塩川正十郎東洋大総長がキレた原因の根本―公開質問状
東洋大学田淵一派の広告塔・塩川正十郎東洋大総長が

茨城県校友会支部会でキレた原因の根本―公開質問状


 昨日、報じた通り塩川総長は、11月10日の茨城県校友会支部会における講演終了時、武道家の坂本先生が自分に攻撃を仕掛けてくると思い奇声を発して会場から逃げ去ってしまった訳だが、

そこまで東洋大学塩川正十郎総長をピリピリ緊張させていたものは何だったのか?ということを本日お知らせする。

 緊張の原因は、東洋大学総長塩川正十郎に突き付けられた「公開質問状」と、この11月10日の支部会で公開で塩川氏総長を問いただすという「宣言文」だった。

「平成19年11月3日 東洋大学総長塩川正十郎様」宛てに

東洋大学校友会茨城県支部の支部会員さんが実名+住所つきで堂々と突きつけた

「東洋大学にかかわるスキャンダルについての公開質問状」

は要約すると以下のようなことである
。(本紙としてはその方のお名前住所は控えます)

《前提》
 現在、東洋大学内での塩川総長も含む田淵一派の大学の私物化―傍若無人ぶりや、多数のスキャンダルが余りに表に出すぎ、目に余るものがある。東洋大学に渦巻くあらゆる疑惑が遠く茨城県まで、いや、九州方面の東洋大学校友会にまで響き渡っているそうだ。これでは現場の学生などは不安と不審でたまったものではないだろう。
 こういう事はOBたる東洋大学校友会の皆にとっても由々しき事態であり、東洋大学を母校として愛し、その行く末を憂う校友会員としては、東洋大学の非常事態であるから行動を起さない訳にはいかないのである。
・・・ということが塩川総長への公開質問状の「前提」となっている。

《11月10日の茨城県支部会開催時での公開質問の宣言》

 今回、わざわざ茨城まで来るのなら、このさい上記前提になっている「疑惑」について、東洋大校友会員の集うその会場で、公に説明頂きたい。疑惑が真実かどうか判らないからこれだけ東洋大学全体が燻っているのだから、茨城県支部会だけでも事実を述べてはどうか。(茨城県支部会員のみんなが疑惑を解消し本当に納得いったら、この時代ネットなどで瞬く間に疑惑解消のニュースが全国の東洋大学校友会員に伝わるだろう、という善意的な提案かつ断固とした公開質問宣告)

 この茨城県支部会会員さんは、当日塩川総長が困らないように、事前に当日質問する内容を塩川総長宛に送っているのである。




東洋大学塩川総長宛

 ―公開質問状―


平成19年11月3日

東洋大学総長
塩川正十郎様

東洋大学にかかわるスキャンダルについての公開質問状

仝宜餡噺安委員長の地位を利用して、警視庁の捜査を誘導したことについて

 報道によれば、貴殿は、東洋大学校友会湯本修明氏と東洋大学常務理事の田淵純一氏の間で生じた個人的なトラブルで、当時常務理事で、貴殿を理事長に招聘した田淵氏に一方的な支援を行い、湯本氏に対して、架空の容疑をデッチあげ、警視庁に捜査を促すように誘導した事が指摘されています。
 実際に、湯本氏は警視庁から取調べを受けています。この報道が事実であるなら、貴殿は、田淵氏の個人的な利害のために、元国家公安委員長の立場を利用して、事実無根の罪で一市民を捜査する事を誘導し、独断で警視庁を動かしたことになります。
 このような行為は警察のあり方、法のあり方をひっくり返すような国家権力の濫用に基づく人権侵害行為で、それが事実であるなら、政権をゆるがす大スキャンダルになります。
 ことの事実関係についてお話下さい。

田淵順一常務理事に対する政治献金の強要とキックバック

 貴殿が東洋大学の理事長に就任した際に、常務理事である田淵順一氏に、東洋大学と関係の深い蝪砲法∪治献金5,000万円を要請しました。その際、田淵氏に1,000万円キックバックしたと報道されています。
「塩川はケチで1,000万円しかキックバックしなかった」という田淵氏の吹聴を校友会の多くの関係者が確認しています。
 そもそも大学と関連する一企業が5,000万円もの政治献金をすること自体が極めて異常なことですが、それにもまして、そこから田淵氏に1,000万円のキックバックをすることは、政治資金の不正流用である疑いがきわめて濃厚になってきます。
蝪砲らの政治献金5,000万円の詳細とその使途について、疑念をはらす回答をお願いいたします。

