増田俊男の詐欺紛い投資を助長させた輩は無関係なのか
増田俊男の詐欺紛い投資を

助長させた輩は無関係か?
竹村健一・世界一の金持ちになってみろ!

 イーブックオフでコミックを買って、「1,500円の送料無料」にちょっと足りなかったので、激安!中古書籍ページで何か一冊買おうと思って、激安!>>政治・経済・法律>>とページを開き、発行年順にスクロールしていったら、突然『世界一の金持ちになってみろ!』というタイトルが飛び込んできた。

ほっとけ!!」と思ってよくみると『世界一の金持ちになってみろ!(竹村健一/158円(1,312円おトク)/太陽企画出版/2004年10月…』となっていた。ああ、もうモノマネされる事もなくなったディスカウント講演屋のおっさんか…と思わず納得。(まず、お前が何かで世界一でも日本一でもなってからいえクソばか野郎!…と思ったが評論家とはこんなもの)

 忘れられようとしているor二流どころの文芸能人崩れの行く末は、悪徳商品先物会社のセミナーの人寄せパンダにもなれない。商品先物会社の場合は金があるから、とにかく金に物を言わせて今「ちょい旬」のマスコミ文化人を呼ぶ事が出来るから、忘れ去られた老文化人に介護費用の講演料を支払ってあげなくても、自分とこの宣伝要員を確保できる。

 そうすると、元マスコミ文化人やマスコミに今ひとつアプローチが足りない人達は、食うために必然的にダークサイドに堕ちていくことになる。自ら、怪しい講演会を開催して昔のネームバリューだけで糊口を凌いだり。商品先物会社よりもっと明らかな詐欺師とタッグマッチを組んだり。…「田舎暮らしのクリーンライフ」を見事に確立した細川護煕元総理の奥さんが大型詐欺事件となった詐欺会社の広告塔になっていたのも、似たりよったりの状況による。

 ところで、この『世界一の金持ちになってみろ!』の著者・竹村健一は、長く増田俊男とタッグを組んでいた。増田俊男といえば、パラオの銀行への詐欺まがい投資で被害者が出ていて、本日、カナダへのIT企業への投資詐欺まがい事件ニュースになったばかりのホットな人物だ。26日に増田俊男の講演会に友情出演する筈だったこの盟友・竹村健一は、マスコミが騒がしくなって来た為に狃仂豕馮櫚瓩鬚めたそうだ。

 増田俊男は、最初は他国のダイヤモンド加工会社やIT企業の未公開株の出資を募っていたが頓挫したため、今度はカナダのIT企業・「アリウス3D」への未公開株への出資を叫んで歩いていたそうだ(他にもハワイのコーヒー園というアナログビジネスに投資させていた)。投資家には、アリウス3Dとかの「株式保有証明書」などと記された証書が送られた。なんで未公開株会社が発行した「株券」じゃなく「株式保有証明書」なんだと投資家が指摘したところ、増田は投資家が株主になっていないことを認めた。増田らの会社が消滅すれば「株式保有証明書」は紙くずになる。この手を使って100億以上集めたらしい。謳い文句で「アリウス3Dはカナダのマイクロソフトになる、株価は40倍になる」といっていたらしいから詐欺での立件が待ち遠しい次第だ。

 その際、責任を取らなけりゃいけないのは増田俊男一人に限らないと思っている。詐欺師の多くに触れてきて実感していることは、詐欺師は逮捕される時はもうあらかた金が残っていない、ということである。増田も多くの「経費」をヤミへと流してしまった後だろうから、100億以上集めてももうスッカラカンのような気がする。キリトリできる額は、被害者の会で訴訟合戦をやってもタカが知れているだろう。

 増田一人を攻めるより、増田にこれほどのハローエフェクトを与え、詐欺舞台を作らせた大手出版社や竹村健一や船井総研の船井幸雄や民主党・小沢一郎に訴訟でも起こさせてやらなければ(無理だが)被害者救済にはならないだろう。

増田俊男にハロー効果を

与えた大手出版社の罪


(大手出版社からの著作と竹村健一や船井幸雄、小沢一郎との知己をアピールできなかったら、被害額は数十億止まりだったろうに)

それにしても、増田俊男はフットワークよく、出版社の担当者と顔合わせをしたものだと感心する。

 宗教本や自己啓発本を売りにしてる最初から怪しい出版社はしょうがないにしても、大手出版社の担当者とも仲良くなってこれほど多数の著作を出させていた(しかも長ーいつきあい)ことには驚いた。

『日本はどこまで喰われ続けるのか : 個人資産倍増のヒント』船井幸雄との共著(徳間書店)1998年
『日本はこれから良くなる: アメリカが逆立ちしても日本に勝てない理由』渡部昇一、船井幸雄との共著(徳間書店)1998年
『資本の意思が日本を復活させる : それは株高、円高、金利高を演出する』(徳間書店)1999年
『日本がアメリカと世界を救う! : こんなにたくさんある21世紀が日本の時代になる理由』(徳間書店)2007年
『またもやジャパン・アズ・ナンバー1の時代がやってくる―乗り遅れるな、最後のチャンス 円高、株高、資産高! 』(徳間書店)2007年

