凄腕の女地上げ師まきりん(40)捜査すべき方向
凄腕の女地上げ師まきりん㊵捜査すべき方向

ケネディクスの戦略部長の池田総司が、実質的に社長みたいで、今の社長はダミーみたい。まー小さなことからコツコツと、と前回書いたら、早速投書が来て、「ケネディクスは一部上場ですよ。そんなことが出来るわけがありません。もし事実なら、大変なことです。小さな問題ではありません」とのことでした。

当紙は、どのくらいの問題かわから無いので、関係役所の人が見て、それなりに調べて貰えばいいと思います。当紙は利害が絡んでないので、URの事もPAGの事も、村上ファンドのことも書けます。

これらのまだ表に出てない不正を知ってる方は、証拠資料を添えて、送って下さい。幾ら面白い話であっても嘘は書けません。無記名の2チャンネルではありません。

我々は名前を名乗って記事を書いていますから、その責任は問われるのです。今回は野口真紀(当紙通称・マキリン)が妖艶で豊満な美熟女であるにも拘わらず、利益を独り占めしたり、暴力団の名前を出したり、村上ファンドを呼び捨てにしたり、注目の事件師今井洋と組んだり、12億も稼いでいながら破産者になったり、破産をかけた債権者の債権額が数千万円だったり、不思議な謎が多すぎるから、「何故?」を問うているのです。

しかも、破産後に、海外旅行、ゴルフコース、一流会員制クラブ(破産者は入れない決まり)、PAGの債権まで譲り受ける等。普通、破産した人間にこんな余裕がありますか?誰でも「偽装」を疑うでしょう。犯人探しをするよりも、この問い(偽装の疑い)に答えれば、済むだけの話である。

時系列を見れば、その不自然さは歴然です。当紙が取り上げる前のマキリンの生活態度を見てますと、偽装がバレない自信に満ち溢れています。おそらく書類的に完璧なものが作られていて、世間が騒がなければ、裁判所が書類審査だけでスルーするような状態になっていたのではないか?恐らく書類はプロが作ったのであろう。

破産管財人は弁護士から選ばれるらしいから、その破産管財人がどちらを向いてるのかによって、結果が違うことはよくある。例えば、武富士の破産管財人は、明らかに武富士の方を向いて動いていた、と言われている。

ぜひ、捜査権のある機関は、破産に至る経緯とマキリンの金の流れを調べてほしい。

9/19投書〜苅隠以如米鄒鳥鎧庵目登記簿付き)

9/19投書

9/19投書

9/19投書

9/19投書

9/19投書

9/19投書

ーーーーーーーーーーー
9/20投書〜苅格

9/20投書

9/20投書

9/20投書

9/20投書

9/20投書
「このハゲ〜」は執拗に報じても日大裏業務には触れない報じない日本の拝金偏向マスメディア

「このハゲ〜」は執拗に報じても

日大裏業務には触れない報じない

日本の拝金偏向マスメディア

裏入学は、もう社会的に認められた行為なのだろうか?確かに裏入学に関しては、政治家を始め、町の有力者、メディアにしても、一度は声を掛けられたり、関わったりしたことがあったりして、取り上げたくない記事の一つではあろう。

そういう私も30年前に何度か関わったことがある。それが、手口も全く同じで連綿と続いているのである。やはり、違法は違法であるわけだから、文科省は調査すべきことなのである。

不思議なのは、メディアからの問い合わせがないことである。暴排条例や暴対法に力を入れ、国民に暴力団との決別を強いてる警察からもない。

田中英壽理事長の日本一の親分とのツーショットが出ても、「あれは偽物だよ」と言われて、それ以上突っ込めないマスコミの姿がそこにある。金があれば、不条理がまかり通る。

その金は、田中英壽理事長個人の金ではない。国の助成金から払われている。なぜ助成金の使い道に対して、文科省は説明を聞けないのか?

