【投稿】その38「殺人未遂事件の犯人・駒井裕が代表取締役である(株)ASKと、旭電業(株)山本隆紀専務が、後ろ楯の暴力団を替えた!」
【投稿】
殺人未遂事件の犯人・駒井裕が代表取締役である
蝪腺咤砲函旭電業蟷核槊患専務が、
後ろ楯の暴力団を替えた!
その38


★旭電業蠅魯灰鵐廛薀ぅ▲鵐垢茲衙塾話弔鯀んだ

驚愕の情報が入った。旭電業蠅了核槊患専務と、蝪腺咤法β緝充萃役である駒井裕(旧姓今井)が密談し、今まで駒井裕が企業舎弟として後ろ楯にしていた、六代目山口組K会から、六代目山口組K組に乗り換えたという情報である。

本シリーズで、旭電業蠅駒井裕に送金したカネの総額が白日に晒され、駒井が六代目山口組K会に上納するカネを著しくケチったことを知り、K会幹部は距離を置いた。いつ裏切って「脅された」と称して、警察に駆け込むか分からないチンピラ根性丸出しだったからである。

本シリーズを読んだK会幹部は川村眞吾郎氏に連絡し、面談した川村氏は、K会幹部に胸襟を開いて駒井裕の裏切りの数々を語った。K会幹部は川村氏を信じ、駒井裕から距離を置きはじめた。慌てた駒井裕は、自分よりK会幹部に近い元奈良県生駒市会議員・酒井隆氏に相談した。酒井隆氏はK会幹部に面会を申し込んだが、駒井裕同様、K会幹部の信用を失っていた。

そこで酒井隆氏は別の暴力団を探した。酒井氏はK会の企業舎弟になる前は、奈良県生駒市会議員時代に、五代目山口組S会の企業舎弟だった。そこでS会出身の六代目山口組K組・T組長に相談することを、酒井氏は駒井裕に勧めた。

暴力団の世界の話になるが、五代目山口組時代にK組は、〇〇会と△△会に内部対立で分かれており、酒井隆氏は△△会の企業舎弟(現役の奈良県生駒市市会議員時代)だった。そのために、対立側の○○会組員に酒井隆氏は狙われ、家を放火されたり、散々な嫌がらせにあっていた。その後、六代目山口組体制になったさいに、酒井氏は古くからの知己の幹部を頼って、六代目山口組K会の企業舎弟となったのである。

酒井氏は変わり身が早い。駒井裕の上納金誤魔化し、元雇用主の川村眞吾郎氏への裏切りの数々、川村氏からの横領、川村氏の周囲からの詐取、不払い、契約不履行などの悪行は、一般社会以上に極道世界では筋が通らない。駒井裕と酒井隆氏の後ろ楯になっていた、六代目山口組K会幹部は特に筋目を通す任侠である。それゆえに、駒井裕がK会から捨てられるのではと酒井隆氏は察知した。和歌山県すさみ町のメガソーラー事業で、駒井裕と同様に中心人物であったため、酒井隆氏もK会から捨てられるのではと、夜も眠れないほど不安であったそうだ。K会の企業舎弟として兄弟分だった酒井隆氏と駒井裕は、捨てられた者同士、同じ六代目山口組内部とはいえ、K会からK組へと暴力団の後ろ盾をシフトチェンジしたのである。


★旭電業(株)山本隆紀専務の動き

旭電業蠅蓮∀族了蓋すさみ町での、自社メガソーラー設置の経緯が本シリーズで暴露され、買電価格40円で許可申請を受理されている全国の設置場所に、急いで着工しなければ許可申請のやり直しとなり、買電価格が40円から18円に下がってしまう事情から、別の和歌山県内のスケジュールに頭を悩ませていた。

この予定地は海南市と西庄である。すさみ町が大騒ぎとなり、海南市、西庄の計画に飛び火した。担当の片岡俊治では役不足とみた旭電業蠅蓮⊂床社長の片腕である山本隆紀専務を火消し役として投入した。すさみ町で、元暴力団員で、現在も暴力団の企業舎弟である駒井裕が代表取締役である蝪腺咤砲箸離灰鵐廛薀ぅ▲鵐垢膨饋┐垢觀戚鵑魴襪咫△垢気瀋町長や町議に駒井裕を通じて賄賂まで渡した。(旭電業、執行役員・片岡俊治から駒井裕に2千万円が裏金として渡り、駒井裕が町長らに賄賂などに費やした合計が500万円。残りの1千500万円は駒井裕が懐に着服した)。

