トラッキング現象とビルメンテナンスの責任

トラッキング現象とビルメンテナンスの責任


 工事配線のミスによる火災発生の危険性と可能性については以前、タチカワブラインド記事において取り上げたが、昨年8月、電話線におけるトラッキング現象というものが初めて確認された。トラッキング現象とは、電話線に付着した残留洗剤や埃などが原因で、絶縁が低下して電流が流れ、発火する現象である。

 火事のあった事務所では、前日にビルメンテナンス会社が床掃除をしており、その時にビルメンマンのこぼした洗剤が電話線に掛かり、出火したとされた。消防庁の実験では、電話線に洗剤を掛けると1分半後に火花が出て4分後に出火した。電話線のような微弱電流での事故は珍しい。しかし、この事故はビルメンテナンス業界に無関係とはいえず、責任の所在の明確化とビルメンテナンス会社側の防止策が重要である。

 数年前にビルメンテナンス業界をゆるがした埋め込みコンセントの内部汚れと開閉不能問題は、現在でもビルメンテナンス業界に危機感をもたらしている。ところが、火災やトラッキング現象はビルメンテナンス業界を取巻く事件として表ざたになっていない。これはビルメンテナンス業界に関わらず、都市災害の予防の見地からも危惧すべきところである。電話線ならば電流量は少ないが、埋め込みコンセントの場合は100Vであり、遥かに出火の危険が大きい。

 古いビルの場合、埋め込みコンセントの管理と責任が不明確である。ビルメンテナンス会社側としては言い出し難い。ビルメンテナンス協会がオーナー側に提案しておくのが良いが、未だにそのままである。絶縁不良が起きる場合は、剥離作業による汚水が内部に入り込んだのが原因であれば、全ての責任がビルメンテナンス現場に転嫁される場合が多いことを留意しておくべきだ。

 また、新築ビルでは見かけなくなったが、タイルカーぺットの下に使用されるフラットケーブルも、古いビルには残っている。いずれにしても、現場=ビルメンテナンス会社や清掃クルーの責任にならないように、提案書や仕様書にビルメンテナンス会社自体が率先して埋め込んでおくことべきだ。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>