おかしいものはおかしい!水で走る車と投資話
おかしいものはおかしい!水で走る車と投資話

水で走る自動車を発明した会社が倒産したらしい。中国の話である。日本では「水で走る車を発明した。上場したら1億円の初値が付くよ」と言って、「水の代理店」を130万円で募集して、100億近く集めている会社がある。「来年上場する、来年上場する」と言って、もう10年も経つらしい。

投資は自己責任だから、当局も口を出さないようだが、「口先だけが命」というような輩に騙された人にも当然責任があるのは分かるが、明らかな嘘を吐いたり、常識で考えても儲かるはずのない嘘を吐いたり、過剰な配当を約束したり、勧誘をした人に配当をしたり、明らかに通常の投資と違う「投資」を勧誘してるのがわかったら指導すべきであろう。

こういう投資には主催者だけでなく、主催者に協力するプロの投資家がいる。最初の段階で主催者に協力する投資家である。この者たちは損はしない。ちゃんと約束した配当を払ったり、元金を保証したりするのである。

そして信用を煽っておいて、その後に投資するカモ投資家を呼び込む礎にするのである。ここに投資した人たちも引くに引けずにズルズルと引き摺られているようである。

下に中国の水で走る会社が倒産した時に出た「書き込み」を掲載した。現時点での専門家の意見のようである。筆者は科学のことも化学のことも、全く頓珍漢なので意味がわからないが、仮に水から自動車が走るエネルギーを作ってもコストが合わないと、皆が言っている。それをこの会社は、水で全てのエネルギーを作ると言っている。

誰か科学者が「嘘を言うんではない」と助言してあげるべきではないか。そうでないと、欲の皮が突っ張ってるせいでもあるが、被害者が目を覚まさないのである。

弊紙は相談される度に「嘘・詐欺・出鱈目」等、分かり易いように、短い言葉で具体的に表現して教えてあげてるのだが、頭の中が「130万円投資したら、1億円が返ってくる。それも来年。誰かを紹介したら1億円が入ってくる。それも来年。」という妄想で膨らんでしまっているのか、まだまだ投資者が増えているらしい。

そのうち時間稼ぎと、会員に正当性を訴えるためと、捜査の介入を遅らすため等のために、弊紙を名誉棄損で訴えることだろう。いらっしゃ〜い。バナHの石山久男氏の話である。

だけど、冷静に考えれば、誰が考えてもおかしな話を記事にしてるだけで、故意にバナHを批判しているわけではない。130万円を払って代理店になってる人が、「おかしい、おかしい」と言ってることを、「おかしな話なんだよ」と、肯定してるだけの話である。


 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>