B膤惷伴圓了慊蠅搬膤愀弍弔了篳化

 貴殿は、東洋大学の理事長、総長に就任して、白山キャンパス再開発、板倉キャンパス開発など」未曾有の巨大プロジェクトを推進してこられました。貴殿のリーダーシップにより、わが母校がめざましい発展をとげたことについては感謝の念にたえません。
 ところが、最近の情報によれば、貴殿は建築開発にかかわる業者選定にあたって、田淵順一常務にこと細かに指示していたという証言が次々に登場してきました。
「いまの電話は総長からで、また、業者指定の命令であった。おいしいところはみんな総長に持っていかれるのでかなわない」と親しい校友にこぼしていた、田淵順一常務の告白はインターネット上に公開されています。
 田淵氏の発言からは、一連の開発に関して、貴殿がそれぞれの業者から巨額のキックバックを受け取っていたということが推察されます。
 永田町筋では、東洋大学で得た資金で、財務大臣のポストを小泉首相から買ったというようなうわさがまことしやかに流されていました。
 貴殿が東洋大学の理事長に就任した際に、田淵氏に要請し、5,000万円の政治献金を受けた、蝪砲板倉キャンパスの主幹企業に選定されていることも一連の報道を裏付ける事実であるとみなす事ができます。
 貴殿は、田淵氏が述べているように東洋大学理事長および総長在任中に経営を私物化し、独断で業者を選定し、その業者から多額な政治資金を得ていたか否かについて、事実関係を明白にしていただき回答をお願いいたします。

と珍劵廛蹈献Дト失敗の責任

 板倉キャンパスには貴殿の銅像があります。
 このプロジェクトは、貴殿が理事長在任中に学内からの反対を押し切って、リーダーシップを発揮して推進に漕ぎ着けた巨大プロジェクトです。
 設立当時、少子高齢化社会の到来と、大学の都心回帰の趨勢が顕著であったにもかかわらず、田淵氏と貴殿があらゆる反対を封じ込め、強烈なリーダーシップで実現したものであったことは周知の事実です。
 蓋を開けてみると、予想されたとおり学生は集まらず、国際地域社会学科、生命科学部は実質的に定員割れを起こしており、河合塾の偏差値では40を切り、誰でも入学できるFランク学部として位置づけられてしまいました。現在、板倉キャンパスの存在は、東洋大学のブランド価値を引き下げており、大学の経営を著しく圧迫しています。
 当時から指摘されていた反対を押し切って、事業を断行した貴殿の経営責任は大きなものがあると思います。
 また、一連の報道を勘案すると、貴殿と田淵常務理事、教育機関として大学を運営することよりも、巨大開発事業を推進することで、業者選定にかかわり政治資金やキックバックを調達することを目的にプロジェクトを推進したのでは、という意思があったことが見えてきます。
 板倉キャンパスの失敗について、当時理事長であった貴方の経営責任は、どのようなものであるか、報道されていることについて、疑念を受けるようなことを払拭する事実があるなら明確にしめしていただけないでしょうか。

 以 上

 謹 白




詳細は本紙「東洋大学」記事を

 上記、校友会会員さんから塩川東洋大総長に宛てた「公開質問状」のことで不明点ある方は、本紙ホームページ上部にある「東洋大学田淵順一常務理事特集」に全て掲載されているので、御確認下さい。

 要は、この東洋大学校友会「有志」会員さんが、この11月3日に塩川東洋大総長に送った公開質問状は、本紙でも取り上げているように数年以上もの昔から、東洋大学内で不正だ疑惑だと騒がれ続け、外部にも知れわたる事となったのに、塩川総長を含む、田淵一派はそれを全て無視、もしくは職員さんの不満は握りつぶし、東京の文京区という都心ど真ん中の大学において「治外法権の独裁社会」のようなシステムを作り上げ、騒がれようが叩かれようが、実利だけ追っかけ大学を食い物にしてきたのである。

 しかし、今までなら、こういった校友会さん達の追及に対し、田淵派―塩川総長は一喝、恫喝で事無きを得てきたのであるが、今や東洋大学内でも四面楚歌、敵が多くなり、恫喝ばかりもしていられなくなった。

 だから、茨城支部会へ行く時、自分の学校関係者に講演して「講演料」を貰えるということでホクホクもしていたのだろう、意地汚くも。しかし、同時にこの「公開質問」のことも頭にあってビクビクドキドキしていた(ずーっと、公開質問やだな、公開質問やだな、クソ、クソ、クソ、帰りたいよ、帰りたいよ、と頭はパニくっていたろう)。
 結果、昨日報じたとおり、講演の際、一番前で睨みを利かせていた(ように塩川には見えた)坂本先生がいきなり立ち上がったもんだから、ギャッ!ってびっくりして、逃げちまったという訳である。

 こんな奴らでも、ネチネチと大学内でいじめ、いやがらせ同僚への誹謗中傷をくり返せば、専務理事やら、総長にもなれちゃうんですよ、と誰かが言っていたが・・・。象牙の塔とはよく言ったもんだが、これから東洋大学を変えて行こうという有志の皆さんはくれぐれも真似をしないように。パクられなくたって・・・心が荒むよね。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>