『run for money 逃走中』Mr.ゴーン編
『run for money 逃走中』Mr.ゴーン編

元日産会長のゴーン氏がスパイ映画さながらの国外保釈逃亡をしたことで、展開が二転三転している。金融商品取引法違反や会社法違反だから、争えば白黒はわからない。途中、幾らか払うことで和解ということも十分あったろう。

しかしもう何を言っても、誰も信じまい。どれだけ吠えても、犬の遠吠えにしか聞こえまい。日本にいればマスコミも遠慮しながらの報道になろうが、二度と日本の土を踏めないゴーン被告に対しては、遠慮会釈なしに書けることになる。

石持て追われる逃亡者や溺れた犬を棒で叩くのは、日本のマスコミの得意中の得意である。そういう意味では、完全にゴーン被告の負けである。ゴーン被告が、これから何を言っても説得力はない。

中には一つ二つ、正当な話や同情すべき話もあるだろう。仮にそんな話が出たとしても、「それなら違反してまで何故逃げた」と言う質問が必ず返って来るだろう。そこで、自分を正当化する意見を四の五の言っても、まったく理解する者はいないだろう。

逃走劇を映画にする話もある。映画にすれば、主役を誰にするかで、世間の見方が変わるかもしれない。一方で、父親が仲間だった神父を殺して死刑判決を受けたという話もある。強盗一味の主犯だったというのである。

逃亡者であるから、何を書いてもいいとばかりに、これから丸裸にされるのではないか?正式に追いかければ、少なくとも金に関しては不正な蓄えがあったのではないかという疑いは否めない。

日本人の社長であった場合、いくら日産の社長であったとしても、あそこまで金を残せない。15億の保釈金を捨てて、尚且つ20億近くの金をかけて逃亡を試みる者はいないだろう。

無期懲役を言い渡された刑務所からではない。多少の制限はあっても社会で自由に生きていけるのである。それも裁判が進めば、その制限も解除される。

妻が関係者と認定されれば仕方のないことである。妻が逮捕されなかっただけでも良かったと解釈すべきであった。妻の非逮捕は検察の(外国人に対する)温情ではなかったか?

日本人なら、経営に関与していた場合がハッキリしていたら、たとえ妻であっても逮捕されていたはずである。そこは弁護士も日本の習慣としての事実をゴーン被告に説明してあげるべきだったろう。もう今となっては、後の祭りであるが。

今回の逃亡劇は、日本の司法制度を批判するよりも、国際空港のセキュリティーのミスを反省すべきである。いくらアメリカのプロが念入りに何度も訓練を重ねた結果と言っても、検査官がきちんと確認すれば、逃亡は防げたはずである。

もし、検査場で見付けることが出来たら、ゴーン被告は赤っ恥を掻くだけでなく、本件よりも破廉恥な罪を犯すことになり、全ての信用を無くしたことだろう。

そういう意味では空港の検査ミスは大きな怠慢と言わざるを得ない。世界中に日本の保安検査の緩やかさを示したことになり、笑いものになった。恥ずべきことである。賄賂や何処からかの指示がなかったか、念入りに調べる必要があるだろう。

司法制度に一石を投じたという識者もいるが、それは犯罪を犯した当事者で、海外逃亡した者がいくら批判しても、聞く人の耳には届かないだろう。日産の会長時代に堂々と指摘し物申すべきであったのである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>