙はみずほ銀行頭取に、及川の犯罪と及川を恐喝している者の実名を挙げて、教えてあげた。それはみずほ銀行の裁判にも出て来たらしいから、弊紙が知らせたことは頭取もわかっていたのである。

大津なんか、そういうことも逆に逆手に取って、揺さぶりをかけたのだろう。いま地面師事件が話題になってるが、地面師と言われる連中は不動産乗っ取りがメインであるが、時には所有者を殺したりもする。そして幾つもの事件で犯人たちは重なり合っているのである。

要するに金を騙し取るために離合集散を繰り返しているのである。だから一つの事件で取り逃がすとか、彼らの嘘を見抜けないで、不起訴で釈放してしまうということは、次の事件に協力するということでもあるのである。

特に起訴猶予とか、不起訴にした場合、逆にその件においては、「事件性はなかった」とお墨付きを与えるようなものである。本当はそういう意味ではないが、彼らには、そのような心理にしてしまうのである。

積水ハウス事件では、主犯級のミミカス小山と土井が逃げてるらしいが、この二人に警察が情報を流してたと話題になっている。これが事実なら、絶対にこの警察官を許してはならない。

事件屋と刑事が只ならぬ関係というのは、よく聞く話である。一度小遣いを貰ったり、金を借りたりしたら、もう相手のペースである。中にはビジネスの仲介をして手数料を貰う者もいると聞いたことがある。事件屋の方も話を盛って言う場合もあるから、どこまでが真実かはわからないが、そういう刑事もいるにはいるらしい。

みずほ銀行事件の及川幹雄受刑者を恐喝した側には高尾正志、大津洋三郎の他に、故本間吉、土井俶雄等がいたわけだから、この事件がきちんと捜査されていれば、或いは積水ハウス事件は成立しなかったかもしれない。本間吉事務所の役員には内田マイクもいたらしいから。

また大津洋三郎にも当時から、「毒饅頭を食わせてる警察官が何人もいるから大丈夫」という噂は常にあった。基本的に嘘つき、ほら吹きの部類だから、どこまで真実かは、わからんけどね。

【投書】12太陽から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と(株)ASK、代表取締役である元暴力団員、駒井裕(旧姓今井)との契約はコンプライアンスに抵触・その12
【投書】
「太陽から暴力団の資金を生み出す旭電業(株)と
蝪腺咤法代表取締役である元暴力団員.駒井裕(旧姓今井)
との契約はコンプライアンスに抵触」・その12

 
★いよいよ国会議員に泣きを入れた「備前屋、旭電業」と「丁稚ヤクザ、(株)ASK」

元暴力団員、駒井裕(旧姓=今井)が代表取締役である(株)ASKも悪あがきをしているようだ。後ろ楯の暴力団からは上納をケチった事がバレて睨まれ、慌てて、滋賀県選出の、自民党衆議院議員U代議士に泣きついているようだ。U代議士は小泉チルドレンとして、初当選し、自民党が野党になった時には、滋賀県知事に立候補し落選。その後、衆議院議員に返り咲いた。元暴力団員、駒井裕は、友人の滋賀県大津市会議員のTを介して、U代議士に色々相談しているようだが、U代議士は暴力団関係者の相談に乗っていたら、週刊誌ネタになるのでは?とU代議士の後援会会員は心配している。また、前出の駒井の元仲間によれば、駒井と暴力団繋がりの「つるとんたん(うどん屋チェーン)」 カトープレジャーグループ代表取締役・加藤友康にも相談に行ったそうだ。                      

さあ、御笑覧あれ。介入してくるのは果たして誰か!?

自民党衆議院N代議士か?T代議士か?(加藤友康が後援会のメンバーで、パーティーでは必ず発起人として名を連ねている)

その4で既報し、大反響だった、駒井の娘の裏口就職を手配した、自民党衆議院議員T代議士の秘書は肝っ玉が座ってるので、元暴力団員だろうが、お金持ちの駒井には、献金目的で働きかけするのだろうか?(この裏口就職の件は問い合わせが多く、駒井の代わりに賄賂を渡した川村氏に内容を再度取材した。その詳細を次号で生々しい国会議員との贈収賄を丸裸にするので、乞うご期待。)ここまで明らかになっている段階で介入してくる裸の議員様は誰か、こちらも期待値急上昇中である。