同じ教室の二人の学生が、アカハラ・モラハラで自殺している。そのことも会員制雑誌ファクタ以外は取り上げない。親御さんが、一生懸命世間に訴えてるが、テレビも新聞も取り上げない。マスコミがいかにビジネスで成り立ってるかを、象徴するできごとである。

そういえば、当紙が日大と和解した、という怪文書が一部に流れたらしい。誰が何の意味で流すのだろう。あんまり意味はないと思うけど。

恐らく日大の教職員の中で、当紙が日大と喧嘩してる、と思ってる方は少ないと思う。田中チャンコ商店主人夫婦の日大に対する不正・横暴・公私混同・驕り・不条理を追及しているという解釈ではないだろうか。

しかし、そこで利益を甘受して要る人達からみれば、「要らぬ世話」ということであろう。しかし考えれば、当紙が問題提起するからこそ、危機管理と称して莫大な金を儲けてる人達がいるのも、事実である。

本当は疑惑の一つ一つに答えれば、無駄な経費はいらないのである。日本一の私学助成金を貰ってる大学であるから、本当は全ての疑惑に答えなければならないのであるが、それを追及すべきマスコミが、その責任を果たせないでいるのが現実なのである。

下村博文議員が文科大臣時代に、野党議員から、「JOCの副会長(田中英壽理事長)が暴力団組長とのツーショット写真が掲載され、ヤクザオリンピックと揶揄されているが、大丈夫か?」と質問され、「私が直接調べます」と国会で述べたが、そのまま何も報告はしなかった。

そのことを追及する野党もいないし、マスコミもいない。下村博文は自業自得で、都議会議員に立候補した二人の秘書は、落選した。国民(都民)は、見てないようで、見ているのである。

 

オープンハウス副社長鎌田和彦・成りあがりの原資
オープンハウス副社長鎌田和彦・成りあがりの原資

オレオレ詐欺や特殊詐欺の主犯や仲間、周辺者が、その犯罪収益で、ラーメン屋や居酒屋、クラブなどをやってるのは有名な話である。

昔は体を動かして稼ぐのが仕事という実感があったが、今は体は動かさないで、頭だけ使って金を稼ぐのが主流のようである。IT(意味はわからない)と言うのが、金儲けの主役になっている。

昔の大手企業と言うのは、全て物作りだった。ところが今はパソコンで数字を動かすだけとか、他人の金を動かすだけとか、詐欺と紙一重みたいな仕事が伸びているのである。

昔は、男は武骨で無口な方が理想とされた。今は、軽くて、ひょうきんで、バカっぽいのが受けるのである。そして、そのお口ペラペラの方が、金儲けも上手なのである。

鎌田和彦は一部上場会社オープンハウスの副社長である。昔の一部上場会社の副社長と言えば、それなりに尊敬され、矜持も自覚も持っていた。

だが、最近上場する会社は、イメージアアップ広告には、金を使うが、実績・内容はまるっきり伴っていないのが多い。何か一つ崩れれば、その日のうちに潰れてしまうほど脆弱である。

倫理観の基本とか基礎とか言うものを、学んでない世代が社長になってるから、そのような現象が起こるのである。鎌田和彦は、当紙が追いかける詐欺とか言う分野に籍を置いてるような本人ではない。

但し、周辺者には、そういう者はいる。いま鎌田と名誉棄損で争っているのは、争っていると言っても、最初から記事内容は認めているわけだから、争ってると言えるかどうかは、わからないが、あの特殊詐欺の主犯であった大山多賀男から金を出資してもらって、会社を経営していたのである。

だから、その出資してもらっていた7000万円を、大山の被害に遭った高齢者の方々に返すべきではないのか?と問うて来たのである。

本人もやはり疚しい気持ちがあったからこそ、野崎勝弘を通じて、私の方に示談を持ちかけて来たのである。まー野崎が勝手にやったと言えばそれまでだけどね。

野崎が相談に行ったところは、詐欺師弁護士の巣窟であった神田の潮法律事務所(解散)の中にあった梅園事務所なのである。連絡があって、そこに出向いたのは事実。

鎌田が去年上場した会社の筆頭株主で、その時価が23億円にもなると言うが、それでも被害者に払おうとしないのである。今は誰かの知恵で、その会社の全株式を買った(500万円)ので、「大山多賀男は自身の会社に投資したのであって、その会社の全株を買った自分は大山に金を払う必要はない」という解釈ではないだろうか?主張するのは勝手だからいいんじゃない?評価は世間に任せればいい。
 
