ビルメンテナンス現場の肌荒れ災害
ビルメンテナンス現場の肌荒れ災害

(ビルメンコラム)

 ビルメンテナンス業の労災保険料率が引き上げられ、ビルメンテナンス業界全体で8億4000万円の負担増になる。労災防止のキャンペーンはビルメンテナンス業界内で以前から行われ、事例に学ぶ労働災害防止はビルメンテナンスに関するあらゆる記事の中でも最も幅を取っている。

 ところでビルメンテナンス業の現場で最も多い身近な災害は肌荒れだ。ビルメンテナンス業務に携わるほとんどのビルメンマンが経験している。しかし、ビルメンテナンス業務内で最大の労災―肌荒れについて、ほとんど問題視されない。おそらく転落、骨折など目に見える事故で病院に通い、休みを取る場合だけが労働災害に加えられているからだろう。ビルメン業界は、目に見える外傷に対しては労災と考える。しかしビルメンテナンス業界では業務用洗剤による手荒れや、アトピー現場での感染など、科学・化け学的というか複雑な災害には無関心である。ビルメンテナンスという仕事が、元々が3K職というか、単純な汚れ仕事ばかり請け負ってきた頭を使わない仕事だから科学に弱いというのも頷ける話である。

 また、肌荒れの原因が明確でない(ビルメンテナンス業務のせいと断定できない)ことも労災に入れられない理由である。同じ洗剤で肌荒れを起こすビルメン社員と起こさないビルメン社員がいたり、手あれ程度で労災の申請など出せるような温和な雰囲気が、過酷で人使いの荒いビルメンテナンス業界にはないことも要因だ。つい最近でも、手袋などはプロのビルメンマンが使うものでないという認識を持った監督者がいた大手ビルメンテナンス企業の現場もあった。

 ところが、国民生活センターや化成品PLセンターなどには、洗剤が原因と見られる、かぶれや皮膚障害の相談がビルメンテナンス業務の現場スタッフから多数寄せられている。中にはカーペットクリーニング後に、素足で歩いたら家族全員の足の裏が赤くなったという例や、ハウスクリーニング業者が足に洗剤をかけて重傷の皮膚障害を受けた例もある。ビルメンテナンス業界では問題にされていないが、ビルメンテナンスの清掃現場で、ほんとのところ、かぶれや皮膚障害が全くないのだろうか。ビルメンテナンスでの使用洗剤は家庭用と違い桁外れに強力なものが多い。筆者が目撃した例でも、原液の剥離剤を足にかけただけで皮膚が変色した事例もある。ところがビルメンテナンス業界では、ほとんど洗剤による皮膚障害事例や皮膚障害の災害防止キャンペーンは見かけない。


 ビルメンテナンス現場で使用されている洗剤は家庭用洗剤より、はるかに強力な薬剤が使われている。フッ化水素酸、酸性フッ化アンモニウム、塩酸、硫酸、苛性ソーダ、次亜塩素酸ソーダ、35%過酸化水素など、劇物を使用した洗剤類がある。これらはビルメンテナンスの際の外壁、トイレ、カーペットにこぼした日本茶やコーヒー、コーラなどのしみ抜きに使用されている。苛性ソーダは換気扇やパイプのつまりに使用される。

 汚れを簡単にすばやく落とすために、これらはビルメンテナンスの現場で、ますます多用されている。ビルメンテナンスの清掃現場はしみや汚れを落としていくらの世界である。また、ビルメンテナンス会社からの需要があるため販売業者も率先してこれらの洗剤を販売している。もうひとつの販売理由は利幅が大きいことである。樹脂ワックスを10缶ビルメンテナンス会社に売るより、弗酸系輸入洗剤を4Lビルメン会社に売るほうがよいとの声もある。大手洗剤メーカーはこれらの洗剤を危険性の上から販売しない。そこで輸入業者や中小洗剤メーカーの独壇場になる。最近はビルメンテナンス会社への販売先として工業用洗剤メーカーの参入も多い。

 前にも述べた通りビルメンテナンスの現場ではこれらの洗剤は必要である。問題はビルメンテナンス業者の正しい使い方と、ビルメンテナンス現場スタッフへの正確な危険性の表示と正確な内容表示である。まず危険性についての表示は劇物などの表示が赤字で小さく記載されている場合が多い。そして使用法は通常の洗剤とほとんど同じであり、劇毒物含有の洗剤でも変わらない。ビルメンテナンス現場で使う劇物より、広く家庭で使われるカビキラーなどの表示のほうが危険性を明確に表示している。

 問題なのはビルメンテナンス業務用ということが隠れみのになり、危険性をあまり説明せず、安全性を強調している点である。ビルメンテナンス現場で使う洗剤で最も危険なものはコーヒー、コーラ、ジュース、さびなどのしみぬき剤で弗酸系を含む製品であり、表示のない商品である。また、説明や使用法が正確でない事例もある。

 あるビルメンテナンス現場から問い合わせで皮膚が時々赤くなるため、皮膚科で診察を受けたら使用洗剤のパッチテストを進められた。これは腕の内側に洗剤を塗り、反応を見る方法であるが、ビルメン現場の洗剤では絶対に行わないで戴きたい。最近、女性がパッチテストを知っているのは、毛染め液の皮膚障害が多いため各メーカーがパッチテストの方法を記載しているためである。しかし、ビルメンで使用される洗剤は非常に強力な商品がありテストは危険である。いずれにしても手あれはビルメンテナンスに携わるか否かに関わらず女性にとり大きな問題である。今後のビルメンテナンス業界のクリンクルーの養成にも差し障りが出るため、安全教育にぜひ取り組んでいただきたい。

 あるビルメンテナンス会社では洗剤を)楴劼竜可を得て使用する製品ビルメンテナンス現場責任者の指示を受けて使用する製品自由に使用できる製品の3種類に分け使っている。これはよい方法である。そのためにはビルメンテナンス現場で出来る洗剤の見分け方が必要になる。この辺をもっと業界を挙げて勉強する事がビルメンテナンス業界には必要であろう。

 上記の肌荒れ問題などと同様に、ビルメンテナンス業界ではノロウィルス対策などほとんど講じてこなかった。よって、かなりのビルメンテナンス業務の現場従事者がノロウィルスに感染したと聞く。

 ノロウイルス(小型球形ウイルス)はアルコール、逆性石鹸に強く、加熱と次亜塩素酸ナトリウムに弱い。当然、市販除菌剤は効果が少ない。このウイルスは、経口感染し、同僚のビルメン社員の中に保菌者がいることも危険である。感染の危険が高い「嘔吐物、便の処理に当たるビルメンテナンス業勤務―清掃員」の現場は注意が必要である。特に病院などでのビルメンテナンスアルバイトの仕事は病人の吐しゃ物の清掃・排便処理が欠かせない―求人欄には書かれていないが―ため、ノロウィルスに限らず多くのウィルスに感染する可能性が高い。

 ビルメンテナンス業界での予防対策としては、当面は手洗いの励行であるが、次亜塩素酸ナトリウム以外の殺菌剤が必要である。ビルメンテナンススタッフに限らず、病院での院内感染が起きていることからも、ノロウィルスの消毒の困難さの裏づけともいえる。今後ビルメンテナンスの仕事は感染の防御、すなわち目に見えない汚れ(カビ、細菌、ウイルス、ダニ)の除去、ともう少し繊細な労災ケアが大きな課題である。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>