旭電業(株)は、岡山県選出の自民党衆議院A代議士に、頻繁に相談に行っているとの情報を得た。自ら規定した法の遵守規定に違反した企業と、アウトローの元暴力団員が、立法府の国会議員に「お目こぼし」を懇願して贈賄する。奇しくも旭電業本社は、備前の国岡山県にある。小判の切り餅を饅頭の箱に入れて渡すと「備前屋おぬしもワルよのう」「お代官様にはかないませんよぉ」という定番のセリフが続く時代がかった田舎の猿芝居が目に浮かぶ。そして、「社会のルールを曲げましょう!」と自ら作った法律を無効化する活動に田舎議員が動く。この国の絶望的な田舎政治がそれを可能にしているのである。


★和歌山県すさみ町、岡山県美咲町での太陽光事業=表沙汰に出来ない金の流れ

金に異常な執着のある駒井裕が事業の中心になったことで、表沙汰にできない大金を期待していた駒井の仲間連中らは、必然的に金銭トラブルに追い込まれているようだ。

「駒井のような金に汚ない奴はいない。任侠の道にいたと言うので、筋目は通すと信じていたのに、あのチンピラヤクザが利益を独り占めですわ!」駒井の仕事を手伝った、暴力団員、元暴力団員、暴力団関係者は一同に激怒している。(その11で既報のとおり)、元暴力団員・駒井裕が、企業舎弟として利用している六代目山口組K会からも入った金を安く申告して上納金を大幅にケチった(いわば上納金詐欺)為に暴力団からも睨まれ、こちらも自然と電源スイッチが入って注目しているようだ。


簡単に金の流れを概略すると、こうなる。

※和歌山県すさみ町の太陽光事業においては、
旭電業(株) → (株)ASK、(株)東西E&E → 元奈良県生駒市会議員Sの息子 → S本人へ
(この資金の流れのなかで(株)ASK代表取締役、駒井裕とS議員親子が、六代目山口組K会へ上納し、残りを分配した。)

※岡山県美咲町の太陽光事業においては、
旭電業(株) → (株)ASK、(株)東西E&E → 元山口組暴力団員M → 六代目山口組K会に上納 → 残りを分配。
この資金の流れから、筋道さえ通っていれば完全に正体を隠したまま暴力団の資金源として成立していた。それが破綻したのは、「駒井裕個人の理不尽で異常な金への執着だった。」と関係者は断ずる。その上での分析は「暴力団失格者がそれに群がった。統制が取れていないことが一人勝ちを許した。」半端な上納だけが暴力団にとっては迷惑なアリの一穴となる可能性がある。

地上げを実行したA社長は怒った口調で言い放った。

「暴力団ばかり、でも筋道は一切、通っていない。駒井に太陽光事業を勧めたのは元山口組暴力団員のM(松●悟志=Facebookで駒井と一緒に会食写真を公開。今も松●悟志は「覚醒剤をおやつ」と公言している。)でした。松●悟志は覚醒剤で逮捕され破門。しかし、K会H会長への忠誠心や憧れで、K会H会長を未だに「パパ」と呼んでいる。現役の兄弟分と一緒に毎月数百万円上納していて、松●悟志と駒井裕は、K会の企業舎弟の兄弟分関係なんです。」

眺めれば仕事の根源から一貫して暴力団ばかり。元奈良県生駒市会S議員、その息子も、今やK会の企業舎弟である。Mから太陽光事業を勧められた駒井裕は、表向きクリーンな体裁を持たせるために(株)東西電気(現、東西E&E)代表取締役の森田宇市を仲間に入れ、森田宇市以外は、全員暴力団か、暴力団関係者で太陽光事業を始めたという構図。元暴力団員と言っても、チンピラヤクザに過ぎなかった駒井裕が集めたメンバー、貧相すぎて笑ってしまう内実である。しかし、駒井らが想像してもみなかった大金が入り、それを駒井が独り占めしたことが露見したものだから、駒井裕の周りはザワついた。そして、今や『身柄を拐う』とか『沈める』など穏やかでない話までが飛び交うざまである。


★なぜ和歌山県すさみ町に原点があるのか?