凄腕の女地上げ師まきりん(39)「破産」とは
凄腕の女地上げ師まきりん㊴「破産」とは

破産と言う言葉を辞典で調べてみたら、

「1、財産を全てうしなうこと。」

「2、法律で、債務者がその債務を完済することができない場合に、債務者の総財産をすべての債権者に公平に弁済するために、進められる裁判上の手続き」

とある。

マキリンは現在「破産者」である。であるなら、財産を全て失っていなければならない。ところが、エルメスのバッグを片手に、新車の黒のBMWに乗っている(因みにこないだまではゴールドのBMWだった)そうだ。

これはおかしいだろう?
破産後、ハワイに行ったり、ゴルフ旅行に行ったり、若い男佐々木直人とゴルフレッスン(支払いはマキリン)に行ったり、高級会員制クラブに通ったりしている。

これはおかしいだろう?
破産者は不動産の免許更新はできないそうであるが、なぜ出来たのか?

これはおかしいだろう?
PAGの河合は、PAGの債権を破産者のマキリンに譲渡している。そしてマキリンはその債権の権限で相手の収入を差し押さえている事実。これはサービサーの免許がないと出来ない(マキリンは持ってない)、と投書に書いてあったような・・・。

これはおかしいだろう?
12億と言う手数料を受け取りながら、何故破産する必要があるんだろう?

これはおかしいだろう?
実は自己破産ではなく、債権者破産ということがわかった。しかしその債権者が、不動産をやる以前のアパレル関係の会社で、しかも債権額が数千万だという。簡単に払える額なのに、なぜ払わないで破産の道を選んだんだろう?

これはおかしいだろう?
破産者であれば、夜逃げ寸前、自殺寸前、家族関係はガタガタ、と言うのが実態である。ところが現実のマキリンは余裕しゃくしゃくである。誰からも追い込まれている気配はない。寧ろ聞こえてくる声は、今井洋を始め、色んな人に金を貸しているという噂である。

これはおかしいだろう?
ざっと考えても、おかしいだろうが7つもあった。

一般の人は、だいたいこう考えるのである。

国の土地の管理・運営・売却を国から任されてるURは、国のルールに従って、厳格でなくてはならない。入札に応募受付した中から、適任とみた村上ファンドグループのシティーインディクスを契約対象に選んだ。そして、その中で、「転売は禁止」、「5年以内に2000平方メートル以上の建物を建築すること」という条項を入れた。当然それは守られなければいけない。それが守られないのであれば、契約を破棄し買い戻せばいいだけの話である。そして新たに検討するなり、公募するなりすればいいではないか。

「吸収合併」はどう考えても、転売禁止をひねった脱法行為であろう。これが通れば、PAGは次に、また吸収合併という形で次に売り渡しますよ。現に村上ファンドはURから買った値段に、何十億という上乗せをしてPAGから「吸収合併料」を受け取っていると言われている。

これは、URとシティーインディクスの契約書と、シティとPAGの契約書を見れば、その差額が出るはずである。PAGは「吸収合併手法売却」で、売ろうと思ってるから、無茶な周囲の地上げを強行しているのである。

今のPAGのやり方には、幾つもの脱法行為や違法行為が含まれている。脱税、偽装破産、背任等である。その元を作ったのはUR売却に瑕疵があったからである。

村上ファンドがPAGと「吸収合併」をした時に、URは毅然と、「ならぬ」と一喝すべきだった。これは必ず安倍政権に影響してこよう。

今のところ毒饅頭を食ってるマスコミも多く、なかなか話題になりにくいが、斉藤成俊マキリン弁護士の名誉棄損騒動で、捜査権のある警察も動くことになり、平等に調べて貰う切っ掛けになったと思う。

この「吸収合併」という手法を考えたと言われるのが、野村財閥の末裔とかいう白井弁護士という人らしいが、いい仕事してるねー。今のところは。

6/16投書

6/16投書

6/16投書

6/16投書

6/16投書

















 
驚愕の日大人事!石井進筆頭常務理事の昇格
驚愕の日大人事!石井進筆頭常務理事の昇格

驚き驚き。日大の話だけど、石井進筆頭常務理事の失態から、田中英壽理事長が「被告」と呼ばれる立場になって、さぞや御立腹で、石井常務を格下げにしたのかと思いきや、なんとなんと、『理事長代理・代行』に格上げしたそうである。

どう考えても、あの金の借り方は「詐欺」のような感じだけどね。田中ちゃんも石井に弱みを握られたなー?事前の約束通り、三軒茶屋の危機管理学部を清水建設に仕事を出したから、それが約束を履行したという言い分なのかな?

