IR汚職の偽証依頼で逮捕の3人組
IR汚職の偽証依頼で逮捕の3人組

「IR汚職で偽証依頼か、報酬申し出、3人逮捕。東京地検」という見出しを時事通信が配信していた。秋元司議員が収賄罪で逮捕・起訴された事件で、中国企業「500ドットコム」社側の被告に対し、公判で有利になるよう証言してくれれば、報酬を払う約束をしたという、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪で三人が逮捕されたらしい。

逮捕された3人の中に佐藤文彦と言うのがいたのだが、これは弊紙で過去に叩いたデート商法の達人だった松尾真一の仲間だった佐藤文彦かなー? 佐藤文彦は現役の自衛隊員をそそのかして自衛隊員14万名分の名簿を手に入れたとして逮捕された過去があるインテリ詐欺師である。またスルガ銀行の行員と組んで、安い不動産を高くローンを組んで、大儲けしていた男でもある。

当時は、スルガ銀行の頭取にまで手紙を出して実情を知らせてあげたのに、結局は目の前の金儲けや実績を上げるのに狂ってしまって、弊紙の忠告も聞かないから最後は、岡野一族の崩壊に繋がってしまった。

詐欺師連中が入りこむと言うことは、組織にスキがあると言うことである。コンプライアンスがきっちり守られ、普通に商売がなされていれば、そうそう詐欺師連中がつけ入るスキはないのである。どこかで無理をしたり、上が傲慢であったり、自信過剰であったり、理由はさまざまであるが、最近ではコロワイドの蔵人金男会長が、単純なM資金詐欺で31億も騙し取られたのもいい例である。

今回の逮捕された三人の中の淡路という男と、佐藤文彦は「桜を見る会」に招待されていたらしい。総理主催の会合に「招待される」ということは、詐欺を行おうとする者からすれば値千金の「お墨付き」を頂くようなものである。

今回の佐藤や淡路が声をかけた行為を誰が依頼したかである。口説かれたと言う側の紺野が被害届を出したと思われるが、これが成功して得をするのは単純に考えれば、秋元司被告議員であろう。

佐藤は最初1000万円を提示し、次に2000万円を提示している。金に糸目をつけない話し合いぶりから、そうとうな金主が背後にいると思われる。金主の目的はなんだろう?単純に秋元司被告議員を救済することなのか、もっと大きな目的が隠されているのだろうか?

しかし、この策略がバレて買収を実行しようとした者が逮捕されたことは、秋元司被告議員にも多大な悪影響が出よう。先ず、現在保釈中の身である立場が「取り消し」になる可能性大である。本人は当然、関係者(紺野等)との接触は禁じられてるからしないだろうが、仮に佐藤等が勝手にやったとしても、検察側から見れば「意を通じていた」と解釈するだろうし、裁判所もそのように解釈する可能性は高い。

秋元司被告議員と塩田大介氏との関係は有名である。塩田大介氏は青山メイランドの出身で、佐藤文彦被疑者も青山メイランド出身らしい。青山メイランドの西原良三社長は、去年だったかタレントの女性を強姦したとか、しないとかの問題で、二か所から恐喝された被害者として話題になった人物である。西原良三社長がスポンサーだろうか?

一方で、淡路被疑者は萩生田光一文科大臣と関係が深いという情報もある。萩生田氏の後ろには安倍総理が控えている。とは言っても、こんなリスクの高い悪質な行為を、官邸がやるわけがない。上手く成功したら、後で評価されることにはなるだろうけどね。

それにしても、この作戦誰が考えたか知らないけど、無謀すぎたなー。金で落ちると思った紺野被告を舐め過ぎた感じがするなー。少し情報を集めてみるか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>