埼玉県知事選挙の野党共闘
埼玉県知事選挙の野党共闘

埼玉県知事選挙で、野党共闘の元官僚出身の大野氏が当選し、自民党が推した青島氏が敗れた。それを予想外だったと報じるマスコミも多かったが、私はそうは思わなかった。おそらく勝因は、上田前知事の推薦である。

埼玉県はギャンブル場が多いので、その分厚生に力を入れている。街もきれいである。関東近辺では今一番伸びている市町村が多い。上田知事がもう一期やっても当選した可能性はあった。しかし、多選という批判もあったので、自ら辞退したようである。

大野氏が当選したということは、野党共闘が成功したというより、上田県政を引き継ぐという姿勢が大きかったのではないか。県民は上田県政に合格点を与えたのである。他の県はよく知らないが、埼玉県は住みやすい。とくに高齢者に対する健康ランドがいい。

国会議員のように、個人の資質が直接政治・経済・行政に影響しない立場であれば、青島氏も十分に可能性があったろうが、県知事は県の顔になるし、それより直接的に行政が絡むだけに、初心者に県民は不安を覚えるのだろう。

上田氏は一期目こそ不安定だったが、二期目以降、安定した舵取りだった。野党と言っても、自民党に近い野党だから、住民にあまり違和感はなかったのである。

野党は、「野党の結集が実を結んだ」という解釈のようだが、その考えは当たらないと思う。予算が比較的大きく入って来る県政はある程度、住民が満足するような行政ができるので、住民はそこそこ満足するのである。

余程の不正を暴露されない限り、安泰なのである。それに日本国民はあまり急激な変化を望まない。ゆっくりした穏やかな変化を好む傾向もある。特に年配者は。選挙の殆どは年配者が支えているのである。

今の安倍人気を支えているのは、韓国の「反日運動」に対する「丁寧な無視」という政府の姿勢である。国内の政治においては、決して優れているとは思えない。今回の組閣においても、安倍内閣の集大成と言わんばかりの、組閣である。

こじんまりした野党だけが力ない批判をするだけで、マスコミもだんまり作戦である。余りに政府が力を持ってる時は、マスコミさえ口を噤むのである。

戦後長く日本が、中国や韓国にODAなどの名目の下に、金を脅し取られていたことを、国民は知っていた。それがずっと不満だったのである。それを敢然と無視したのが、安倍総理だったのである。

アメリカとの特別な関係が、そこまで強気にさせたのであろうが、それでも韓国の金の毟りに辟易していた物言わぬ国民は心の中で拍手を送ったのである。

戦後誰もできなかった悪縁(悪い習慣)を断ち切ったのが、安倍総理の実績であり、安倍一強の源泉なのである。韓国の反日運動も当分は続くだろうから、取り巻きの驕りと勘違いさえなければ、その間は安泰だろう。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>