パチンコ業界の闇・ジョイコHD石橋会長の辞任

パチンコ業界の闇・ジョイコHD石橋会長の辞任

株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングスの代表取締役会長兼社長であった石橋保彦氏が辞任したようである。

監督官庁である警察庁の意向に反したECO遊技機(双方向通信)を開発しようとした責任を取らされたのだろうか?

それにしては仲間であったはずの柳漢呉氏がそのままであるから、一概にそうとも言えないのかなー?

ただ無駄な開発をして、会社に損害を与えたのは事実だろうから、全く関係ない退任でもなかろう。それに業界を混乱に陥れた事実もあろう。

武本孝俊氏は部外者だから、今のところは何の影響もないように見える。ただ、警察庁保安課課長補佐と山佐の社長が密会していた写真をファクタに掲載させたのは武本孝俊氏であるというのは事実のようである。

武本氏は否定しているが、当紙の調査では探偵社もわかっている。また資料でもわかるように、SANKYOの澤井明彦社長が首になったようだ。

当紙が早くから澤井氏の件では、業者から賄賂を貰っている、遊び過ぎと指摘していたのであるが、毒島会長の耳に届いていなかったようである。

どうも都合の悪いことは、周囲が気を遣って、耳に入れないようにしていた節がある。上場会社で裸の王様というのはよろしくない。油断は禁物である。

パチンコ業界の勝ち組と踏ん反り返っていても、業界そのものが、今国民から批判の対象にされつつある。脱税、北送金の温床であるだけに、朝鮮半島との関係が悪化すれば、真っ先に批判の対象になるのではないか。

画像クリック

 

凄腕の女地上げ師まきりん破産

凄腕の女地上げ師まきりん破産

マキりんの話は、余程興味のある話なのか、あっちこっちで話題になっているようである。中途半端にしか知ら無かった人が、多くの投書によってパズルが埋まって行くように、謎だった部分が解けてきたとか、中には無理にこじつけて話が益々難解になるようなものもある。

私(白倉)自身が不動産は専門ではないので、理解するまでに時間がかかるのである。投書を読んでてわかったことは、マキりんが本来大金を持ってるはずが、何故か破産してるということ。

しかし、アメリカンクラブ通いを始めとして、高級マンション住まい高級外車乗り回しは依然と変わっていない。海外旅行も頻繁に行っている。

しかも、不動産免許の書き替えまでしている。破産者は不動産免許の書き替えは出来ない筈だ。不動産免許に関しては、マキりん代理人は破産とは関係ないので、「更新できる」とおっしゃっている。

そこでマキりんが自己破産かマキりんに債権を持つ第三者の誰かが破産申請したのではないですか?、と疑っている。

マキりん代理人先生は、「自己破産ではない。債権者に破産を掛けられた債権者破産である」と再度、強調されている。

ところが、投稿者の皆さんは、
「自己破産であろうが債権者破産であろうが、当時マキりんは12億の手数料を貰っていた。破産するような状況じゃなかった。債権者破産なら当然所有名義は差し押さえてられる筈。生活が依然と全く変わってないではないか?というのは、申立人は、河合ちゃんとマキりんに依頼された誰か(通謀破産)ではないのか?」
と疑ってるようである。

これなら共謀罪第一号だな。また、その破産者であるマキりんにPAGの50億の債権を売って、取り立てをさせてるのも、おかしいとある。

しかも、その薄情さに死人も出ているようである。申立人の提出した債権資料を精査すれば、確実に白か黒かは出るだろう。当紙が「掲示板」状態だね。

投稿者も愚痴や悪口、ヤキモチのレベルの話ではなく、裏付け資料を添えて、「だから違法」と言うような事実を投稿して下さい。

それから新しい情報。銀座の「しまちゃん」は、もう殆ど店は辞めた状態で、完全に河合ちゃんが、身請けした状態だそうである。

サードという店は銀座でも3本の指に入るほどの高級店で、河合ちゃんは行く度に100万円を消費していたそうである。

それから河合ちゃんの使っている金は、PAGの金ではなくて、ゴールドマンサックスの金だよ、という人がいた。ゴールドマンサックスの金ならどうなるわけ?わけわからんなー。

