森ビル内でのウワサ話
敬天新聞に森トラストが資金提供してくれているという森ビル関係者の妄想うわさ話
そんなうまい話(↑)世の中そうないよ森ビルさん
(そうならうちとしては嬉しいけど)


 インテリア産業最大手「タチカワブラインド」を攻めている過程で、本紙の目的である手抜き工事の追及とは全く関係なしに、当事者(六本木ヒルズの森ビル・タチカワブラインド・東京ミッドタウンの三井不動産)等は専らネタ元探しで紛糾しているらしい。
 その中で、さも実しやかに噂されているのが「タチカワブラインド糾弾はダミーであって、敬天が本当に標的としているのは六本木ヒルズの森ビルであり、その情報提供者は『森トラスト』だ」というものだ。

 この噂話を紐解くと、常々森ビルに打撃を与えたいと考えていた森トラストが、敬天に情報と資金を提供し、攻め込ませているといった内容らしい。
 この話、第三者が聞けば「なるほど」と納得するだけの信憑性がある。
 それと言うのも、森稔(兄=森ビル社長)と森章(弟=森トラスト社長)の兄弟不仲は有名な話で、両者の確執は時には不動産業界全体にさえ、影響を及ぼす程と語られているからだ。
 元からして仲の良い兄弟ではなかったようだが、森ビル創業者で父親でもある森泰吉郎氏が亡くなると、箍が外れたかのように兄弟仲は一気に険悪な状況となったらしい。

森泰吉郎氏も天国で泣いている
森ビル・森トラスト兄弟骨肉の争い


 森グループのどの事業を森稔(兄=森ビル社長)と森章(弟=森トラスト社長)のどちらが継承するかで、日々兄弟喧嘩が絶えなかったようだが、結局、弟の森章が事業の半分を手にし、森グループから分離独立する形で兄弟は袂を分かつ事となった。
 この壮絶な兄弟喧嘩の末、かつては同じ釜の飯を食ったグループ内社員も森ビル派VS森トラスト派に引き離され、現在は双方が社名に森を冠し、社長が兄弟であるというのみで、一切の資本関係も有しない別企業となっている。
 この噂話は、森兄弟の確執が絡むこの辺の事情が発信源となり広まったようだ。
 しかし、一代で築き上げた森グループを、兄弟喧嘩の末に分裂されては、父親も遥か天上で嘆いているに違いない。
 バブル期には、俄か不動産屋が増殖し先を争って不動産を買い漁っていたものだが、大半がバブル終焉と共に散っていった。
 その狂宴の最中でさえ、我を見失う事なく森ビルを発展させたからこそ、森泰吉郎氏はカリスマ実業家として尊敬を得たのだ。森稔(兄=森ビル社長)と森章(弟=森トラスト社長)の森兄弟は、高度な経営術と莫大な資産を受け継いだ筈なのだが、父親の想いまでは汲み取れなかったようだ。

「敬天は森ビルとは和解」
って…デマは広がるばかり


 さて、これとは別に「敬天は既に森ビルと和解した」と、全くのデマも流布されている。
 その根拠として言われているのが、タチカワブラインドが施工参加した「東京ミッドタウン(三井不動産)」には、連日のように街宣を懸けているのに、同じく六本木にある六本木ヒルズ(森ビル)への街宣を避けているからだそうだ。
 しかし、これは単なる街宣班の都合によるもので、六本木ヒルズがたまたまルートに乗らなかったに過ぎない。当該案件については、これまで幾度も報知してきた通り、タチカワブラインドと立川装備による悪質な手抜き工事を追及するものであり、それを放置するゼネコンや施主も同罪として扱ってきた。
 特に森ビルに関しては、回転扉事故で幼子の命を奪った痛ましい過去があり、その後は安全対策強化を何より優先し、全力を注ぎ取り組むと宣言した経緯がある。
 それにも拘らず、火災発生の原因ともなる手抜き工事を指摘しようとも、企業保身にのみ目を向け、宣言したはずの安全対策を蔑ろにしているのが現状だ。これ程に不誠実で倫理に欠けた森ビルのような企業に対し、本紙自ら追求の手を緩める道理はない。

森ビルも三井不動産もタチカワブラインドも
ネタ元探しする前にやるべきことあるだろ


 同様に、街宣対象としている東京ミッドタウンの開発母体である「三井不動産」も然りだ。同物件は工事途中という事もあって、本紙からの情報提供をもとに速やかに調査を行い、既に改善工事を済ませた筈だ。だが直したらそれで終りという程、事は単純でない。三井不動産は、この件を公にすることこそ本来の役目なのだ。手抜きが常習化しているタチカワブラインドを、誰かが止めねばならない。自分等の現場さえ良ければいいとの考えでは、今後も欠陥物件は増えるばかりだ。企業に求められている社会的倫理感の観点からしても、自他を問わず非は非と認めることが大事なのだ。三井不動産が課せられた役目を果たさない限り、本紙は追及を終わらせる訳にはいかないし、当然のこと、森ビルとタチカワブラインドに対しても同様である。
 しかし、ネタ元捜しや本紙の動向を態々窺ってまで、あれこれと推測する暇があるのなら、自らの足元に目をやり胸に手をやって、自問反省するべきだろう。そうすれば、本紙のことをもう少し理解出来るはずだ。でも、ウチの古くからのファンなら「中途半端では絶対終わらない」と、思っているだろうけどね。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>