和歌山県すさみ町で太陽光事業を勧めたのは、元奈良県生駒市会議員のSであった。Sは奈良県生駒市の公共事業において、あっせん、口利き、収賄などで逮捕され、刑務所に収監された。Sが収監される前に、太陽光事業の計画(悪巧み)をし、Sが刑務所に収監された後は、Sの息子や駒井裕に刑務所内から指示していた。

Sの友人のUの土地が、「太陽光パネル設置場所に適している」という話があり、(株)東西E&Eが連れてきた旭電業(株)がそれに目を付けた。旭電業(株)から「土地をもっと広く欲しい」と言われ、元暴力団、駒井裕は暴力団関係者の友人らに地上げを依頼した。そして、元議員であったがために役所の仕事を知り尽くしたSは、駒井らに刑務所内から指示を飛ばしてすさみ町長やU町議を抱き込み、すさみ町の土地の不可解な契約を締結するに至るのである。当然、Sは議員時代に収賄常習犯であったことから、町長や町議らを抱き込む手法は熟知していた。駒井の昆虫並みの脳では不可能だったことが、Sのノウハウと指示を得て可能になったのである。こうして、和歌山県すさみ町は毒蛾が飛び交い悪巧みを重ねながら、欲まみれの太陽光事業が根付いてしまったのだ。


★岡山県美咲町は和歌山県すさみ町のように毒蛾に荒らされてはならない

太陽光事業での儲け方(表向きも裏も含めて)をSから伝授された駒井裕は、駒井と同じく元暴力団員、松●悟志からの新たな進言を受けた。

今度は「岡山県美咲町に、太陽光パネル設置場所に適した土地がある。」という進言を受けるや、駒井は和歌山県すさみ町の協力者を全て切ってしまった。新しいプロジェクトで、出来る限り少数で美咲町の太陽光事業を進めて、駒井自身の取り分を増やす事を考えたのである。和歌山県すさみ町での地上げ仲間を、次々に切り捨てただけには止まらず、今や、岡山県美咲町で地上げを手伝わせた仲間にさえ金を払わない始末であるという。

岡山県美咲町での太陽光事業が、和歌山県すさみ町のように順調に進まないと、最も困るのは旭電業(株)である。旭電業(株)松岡社長は必死の形相で、社内においてはこの事業の話すら出来ないほど緊張が走っているという。贈賄であろうが違法行為だろうが、何がなんでもしがみついて、期限までに事業開始をする為には手段を選ばないというのが、旭電業(株)の陥った現状であると社員は言う。

駒井のように協力者、パートナーに対して振り向きざまに袈裟懸けで切り捨てる冷酷さは、彼の横顔を浮き彫りにする。器の小さい人間は協力者、恩人を必ず踏みつけにする。理由は不安と恐怖から、自分より上、自分より先に物事を進め、自分はいずれ置いてきぼりにされると思っているからである。旭電業(株)の社長も良心を切り捨てて前に進んでいる。彼もまた男っぽさを前面に出しているものの、小心な恐怖に圧迫され、前に進まざるを得ない状況にある。

この駒井と旭電業との間には共鳴するものがある。差し迫った恐怖が背中に常に張り付いていて、たとえ、それがそよ風であろうが、前に押されると耐えきれずに、違法であろうが犯罪であろうが進んで前に出て行ってしまうのである。まるで昆虫のような条件反射。「事業を進め巨額な利益を得る為には仕方がない。」と、和歌山県すさみ町、岡山県美咲町の町民の方々や、関係者を踏み台にする行為は犯罪に値する。
-----------------------------------------------

【敬天コメント】
Sの友人Uの土地が「太陽光パネル設置場所に適している」という所から、このすさみ町の話が始まったみたいだなー。Uと言うのは、上田議員のことだな。ということは、駒井の手先となって、すさみ町を巻き込んだのは上田議員ということになるではないか?

上田議員を通じて、岩田町長が巻き込まれた構図だな?絵図を書いたのは、元奈良県の市議であったS。Sの指示で動いたのが駒井。駒井に踊らされたのが、上田議員。上田議員に煽てられ踊らされたのが岩田町長。

そして最終的に金を独り占めしたのが駒井と言うような構図が見えてきたねー。そしてこの事業を成功させるために、数多くの暴力団の名前を利用したということか?金を誤魔化して。

これじゃ、すさみ町の人達が「町有地売却」を問題にするのは当然であろう。頑張れ「すさみ町を語る会」。
新橋4丁目事件・NTT都市開発に瑕疵はなかったのか?
新橋4丁目事件・NTT都市開発に瑕疵はなかったのか?