裏側の工作までやっていながら、買電価格が下がれば会社の存続に関わる事態に陥る。旭電業(株)の焦燥感は半端なものではないようだ。

旭電業蟷核槊患専務は、松岡社長の指示を受けて、本社がある岡山県の商工会議所1階で「NTTdocomoショップ」を経営する、商工会議所役員・中尾氏に相談する。中尾氏はA氏に相談し、A氏は幾人かに相談したところ、駒井裕を紹介される。和歌山県の問題であることや、駒井裕の指南役であり、兄弟分である酒井隆が組長を知っていたことから、六代目山口組K組・T組長に相談することを、駒井裕が旭電業蟷核槊患専務に薦めた。旭電業蠅ら暴力団までの流れがストレートにトレースできる。

もちろん駒井裕は、旭電業蠅了核槊患専務に一連の流れと結果を報告している。

旭電業蠅六核槊患専務を起用して、コンプライアンス抵触で駒井裕を切るどころか、後ろ楯になる暴力団を駒井裕と協力して、積極的に替えてシフトチェンジを果たした。旭電業蠅魯灰鵐廛薀ぅ▲鵐構綣蕕茲蝓∨塾話弔箸龍ζ瓜業であろうが、旭電業蠑床社長の「臭いものには蓋をしろ」の指示通り、会社の利益を優先したようだ。今までは足元の駒井裕や酒井隆氏らの先にあった暴力団を、旭電業蠅麓ら引き寄せ暴力団の企業舎弟となり果てた。すさみ町の太陽光発電の生み出す黒いカネは、大元の旭電業蠅泙粘袷瓦飽み込んだ形になったのである。


★ついに殺害依頼
「あのアホ(元雇用主・川村眞吾郎氏)を
ヤクザに頼んで殺してもらうんや!」(駒井裕)


本シリーズのソースは主に、川村眞吾郎氏とその周辺の方々である。本シリーズを阻止するために、川村氏の殺害を手当たり次第に、知り合いの暴力団員に依頼するそうだ。駒井裕は周囲に「あのアホ(川村氏)沈めてもうたるんや!ヤクザで食うていかれへん奴はいっぱいおる。カネ次第で殺人くらいしよるわ!オレが殺したいくらいやけど、まぁ、無難にカネであの邪魔者のアホ(川村氏)始末させるわ!」と、吐き捨てたそうだ。(F土木・F社長の証言)

改めて川村氏殺害をトライすることが目的なのであろうか? K会にはろくな上納金も払わなかったことなどで距離を置かれ、K会には相談出来なくなり、「新たな暴力団組織なら依頼を引き受けてくれるかもしれん。引き受けてくれんでも、どこの組織にもカネ次第で何でもやる奴はいてるんや。」と、駒井が興奮して言っていたという。(前出のF社長)
シフトチェンジの原動力は旭電業(株)・山本専務の積極的な介入の時点からであるという。駒井裕、酒井氏ら企業舎弟と旭電業(株)の共通の懸案は、川村眞吾郎氏の存在だからである。この排除に向けて、それぞれの欲得で烏合の衆は一致したのだと言えるだろう。

駒井裕にとって大恩人である川村眞吾郎氏はじめ、周辺の方々すべてを根底まで裏切っていたことが、本シリーズで明るみに出たが、六代目山口組K会の名前を、駒井裕、酒井隆親子、松田悟志は使いまくり、防波堤のように使い回していた。K会もわずかとはいえ、上納金を持ってきたために見て見ぬふりをしてきたようだ。今回の「乗り換え」で、六代目山口組K会とK組がどのような組織運営の姿勢を見せるのか?(殺害依頼を受ければ、六代目山口組執行部、六代目は使用者責任を問われるおそれもある)。一般庶民には想像もつかない。


★盗んだカネと実績で事業

旭電業蠅ら、駒井裕が代表取締役である蝪腺咤砲痢京都銀行西大津支店に23億円の振り込みがあり、その他、駒井裕や家族名義の幾つかの口座に、約8億円の金(その半分の4億円は元雇用主・川村眞吾郎氏から横領した金)が預金されていることが、大阪府警の調査で明るみになった。

メガソーラー事業を知らなかった駒井裕らは、旭電業蠅ら振り込まれた金額に驚き、在日朝鮮人で元銀行員の駒井裕の妻の助言から、駒井夫婦がほとんど独占した。それまで地上げなどを一緒にやっていた仕事仲間を裏切って支払いを拒否し、旭電業蠅らの金を独り占めした。その裏切られた中の二人が、駒井裕の数々の裏切り行為を川村眞吾郎氏に暴露した。

