「修身」を廃止した戦後教育の弊害
「修身」を廃止した戦後教育の弊害

オレオレ詐欺の変化形で、より悪質なアポ電強盗と言うのが流行ってるらしいが、先日気になるニュースが流れていた。先日渋谷か何処かで捕まったアポ電強盗が不起訴で釈放されたというのだ。逮捕された犯人たちが、「知らない」、「身に覚えがない」と否認や黙秘を通した結果、公判の維持ができないという結果らしい。

逮捕するにはそれなりの根拠や証拠があってのことだろうに、犯人たちが覆面をして手袋をしていて、金を取った以外に証拠らしいものがなかったらしい。しかも被害者が高齢者ということもあって、記憶がはっきりしないのだと言う。それで公判維持できないらしい。これでは、高齢者を狙う強盗はこれから益々増えることになる。

日本では、今や全くの死語になってしまったが、「長幼の序」と言って、目上の人を敬う習慣があった。お爺さん、お婆さんを襲撃して金を奪うなんて発想は日本では考えられないことだった。世界中でも、戦争が起こらない限り、老人を襲うと言う発想はなかろう。

戦時中でもない日本で、こんな凶悪な犯罪が日常的に起こってることに、国民は怒りと危機感を持つべきである。若いうちから、こんな極悪非道な犯罪を犯す奴らは更生不能な奴らだから、最初から懲役50年にしなきゃいけないのである。刑務所から出所する時はお爺ちゃんになっていて、浦島太郎さんです。二人以上の強姦をした者は、「ちんこカット」です。或いは強制的に薬で「役立たず」にする。

矯正不可能な犯罪者には、それなりの厳しいお灸を据えなければ、治りません。だから、小さい時から教育に道徳を入れなければいけないのです。宗教を入れてもいいのですが、宗教はどの宗教を基本にするかで大揉めします。日本人の得意の「良いとこ取り」でもいいですが、外教はトラブルの種になるので、取り入れるなら神道を軸にすれば、日本の文化・伝統・風習に強い繋がりもありますし、馴染みも強いでしょう。

とにかく子供の頃からの教育にしっかりと道徳を取り入れることが、間違いなく犯罪の抑止力に繋がります。この取り組みは一朝一夕には出来ません。三十年から五十年はかかるでしょう。だからこそ、国民が一丸となって推し進めなくてはいけない運動なのです。

「国家は国民の為に、国民は国家の為に」という協調精神が必要なのです。勘違いしては行けないのは、日本人が自由に外国に旅行できるのも、行く先々で安心して守って貰えるのも、日本と言う国が世界に認められてるからであって、名もない貧弱な国家であったなら、難民や移民みたいに軽んじた扱いを受け、差別されるであろう。その為にも国としての指針や矜持を持ち、「凛とした美しい国家」を建設しなければならないのである。

公衆道徳は必要です。公衆道徳を身に着けていない国の国民は、他国へ出かけた時に嫌われます。マナーを知らないからです。幼稚園や小学校でしっかりと道徳を教え、オレオレ詐欺やアポ電強盗を日本の国から追放しましょう。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>