ビルメンテナンス現場から見たハインリッヒの法則

ビルメンテナンス現場から見たハインリッヒの法則


 ビルメンテナンス業界に重要な法則として、アメリカ人安全技師爛魯ぅ鵐螢奪勠瓩発表した『1:29:300』という法則がある。『1の重大災害の下には、29の軽症事故があり、その下には300の無傷事故がある』という意味で、労働災害の 事例の統計を分析した結果、導き出されたものだ。これをもとにビルメンテナンス業界内で『1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある』という警告として、安全活動の中で多く採り上げられる言葉だ。日常、ヒヤリ・ハットの状態までいかないが、実は非常に不安全な状態や行為となると、相当な件数になるはずだ。現在のビルメンテナンス業界マンの安全軽視の心・行為が、いつヒヤリ・ ハットを飛び越え一気に重大災害になるかも知れない。

 『1:29:300』で表されている比率は、よく考えれば非常に高い確率で重大事故を招くことをビルメンテナンス業界全体に示唆している。いつやって来るか分からない災害を未然に防ぐには、安全軽視の心・行為をビルメンテナンス業界の一人一人が認識し、ヒヤリ・ハットの段階で地道に対策を考え、実行していくことが重要である。

 ハインリッヒの法則は労災の問題であり、今回の回転ドア事故の問題とは無関係であるという見方がビルメンテナンス業界では強い。おそらく厚生労働省のガイドラインをビルメンテナンス業界紙にそのまま載せて一件落着となるだろう。回転ドア事故は、労災ではないからビルメンテナンス業界には無関係で、ハインリッヒの法則も無関係だという考えが強い。

 このように考えればビルメンテナンス業界と無関係といえなくは無いが、最近ささやかれている、自動床洗浄機の接触事故はビルメンに無関係とはいえない。ここで初心に帰りハインリッヒの法則の目的を考えてみたい。

 本来この法則は、ビルメンテナンス業界のすべての事故を防ぐための法則ではないだろうか。1:29:300という数字はビルメンテナンス業界全ての者が自分の痛みとして感じなければ意味が無い。

 1=300として考えて初めて重大さを感じるが1=1や、1=29では重大さは感じられない。1=300を感じているのはビルメンテナンス現場である。回転ドアの使用期間が長いランドマークタワーやオペラシティは、300の認識はともかく29の認識はあるはずである。しかし、これらのクレームを認知する目や耳がないと29も300も0と同じである。そして、それらをよく知るのがビルメンテナンス現場である。地下駐車場の片隅にあるビルメンテナンス現場の声は、超高層の別棟に陣取る管理会社に届くはずも無い。その上ISO規定外となる、クレーム情報が立ち入り禁止のバリヤーで跳ね返され、ビルメンテナンス本社には届かない。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>