しかし、被害者は下請けにも入っていないし、紹介料も貰ってないということだったようだがなー。それに形は入札らしいが、事前に、数字を教えたり、決定したりでは、入札の意味がないわな。私立大学だから入札は形だけでいいのかね。

清水建設幹部と石井進理事長代理、安藤季賢(株)NU校友会社長が、芝公園のとうふ屋うかい亭で食事をしたのは、決定前だったっけ?後だったっけ?

ところで、安藤季賢社長は、個人も会社も「破産」したらしいね。これも危機管理の一環かね。さすが日大はやることが違う。まー、判断は裁判所がすることだから、暫く様子をみるか?

日曜日(9月10日)のチャンコ田中は、新理事会の後、全役員と部長クラスが参加し、盛大に執り行われたらしい。特に橋本稔子が、弟の理事を喜んで大はしゃぎしていたそうである。

井ノ口の紹介でY本医院長関係の裏口入学を合格させたのは、井出局長で、その功績で財務担当常務に抜擢されたらしい。どうせ、裏口入学を成就するために送りこまれた事務局長だろう?

それに、いくら名前だけ「財務担当常務」にしたって、実際のキックバックさせるようなビジネスは、理事長案件として、井ノ口が裏責任者だろう?まー、地位が上がれば、給与が上がり、退職金が増え、老後の年金も増えるだろうから、それだけでもありがたいわな。

それにしても、裏入学の話は、どこも尋ねて来ないなー。文科省は何をしてるのかね。せめて嘘か真実かぐらい調べたらいいのにねー。
【投書】山梨県甲州市の田辺篤市長

【投書】山梨県甲州市の田辺篤市長

※以下、投書メールより

告発状
山梨県甲州市の田辺篤市長は市営施設勝沼ぶどうの丘を民間会社に経営委託をする議案を否決されても何度も議案を議会に上げると言う異常な行動にでている、この件は地元でも有名な話しですが、田辺市長は山梨中央銀行に多額の借金があり、以前所有していた土地を全て県内の英雅堂と言う観光施設を経営している会社に売り渡した田辺市長の所有していた土地は元は酒造会社であった為、英雅堂は温泉施設を建設する予定であったので通常価格よりも高く買い取った、しかし地域からの反対があり温泉施設の建設は頓挫してしまい、その代わりにぶどうの丘の経営権を英雅堂側と約束をしてしまった様です、しかし営委託を議会に上げると否決されてしまいました、そしたら何故か甲州市議会最大会派の政和クラブの議員団は今まで委託反対を公約に選挙を戦い、当選した地元にぶどうの丘がある夏八木議員までもが手のひらを返して委託に賛成をし始めました、実際は金銭のやり取りが英雅堂側とあった様で甲州市内では政和クラブの議員団の事を警察が聞き込み等で調べていました、また、旧勝沼町時代にぶどうの丘の管理者で横領が発覚してクビになった佐野と言う男をまた管理者に戻し委託賛成をする様に命令している様です、市長の周りは金に意地汚い人間が集まってます、市議会会派の政和クラブの議員を調べれば簡単に証拠が手に入ります、是非調べて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】
山梨県内の不正が暴かれ出したね。山梨市市長夫婦の逮捕が切っ掛けであったが、今のところ内容は違う。元妻と言っても、実質夫婦だろうけど、妻の方は「詐欺」の疑い。亭主の方は紹介料を受け取って、職員を不正入庁させたという疑い。妻は否認しているようであるが、亭主は認めている。しかし、これでは終わらないだろう。

職員を一人、不正に入れて幾ら謝礼を貰ったか知らないが、せいぜいが数十万程度のようである。裏入庁と裏入学では、評価は違おうが、不正の細工をするのは同じである。

どこかの理事長は1000万円の謝礼というから、それに比べたら割に合わない仕事をしたものである。しかも逮捕は警視庁二課である。そんな安い物だけで出張っていくとは、思えない。収賄とか、背任とか、もっと大物を狙ってると思うけどねー。

国会議員の事情聴取もあると言われてるし、山梨元市長の黒幕と言われている望月薫の悪事も出てきているし、これらとレツと言われている地建の松村辺りがターゲットじゃないの?

