お国柄と多様な精神文化
お国柄と多様な精神文化

国や県からの外出自粛、自宅待機の要請を守り、毎日時代劇を見て演歌を聴いて、日本の文化を今一度取り戻したねー。そういう国民は多いんじゃないのかなー。東映オールスター時代劇はいいねー。杉良太郎の遠山の金さん、中村吉右衛門の長谷川平蔵、中村梅雀の伝七捕物帳、仲代達也の雲霧仁左衛門、仕置き人、忠臣蔵、新選組等。

立場や環境は違えど、日本人が持つ公衆道徳、仁義、勇気、勧善懲悪、勤勉、努力、恩返し、仇討ち、防衛、助け合いなどの教えがたっぷり詰まって、楽しみながら、自然と身に付き、勉強になる娯楽番組である。

麻生太郎副総理はこの事を、(他国とは)「民度が違う」と言いたかったんだなー。いつも言葉足りずで誤解を受けたり、たとえ心に思っていても大人として言葉に出さない方が得するような場面でも、つい我慢できないのかポロっと本音が出てしまうのが、この方の特徴である。正直と言えば正直な人なのだろう。

日本文化の良さをアピールしているつもりの表現なのであろうが、人の考えはそれぞれだから、悪く悪く解釈して発表する者もいるのである。だが、今では打たれ強くなって、「民度が違う」ぐらいの表現ぐらいでは、びくともしないのである。

先日、インドネシアで16歳の妹を、兄二人が鉈で首を切り落として殺したという事件があった。理由は、この妹がおじさんに当たる男性と性交をしたからだった。日本人の感覚では、先ずは16歳の未成年の娘に手を出したおじさんが逮捕され批判される存在で、娘さんは被害者として扱われ保護されるだろう。

ところが殺人を犯した兄たちの言い分が「名誉殺人」と主張しているという。詳しくはわからないが、「名誉殺人」と主張するぐらいだから、「殺すに値するぐらいの恥ずかしい家の名誉を傷付けた行為を妹がした。だから我々は妹を殺すことで、辛うじて家の名誉を守ったのだ」と言っているのだろう。

日本人の感覚では、「まだ未成年の妹に手を出したおじさんが許せないから、殺した」という事件の方が、理解を得れるような気がする。インドネシアの文化の中に、男尊女卑の強い差別があるとか、長幼の序の感覚が日本の江戸時代ぐらいの強さで残っているとか、そういうその国の伝統文化を野蛮と切り捨てるのか、民度が低いと理解するのかは、人それぞれであろう。

とりわけ男女差別が強い国であるインドの伝統には驚くばかりであるが、どこまで口を出していいものやら、他国の伝統文化だから口を挟むべきでないとするのがいいのか、難しいところである。それにしても日本の伝統文化は素晴らしいものが多いねー。国はもっと自信を持って時代劇チャンネルを推奨すべきであると、思った次第である。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>