ミネルヴァ法律事務所のサラ金上がりの非弁広告屋
ミネルヴァ法律事務所のサラ金上がりの非弁広告屋

広告屋が弁護士事務所を仕切っていると言うのが、そもそもの間違い。広告というものは、依頼者から頼まれて作るもの。あくまでも広告料は、売り上げの中の何%とか、儲けの中の何%とか、を当てるものであって、広告会社が依頼経営者を凌駕する経営と言うのは、あり得ない。これは弁護士事務所に限った話ではなく、全ての広告を扱う商売についても言えることである。

電通も本来は広告を扱う会社であるが、賄賂の渡し役、貰い役などの活動をするので有名である。所謂、ロビー活動というやつである。今回、持続化給付金事業の委託手続きにおいて、電通とパソナが経産省と三蜜出来レースで、ネコババピンハネしていた実態が暴かれた。これは国と一部民間の癒着なわけだから、これこそ野党は、徹底して追及すべきである。

スケールは違うが、ミネルヴァ法律事務所の破綻は、相談依頼者の預かり金を食い物にしてるわけだから、詐欺罪として、十分刑事事件化してもいいのではないか?管財人は或いは弁護士会は、告発すべきであろう。

最近のテレビ広告も、一部の弁護士事務所では、債務者を煽ってるような、広告が非常に多い。中には一日何十回も広告を流してる事務所もある。あれなんか、とても弁護士さん本人が依頼して流している広告とは思えない。まるで商売屋さんである。弁護士としての矜持など欠片もない感じを受ける。時間が無いので急げ、急げと言ってる感じなのである。

ミネルヴァ法律事務所の広告を仕切っていた兒島は、広告屋の範囲を超えない範囲での介入であるとの言い分であるようだが、武富士で覚えた金貸し業、生まれ故郷での金貸しスタイルなど、そこから独立しての「過払い金請求業」(これは弁護士にしかできない仕事)の最たるものではないのか。

流れを考えれば、一般に元サラ金業者上がりの「辞め金」業者が非弁活動を「広告屋」に特化しただけの姿じゃないのかい?それから、都合の悪い会社を、潰したり合併させたり、名前を変えたり、移転させり、役員を換えたりとかしたら、未必の故意とか、名前は知らないけど、何か罪になるんじゃないの?

売ってる盛りの時は、先輩の話にも耳を傾けないのが、人の常だよなー。ただ、驕り高ぶっていると、何処かで大どんでん返しが来るのも、また事実であることも忘れないがいい。武富士の大先輩の藤川君なんか、稲川会にも後藤組にも命を狙われながらも、武井会長を守ったものだよ。まだ武富士が上場する前の話だけどね。

何で、こういうのを弁護士会はもっと厳しく取り締まらないのだろう?放置するから、どんどんつけあがってくるんじゃないの?結果的に食えない弁護士を救済してることになってるから、一概に悪いことばかりではないという解釈なのかなー?弁護士の救済よりも依頼者の金を食ってる(ネコババ)という現実を見れば、どう考えても詐欺と思うけどなー。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>