不正手抜工事疑惑事件糾弾で東京ミッドタウンへ
タチカワブラインド
(立川ブラインド工業+立川装備)
不正手抜工事疑惑事件糾弾
東京ミッドタウンへ


 本日も本紙街宣スタッフにより、日中、タチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)不正手抜き工事疑惑事件に対する糾弾活動を都内において行った。
 …といってもタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)自身は、不正不祥事が多すぎてあらゆるところから攻められ慣れているのか?不正不祥事の類の疑惑追及など日常茶飯事過ぎて社内検討するのも面倒なのか?一切知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。なので我々としてもタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)が心を改めて不正不祥事を認め、森ビル・六本木ヒルズやら三井不動産・東京ミッドタウンの住民らに危険性を公表し自ら改修工事に着手する…なんて奇特な事をするとは考えていない。

東京ミッドタウンの工事現場で

midtown それよりタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)の甘言にのせられて施工を依頼し、今後、大火災が発生した場合は牴坦下圻瓩砲覆辰討靴泙Δ任△蹐θ注企業のほおをはたいて目を覚まさせてやる方が世のためになるであろうと考えた。なので、取りあえず本日も三井不動産・東京ミッドタウン建設現場(現在工事中)に赴き

「タチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)の施工した箇所は経費削減の為の不正手抜き工事により配線がむきだしになっている。ムチャクチャ危険である。大火災が起って東京ミッドタウンが東京アッシュタウンになっちゃう前に悔い改めよ〜」

 などなどと、最近では少なくなった狆さな親切運動瓩魎差圓靴討たそうである。

 三井不動産・東京ミッドタウンプロジェクトの皆さんは、この言葉を真摯に受け止め今後、タチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)の施工した部分をきちんとした検査機関を交えるなり、別業者に発注し直すなりして安全な東京ミッドタウン再スタートを切ってくれることと信じている。

 東京ミッドタウンの現場では、街宣車から流れる慈愛に満ちた「タチカワブラインド不正手抜き工事疑惑」糾弾の声を聞いたおっちゃんやお兄ちゃん達も、自分達がそんな人命を脅かすような不正事件に加担してしまっていたのかと、自責の念に囚われ、みな肩を震わせていた…ように見えたとか見えないとか。

 三井不動産・東京ミッドタウンプロジェクト以前に、本紙がタチカワブラインドの不正手抜き工事の危険性を説き、自ら公表して改善せよと申入れていた森ビルの六本木ヒルズでは、極秘裏に再調査が行われ、業者を使って問題箇所の改修工事が行われたとかいないとか。

三井不動産までもCSRを放棄?

 タチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)という企業に対しては、利益偏重主義の上場企業にあるまじきCSRの欠落した企業だということが判明した。しかし、そこに発注する森ビルやら三井不動産といった日本を代表する優良企業まで同じような態度であることは驚きに値する。

 近年、新しい企業に対する価値基準のひとつとしてCSRのあるなしが重要な要因となってきている。

 CSRとはCorporate Social Responsibility―企業の社会的責任の略称である。投資の世界でも、目先の眼に見える急成長ぶりだけではなく長期的な視野での安全・安定・成長をCSRのあるなしにかかわる点で判断することが重要になってきている。一般大衆の監視の目が昔に比べ格段と鋭くなった現代では、CSRを無視してイケイケドンドンで喰い散らかし営業をやっていく企業は、急成長を武器に上場・資金集中→停滞→社会的責任欠落や不正発覚などのネガティブ要因で事件化→沈没、というパターンでフェードアウトしていくのが、昨今の企業不祥事ニュースなどを見ていても明らかである。

 反対にCSR―社会的責任を全うしていけば、表の社会ではプラス要因ばかりなのである。それは大変なことであるが。CSRへの積極的な取り組みは企業の「無形資産」として評価される。いわばブランド価値の向上である。安全性・環境問題・公正さなど一度おちついたブランド価値は少々のことでは揺るがない。(「世界のSONY」のブランド力も最近の事件程度では揺るがないだろう―と思う)

 CSRの高い企業にはより優秀な人材と市場からの高い評価がフィードバックされる。森ビルも三井不動産も、その点を長期的視野で考えた上でタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)との「おつきあい」を考えた方が良いのではないかな?

三井不動産・東京ミッドナイトプロジェクトと
森ビル・六本木ヒルズの六本木ビル戦争
しかし、両方ともタチカワブラインドが関わり…


 「東京ミッドタウンプロジェクト」は2003年に開業した六本木ヒルズに続き、六本木の防衛庁跡地に建設される巨大な複合商業施設。数ある東京の再開発事業の中でも最大級の計画と言われており、国有地跡地の再開発としては過去最大規模となる。森ビル・六本木ヒルズの総事業費が、2700億円といわれているが、三井不動産・東京ミッドタウンプロジェクトの総予算は、3700億〜3800億円といわれており、大きく森ビル・六本木ヒルズを上回る。日本最大の旧財閥グループ三井の底力って感じだろうか?

