中国産は高くつく
中国産は高くつく


「中国産」研修生を使い偽装請負

 東証・大証共に2部上場の企業で、かつ建築機材リース会社では硬派で通っていたA社まで「中国産」に手を染めていた。中国産の悪かろうでも安かろう神話は食材から建材まで幅広いが、今度の中国産は「人材」。この会社は、労働者派遣法で禁じられている、建設現場に「中国産の研修生」を派遣し、中国産研修生を自社が管理せず、現場の会社に中国産研修生の指導をさせていたことで大阪労働局から是正指導されていた。

 同社は派遣先企業と請負契約を結んでいて、かつ発注者でもあった。すなわち、この中国産研修生を介在させた一連の流れは「偽装請負」だった疑いもある。A社は04年8月以降、国が途上国の人材育成を目的に設けた「外国人研修・技能実習制度」に基づき、約140人の中国産研修生を建設業振興基金を通じて受け入れた。

 A社は中国産研修生を受け入れたものの、社内の技術社員というだけではさばけず全国23カ所の営業所を通じてA社が住宅建設などを発注した企業に研修生を派遣し「技能実習」として現場作業に従事させていた。労働者派遣法は、労働者の安全確保から、事業者が建設現場に労働者を派遣する行為を禁じている。更に、本来ならば、このA社の社員が現場に常駐して中国産研修生を指導しなければいけないのを、派遣先企業が中国産研修生に直接指示・命令する違法な偽装請負状態にもなっていた。二重に違反をしていた訳だ。

中国産利用のグレー度

 中国産に限らず、外国人労働者を使っている企業は多々あるが、パッと見た限りでは、違法かどうかの判断が難しい。

 例えば、筆者の知り合いのマンションには、以前居住していた中国人のシステムエンジニアたち?向けにグッドウィルから派遣契約の更新だかなんだか判らないが、「複数名」宛てにどっちゃり届く。グッドウィルからの前在住者たる中国人エンジニアたちへの封書を見せてもらった。

 なんで?…同じマンションの一室に張さんとか、趙(ちょう)さんとか、 陳さんとか、鄭さんとか、住みきれないほど多くの中国人がシステムエンジニア登録をしているのか、疑問も残った。グッドウィルの事だから、なんか悪さしているのかな?と思わずにはいられない。しかし、よくわからないし面倒なので、こんなもんじゃん?と言っておいた。

 また、中国産食品で店内が溢れる生鮮?コンビニ・ショップ99も都内のショップ99の多数の店や、埼玉の店の多くでは、中国産アルバイト店員が労働力の主軸をなしている。人目につくところで中国産を雇っているのだから、多分合法なんだろうけど、ショップ99の加盟店と中国産アルバイトとはどういう雇用形態なんだろう?といつも不思議に思う。

 しかし、中国人と働いたり中国産労働力を使ったことのない人にはわからないと思うが、筆者としては、いくら労働賃金が安いとはいえ、こんなに中国産の粗悪品の人材を雇ってよくトラブらないな?と不思議に思う。中国人を一度、雇えばすぐこの意味が理解できるのだが、・・・要は人材に関しても、本当に粗悪なのだ、中国産は。

 むかし、片手間で、人材派遣ではなく、口入れ屋として、大学生を大量に労働力として回していた事があった。中堅のパチンコメーカーやイベント会場の設営などに監督を置いて、管理させ人数頭の請け負い額をピンハネする商売だったのだが、「中国人は安く使える」との噂から、高田馬場や大久保、新宿でブラブラしてる中国産労働者を何十人か集めて働かせた。

 クレームが多く、担当者の「中国人が働かない」という話もすぐには信じられなかったので、自分で現場に行ってみて、中国産労働力の粗悪さが即、判明した。

中国産は人材の面でも粗悪品

 これは、筆者本人の経験である。中国産労働者どもは(映画のワンシーンみたいに)雇い主たるこちらがガミガミ口頭指導しているうちは、ピシっと整列して話を聴いているふりをする。しかし、試しに、注意し、現場を離れ、すぐにきびすを返して現場に戻ったら、中国産労働者どもが、慌ててタバコを揉み消し、そそくさと仕事のふりをしだした(監視の目がなくなると一瞬にしてサボりはじめるのだ)。

 中国産人材には、祖先からの、毛沢東だか何だか知らないが、訳のわからない、共産主義思想、…共産すなわち、誰かがやるだろう、なんで自分が他人より働かなきゃいけないの?、という乞食根性が血の中に脈々と流れている。

 今回、冒頭で紹介した、2部上場の建設機械リース会社の担当者さんはこの辺の「中国産人材の粗悪さ」を甘く見ていたため、トラブル続出でおおやけにばれることになったのではないだろうか?

 ちなみに筆者の場合は、中国産労働者の「雇用法」がすぐわかった。しかしこれを長く続けていると心が荒むので、ある期間こきつかって徐々に中国人を切っていった。

昔、中国産労働者を多数使ってみて

わかった中国産労働者の「雇用法」


    ↓      ↓

中国人労働者をまともに働かせるため

には暴力&恐怖心に訴えるしかない!


 中国人は殴る蹴るして、暴力で解らせないと頭の出来が歩いため、普通に話しても理解できない。優しくしてしまったりすると、調子に乗って目につく工具から雑貨から何から全てかっぱらわれる。情にほだされ真面目に働くということは無い。(上記、建材リース屋さんでも工具系、材料系の窃盗…けっこうあったんじゃないかな?)