投書

同封資料A

同封資料B


投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書








 

ファンド会社のLCレンディング

ファンド会社のLCレンディング

先日、ファンド会社であるLCレンディングの山中健司代表に以下のような質問状を送った。返ってきた代理人からの返事は、以下のような返事だった。

まったく的を射てない、濡れ衣のような質問状なら、もっと早く、しかもこのような恫喝的な書面の返答ではない。

当たらずとも遠からず、だったのではないか?との、感想を持っている。

この件で、より詳しい内容をご存知の方、提供をお待ちしております。

当紙の質問状

LCの回答


資料




 

川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

川崎競馬組合の「甘い裁定」⇔∋情

5月9日神奈川県川崎競馬組合が、杉村一樹騎手を30日間の騎乗停止処分にすることを発表した。翌日にはスポーツ新聞各紙がこれを報じた。

川崎競馬組合が公表した書面によると、「3月21日に杉村騎手から携帯電話で外部と通信していたと申述があった」「持込が禁止されている携帯電話を騎手調整室に持込み、一年以上も外部と通信していた」というのが処分の理由だとしている。

競馬に限らず競艇でも競輪でも、公営ギャンブルにおいて公正保持の原則から、外部との通信は厳しく制限されている。いうまでもなく、八百長といった重大な不正や闇社会と直結する恐れがあるからだ。

ともすれば、杉村騎手が一年以上も外部と通信していた事実だけ取っても、30日の騎乗停止だけでは、アマ〜イ処分であると思えてならない。

また、重要なのは「外部との通信」が具体的にどういった行動であったのか?また、公正保持を厳守すべく現場において何故それが可能だったのか?ということである。

その重要な部分について、川崎競馬組合は全く触れていない。発表では単純に「外部との通信」としながらも、この処分を決意するまで一ヶ月もの時間を要している。それは、裏にとんでもない事情が隠されていたからだ。

川崎競馬組合が「申述があった」としている3月21日から間も無い時期に、当紙は内部告発と思われる情報提供を受け、その情報を基に、川崎競馬組合が処分を公表する5月9日までに、質問状を二度に渡り送っている。

同時に地方競馬全国協会にも質問状を送り、騎手や調教師といった関係者に情報提供も行った。

しかも処分が発表される一ヶ月も前に、馬主会が杉村騎手に事実関係を聴取しようと呼び出した際に、「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と言って恫喝し、開き直っているという事を聞いたので、決して許してはならない言動だと思い、川崎競馬組合や地方競馬全国協会に情報提供している。

それなのに、30日の騎乗停止の処分である。これじゃ痛み分けの処分ではないかと言わざるを得ない。

この「甘い裁定」は何を意味しているのか?「他の騎手のもっと悪いこと」って何だろう?騎手の誰もが外部と通信できる状態にあったとしたら、地方競馬のみならず公営ギャンブルの根幹を揺るがす大きな問題と成るだろう。川崎競馬組合はことの重大さを知るべきである。

それから、杉村騎手から「申述」があったとしているが、本当は騙した女性に告発されたことが発端じゃない。
 

 

神奈川競馬組合へ情報提供

 

地方競馬全国協会へ情報提供

川崎競馬組合の「甘い裁定」

川崎競馬組合の「甘い裁定」

サッカーのJリーグで「甘い裁定」が問題になっている。本人は仮に故意ではなかったとしても、相手に精神的に打撃を与えれば、それなりの責任を取るべきというのが、世界サッカー連盟の基本姿勢らしい。

特に人権や差別においては厳しい態度で臨んでいるようである。川崎競馬組合でも何故か「甘い裁定」が問題になっている。川崎競馬組合は地方競馬であるから、中央競馬ほど華やかでもないから、選手に対する管理規定も緩やかのようである。

