物言わぬ自民党議員に猛省を促す

物言わぬ自民党議員に猛省を促す

あんな偉い人でも、国民の反発を食うと辞めざるを得ないんだなー。具体的な切っ掛けは「賭け麻雀」ということになってるが、その前からの安倍政権への忖度に対する官僚への批判がボディーブローになっていたのは間違いない。

東京高検の検事長と言うのは、日本全国の検事さんたち全ての中で、順位的に第二位の立場だそうである。一般の人には検事さんというのは、裁判の時に犯人を追及する側の人(従って正義の人)というイメージがあるぐらいで、実態はよくわからない人が多いと思う。

筆者などは常に訴えられるリスクと隣り合わせの記事を日頃書いているので、身近な存在の偉い人である。本格的な裁判をするかどうかを決める(起訴)権限を持ってる人だから、敵には回せない人たちである。

あくまでも法の下において調べられ、判断されるというものの、その人によって解釈は様々なところがある。要するに判断と言っても上下左右の巾がある。そのどの部分を逮捕者に当てはめるかの裁量権を持っているので、逮捕されたり、書類送検されたら、検事さんの匙加減ということになるのである。

黒川氏のことは、さすがのマスコミでさえ、一社、二社ぐらいでは恐る恐るしか記事にできなかった。本来なら「黒川氏の個人的な定年延長を閣議決定した時」に、大きく問題提起するべきだったろう。

一応記事にはなったが、一般人に意味があまり理解しにくかったのと、その重大性を強調して何度も何度も疑惑を訴えるところが少なかった。黒川氏自身も露出が多くなるようになって初めて、国民が危機感を持ちだした。

やはり検察官という立場は世の中の「黒子」的なところがある。表舞台に立つ存在ではない。今の黒川氏は「幽霊の正体見たり枯れ尾花」状態になってしまっているから、怖さがない。ましてや、もはや検察官ではなくなった。

弁護士資格はあるだろうが、検察庁に顔の効かない元ヤメ検という烙印を押されたのも等しい状況である。そうなれば、マスコミは遠慮会釈なしに書き捲るだろう。溺れた犬を叩くのがマスコミの習性である。

元検事の若狭弁護士が同期のよしみとして辞任を促してる時に辞めていれば、悠々自適な晩節だったろう。黒川氏の「過信」だったのである。安倍官邸の力を過信しすぎたと言ってもいい。これから日々が経つにつれ、後悔の念が沸き上がってくることだろう。

黒川氏の判断を狂わせたのは、間違いなく安倍総理である。元々黒川氏は検事としては定年を迎えていたわけだから、辞めるところを閣議決定までして延長させたのは安倍総理である。

その話に乗った黒川氏も自業自得ではあるが、稲田検事総長に辞任まで迫り、黒川検事総長を実現しようとした、官邸の姿勢は正常ではない。明らかに他人の米櫃に手を突っ込んだ状態だった。

今までの内閣はそこまでは出しゃばらなかった。やはり自惚れ、傲慢、自信過剰、一強の驕り、経年劣化による判断低下、元より判断力がなかった、など検証すべき事項の現れである。

また安倍さんが、口だけの「責任は私にある」論を語った。言う(湯)だけなら風呂の釜と一緒である。前は責任論さえ言わなかったから、言うだけでも成長したと思っていたけど、本当に言うだけで、物の見事に責任は取らない。

政権運営に関しては、野党に政権が渡るよりかは自民党がいいけど、危機管理能力、指導力、判断力に欠ける安倍政権に全く物の言えない自民党議員もだらしないものである。

ちらほら実名を出して、批判する者も出てきたが、「ダメなものはダメ」という問題意識を持つ者もいなければ党としての支持も凋落するだろう。



新橋駅定例演説会のお知らせ(click)

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>