 森ビル・六本木ヒルズが「文化の発信拠点」であるのに対し、三井不動産・東京ミッドタウンプロジェクトは「上質な日常の提供」という明確なコンセプトの違いがある。東京ミッドタウンプロジェクトのテナント構成は六本木ヒルズとは全く異なるそうだ。東京ミッドタウンプロジェクトの開業予定は2007年3月だが、すでにオフィス棟の3/4は契約が完了している。入居するのは、富士写真フイルム、富士ゼロックス、六本木ヒルズに本社を構えるヤフーが加わった。ヤフーと東京ミッドタウンは、10フロア前後という大口のテナント契約。ヤフーは現在、六本木ヒルズに5.5フロアを使用、汐留にもオフィスを構えるなど、急速な社員増に対応するために拡大を続けている。東京ミッドタウンには、あくまでも六本木ヒルズに本社を構えたままの利用を想定しているそうだ。ヤフーはともかく、東京ミッドタウンに入居する企業はわりに堅実そうな会社が多い…ような顔ぶれが。

 そしてよびもの・目玉としては世界有数の超高級ホテルチェーン「ザ・リッツ・カールトン」や、港区元赤坂にあるサントリー美術館をリニューアルさせる「新サントリー美術館(仮称)」、東急ストアの高級スーパー業態「プレッセ」、全米ベストホスピタルランキングで15年連続1位と獲得しているという「ジョンズ・ホプキンス・ホスピタル」の協力によるメディカルセンターなど。

 商業店舗数は「六本木ヒルズ」の半分程度になるようなので、観光地化した六本木ヒルズよりは、もう少し格調高く落ち着いた施設になりそうだ。「JAPAN VALUE」というビジョンのもと、東京一高いビルとなるメインタワーと広大な緑地が設けられる、新しい東京の顔にすると三井は意気込む。

ザ・リッツ・カールトン東京

 三井不動産・東京ミッドタウンプロジェクトの最高の目玉は、ラクジュアリーホテルであるザ・リッツ・カールトン東京であることは、間違いない。

 ザ・リッツ・カールトン東京―このリッツ・カールトンは、マリオットグループの保有する最高級ブランドとして、世界でも最高級ホテルとして認識されている。ザ・リッツ・カールトン東京は、250室程度のホテルになるようで、ミッドタウンタワーの上層階に入居する。ザ・リッツ・カールトン東京の客室料金は、東京の最高級ホテルとも呼べる金額になる。マリオットグループは、すでに大阪で、ザ・リッツ・カールトン大阪のオペレーション及び、集客に成功した実績もあり、強気な値段設定でも自信を持っている。

 何より、世界最高級のホテルが東京一高いビルとなり日本の顔となる(を目指してる)場所で営業するのだ。その超高級感を味わうのに、よそのホテルの宿泊料金と比較をすること自体ナンセンスだろう。


 マリオットグループ本部も社運がけだろう。そんなザ・リッツ・カールトン東京のインテリア部分の配線だかなんだかはどこが請け負ったのだろう?

 考えたら、ザ・リッツ・カールトン東京は東京ミッドタウンプロジェクトの一群の中の一個なのだから、同じタチカワブラインドの不正手抜工事配線のショートにより、将来の東京ミッドタウンプロジェクト火災が起きたときには被害を受ける。東京ミッドタウンの一番高い中央棟の上階部分なんだから当然だ。

 燃える時は他の会社も燃えるけど、しかし、他の企業の多くは、(外資系もいるけど)日本企業で、そのまあ、高級感とかそういうのを売り物にしてるわけではないし、ザ・リッツ・カールトン東京のような宿泊を目的としたものでないから火事のおこる夜には人はおらず人災は防げるし、三井不動産が更生して、今からでもちょいちょい工事させてください、とか言えるんじゃない?かな?

 でもしかし、ザ・リッツ・カールトン東京は外資系の超高級ホテルなのでシビアなんじゃないかな限りなく。イメージが一番だしね。スタートしちゃったら配線工事やり直しうんぬんは無理だろう。もし、ザ・リッツ・カールトン東京の中のインテリア配線が炎上しちゃったりしたら、タチカワブラインドがブチつぶされるのはともかく、その火の粉が三井に降りかかり三井が大火傷をしないとも限らなかったりするのでは?

今後も不正手抜工事疑惑事件関係物件の追究を進めます

 ところでCSRの真っ反対を突き進むタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)だが、さすが不正手抜きで経費を浮かさせられる分、資金面での融通が利くのか凄い企業群の施工を受注している。今月号にも記載したが新丸の内ビル(三菱地所設計)、丸の内トラストタワー(森トラスト)、コンラッド東京ホテル(森トラスト)、羽田空港第2ターミナル(日本空港ビルディング)、そしてなんとなんと「首相官邸」までもタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)に手抜工事を発注している。これらは単にタチカワに工事を発注している企業を並べたのではない。タチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)に工事を発注し、なおかつ不正手抜工事をしていると判明している企業なのだ。 
 我々としては今後もタチカワブラインド(立川ブラインド工業+立川装備)の不正手抜き工事疑惑事件を世に知らしめるべく、上記物件のみならず、あらゆるタチカワ物件に目をむけ鋭意取材してゆく所存であります。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>