中には、過去に人が死んだとか、物騒な話もあるが、その辺はもう少し取材を重ねてから、書くことにする。今日の投書は、田辺篤甲府市長と政和クラブの癒着を疑ってるのかね。

どうしても政権が長く続くと、利権構造が出来上がって、流れが爽やかではなくなるからねー。ある程度捲れて、新旧交代することは良いことである。

凄腕の女地上げ師まきりん(38)南青山ゼストワン
凄腕の女地上げ師まきりん㊳南青山ゼストワン

マキリン記事は、過去に山岡ジャーナルも取り上げているんだー?知ら無かった。だけど、名誉棄損に配慮して○だの△だの黒塗りが多いから、意味が今一わからんなー。

山岡ジャーナルで取り上げてるぐらいだから、経済的に何か違法性が疑われるのは事実なんだろうなー。何もなければ取り上げるわけないんだから。

俺がもう少し、経済的な違反だとか、ルールだとか知ってればいいけど、謄本も読めなければ、企業の名前も知らないから、相談者から10回ぐらい説明を聞いて、やっと理解するぐらいの筋肉脳の上に、最近は人生キャリアから来る、アルツ君ハイマーちゃんのデートも頻繁で、語彙や修飾語が貧弱になって、擬態語で誤魔化してしまう習性が身に付いて、挙句に名誉棄損で訴えられてしまうのである。

作風に荒っぽいところや品のないところがあるのは、東京に出てきて50年も経つのに、未だに九州の田舎から出て来た垢が抜けないからである。東京の風呂に50年も入っているのに。たまには韓国アカスリもしてるのに、である。

URは契約違反で村上ファンドから買い戻せ。転売禁止なのに、吸収合併で「売る」という手法は脱法行為である。民民ならともかく、国の出先機関であるURが国の財産を民間に売るのに、少なくとも、国民に疑惑を持たれてはいけない。初心に帰って、契約を見直すべきである。

なんで外資に無茶苦茶を許すんだー?、当時の担当者が賄賂を貰ったとか、天下ったとか、あるんじゃないのか?URみたいな国の税金で動いてる機関を監査する、国の機関みたいな所はないのかね?国民の損失だから、本当は騒ぐべきなんだけどね。

破産者のマキりんがBMWの新車に乗ってたという投書もあったなー。破産者がBMWに乗れるかね?それにしても黒のBMWなんてかっこいいねー。債権者は管財人に報告したらいい。ゴルフに行ってる写真でも、アメリカンクラブに行ってる写真でも、BMWに乗ってる写真でも、破産者の行動としては、怪しいわけだから、管財人の先生にも、当紙にも送って下さい。その実態を斎藤先生にも知らせましょう。


9/13投書‘鄒鳥灰璽好肇錺鷏沙告訴全容(全5頁)

9/13投書

9/13投書

9/13投書

9/13投書

ーーーーーーーーーー
9/14投書

9/14投書

9/14投書

9/14投書


 
凄腕の女地上げ師まきりん(37)敬天報道=名誉棄損<偽装破産・脱税疑惑
凄腕の女地上げ師まきりん㊲

敬天報道=名誉棄損<偽装破産・脱税疑惑


マキリン代理人弁護士である斉藤成俊先生も、警察に相談する前に、民事訴訟で、記事削除を求めればいいと思うけど、そちらの動きは今のところない。

民事で訴えても、「どこの部分を削除すればいいか指摘して下さい」と裁判所から言われ、部分的な削除しか求められないから、「全削除、今後はマキリン関連記事は一切掲載させない」という荒っぽい作戦で、出て来たんだなー。