しかし、勘違いしてもらっても困るのは、規模は小さくともファンの投票(賭け金)によって運営されてるのは同じであるから、「開催中に騎手や調教師らが外部と通信することは、八百長の根源であり、公平保持が保たれず、内部情報の漏洩も生じる危険行為」に値するわけだから、終始徹底しなければならない、最も重要な規定の一つであることは間違いなかろう。

その規約を破った騎手が居て、告発されたのである。しかも1年以上の長きに亘って、その違法行為が続けられ、それを川崎競馬組合は見逃してきたのである。

川崎競馬だけではない。南関東四場(川崎競馬場、大井競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)の全てで、この騎手は開催中に、「騎手調整室」に携帯電話を持ちこみ、外部と連絡してたことが判明している。この事実をファンが知ったら暴動さえ起きかねない事案である。

これに対して川崎競馬組合が決定した処分が「一ヶ月の騎乗停止」だった。これが軽い処分なのか重い処分なのかはわからない。ただ告発者は軽すぎると怒っている。

というのは、この騎手の違法行為が発覚するのには序説があって、川崎競馬組合は「本人からの申述があって」と発表しているが、これが真っ赤な嘘であって、この騎手の不貞行為、ストーカー行為があり、その延長線上で実は、この携帯電話の持ち込みが発覚したのである。

その経緯を記した諸々の資料が当紙にも送られて来てたのである。川崎競馬場組合にはその都度、その旨の質問状、助言、も送付した。勿論、回答も送られてきた。この騎手の携帯電話持ちこみがバレてから、急に管理が厳しくなり、他の騎手の持ち込みも不可能になったらしい(本来あるべき運営に戻っただけであるが)。

実際この騎手は、馬主や騎手、調教師から総スカンを食い、騎乗停止処分の前から、乗鞍はなかった。ところが、組合に事実確認の事情聴取を受けるにあたっては、「携帯を持ちこんでるのは俺だけじゃない」、「俺を干すなら、他の騎手はもっと悪いことをしているし、それを全てばらしてやる」と開き直って、逆に恫喝したという話も関係者から、当紙に持ちこまれていた。

おそらく組合として、世間に知れたらもっと不都合なこともあるのではないか?そこで、強く出れずに、お互いに気を使った「甘い裁定」の結果になったのではないか?

当紙には、「大井競馬場組合なら、こんな甘い裁定は出さない」という話も伝わって来た。だが、気遣いした筈の裁定が仇となり、より深く詳しく世間の知るところとなったのである。

当紙は出来るだけ公平に真実報道を心掛けるつもりである。川崎競馬組合の執行部は一年間も騎手の管理監督を怠ったことをファンに詫び、責任者は辞任すべきではないだろうか?
 

凄腕の女地上げ師まきりん弁護士先生より

凄腕の女地上げ師まきりん弁護士先生より

マキりんの代理人弁護士の横井先生から、「野口真紀氏の破産は、敵対する債権者の申立に基ずくものであり、野口真紀氏が申請したかのような表現や自己破産は明確な誤りです」という指摘があったので、今後当ブログでは、マキりんが自己破産したという表現は慎みたいと思います。

投稿者の皆さんも一応、マキりん代理人からそういう指摘があったことを念を押して訴えておきます。ただ自己破産であろうが、債権者からの申立破産であろうが、そこが問題ではなく、金があるのに無いという破産だとか、破産する状態ではないのに虚偽の債務を作り破産するとか、いずれにしても第三者を偽装しての通謀破産の偽装破産ではないのかと、投稿者の皆さんは疑ってるわけでしょう?債権者会議に出れば、それはわかるんじゃないの?

