謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状
謎が深まるカラクリ道場LCレンディングの現状

※前回記事→click!

LCレンディングが金を出して浦郷直樹グループが運営しているゴルフ場の運営は、(株)富士リゾートカントリークラブ(現在名義上の社長は水田章氏)が行っており、株式は100%を(株)富士マネジメント(代表・青木英嗣。実質浦郷直樹がオーナー)が所有している。

maneoグループであるLCレンディングから借入8億3000万円があり、クラブハウスと(株)富士リゾートカントリークラブの自己所有地に抵当権が設定されている。

これとは別に、運営費を東京SOXの関係の宮崎という人間に1億借りていて、クラブハウスに2番抵当権を設定してるという話もある。

土地に関しては、自己所有部分が全体の34、3%、残りの65、7%の土地については、今年3月に20年の定期借地契約を締結していて、年間借地料は1500万円だそうである。また会員権については、民事再生案件なので、預託金の処理は終わっていて預託金債務は残っていないそうである。

収支に関しては2年ほどクローズしていて、LCレンディングが融資した時にオープンしたので、全くの赤字である。謄本には「抵当権」も設定されている。

設定している会社は大手暴力団という噂もあるが、赤字会社に金を出すところもあるんだなー。「この抵当権設定こそデタラメの証明だよ」という人もいるが、残念ながら謄本を読めない弊紙には理解ができない。

当然LCレンディングは、金を融資した当日の平成29年3月16日に抵当権設定をする。そして、平成29年10月2日に3500万円の根抵当権設定仮登記。10月19日に解除され、改めて5000万円の根抵当権設定の仮登記が設定されている。これが現在の富士リゾートカントリークラブの現状である。

ワールドエース法人登記簿


富士リゾートクラブ法人登記簿

都留市下谷3572-1富士リゾート不動産登記簿







 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>