それは無理だと思うよ。マキリン記事に関しては、一部名誉棄損に該当する構成要件は満たしていただろうことは認めます。しかし、記事の中心はマキリンの破産に至る「偽装疑惑」と「脱税疑惑」です。

それらは削除することも、今後の追及を止めるわけにもいきません。名誉棄損に対しては、反省すると共に、粛々と受けざるを得ません。

当紙は、取り上げた理由、信念、意思、方針については裁判所に事実を述べるが、裁判所の最終決定には常に従ってきた。最終決定と書いたのは、稀に、控訴や上告もするからである。

しかし、「名誉棄損で指摘箇所があれば削除しますので、指摘して下さい」と言ってるのに、「全部」と言うのは、余りに乱暴である。

「マキリンは12億も手数料を貰っているのに、何故破産する必要があるのか?」という所から、疑惑がスタートしている。

前マキリン弁護士も、「債権者の中にマキリンと利益相反する者がいるので、代理人を降りた」と言っている。その辺の説明が、実際の被害者という人達から見たら、疑わしく見えているのである。

暴力団との交遊においては、マキリンのことは、直接は知らないが、相手を脅すのに、相当頻繁に具体的な暴力団の名前を出していたようである。

今井洋は直接暴力団員ではないが、周辺者ではあろう。今回の一連のマキリンの疑惑は、違法行為が幾つも隠れていて、大きな経済事件に発展する要素も大いにあるのであって、斉藤成俊先生が声高に「名誉棄損・名誉棄損」と刑事罰で騒ぐような問題ではないかと思うけどなー。

それから「一度書いたことは、削除したからと言って消えるものではない」と言うのは、尤もですが、裁判所や警察から「削除せよ」と言われて、しないより、した方が誠意があると思いませんか?

週刊現代での評価にあったように「妖艶で豊満な美熟女」であったマキリンに対して、人それぞれに好みは違うとか、感じる魅力は違うとは言うものの、形容が著しく懸け離れた表現であったことはお詫び申し上げます。

今後はマキリンの容姿には触れません。疑惑だけを追いかけます。

ーーーーーーーーーーーーーー
9/9投書

9/9投書

9/9投書

9/9投書

9/9投書


ーーーーーーーーーーーーー
9/12投書

9/12投書

9/12投書

9/12投書

9/12投書


ーーーーーーーーーーーーーーー

 
北朝鮮の豹変
北朝鮮の豹変

北朝鮮が豹変した。30年前の軍隊に30年前の装備を付けて、ロケットはブリキで出来た、中味は空っぽのオモチャで、火力は花火の2B弾だと、ついこないだまで思っていた。

しかし、この一年のミサイルの発射実験で、その本気度、真剣度が伝わって来る。たった一年で、何でこんな強国になったわけ?あの大強国のアメリカが振り回されて、右往左往してるけど、近年でアメリカをここまで振り回した国は、なかったんじゃないの?今後、時間が経てば経つほど北朝鮮が有利になろうから、本当はもっときつい経済政策を施すべきだったのである。

しかし、それは国民を誘拐されても何も出来ない日本から見た立場であって、見方はその国によって、それぞれに違うのである。日本は自国一国で解決できないため、何とかアメリカに付いて行って、アメリカに先制攻撃して貰いたい旨の雰囲気が、手に取るように伝わってくる。

しかし、そのアメリカがここにきて、腰砕けになってるようである。自国保護主義を余りに強く打ち出したトランプ政権に、世界が非協力姿勢を見せ出したのである。

またトランプ大統領は素人丸出しのように、自分の考えをツイッターで直ぐに吐露する。あれじゃ、ホワイトハウスもフォローの仕様がない。そういうドタバタ劇を見越しているのか、最近の北朝鮮は、まるでアメリカを無視したような言動を繰り返しているのである。

また地続きの中国やロシアは、当然アメリカとの考えに開きがある。朝鮮半島が混乱すれば、多くの難民が流れ込むことになるのは目に見えている。今の金体制が崩壊すると、難民が国境に溢れ、無視もできなくなる。当たらず触らずで、今の状態が続いた方が助かるのだ。