あとマキりんの不動産免許の更新と今回の破産は関係ないという指摘もあったけど、そうなの?この前の投稿者は、きちんと規約条文を掲載して説明してたけど、あれが間違いなのかなー。

『債権者破産とか自己破産とか論じられていますが、裁判所に聴けばわかる、破産管財人に聴けばわかる。官報は公開されている。官報を見ると、
平成28年(フ)第5909号 債務者サンフランシスコ・なんたら、リアム
平成28年(フ)第5910号 野口真紀
平成28年(フ)第5911号 亡野口英壽相続財産
こう公報されていて、つまりこれらは連続で裁判所に出された。
だから受付番号が連続している。連件登記みたいな連件破産申請です。
債権者破産なら、破産管財人は公募だから高畠弁護士が連続して選ばれる確率は低い。
だから、自己破産でしょう。破産村の弁護士に事件を配当した。
つまり、これらの事件に関連がある』

と論じている人もいる。

どうやら、マキりんの「破産の真相」は高畠弁護士がカギを握っていそうである。色んな角度から掘り下げていけば、真実が見えてくるでしょう。


以下、画像クリック

まきりん代理弁護士より


投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

投書

 

未だ逮捕されぬ詐欺師・山本一郎

未だ逮捕されぬ稀代の詐欺師・山本一郎

山本一郎が一向に逮捕されないのは、何故ですか?という問い合わせがあるが、当紙に聞いてもわからない。当紙は知りえた情報を発表しているだけである。

おそらく、山本一郎が詐欺をやってるのは警察も嫌という程、わかってはいる。だが、投資とは言っても、「よく考えればサルでもわかる」ような漫画みたいな嘘話。

しかも、配当(金利)が月一割であったり、二割であったり、人によっては10日で一割であったり二割であったり。そして結局は「焦げ付いた」と騒ぎになる。

借用証に切り替えてようが、山本一郎が投資で金を集めていたことは、警察も百も承知である。裁判になれば100%有罪になることもわかっている。

しかし、「あり得ない高金利を受け取っているみなさんにも、当然責任がありますよ。皆さんも公序良俗に反しているんですよ。」という考えのようである。

だから、いずれ事件化するのは間違いない。だが、優先順位から言えば、先に追いかけなければならない詐欺事件が多すぎて、山本一郎まで手が回らない、というのが実情のようである。

こういう説明を散々してても、次から次に騙される(投資する、或いは金を貸す)。今年になってから、まだ騙される人がいたとしたら、あなたはバカです。

これだけ山本の記事を書いて警鐘を鳴らしているのに、まだ騙されていたら、アホ以外の何物でもないでしょう。もう、知〜らない。

分別のつかない高齢者なら、家族が訴えれば即座に逮捕されるでしょう。だから、さすがの山本一郎も、そういう人からは金はとらない。

山本一郎はプロの確信犯だから、オレオレ詐欺みたいな、「あからさまな詐欺」はしないのです。皆さんは幾ら配当(金利)を貰ったところで、タコの足を食ってるようなものなんです。

自分の貸した金を回収するためには、或いは配当を貰うためには、結局友達を紹介(騙す)したり、親せきを巻き込んだり(騙す)しなければいけないわけです。

元々、競球なんて漫画みたいなギャンブルは存在しないし、ありえない。他への投資も全くやっていない。ただ不特定多数に金を集めて、その集めた金の中から配当にしていたに過ぎない。だから次から次に金を集め続けないと、いずれ破たんするのは事の理である。これから回収するのは不可能に近い。

最後の手段として使われる手口は、「他はともかく、貴方だけの分は利子も付けて必ず払う」から、「あと・ヶ月だけ、・千万円あれば、・・億が入って来るんだよ」という話である。金のある人、気を付けなはれ。

パチンコ店で「球」を競う山本一郎(週刊新潮2月23日号より)

日大東北高校相撲部の肛門しごき事件
日大東北高校相撲部の肛門しごき事件

朝日新聞が日大東北高校相撲部のしごき事件で、相撲部監督が書類送検されたことを報じた。この問題も田中英壽理事長に直結する話である。

じわりじわりであるが、日大本丸に逆風が吹き始めた感がある。時あたかも、森元総理が「遺書」という自書の中で、JOCの竹田恒和会長を無能と切って捨てた。

竹田氏が無能かどうかは知らないが、2020年の東京オリンピック開催で、JOCの影が薄いというのは、国民の皆が感じていることではないだろうか?