『2003年フセイン特需で日本は大復活する : 為替本位制時代の資産運用術』(ダイヤモンド社)2002年
『2004年超円高大好況! : 基軸通貨ドルがローカル通貨円に救われる時』(ダイヤモンド社)2003年
『2005年超株高大景気』(ダイヤモンド社)2004年
『史上最大の株価急騰がやってくる!増田俊男の2006年大予測』(ダイヤモンド社)2005年
『空前の内需拡大バブルが始まる!増田俊男の2007年大予測』(ダイヤモンド社)2006年

『負けながら勝ってしまう日本「資本の論理」が繁栄を導く』(PHP研究所)2000年
『だから日本は勝つ。「資本」を支配する者が世界を動かす』(PHP研究所)2005年
『日本大復活!アメリカを救う国家戦略が黄金の時代の扉をひらく』(PHP研究所)2006年
『そして、日は昇った!日本が世界の「富」を牽引する』(PHP研究所)2007年

『2002年日本経済 バブル再来 : 世界のマネーが日本を選ぶ83の理由』(アスキー)2001年
『土地神話復活: 世界の投機マネーが日本に流れ込む』(アスキー)2002年
『国際投資戦略家が書いた目からウロコのマーケットの読み方』上巻・下巻(アスキー・コミュニケーションズ)2003年
『日本経済大好況、目前!』(アスコム)2005年

 ここに載ってるのは、大手出版社ばかりでwikiを見ればわかるが、増田俊男は大小あわせるとこの倍くらいの著作を持っている。なんで、弱小出版社の著作は省いて大手ばかり掲載したかというと、過去にも詐欺まがいの前科があり、昔から損害訴訟の裁判を数々提訴されているこの増田俊男の行状はちょっとインターネットで検索すれば、事実かどうかは別として、「ん、怪しいな」と分るであろうに、それを見なかった事にして、こいつに多数の執筆をさせた事の功罪である。また、竹村健一の他に、共著を出している船井幸雄や増田俊男がその知己を公言しているのに止めようとしなかった民主党・小沢一郎にも同様の社会的な断罪をする責任があるんじゃないだろうか。

 弱小出版社は詐欺師といえども人の子!という大らかな気持ちじゃないと著者なんか見つからない。ことに自社に足しげく通いディレクターとも仲良しになっているライターみたいな人間に関しては仕方なく本にしてやる場合も多い。弱小出版社は、書籍の数を多くしないと本屋さんで棚に置いてもらえない。とにかく書店の一角に「○○出版」としてコーナーでも儲けなければ、本屋さんに忘れられてしまい本屋さんに居場所がなくなり、死活問題となる。であるから、買った人には悪いと思いつつ出版社にとって、増田俊男が詐欺師でも単なる評論家でも関係なくありがたい存在となる。

 しかし、上記の大手4社は出版社の良心からして、被害者の救済に乗り出さなけりゃまずいだろう。

 少なくとも、増田俊男に払い込みの済んでいない「印税の分は微々たるものでも被害者への弁済に回してやる」くらいの配慮が必要なのではないだろうか?徳間書店やダイヤモンド社やアスキー、それにPHPからまで出版物を出しているんだから詐欺師じゃないだろう、と思った被害者は少なくない筈だからである。


雑記:イーブックオフはブックショップとして格段に使いづらいが、それでも古本のネット購入においては、他のネット古本屋がバカ過ぎ、ネットショップ運営を舐めきっていてイーブックオフしか使い物にならないので、いまだイーブックオフを使っている。経営側としては面倒を省けていいんだろうが、大体、「書籍の画像欄」のほとんどはノーイメージ(NO IMAGE)、空欄になっていて、本の説明も空欄。よって、筆者の場合は、イーブックオフのサイトとアマゾンさんのサイトを表示させて、アマゾンさんのサイトで書籍画像と書評を読みながらイーブックオフで買い物をさせて頂いている。もちろん、新書に関してはアマゾンさんで買っている。
 昔はイーブックオフのサイトとアマゾンさんのサイトはアフィリエイトリンクがされていたが、きっとあまりにイーブックオフのアフィリエイトリンクから飛んできて、アマゾンサイトで画像や書評を読んで、イーブックオフで買い物されるという悪用に、アマゾンさんも嫌気がさしたのだろう。先程IRの人に聞いたら、カリスマ創業者の坂本社長は株の大半を処分してブックオフの主要株主じゃなくなってしまったらしいが、イーブックオフのシステムを何とかしなきゃブックオフの更なる発展はこれからも先延べになって行くような気がする。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>