郷鉄工所に関する未公開記事
郷鉄工所に関する未公開記事

以下の記事は去年書いた記事だけど、多分出すタイミングがなくて、出せなかった記事だと思うけど、今出しても内容は合ってるのかなー。ガスエンジン発電機協会という所はホームページを削除しているみたいだから、やはり眉唾ものだったのかな?間違いがあれば訂正したいと思いますので、ご連絡下さい。

郷鉄工所破産においては、最初に逮捕されるのは石川歩元常務だ、長瀬隆雄社長だ、それも年内の逮捕だと噂されていたが、まだ債権者会議が進んでないので、実際には被害が確定されてなくて、破産管財人からは被害届は出てないのだそうである。

郷鉄工所には債権者が相当な数居るらしいが、大口債権者と言われているのが京都で金貸し業をやってる朝倉応水氏(株充雲)と、東京練馬区の二孝建設(西大泉4−9−2)らしい。

朝倉応水氏の方は弊紙でも何度か記事にしたが、二孝建設は初めての登場である。本業は水道屋らしいが、そんじょそこらの水道屋とは違って、東京都の指名業者で、特殊な技術を持っているのか、随時契約なのだそうである。

特殊な技術と言うより、古い業者で都の水道施設敷設の頃から関わってる業者故、若い都庁職員より現場を知っていたり、古い設計図を持っていたりするので、随時契約で二孝建設に頼らざるを得ないところがあるらしい。

それで毎年何億かの随時契約が東京都と交わされているというのだ。そのことで、業界では不満を持つ者も多いという。その二孝建設が郷鉄工所に大口の金を出していたことが、図らずもバレてしまったわけである。別に違反でなければ、いいではないか。

しかし今となっては郷鉄工の債権回収は難しいだろう。京都の朝倉氏は、担保として、色んなものを押さえ過ぎて、いま管財人とトラブっているらしい。二孝建設は担保は取ったのだろうか?何も取らずに金は出さないだろう。

仲介者が松尾隆というから、株の話だけで担保は取らなかった可能性もある。その二孝建設に石川歩元常務が、自身がセールスしているガスエンジン発電機を担保に金を借りに行って、断られたという話がある。実際には200万円借りたという話もある。

石川のガスエンジン発電機の話では、その話で6000万円貸した人がいて、貸し出すにあたっては、保証人が必要ということで、中村という人が石川に頼まれて150万円の謝礼を貰って保証人になったらしく、期日になっても金を返さないので、貸主から追いかけられているという話だった(誰かが本人を連れて来たので会ったが、まだ詳しくは内容を聞いていない)。

一方で、今夏に起きた北海道地震で、電力会社がストップして何日か電力が止まったので、国がガスエンジンを使用することが決定したと実しやかに持ちまわる者もいる。それが事実なら、郷鉄工所に大口融資した二孝建設が、問答無用で石川歩氏に金を出すだろう。

石川歩はガスエンジン発電機協会の代表理事であるし、自民党の竹本直一衆議院議員と二人三脚で進めている事業である。名前の貸し合いだけかもしれないが、一応ガスエンジン発電機協会議員連盟というのもある。

郷鉄工所から赤字仕事を出させて、儲けていた石川関連会社「リッケン」も破産申請したし、二孝建設も金を貸さなかったということは、「国が、ガスエンジン発動機を各県に購入を指示した」という話も眉唾ものじゃないの?

と、ここまでが1年前に書いた記事でした。あれっ、2年前だったっけかなー?最近は物忘れが激しいのと、時が経つのが早くて、全然思い出せない。いいところに目は付けてるかも知らんけど、嘘はいかんと思うよ。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>