すさみ町の岩田勉町長の説明責任と義務

すさみ町の岩田勉町長の説明責任と義務

駒井裕氏は滋賀県警や京都府警に対しては「中山常雄など知りません」と言ってるらしいが、崇仁・協議会の川村眞吾郎会長に内緒で、兄貴分の中山常雄氏が第一秘書、駒井裕氏が第二秘書という名刺を作っていたのは事実であるから、駒井氏が中山常雄氏を知らないというのは、嘘と言うことになる。

また大津市議会の竹内照夫議員は市議会議長までやった大物であり、市長選挙にも立候補したことがあるらしいが、その選挙戦で駒井氏から金を借りたことで、未だに頭が上がらないらしい。

また町の電気屋さんから駒井氏を旭電業に繋いで、太陽光発電事業バブルに乗ったE&Eの森田宇一社長が、いま一番恐れているのは国税だそうだが、過去に駒井氏の女房が開いていた「脱税教室」で基礎を学んだから大丈夫と嘯いているらしい。国税はそんなに甘くないと思うよ。

因みに、駒井氏の妻の姉は「明け一」(明けて1割)という金貸しをしてるんだそうな。おそらく日本の警察に被害届の出せない治外法権の中での高利貸しだろう。こういう人達と違法契約してるのが、和歌山県すさみ町の岩田勉町長である。

駒井氏は周囲に「岩田勉町長のキ○タ○を握っているから俺を切ることはできない」と豪語しているらしい。現に岩田勉町長を駒井氏に繋いだ上田順太元議員が町議を落選後、臆面もなくいけシャーシャーと、旭電業すさみ発電所の現地責任者として働いているそうだ。

契約者の本人である駒井氏が周囲に言い触らしているのであるから、駒井氏に事実確認するのは、契約者の責任者として当然のことであろう。或いは「天知る地知る己が知る」わけだから、全く持って身に覚えがなければ、この話を川村氏に証言した者や、崇仁・協議会の会長である川村氏、それに掲載責任者としての弊紙を、名誉棄損で刑事・民事で訴えればいい。

しかしその前に岩田勉町長は、先ず駒井氏との契約について、実際に町に損失を与えているわけだから、先ずすさみ町の町民に説明責任があるだろう。その上で、清廉潔白を証明するための訴訟を起こせばいい。

但し、こういう事情を町民に説明できないのであれば、訴訟を起こす資格もないだろう。今までの連載を見る限り、駒井氏は崇仁・協議会の川村眞吾郎会長や弊紙に対して、十分名誉棄損で訴訟を起こす資格はあるだろう。駒井氏の自宅や事務所には協議会の会員が張り付いて不正の証拠集めに余念がないらしいから、尚更である。

前にも書いたが、岩田勉町長は駒井氏を信じての行動であるようだが、弊紙は崇仁・協議会の川村会長の説明を信じての行動である。川村氏は「命を賭けて真実を語ります」と筆者に訴えたからこそ、厳しい話も包み隠さず掲載しているのである(その責任は弊紙が取らざるを得ないことを覚悟して)。

「警察は全然動いていません」と言うような投書が来てましたが、警察が動いてないから、何でもしていいわけではないし、書類で証拠みたいな物があるとか、誰かが実名で告発するとかしない限り、警察は動きませんよ。

実際に契約には疑義が生じているし、尚且つ町が損をした事実(町長が騙された?)があるわけだから、町長として何故そうなったかを町民が納得するに足る説明をする責任と義務があるでしょう。その上で契約を破棄しないとおかしいでしょう、と言ってるんですよ。勝ったとか、負けたとかの話じゃないんですよ。理解できましたか?



すさみ町長岩田勉(甲)とASK駒井裕(乙)の土地売買契約書(click)


地元紙報道(click)

 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>