中国産人材の安さには欠陥がつき物

 上場企業から、中小の工場まで、中国産人材の労働賃金の安さに引かれて雇ったはいいが、トラブルは多い―なにかというとすぐモノ・金・などが無くなる―低賃金だが効率が悪い―とお嘆きの方も多いだろう。中国産労働者は、まっとうな商売を営む人達の手に負える相手ではない。

 暴力を公然と使って黙らせられる環境じゃなければ、中国産労働力は粗悪品のままである。心を通わせれば・・・なんて甘い話は中国産労働者をつけあがらせるだけだから、暴力で屈服させられない立場の方は、目の前の中国産労働者を今すぐ解雇した方があとあと何百万円分か特になることは間違いない。

中国産には必ずツケがくる…

 今、食の分野では安かろう悪かろうの中国産を使って、同胞たる日本人を騙して儲けていたヤカラが次々処分されている。しかし、処分が甘い。かつ、事前の「お知らせ」が多すぎて、証拠隠滅する機会を与えすぎ、本当の悪事を暴ききれずにいる。全ては、天下りという甘い汁と中国に対する根拠なきおびえが原因。

 中国産食材の日本国産偽装は、日本農林規格(JAS)法に違反するが、しかし、違反しても適正な表示に改善せよという「文書指示」だけだ。中国産にもかかわらず、「日本国産」「○○県産」「天然・自然」などとすることは人を欺く犯罪であり、日本農林規格(JAS)法ではなく、刑法の詐欺罪で問えないことが不思議でしょうがないが、そんなもんなんだろう。

 だから、そういう中国産食品輸入会社やら中国産偽装加工会社は、オーナーも従業員もみたまんまボンクラで無能そうな奴が多いのに、自社ビルとかがボンボン建っているのだろう。こいつらの言い訳の多くは「注意されて始めて気が付いた。知らなかった」等が多いが、自分たちが月々納めている業界へのカスリが結局、天下り候補の監督者の下に流れていると認識しているのだから、対して大事だとは思っていないのが現状なのではないか?事前に、情報が入り致命傷は避けられるよう時間的猶予は与えられている事も結構多いのだし。

中国進出企業の中国産考

 中国に進出したアパレルや加工食品メーカーの多くは、現地合弁の中国企業と中国地元政府の癒着タッグによる脅迫や威力業務妨害に喘ぎ、そして中国国内では誰も日本企業たる自分達の味方をしてくれないので、今、四面楚歌の中で窮地に立たされている。

 近代法としては未整備な中国の民法?を盾に購入したはずの会社所有の土地を勝手に名義変更され、事実上乗っ取られたり、中国人の人権を盾にした卑劣な嫌がらせを受けたり。

 中国にまともな司法機関は存在しないため、中国企業への被害を訴える公的機関は中国現地では皆無で、頼みの日本領事館や日本の中国在公共機関は中国人に及び腰で頼りにならない。ある日系企業は、中国人の合弁相手に資金を横領され、それを中国当局に訴えた為、口封じ&見せしめの為に徹底的な威力業務妨害を公然と受け、今や、瀕死の状況。

 社長はそれでも許しがたいと中国側を訴訟対象にしようとしているが、日本政府からの援軍は一切ないという。日本企業社長は、中国の良心のかけらが、いつか問題を解決してくれる、と祈るしか手立てはないらしく、売る予定のものが作れないから、日本での営業はストップしてしまっているという。

 この社長が祈り続けても、彼程度の小さな問題は、北京オリンピック後の大混乱で雲散霧消することは間違いない。

中国産のサヤ取りとリスク

 中国進出の日本企業の多くは、中国の激安の労働賃金格差のサヤ抜きが中国進出目的のメインだったろう。高い技術力、高度な専門知識など中国産労働者にはない!ことはハナからわかっている。労働賃金格差のサヤ抜き以外、粗悪と一目でわかる「中国産」と付き合うメリットはないのだから、自分が中国において、それ相応のしうちを中国人から受けることも考えての中国進出でなければいけなかっただろう。

 中国⇔日本間の賃金格差から来るボロ儲けを画策する「山師」としては、中国人が素直に取引すると勘違いしていた自らの甘さが引き起こした、中国の官民癒着の脅迫行為だった事を反省材料として、中国人たちに身ぐるみ全て剥がされてからのイチからの裸一貫トライを、中国以外の国でするしか解決の道はないだろう。中国相手の訴訟は失敗に終るはず。

 こういう、中国産は安かろう悪かろうと知っていて、中国⇔日本間の価格のサヤ取りだけを目的とした「中国産ブローカー」達は、結局、中国側に食われても、一瞬、同情を覚えるがよくよく考えれば、ずるい中国人と組んで、日本に対し、ボロ儲けを考えていた割に中国人を信用しすぎて脇のかためが甘かっただけのトロい企業だということがわかる。

 しかし、懸念されるのは、(儲けもあるだろうが)日本の威信をかけて日本の食や技術、テクノロジーを中国側に売ろうとしている男気のあるブランドなんかもあって、そういう会社までも、中国の官民癒着の脅迫に虐められているという現状だ。これらの会社に対しても、日本政府が尽力してあげずに、中国に入れば中国に従いなさい、と骨抜きの対応しかしてあげていない、ことには憤りを覚える。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>