食品偽装のマルハニチロがまた
食品偽装のマルハニチロがまた
 
 中国産ウナギ産地偽装事件で不正競争防止法違反罪に問われたマルハニチロホールディグス子会社の水産物卸売・神港魚類の大堀隆社長同社の株主総会で退任するそう。

 不正競争防止法違反罪同罪に問われ、懲役2年6月、罰金200万円を求刑され、法人としての神港魚類も罰金1000万円を求刑されていて、大堀社長はマルハグループ本社の常務を経て平成19年、神港魚類社長に就任したマルハニチロの生え抜き。

 刑法で懲役喰らって前科者になるわけでもなく単に法人として不正競争防止法違反罪に問われたマルハニチロの社長だったから退任するということで、個人としては責任追及ゼロ、何のお咎めもなかったわけだ。

 神港・大京・大都・大東魚類ほかウナギにかかわらず産地偽装問題で不正競争防止法違反に問われているマルハニチロホールディングス傘下企業であるが、数千億円の魚貝海産物関係の年商があり、やはり日本の食卓に無くてはならない企業かも知れない。

 ところが親会社であるマルハニチロホールディングスからの上納というか監視も厳しいのか、本紙追及のニチロ倉庫・冷凍食品預託所有権売買詐欺商法でもお馴染みのように子会社各社は親会社マルハニチロホールディングスの掲げる営業ノルマ達成に、詐欺犯罪に手を染めねばならぬほど戦々恐々としている。

 そんなマルハニチロホールディングスの中核会社マルハニチロ食品が、下請のレトルト食品・缶詰などの製造委託している37社余りの下請企業群に、販売対策協力金という名目で違法な上納金を徴収していたり支払うべき下請支払い代金を支払っていなかったということがばれて公正取引委員会から下請法違反の勧告を受けたそう。

 今年もウナギの季節に入るが、もう中国産マラカイトグリーンうなぎにおののくのもコリゴリで、江戸時代から続いて来た土用の鰻の日なんていう慣習はなくなってもいいんじゃないか?入国審査で引っ掛からない位の微量とはいえ、確実に危ないマラカイトグリーンで育てられた中国鰻をありがたがって食べるのも滑稽だし健康に悪いだろうから。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>