だいたい竹田氏は元皇族であるから、JOC会長と言っても、名誉会長的な立場だから、実務を期待する方が無理である。トップが無能ならナンバー2がしっかりすればいいだけの話である。

JOCのナンバー2と言えば、日本大学理事長田中英壽氏である。オリンピック種目でもない相撲の会長が、何故JOCの委員で、しかも副会長なのかがわからない。

アメリカの雑誌で「ヤクザオリンピック」と揶揄された張本人でもある。JOCが目立てば、否が応でも田中氏が注目されることになる。そのため、動くに動けないのであろう。

田中氏も職責を果たせなければ、辞任すればいい。何の為にJOCにしがみ付いてるのだろう?他の委員は何故本音で語らないのだろう?JOCも田中氏が辞任すれば、風通しが良くなり健康的な委員会になると思うのだが。

ところで、日大東北高校の相撲部しごき事件では、投書にあった通り、デッキブラシの棒の部分を生徒のケツの穴に押し込んでいたんだなー。この監督はおかまっ気のある奴なんだな。

普通、しごきで殴ることはあっても、ケツの穴に棒を押し込んだりはしないよ。「直腸裂傷」と書いてあるから、間違いないだろう。しかもサゾっ気もあるのか、腕立て伏せで腹の下にノコギリの歯を上向けて置いていたという。

これはもう指導ではなく、間違いなく「いじめ」である。親御さんたちも、悔しかったことだろう。これをもみ消そうと動いたのが、内田だった。

亀ちゃん危機管理隊が裏で動いたのか、一部のマスコミしか報道しなかった。本当は今後の警鐘も含めて、もっとマスコミに取り上げられる事件であったろう。

まだファクタ以外に取り上げられてないが、日大の同じ研究室の教授のパワハラで二名が自殺した事実がある。学生の親は真相を知りたいので、調査委員会を作って原因を追究してほしいと大学側に申し出ているが、執行部に無視されて、一向に進展はしてないようだ。

投書や怪文書まで出回って、世論喚起を訴えているようであるが、どこのマスコミも取り上げようとしない。会員制雑誌ファクタだけが、恫喝訴訟に屈せず、事実を記事にしているのである。

いつの時代も、歪みを正すのはマスコミの責任であるが、この二人の自殺の真相について取材追及しているところはない。大学院まで行かせて、無念の自殺に追いやられて、その真相さえわからないなんて、ご両親は口惜しいだろうなー。

せめて親の言い分ぐらい聞いてやればいいじゃないか。文科省は何をしてるんだ?
 
凄腕の女地上げ師まきりん増え続ける投書

凄腕の女地上げ師まきりん増え続ける投書

マキりん投書が半端じゃないねー。月曜日(15日)だけで、16通も来たよ。火曜日が4通。マキりんの姉も登場してきたし、河合ちゃんの新しい愛人の名前もわかった。

サードフロアの「しまちゃん」という女らしい。今回の投書でわかったけど、PAGの河合は六本木の湖雲寺でも首を突っ込んで、儲けていたんだなー。

しかも守秘義務違反を犯してまで、アルデプロに金を出資してたのか?アルデプロとの共同作業か?アルデプロも詐欺師みたいなのが役員にいる(いた?)みたいだけど、仲間かな?確かアルデプロの元役員で、いま刑務所に行ってるのがいなかったっけ?河合ちゃんも結構悪党なんだなー?

今回のマキりんシリーズを書き出して、最近やっと理解できたよ。投書をよく熟読すると、悪党ぶりがよくわかるね。世間を舐め過ぎ。

サラリーマン時代(ジョイント)はそんなでもなかったみたいだが、PAGの支店長になってから、自分の金でもないのに、相手の弱みに付け込んで、「札束で相手のほっぺを叩く」ようなやり方に変わってきてる感じだね。

しかも、会社(PAG)の金を使いながら、マキりんを使って仲介料を取ったり、自身にキックバックをさせたり。間違いなく背任であるし業務上横領だね。挙句には、マキりんを自己破産させたり。

そのくせ、最近は「シマちゃん」を高級マンションに住まわせ、クレジットカードまで持たせ、シマちゃんに夢中とは、マキりんに同情するようなところもあるけど、マキりん自身が意外と不評なところがあるんだねー。行って来いかな?

