【投稿】(第五弾)京都市立芸術大建設工事入札を巡る市政の混迷 その真相を追う
【投稿】本紙の予想的中 入札不成立!!
京都市立芸術大建設工事入札を巡る市政の混迷 
その真相を追う
(第五弾)


投稿者=京都の見張り番

京都の夏の百鬼夜行は秋風が吹いても終わらないようだ。市政に入り込んだ妖怪と鬼たちが秋の夜に生臭い風で京都の闇をより深めている。住民は「市政に鬼が入り込んでいる。」と言う。

京都市のスケジュール通りならば、京都市立芸術大学の建設工事は8月31日〜9月2日に入札で翌日3日に開札だった。しかし、この入札は不調(不成立)となり、未だ再入札の日程も決まっていない。この前代未聞の珍事に市は十分な説明をできず、確実に何かを隠していることを人々は感じている。

最初から事情はあきらかだ。大学建設の予定地は京都駅前の「日本3大部落」である崇仁地区。崇仁地区ではバブル時代から土地の利権と開発を巡ってたびたび血の雨が降る、いわくつきの場所だからだ。

「無防備かつ無邪気で名誉欲に駆られただけのお坊ちゃん育ち。門川市長は、事態を甘く考えすぎて危険な『雨雲』を呼び込んでいる」(筆者のグループの市民の一人)
危険な雨の前の前兆、これは京都市民の多くが感じていることだと我々は危惧している。

これまでの経緯でも、JRの京都駅の目の前という開発の好立地であることから、バブル期には隣接地を消費者金融トップ(当時)の武富士が地上げをして土地を所有し、開発利権を狙っていた。地上げをした地元の同和解放団体「崇仁協議会(*現在は崇仁・協議会に改名)」が所有した巨額の金と開発利権をめぐるヤクザの抗争事件があり、多数のヤクザの血が流れ、崇仁協議会の役員も殺された。現在も水面下では終息していないと筆者も周辺市民も認識している。
「何も終わっていない。少なくとも十数人が命を落としている。特に武富士が所有していた崇仁地区の隣接地である材木町の土地は『呪われた土地』と呼ばれ、未だに開発に至っていないんです」。
呪いは簡単には解けそうもないと筆者周辺の住民たちは言う。

「京都市立芸大建設詐欺」で4人の自殺者が出ている

この京都駅前の崇仁地区9万坪の開発も野中広務議員が官房長官だった頃に具体化が垣間見えたことがあったが、その後、頓挫したままである。その崇仁地区に京都市立芸術大学の移転が発表されるや、崇仁地域で詐欺を繰り返すヤクザ崩れの詐欺師がにわかに急増殖した。にわか詐欺師たちは「芸大の建設全てを京都市から委任されている」と主張して市の偽造文書と京都市長の偽造印を押して詐欺を働き始めた。無防備かつ無邪気な開発話を京都市が放置している間に、工事への優先参加権(ウソ)などをエサにカネをむしる詐欺が始まったのである。

この「京都市立芸大建設詐欺」ではウソによって多額の金をむしり取られた被害者が、この2年で4人も自殺している。すでに血の雨は降っているのである。これだけの犠牲者が出ていながら、無視して工事の入札まで無理やり進めた京都市と京都市長に責任はないと言えるのだろうか? また、その責任は追及されないと思っているのだろうか?
(政府が脱ハンコを進めるさなかに、時代に逆行して偽造の京都市長印は使われ放題。これで自殺者まで出ているとなれば、京都市も京都市長も脇が甘いと言われても仕方がない)

京都市立芸術大学の入札について、筆者は入念に聞き取り調査をして既に8月18日(水)〜20日(金)、9月2日(水)の計4回、「敬天新聞ブログ」に掲載をいただいた。その記事の中でキーマンになる3人と、京都市にも聞き取りを試みている。新聞社や雑誌記者にも協力いただき、「9月3日の開札はどうなったか?」を問い合わせたが、京都市はどこからの問い合わせに対しても「4日からホームページで閲覧できます。今般、建設事業においては不成立となり、今後はこれから検討いたします」とお決まりの回答を繰り返したという。もちろん、「なぜ、不調(不成立)となったのか?」とも問いについては理由説明も回答もしていない。(市民からの問い合わせはもっとそっけないものだった。)

筆者は「敬天新聞ブログ」への投稿記事内容には長期間の聞き取り調査で確信を得ており、記事で公開しなければ落札業者は記事掲載通りの企業に決まっていたであろうと確信している。
秘所を公開され慌てて隠して一時逃れの不成立にしたのであろう。

