耐え忍んで英気を養う
耐え忍んで英気を養う

朝日新聞に「揺らぐ1強」という解説が出ていたが、元より1強と言う程の実力はなかった。舌禍を繰り返す麻生さんが副総理で、狸のような老練な親中派の二階さんが幹事長で、唯一実直そうな(見た目と雰囲気)菅官房長官が三本の矢だった。野党が細かくバラバラになってしまい、野党力さえ無くしてしまったからに過ぎないだけで、取り立てて今の政権が優秀というわけでもなかった。

そこへ持って来て、ノー天気な昭恵夫人の行動に、本来なら亭主として叱らなければいけない場面でさえ、ただひたすら庇うだけの安倍総理に哀れさも含めて、その危うさを見守ってあげたいみたいな、情にほだされる典型的な日本人の心を安倍総理が掴んだからではなかったか? だから「1強他弱」と言い方は間違いで、本来は「1凡多弱他は外野」と言うべきである。

国会を見ていると、一部の人達だけが討論をしているが、他の議員は歳費さえ貰えればどちらでもいいような雰囲気の議員が余りに多い。野党に必死さがない。危機感を感じているなら、安倍内閣が間違いだらけの政策を実行してると感じているなら、国会で発言できなければ、駅頭でも、ネットでもどんどん発言すればいい。そのために通信費まで貰ってるんだから(我々は通信費も貰ってないのに発信している)。

その点山本太郎は、考え方は違うが行動に真剣さ、必死さがある。だからあれだけの大物だった小沢一郎さえ、対等の名前を貸したのであろう。ネーミングが奇抜だけでなく、自分を犠牲にする勇気も持ち合わせている。国会に身障者自身を送るという発想を誰が考えただろうか?身障者の立場や意向を考える人は今までもいた。

自民党から見れば野党は足を引っ張る政党でしかないだろう。国民から見てもそう見える時は確かにある。一番の理由は自分たちの政策(対案)を出さないからである。筆者は自分が共産党に入党しようとは思わないが、政策監視役としての政党としては共産党を評価する。今でこそ話題性は文春が上を行くが、政治家や役所の不正ネタに関しては、赤旗新聞がホームラン王であるのは間違いなかろう。

「政治家は選挙が仕事である」と自民党時代の小沢一郎氏が言っていた。頭数にしかなれない議員に対する叱咤激励の言葉にも取れるし、政治家の本心にも思える。筆者は若かったから、その言葉の真意もわからず「選挙が仕事などとは不届き千万。当選してからこそ仕事に励むべきだろう」と小沢氏に噛みついたものである。

確かに政治家は選挙に通ってこそ政治家であって、通らなければ只の人。国会では何も発言しないその他一同の議員でも、田舎に帰ればそれなりの先生であり何かと利権話が舞い込んで来る立場なのである。歳費や経費の見直しとか、人数の削減、規律や罰則の見直しとか、真剣に国民が是非を問う時代に来てるんではないのかなー。政策監視役としての在野の我々も情けなかった。もっと活発に行動すべきであったろう。コロナ自粛で英気を養い、収束した暁に備えて、今は忍の一字で耐え抜くしかなかろう。



 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>