蠹賤亮其箸目黒区の業務委託を突然辞退
原因は目黒区の担当職員が出入り業者を強要したため?
今回は「目黒区総合庁舎」・目黒区役所目黒区職員にまつわる不正疑惑をご報告致します。

写真(上)は疑惑の「目黒区総合庁舎」
写真(下)は目黒区長・青木英二
東京都目黒区総合庁舎 目黒区役所が大変な事態に陥っている。18年度、つまり4月1日から「目黒区総合庁舎」の管理業務を委託するはずだった蠹賤亮其箸、何を血迷ったか目黒区総合庁舎業務開始の4日前にあたる3月28日になって、目黒区庁舎管理業務の辞退を目黒区に申し入れたのだ。目黒区庁舎管理業務辞退が告げられた当日においても、同社の社員が目黒区庁舎内で新採用の面接を実施していたというから、目黒区庁舎管理業務辞退決定は突然であったことが伺い知れる。ただし、4月1日を目前にしたなかで、目黒区庁舎管理業務遂行に必要な人員を殆ど確保できない状態にあったようで、どっちにしろ目黒区との委託契約を放棄せざるを得ない状況であったというのだ。

 また、突然の目黒区庁舎管理業務辞退に至った経緯に、お手盛り業者の使用を促す等の、目黒区担当職員の執拗なまでの「口出し」に、同社が辟易し耐えきれなくなったと、何ともきな臭い噂も目黒区総合庁舎周辺で囁かれてもいる。何れにせよ目黒区といった公的機関との取引において、目黒区庁舎業務開始直前の辞退といった「暴挙」にでた以上、同社の業界内での信用は地に墜ちたといってよいだろう。今後、目黒区はもとより他の官公庁関係の指名選定にも、悪影響が及ぶのは避けられない情勢だが、それだけのリスクを覚悟してでも、同社が辞退を選択した背景には、噂通り発注者側の目黒区にも何らかの原因があると見るのが妥当ともいえる。しかし、この目黒区役所との取引・「目黒区総合庁舎」の管理業務辞退に絡む疑惑の真相は兎も角とし問題はこれからである。

目黒区長青木英二 目黒区は苦肉の策として、入札での次順位であった「東京ベイサイドビルサービス協同組合」に、「目黒区総合庁舎」の管理業務契約を打診したのである。常識からいっても、準備期間が僅か数日のなかで仕様書通りの庁舎管理業務など出来るはずもないのだが、同組合はこれをあっさりと引き受けた。結果、当然、目黒区総合庁舎管理業務は機能せずであった。70人程の作業員を要する目黒区総合庁舎管理業務に、4月4日現在でも31人(当紙調べ)しか、目黒区総合庁舎の現場に配置することが出来なかったのだ。なかでも、目黒区総合庁舎内の庁舎内案内業務に至っては、人員不足を埋めるために数名の目黒区職員が代りを勤めている。目黒区職員としての通常業務に加えて、「目黒区総合庁舎」の管理という余計な仕事まで加わってさぞかし大変との見方も出来るが、裏を返せば普段から「暇」であったともいえ、図らずも目黒区職員の怠惰な日常を垣間見ることとなった。

 ただし、目黒区庁舎内案内業務のように目黒区職員が代行可能なものとそうでないものがある。警備業務などはその最たるものといえる。ところが、肝心要の警備業務が殆ど穴だらけというから、始末におえない。しかも、単純な欠員でも警備上では大きな問題なのだが、警備業法に定められている「新任研修」を実施しないまま「目黒区総合庁舎」に現場配置するといった、法令違反を犯している可能性もあり、しかも、その事実を目黒区が黙認しているとさえ疑惑が膨らんでいる。ともあれ、当分は目黒区の混乱は納まりそうもなく、当紙も目黒区総合庁舎管理業務受託自体の謎に端を発した、目黒区の行政疑惑の監視を強化するつもりである。つづく



Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://brog.keiten.net/trackback/312781
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>