危険な中国産食品で儲ける会社たち
危険な中国産食品

で儲ける会社たち

産地偽装ウナギ事件、マルハニチロ

子会社の神港魚類は安全圏なのか?


 中国産鰻養殖には欠かせない危険物であり、(もちろん日本の安全な養殖では絶対使わない)使用禁止の合成抗菌剤マラカイトグリーンをたらふく食った危ない中国産鰻のかば焼きを「愛知県三河一色産」と偽装した事件。

 この「魚秀」と、本紙でも過去に偽装詐欺で糾弾していたマルハニチロホールディングス子会社の「神港魚類」の産地偽装事件では今、詐欺ではなく、「愛知県三河一色産」と表示した不正競争防止法違反(虚偽表示)が問われている。

 使用禁止の危険な合成抗菌剤マラカイトグリーンの染み込んだ産地偽装中国産ウナギは埼玉県にも入ってきており、またウナギの代名詞といってもいい静岡浜松にも流通したという。産地偽装と言っても隣接地の牛を飛騨牛とか言って売る分には詐欺にしてもかわいいもんだが、明らか猛毒入りの危険性一杯・リスクだらけのの「中国産ウナギ」を日本産ウナギと言って、騙して暴利を得る「悪徳商法」には容赦ない断罪をするべきだ。

 この危険な劇薬マラカイトグリーン入り産地偽装中国産鰻騒動は、魚秀が悪の本丸みたいに扱われ、親会社の徳島魚市場など二十四カ所が一斉捜索を受けた。マルハニチロホールディングス子会社の「神港魚類」側は、魚秀の社長から1,000万円の口止め料を貰った神港魚類の担当課長の事が殊更「魚秀悪し!」のニュアンスで報じられていたが産地偽装中国産ウナギの従犯としても問われていないようだ。

 しかしマルハニチロホールディングス子会社の神港魚類だって神戸市中央卸売市場内の仲卸業者などにマラカイトグリーン入りの危険産地偽装中国産鰻のかば焼きを短期間のうちに4トン近く売っていたのだから、魚秀の親会社が捜索を受けるなら神港魚類の親会社のマルハニチロホールディングスも捜索を受けないもんかな?と思っているのだが・・・。

危険な中国産食品で儲ける会社たちにつづく
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>