市庁舎内にも疑念を持っている複数の京都市議会議員、市職員らがおり、京都市の公式メンバーに名前を連ねている「崇仁自治連合会」奥田正治会長が、暴力団、会津小鉄会と長年にわたり密接な関係であるという事実に行き当たっている。コンプライアンスへの疑念は、特に建設事業からの暴力団排除を掲げている京都市(*注・平成24年10月1日施行「京都市暴力団排除条例」)にとっては自らの宣言を全否定しかねない事態に至っているのである。真面目な行政の現場からすれば、お坊ちゃん育ちの市長の甘過ぎた見通しと名誉欲は、迷惑極まりないものであろう。


キーマン2人は逃走と居留守

筆者が聞き取りを試みた3人のキーマンの中で、最も注目したのは、もちろん暴力団との関係が明らかな奥田正治氏(*京都市の公式メンバーで官製談合に加担疑惑のある「崇仁自治連合会」会長)。彼からの聞き取りは注意が必要だったが(奥田正治、崇仁自治連合会会長の後ろ楯、会津小鉄会の暴力団員から直接襲撃される恐れがあり、警察にも連絡した。筆者は1人ではなく同行者に新聞記者と当グループのメンバー1人を加えた3人で自宅を訪問した。最初の訪問時、家族らしき人から「いません」と言われ、電話取材に切り替えたものの電話には出なかった。二度目の訪問からは応答すらない。京都市の公式メンバーの一人が暴力団との関係を問われているのにこのように対応せず逃げ回っている、これが京都市の選んだ中心的人物の悲しい現実である。

もう一人のキーマン、「全国自由同和会、京都府連合会」上田藤兵衛会長への聞き取りは、全国自由同和会京都府連合会に複数回訪ねたものの、「いません」との返事ばかり。もともとは上田藤兵衛本人が代表者であった(株)若藤、国土建設協同組合にも電話、訪問したが「上田会長は、現在は弊社に所属しておりません」とそっけない回答が返ってきた。

どうも居留守くさいのだが、雑誌記者からは「上田は宗教団体を買って教祖さまになっている」という近況を聞いた。上田藤兵衛氏は殺人まで犯した本物のヤクザという経歴を持ちながら、出所後に同和団体のボスになり、今度は宗教団体をカネで買って表向きは「宗教団体の教祖さま」として、おさまり返っているという。

上田藤兵衛氏は六代目山口組体制となってから、五代目山口組体制時のように自分の思い通りにならず、会食時に「脅された」と警察に駆け込み、上田に訴えられた六代目山口組ナンバー2をはじめ、大物ヤクザたちは逮捕されたことは全国ニュースとなった。現在でも24時間体制で警察が上田のボディーガードをしている。しかし、長年にわたり同和利権を食い物にしてきた上田藤兵衛氏は、(株)若藤の番頭である奥田和也や娘婿の山口勝広に指示して、金儲けには抜け目がないらしい。何とか上田藤兵衛氏から京都市立芸術大学の建設工事についての話を聞きたかったが、崇仁自治連合会の奥田正治会長と同じく一度たりとも、直接の聞き取り調査がかなわなかった。(陰に回って何事かを企てる人物たちは市長とは握手し面談するようだが、市民・住民と直接、対面するのが怖いのだろうか?)

残り1人のキーマン「崇仁・協議会」川村眞吾郎会長は今般協力してくれた雑誌記者が携帯番号を伝えてくれて、直接、連絡がついた。聞き取り前の対応の概略(挨拶等省略)は以下の通り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連絡者(筆者)
答(川村眞吾郎・崇仁・協議会会長)

筆者:ご連絡いたしました理由は直接、聞き取りさせていただきたいからです。「敬天新聞」掲載・投稿者の「京都の見張り番」です。
川村氏:投稿記事、読みました。何より「敬天新聞ブログ」に掲載されたことに驚きました。私の知己の記者が私の元従業員の悪事を糾弾する記事の掲載をしていただいていますので、それが寄稿先選択の原因ですか?

筆者:敬天新聞社は特別なメディアです。決して軽く見ているということではありません。コンプライアンスの時代と言いながら、やはりヤクザが出てくる記事は、現在、山口組の分裂などから神経質になっていまして、当たってみたものの、どこも掲載はしてくれませんでした。

川村:そうですか。敬天新聞社の白倉康夫社主は、記事の文中にヤクザが出てきても、筋が通っていて、悪事を白日に晒すためなら信念を持って力になってくれる、男気のある方です。
経緯は了解! 率直な聞き取りなら応じますよ。

キーマンの最後、川村眞吾郎、崇仁・協議会会長は電話で連絡がついて、後日、電話ではなく面談での聞き取り応じてくれた。

(*次号で聞き取りへの回答と水面下の状況を掲載予定)



 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>