【寄稿】神社本庁を襲う防雨風、神職腐敗の病巣をえぐる!“千矛社 社主 犬塚博英

【寄稿】八千矛社 社主 犬塚博英
神社本庁を襲う防雨風、
神職腐敗の病巣をえぐる!


かってない暴風雨が神社界を吹き荒れている。今春から猛威を振るうコロナ禍による神社(門)閉鎖、祭りの中止のことだけではない。全国八万神社を包括する宗教法人「神社本庁」(田中恆清総長=石清水八幡宮宮司)が幹部職員を解雇したことによって、解雇無効訴訟を起こされた。その裁判の過程で本庁首脳部の利権疑惑構造や強権組織運営法などが明らかになり、マスコミでも盛んに報じられてきた。有力神社の離脱や、幹部職員の不倫、ひいては役員の自殺まで起きた。神社本庁創設以来の不祥事の続出にもかかわらず、田中総長や「黒幕」と目される打田文博神道政治連盟会長は逃げの一手で公開の席上で疑惑に答えることはない。何故にここまで神社界は腐り果てたのか。

ことの発端は神奈川県川崎市にあった本庁職員の百合丘職舎売却をめぐる不透明な取引にある。鉄筋4階建て3LDKファミリータイプ21室、20所帯の職員家族が住む宿舎を、老朽化が進み維持費が嵩む、職場の本庁(代々木)まで遠いという理由で、売却話が持ち上がったのが平成26年春辺りのこと。宗教法人の基本財産の処分に関しては厳密な規定が定められ、合い見積もりを取る、競争入札などの公正公平性を必要とする。にもかかわらず、関連施設売却で実績があったディンプル社(高橋恒雄社長)を田中総長や打田会長が名指し(推薦)、合い見積もりをとることもなく、不当に安い価格で払い下げられた(H27・10・30、1億8400万円)。ところがディンプルは中間省略して即日「クリエート西部」に2億1240万円で転売、しかも八千代銀行により極度額3億円の根抵当権が設定された。この建物は半年後に大手ハウスメーカー「中央住宅」に3億500万円で売買されている(H28・4・28)。本庁顧問税理士や取引信託銀行の評価では2億5千万円前後との報告書もあり、典型的な土地転がしと指摘する弁護士もいて、本庁幹部職員である稲、瀬尾両部長は不信疑惑の念を強めた。田中総長、打田会長という神社界のツートップと、ディンプル社など日本大学レスリング部OBとの密着ぶりは相当古い関係があるようだ。

両部長は中野、青山にあった職舎も取得価格を大幅に割った値段でディンプルに売却、即日転売されていたことや、本庁関連財団の資産売却では、ディンプルに本庁が資金保証したり、移転先に購入に際し反社会的勢力から街金並みの高利の資金を導入していたことなどを知り、疑念を一層強めた。稲部長はナンバー2の副総長や責任役員の理事などに資産売却疑惑を記した文書(「檄」)を手交し、本庁機能の正常化を図ろうとしたが、このことが表面化して稲氏は懲戒解雇、瀬尾氏は降格減俸処分が下された。(H29・8・25)

これに対し両氏が懲戒解雇無効確認訴訟を起こしたのが平成29年10月17日、同年11月30日に第一回口頭弁論が行われ、以来弁論準備書面手続きなどが行われ、コロナ禍による裁判の遅延などもあり、丸3年を費やして去る10月20日に最終弁論で結審した。最終弁論と言っても民事裁判は原告、被告双方が法廷で弁論を戦わせるわけではなく、「最終準備面」を提出するのみである。
原告側は裁判終了後、法廷隣の控室で塩谷崇之弁護士(秩父今宮神社宮司)始め弁護団が支援者や希望者に弁論書面の内容や被告側の主張、裁判長の和解案の取り扱いなどについて一時間以上にわたり説明会を行った。一方被告・神社本庁側は一切の取材を拒否し、裁判の経過についても神社関係者に対し明らかにしてこなかった。

三年の間に神社本庁の組織は劣化が進み、本庁は機能不全に陥っている。本庁職員の相次ぐ退職、有力(別表)神社の離脱(京都・健勲神社、金刀比羅宮)、本庁幹部職員の不倫・ラブホテル報道と幹部(神社庁長・理事)の自殺、愛知県神職による田中総長を地検特捜部に刑事告発する前代未聞の事態(告発は不起訴、告発者は検察審査会に不服申し立て)など、目を覆うばかりの惨憺たる事態が出来している。衆目が見守る判決は来年令和3年3月18日。神社本庁をめぐる疑惑を出来るだけ分かり易く伝えていきたいと思う。

--------------------------

【敬天コメント】

右翼陣営では神社界に一番詳しい犬塚先生が署名入りで記事を書いて送っていただいた。私が神社界に関する投稿記事で名誉棄損で事情聴取を受けることになったので、急遽の投稿になったようだ。

レスリングのOBというのは、福田富明日本レスリング協会会長のことである。飲料水自動販売機を日大に独占的に入れて企業収益が伸びてる人であるが、神社界でもトップからの紹介で自販機設置を独占してきたと噂されていた人である。

福田富明氏は山口組の大石誉夫組長と親しいと噂のある人だった。今の時代でいえばアウトな人であろうが、本人は企業家然としている。一年前まではJOCの副会長でもあったのであるが、東京オリンピックを迎えるにあたって、反社との付き合いのある人たちは後難を恐れて静かに形だけ去ったようである。

つまらぬことで身を滅ぼさないように、独占も程々にが良かろうと思いますすよ。

文責・法的責任・掲載責任・白倉康夫

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>