川村眞吾郎氏が病床のときに、川村氏の会社や周辺の事業仲間を守る組合のカネの全てを横領し、仕事のカネも全て横領したことから、その金を元手に駒井の太陽光発電の事業は始まった。

この周辺からの崩壊、情報暴露から本シリーズは始まることになる。

元雇用主である川村眞吾郎氏から盗んだ約4億円は、駒井裕と妻が帳簿操作して、川村氏が代表取締役である蠕酩抻侶設の利益を、螢▲好(現在、蝪腺咤法砲飽椶靴拭M益と上場企業との取引先を盗んだ挙句、税務署が入るタイミングで、螢▲好の利益を蠕酩抻侶設に戻し、螢▲好を蝪腺咤砲北松諒儿垢掘∨楴凖亠も駒井裕の妻が居住している(滋賀県大津市桜野町2丁目11番58号)に本社事務所を移転して、誤魔化しを計った。

盗んだカネという根源を旭電業蠅呂弔めなかった。盗人稼業に手慣れた駒井夫婦は、表面を地ならしをして、もともと蝪腺咤砲実体のある事業会社であるかのように体裁を装ったのである。かくして口を開けて待っていた詐欺師に、見事ひっかかった旭電業は、いまや暴力団の企業舎弟にまで引きずり込まれたのである。

気が付く機会はいくらでもあった。徳村善宏が代表取締役である、エステートJ(滋賀県大津市神領3丁目21番19号)の事務所も蝪腺咤砲六務所として使っている。オレオレ詐欺で幾度も逮捕歴がある徳村善宏とは、今も駒井裕とオレオレ詐欺(特殊詐欺)を若者を使って続けており、徳村の名前で新聞検索をやっても逮捕記事が必ずヒットする。

ネット検索、それさえ旭電業蠅和佞辰討い燭里任△襦コンプライアンスが聞いてあきれる体たらくである。

また、駒井裕は元雇用主である川村眞吾郎氏から盗んだ資金、それもキャッシュで琵琶湖湖畔の、元ホテル紅葉の跡地に建った「プレサンスレジェンド琵琶湖」(滋賀県大津市茶が崎小麦尻一番15)で、駒井裕が複数の愛人(京都祇園のホステス、滋賀県浜大津のホステス)と毎晩、違法な薬物に酔いながら、飲尿変態プレイを重ねている。薬物は自らと女性で変態プレイ用に使うだけでなく、マンションで売買しているとの噂まである。仕入れは、松田悟志。「覚醒剤はおやつ」とフェイスブックで公開し、駒井裕と会食する写真も掲載している。五代目山口組Y組K会組員だった松田悟志(覚醒剤使用、所持で、山口組の規律違反で破門絶縁処分)から入手しているという。

反社会勢力、この名称は上記の駒井の行状や、周辺の実体から遥にかけはなれた穏やかな表現である。このような凶悪犯ら反社会勢力と共同事業するどころか、彼らの軍門に下り企業舎弟となった旭電業蠅蓮¬楡茲陵益しか見えていない。ヤクザ時代に、殺人や、殺人未遂事件や、連続レイプ強姦、恐喝など数限りない鬼畜な凶状持ちとなった駒井裕と手を組み直す、旭電業蠅北ね茲鰐気ぁ曰く、「万民を公平に照らし、世に正しき流れを与える太陽を返せ!黒い太陽は要らない!」

(その39に続く)
ーーーーーーーーーーーー

【敬天コメント】

すごい内容の投稿が送られて来た。すべて実名で具体的に書かれていたが、弊紙の責任で一部仮名とした。旭電業も凄い決断をしたねー。

片岡俊治執行役員から、格上の山本隆紀専務に担当を替えたというから、関係者や役所への謝罪と今後の対応についての旭電業の立場の説明行脚と思っていたら、新しい暴力団へのシフト変えを駒井氏と二人三脚、いや酒井隆氏も含めた三人四脚で、やっているだけのようである。

警察庁が中心となって、暴力団追放運動真っ盛りの時代に、すごい決断をしたねー。岡山商工会議所役員の中尾という人物が仲介したのだろうか?

旭電業は岡山県が本部である。他の30カ所の太陽光発電事業所の本社は殆どが岡山県になっているそうである。中尾氏は旭電業と駒井氏の仲を知らなかったのだろうか? 中尾氏は駒井氏の前歴や本性を知らなかったのだろうか? いや、敢えて火中の栗を拾ってるわけだから、そういう要素のある人物なのではないか? 

それにしても、旭電業は暴力団の企業舎弟と言われる者を、別の暴力団に紹介して大丈夫だろうか? ひょっとして、旭電業そのものが何処かの暴力団の企業舎弟なのだろうか?

 
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>