東京ミネルヴァ法律事務所の弁護士
東京ミネルヴァ法律事務所の弁護士

ミネルヴァ法律事務所の川島弁護士のNHKのインタビューを見た。闇金屋が支配した非弁屋の過払い金請求と全く同じ構図で、過払い被害者が少なくなり、名簿も入らなくなったので、あからさまな公告で過払い請求者や国に請求できるような被害者を募集してるだけではないか。

これが事件にならなかったのは、川島弁護士を始め、ここに関わった弁護士にも責任あるのは当然であるが、兒島勝社長の用心棒をしてきた中村弁護士と言うヤメ検弁護士にも大いに責任はあると思う。川島弁護士は第一弁護士会にも事前に「預り金が使いこまれている実情」を相談に行ったようであるが、第一弁護士会が「自分たちの責任」ということで、相談に乗ってくれなかったという話もある。

もしそれが事実であるなら、被害金額が増えた原因は弁護士会にもあろう。相談を受けた時点で直ぐに公表して、ミネルヴァ法律事務所に「中止命令」みたいなものを出していれば、被害金額も確実に減った筈である。川島弁護士にも多大な責任はあるが、この事実を告白した勇気には拍手を送りたい。

ミネルヴァ法律事務所ほどスケールは大きくなくとも、このような形で弁護士事務所を支配している事件屋やサラ金業者は他にもあるらしい。テレビや週刊誌などで異常な過払い金請求広告を打ってる弁護士事務所などは、間違いなく弁護士じゃないオーナーが居る可能性が高いようである。

非弁行為に当たらなければ問題はないだろうが、預かり金のネコババ(かっぱらい)は、弁護士であっても、広告屋であっても、金貸しであっても、明らかに犯罪である。これを知ってて守る立場の者も「ほう助」に当たるんじゃないの? ところで、何で弁護士会はこういう事実を隠そうとするんだろう。「弁護士会にこういう不忠、不正義な者はいない」と言うことにしたいのだろうか?

しかし、現実に懲戒を受ける弁護士がいるのは事実だし、それよりも弁護士界に「弁護士免許もなく、弁護士の信用を貶める行為をして、金だけを求めて侵入してくるよそ者」を排除することが大事だと思うのですが如何でしょうか? 確かに食えない弁護士を助けてるような行為に見えなくもないが、しかしその被害者は、正義の実現を旨とする弁護士に助けを求めて来ている依頼者です。

結果としてその依頼者を裏切ることになるのです。NHKも独占インタビューするのであれば、もう少し突っ込んだ放映をして欲しかった。おそらくもっと突っ込んだ取材も取れてる筈であろうが、今後の裁判などへの影響も考えての無難な放送に抑えたのであろう。実質的なオーナーであったと言われている兒島勝社長の動向も見逃せない。

また関係した弁護士の中には、全ての責任を川島弁護士に押し付けて逃げる者もいるかもしれないので、そちらの監視も必要だろう。川島弁護士もこの際、ありのままの真実、事実を隠すことなく証言することが弁護士としての義務であろうし、被害者に対するせめてもの謝罪でもあり、懺悔になるのではないか。弊紙に関係資料も多数投稿されているが、名誉棄損に当たる文言も多数含まれているので、精査・検討して判断する。


第198回 記者クラブ楽屋裏座談会・更新しました!(click)


 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>