積水ハウスが騙された地面師詐欺事件は、主犯は逃げているものの、概ね内容は見えてきた。土地を騙し取ったという意味では、成り済ましの婆やそれを手配した者や書類を偽造した者、嘘と知ってて協力した士業の者が中心になるが、積水ハウスを騙したという意味では、仲介者に大きな罪があろう。

当然、成り済ましの婆とそれを使った者は、逃げられないだろうが、あとは「知らなかった」、「本物だと思った」、「騙された」、「自分も被害者だ」と言えば、今までは逃げられたのである。

今度もその手を使うであろうが、地面師の手口があっちこっちで暴かれていて、そしてそれらを手伝う士業(弁護士・司法書士・税理士等)の役目も見抜かれている。果たして今回は世間が注目する中、警察の追及を躱わせるだろうか?

今回は仲介役の生田剛と言うのが、大きな役目を担っている。事務所が小林興毅元代議士の事務所の中にあるから、余計に信用を得たのかもしれない。契約寸前になって生田と同棲していた女(近藤久美)が社長の会社の契約になったらしいが、その会社には小林興毅氏の妻だか愛人だかも役員としているらしい。

この事件は、ただの成り済まし詐欺事件だから、被害金額は大きいが、地面師事件としては、してやったりの感がある。地面師事件の悪質さは、土地を騙し取るために、成り済ましがバレそうになると、その本人を殺してしまうこともあるのである。

NTT都市開発が金を出して地上げを目論んだ「新橋4丁目土地所有者白骨遺体事件」も謎だらけである。あの白骨遺体で見つかった地主の高橋礼子さんも、突然真夏に隣地との隙間で見つかった。

その前に警察は家宅捜索しているのである。白骨遺体で発見される間、異臭とかした筈である。土地の移転も不可思議である。先ず誰かに頼まれた成り済まし女が、高橋礼子さんに成り済まして、住所を移動している。

その後から(株)三京が買い→CKエージェント(株)→(株)平和恒産→中央都市管理→京栄商事→NTT都市開発と土地の所有権が移っているのである。

三京は成り済まし女が本物の所有者と思っていたのなら、その女に相当額の金を払ったのだろうか?金は順々に利益を乗せた相当額が払われたのだろうか?

NTT都市開発が京栄商事を信用したのは、蒲谷弁護士が居たからだという。蒲谷弁護士は、京栄商事の松田(通称山崎)と二個一のような行動をしていたらしい。蒲谷弁護士は大手弁護士法人の代表もしていたが、裏の顔では投資詐欺の口座も提供していたらしい。

NTT都市開発を騙したのは結果的に京栄商事となっているが、これが上手く行ってれば、NTT都市開発は口チャックした筈である。今のところ一応、元土地所有者である高橋礼子さんの白骨遺体は自然死で結論づけられているが、成り済まし女が、その土地を奪い、(株)三京以下に転売されている。

しかし、三共以下は「知ら無かった」、「本物だと思っていた」、「騙された」で通し、誰も逮捕されてないということは、何とも不自然である。高橋礼子さんが自身の手で売却したというのが、当局の見方なのだろうか?手口は典型的な地面師事件のような気がするのだが。

積水ハウス事件でも、不自然な積水側の動きもあった。NTT都市開発には問題はなかったのか。最初から「大手は被害者」と見る傾向に予断があるように思えてならない。
敬天新聞11月号(更新!)

敬天新聞11月号(更新!)  
 

東京ドリーム学園(ISB)貝原秀輝の不正を許すな(一面)  
 
続・旭電業蠅離瓮ソーラーと蝪腺咤剖隶耆擬卍垢糧深劼箆(二面)  
 
メガソーラー収益が反社に流出?ASK駒井裕社長の黒い送金記録(三面)  
 
敬天新聞11月号 社主の独り言(中辛)(四面)  
 
敬天新聞・鋭意調査中、1行案件  
 
  更新しました!

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>