これは日本にも言えることで、今日本には朝鮮半島人在日が70万人ぐらい居ると言われている。日本が戦争に巻き込まれたら、テロ活動する者も現れよう。過去の特需だった朝鮮戦争と違って、今度はミサイルが飛んでくる可能性は高い。

当然北朝鮮は、首都東京や原子力施設を狙ってくるだろう。莫大な被害を受けるだろう。仮にそういう被害を受けなかったとしても、終戦後に日本に居る在日朝鮮人を頼って親戚難民が大勢押し掛けるだろう。

一応制限を設け、各港で規制したところで、日本は四方が海である。何処からでも上陸できるだろう。その上陸した人達を、無下に追い返すことができるのか?そういう話し合いを政府はしてるのか?

また、国会で、共産党や民進党に、北朝鮮とどう向き合うのか?、拉致被害者に対してどう考えているのか?、北朝鮮からミサイルが飛んで来たらどう対処するのか?問うて見ればいい。

このまま時期が過ぎて完璧に核を保有することになっても、朝鮮の場合、国内を豊かにするこれと言った経済政策はない。この急場を凌げば、世界中を相手に恐喝外交を繰り広げよう。その時、一番のターゲットは戦争をしない憲法を守っている経済大国日本であろう。
日大田中英壽理事長の目論見
日大田中英壽理事長の目論見

日大の田中英壽理事長は、事前の目論見と違って、井ノ口忠男を常務理事にできなかったそうである。当初の目論見は、今年初めて校友会枠から評議員になった井ノ口を、その評議員から理事に選出し、そしてその理事の中から、常務理事に選ぶというストーリだったそうである。

姉の橋本稔子と二人で、読売新聞の広告、飛行場の広告、事業部の業者からのバックマージンを貰って、優子夫人に運んだ成果が、『地位』という形で評価されるはずだった。それがひとまず延期になったということは、一応危機管理の成果と言えそうである。

週刊誌の中には、「井ノ口が常務理事になったら、書きやすいですね」と言う所もあったから、その辺を考慮したのかもしれない。常務理事になれば、部外者の井ノ口忠男としてではなく、日本大学常務理事井ノ口忠男として書けるからなー。

例えば、井ノ口忠男常務理事が裏入学で2013年に松戸歯学部に入れた神戸の病院長Y氏の件は、とかね。話が重くなっていいねー。それでも、優子夫人に対しての面子を考えたのか、井ノ口は「理事長指名による交友理事」だそうである。

人事は内田正人、管財は大里、広報は服部だそうである。大里とか服部と言うのは、良く知らないが、内田は人事で嫌われ役を引き受け、管財と事業部は実質、井ノ口が責任者だろうし、広報の実際の実務は井ノ口の姉の橋本稔子がやっている。

それに外部からの批判記事に対しては徳洲会病院から年間6億円で新聞発行を請け負っていたという久恒信夫が裏広報である。「退職してから2軒も家を建てたのは久恒ぐらいだ」と同業者からやっかまれる男である。

それから、田中英壽理事長が被告の一人になって訴えられてた「金返せ民事訴訟の件」であるが、安藤季賢が破産したらしいね。会社が破産したのか、本人が破産したのか知らないけど。

もう一人は、現筆頭常務理事の石井進である。手口は詐欺だけどなー。優秀な弁護団が8人も付いてるらしいから、警察もおいそれと受けれないわな。8人の担当者がいて、その中の一人が交代で出廷するのではなく、毎回8人が出席してるという話である。

これじゃ裁判所も圧倒されるわな。この裁判なんか、安藤季賢の会社と個人、石井進個人が借りた金を返せ裁判である。ただ、内容が「田中英壽理事長に届ける金が必要だから」という言葉を多用し、金を被害者に出させている。

本来なら、このような裁判に大学の金を使用するのはおかしいだろう。絶対負けるわけには行かない意気込みだろうけど、誰も疑問を呈しないんだねー。


東京地裁民事第41部合2B係

事件番号平成29年(ワ)第5023号損害賠償訴訟請求事件

原告 株式会社 セイシン 外

被告 株式会社 NU校友会 外

平成29年9月7日(木)15・30 弁論準備
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>