以下、画像クリック
月曜日
投書1

投書2

投書3

投書4

投書5

投書6

投書7

投書8

投書9

投書10

投書11

投書12

投書13

投書14

投書15

投書16


以下、火曜日

投書17

投書18

投書19

投書20



 

東郷邸宅を売り払った女詐欺師・菅沼栄と仲間たち

東郷邸宅を売り払った女詐欺師・菅沼栄と仲間たち

【投書】
菅沼栄一派が詐欺でむしり取って善人気取りで営業している熱海温泉宿はここ
花の館 染井
http://www.atamisomei.com/index.html
是非一度お泊りに来てください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

菅沼栄女史


中津史郎氏


元弁護士(懲戒)川合某氏

 


【敬天コメント】
悪の三人組(岡崎俊城・中津史郎・菅沼栄)の巣窟であるJSOフロンティア(中央区八丁堀3の1の7)[性の館]で働いていた菅沼栄が体を張って詐取した金で、経営権を取得した熱海の旅館の場所と名前が送られてきた。

「花の館・染井」というらしい。住所は熱海市昭和町4の22である。改装して立派な旅館である。なるほど。「穴の館しめ頃」の方が、菅沼栄にはあってるような気がするね。

東郷平八郎元帥の屋敷を騙し取って売っ払い、その詐取した金で、この旅館の経営権を握ったのか?この国賊共(岡崎俊城・中津史郎・菅沼栄)め。

いくら孫の孫が穴落としで一本取られたとしても、その前の孫(徂乃子女史)の段階での技あり詐欺行為などで、指導できないものだろうか?どんな悪徳行為をしていても、仕上げに相手を穴落としで一本決めれば、全て無罪かい?それなら菅沼栄は永久に逮捕できないじゃないか。

それどころか、穴友の岡崎俊城・中津史郎の二人の悪党が詐欺で仕掛けても、最後に菅沼栄が出てきて、穴落とし一本で決めれば、前の二人(岡崎俊城・中津史郎)の犯罪まで帳消しになる可能性もあるよ。

事前にこれだけ、この三人組(岡崎俊城・中津史郎・菅沼栄)の手口を暴いていても、警察は落とせないのかねー。こういう股座戦法を使う女は、手に負えないなー。

まーこれが武器だからしようがないけど、こういう奴らは同性には嫌われるんだよな。同性の前と、異性の前とでは、まるっきり違う態度で、男の前に行ったら思いっきりぶりっ子したりして。子供の頃に必ず一クラスに一人は居たタイプ。

それでも本人たちは、「負け犬の遠吠え〜。言いたいことを言えばいいよ。最後は金を掴んだ方が勝ちだよ〜ん。」との考えである。

とんでもない奴らだ。鞍馬天狗のおじさんに言いつけてやる。しつこくしつこく追いかけて、必ず尻尾を掴んで、警察と税務署と近所の暴力団に通報してやる。

この法務顧問だか法務部長だかのおっさんも、元弁護士らしいけど、JSOフロンティアに来てから免許を無くしたのかね。それとも類は友を呼ぶで、弁護士免許を無くした後で、知り合ったのかね。

さてはこの男の知恵が、「非理法権天をも飲み込むのが女の穴」と説いたんだな?それは「穴落とし」で落ちる者のみに通じる戦法であって、最初から手口を見抜かれていたら、通用するものではない。

いまJSOフロンティア、もしくは菅沼栄と交渉中の皆さん、菅沼栄の穴落としにくれぐれもご注意を。菅沼栄と商談するときは、妻に満たされた翌朝とか、ソープランドの帰りとかなら、後悔する(財産を騙し取られる)ことにならないでしょう。

保険金詐欺もやるような奴らです。気をつけましょう。但し、ありもしなかった備品があったように装って、保険金を請求するというチンケな詐欺みたいですが、チリも積もれば山となる方式みたいです。東京海上日動火災さん気を付けて。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>