ビルメンテナンス業界健全化対策、蝪唯唯団品キャンペーンに峯尾まさかの「被害届け」で反撃
ビルメンテナンス業界健全化対策、
蝪唯唯団品キャンペーンに
峯尾まさかの「被害届け」で反撃
姑息ビルメン峯尾、過去にも
被害届けで失敗した前科あり…


 平成十四年、株式会社エムエムシィ(MMC)・峯尾正和は敬天新聞社による事実無根の糾弾によってビルメンテナンスの仕事が激減したと、本紙タブロイド版と本紙とは無関係の出所不明の「怪文書」を携え、地元警察・東京都高尾署に泣きついた。
 ちなみにその前に姑息ビルメン峯尾は地元ヤクザにも泣きついたのだがラチがあかなかったため本紙を押える役を警察に頼んだのだ。
 警察で姑息ビルメン峯尾が主張したのは、当紙の事実無根の報道によってビルメンテナンス業界において信用毀損され、ビルメンテナンス・清掃・警備業務の発注者である自治体から指名をハズされ、損害が発生したという話だった。
 しかし、事実無根の報道やら怪文書(同業者の恨み?)程度で、企業の信用がすぐさま失われる筈がない(元々信用の薄い弱小ビルメンといえども)。ましてや、公共機関たるもの裏を取って事実確認をして対象ビルメン会社社長の峯尾からも事情聴取をしなければ、年間グロスの計画的事業であるビルメンテナンス業務委託をホイホイ代えるわけがない。
 すなわち、姑息ビルメン峯尾の主張こそ事実無根だった訳で、当然警察も「ムチャな告訴すな!」と跳ねつけた。
 その後、姑息ビルメン峯尾は慌てて本紙に詫び(泣き)を入れてきた。
 …普通の感覚では、告訴などして警察に捕まえさせ刑務所にぶちこんでやろうとした相手に対し、告訴不発後に会いになんていけないと思うだろう。しかし普通でないのだ、この姑息ビルメン峯尾と言う男は。
 もっと徹底糾弾して、その時点で姑息ビルメン峯尾の息の根を止めてしまえばよかったのだが、本紙はそこで(ヤクザにも警察にも見切られビルメンの仕事も減っちゃって哀れだなと…あまりにもボロボロ泣くし)糾弾の手を緩めてやった。
 これが甘かった。
 それと忘れていたが、姑息ビルメン峯尾が当時、仕向けてきたヤクザ屋さんに「峯尾が散々『役に立たない』とあんたの陰口言ってましたで」と告げ口をしてあげなきゃ。


恨みを隠しながら他社ビルメンの不正を提供し続け

 その後、姑息ビルメン峯尾が本紙に「貴紙の活動に感銘を受けました。私も心を入れ替えビルメン業界の健全発展の為に協力します。ビルメン業界に蔓延る不正を情報提供する『正義のスパイ』となります。一生懸命ビルメン業界の不正を暴きます。なので今迄の事は許して貰えないでしょうか?」と畳にデコを擦り付け懇願した。
 本紙としても、そこまで反省しているならと許してやり、姑息ビルメン峯尾を情報提供者Xとして扱う事にした。ここから姑息ビルメン峯尾と本紙のつきあいが始まった。
 峯尾からのビルメン不正告発には、胡散臭いもの、ライバルビルメン潰しじゃないの?と思えるネタが多かった。
 また、親分の峯尾もビルメン界の鼻つまみなら、子分である峯尾の部下らも似たようなもんで「不正入手した本紙スタッフの名刺」をチラつかせて、同業のビルメンテナンス会社に「敬天新聞社がケツを持っている」だなんだいっては圧力を掛けて、ビルメンテナンス仕事のおこぼれを貰っていたそうだ。噂はちゃんと他のビルメンテナンス会社から本紙に届いていた。
 しかし、尻尾をブンブン振って愛想を振りまいてくる子犬は可愛く見えてきてしまうもの。姑息ビルメン峯尾も目一杯の愛想で本紙に接してきていた為、ついつい小さな事と許してあげてしまっていた。
 ところが、新年からつい最近にかけて、余りにも姑息ビルメン峯尾の行儀の悪さが目立ち過ぎた。そして3月初頭、姑息ビルメン峯尾はとうとうやってくれた。姑息ビルメン峯尾は単なる情報提供者の分際で、本紙やらその他大勢をも巻き込んだ形の裏切りを働いてくれたのだ。
 確かに前回の警察沙汰の時、姑息ビルメン峯尾は壊滅的打撃を受けた。だが前述したように本紙は謝ってきた峯尾を許してあげたのだ。また哀れな峯尾にビルメンテナンスの仕事が入りやすいよう尽力してあげたりもしたのだ。しかし根っからの被害妄想男峯尾は、恩は忘れて打撃を受けたことだけ覚えていて、それをずっと恨みに思っていたのだろう。本紙の教育的指導や高説なお説教を、ペコペコ下げる頭の下で般若のような怒りの形相で聞いていたのだ。その恨みの炎が、とうとう今年になり燃え上がった。
(…といってもその炎は本紙が消す前に夜中のファミレスで姑息ビルメン峯尾自身の「涙」で消火したのだが…大泣きだったそうだ)

今度は泣いても許さん。ビルメン界追放まで糾弾をし続ける

 先日、その涙が乾くか乾かないかのうちに、峯尾はまたも警察に「被害届け」を出した。
 本紙記者吉永にしてみれば、情報提供者であり、弱った時、困った時は救ってあげ、先日には反省の涙を流したばかりの姑息ビルメン峯尾が、なんの被害受けたんだ、と憤懣やるかたない。自分の罪は棚に上げて、いうなら姑息ビルメン峯尾にとっての仲間であり恩人だった吉永に対して、何の罪で被害届けを出したか知らぬが本紙としても許さない。
 三月から姑息ビルメン峯尾の不正を暴くキャンペーンを始めた。姑息ビルメン峯尾の業界追放、螢┘爛┘爛轡の官・公社からの請け負い追放キャンペーンである。
 姑息ビルメン峯尾に引導を渡すのは当紙しかない。それだけの資料は持っている。全て姑息ビルメン峯尾から提供されたものである。…峯尾がどうやって手に入れたかは理解に苦しむ資料類だが。
 本紙吉永に対して、まだ逮捕状を持ったお巡りさん―峯尾のいう公犬―はまだやって来ていない。しかし吉永としてみれば疚しいところなど微塵もない。事情聴取は喜んで受けよう。
 そして、警察を使って本紙を牽制したつもりの姑息ビルメン男に対しては、こちらは何も悪い事をした覚えがないため、引き続き業界追放キャンペーンを行うつもりである。もちろんよりいっそう協力に―ビルメンテナンス業界の「汚れ」浄化の為
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>