ペットフードのサンライズ―ほねっこが偽装とは…
ペットフード

のサンライズ


ほねっこが偽装とは…

 ドッグフードのサンライズが、看板商品の、「ほねっこ」や「ゴン太のふっくらソフト」の原材料名について、実際には使っていないのに「ササミ」「ビーフ」と表示するなどして販売していたことがわかった。ペットフードは直接規制する法令がなく、ちょっと前も中国産のドックフードを食べてた犬が死んでしまったという事件があったばかりだ。中田立治社長もこれらの事実を把握しており、「認識が甘かった」と話しているという。

 農林水産省と環境省が法規制を検討しているそうだが、ドックフードに対しては、本紙は事務所の番犬リーの命に係わる問題だから一日も早いペットフード関係の法整備を願っている。サンライズの言い分としては「ササミを調達できない時、栄養価を落としてはいけないと考え、代わりに魚を入れた」などとむちゃくちゃポジティブな偽装の言い分をしている。



元々怪しいペットフードの中身

 そんな事やってる会社じゃ、例え調達できたササビやビーフであっても産地不明だろうからうちのリーには食べさせられない。ペットフード業界にはメーカーの組織であるペットフード工業会とペットフード公正取引協議会があり、これらによって製品の内容基準や添加物の使用制限や表示についてのガイドラインが設けられているとはいえ、所詮、全員メーカーサイドの人間、身内なわけだから甘いのは当然。そもそも原材料表示は使用量の多い順に80%まで表示すればいいと決められているだけなので、残る20%に何が使われているかは飼い主にはわからない。純粋に、あ、ササミで出来てるのね、これは安心と言い切れない。粗悪な材料や添加物は、総量を分散して表示義務のない20%の中に紛れ込ませてしまえば全くわからなくなってしまうのである。

 これからの季節、うちのリーも番犬だけあって「外犬」であり、外で飼っている犬が冬死んでしまったら、こりゃ凍死かな?と思ってしまうが、ホントのところペットフードだったって可能性も出てくるわけだ。皆さんも飼い犬の突然死には「解剖」等して、死因を確かめる方が、これからの時代いいかも知れませんね。しかし、サンライズも全く鶏肉も牛肉も使ってないのにササミだビーフだって言い切るなんて大胆だな。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>