【投稿】その32「旭電業(株)と(株)ASK・代表取締役、駒井裕(旧姓=今井、元暴力団員)との警察が狙う関係」
【投稿】
「旭電業(株)と(株)ASK・代表取締役、駒井裕(旧姓=今井、元暴力団員)との警察が狙う関係」
その32


★和歌山県すさみ町を飲み込んだ、太陽光発電の暗黒点=旭電業(株)+元暴力団員・駒井裕

和歌山県すさみ町を飲み込んだ暗黒の世界は、他の場所でも影を差している事は周知の通りである。

元凶である「旭電業(株)」の太陽光発電の設置地域には各々、旭メガソーラーという会社が30もあり、本社・岡山県(一か所のみ隠岐)として登記されている。

以下、当紙で現状把握できている子会社のリストは以下である。

旭メガソーラー牛窓発電蝓旭メガソーラー宇部際波発電蝓旭メガソーラー隠岐発電蝓旭メガソーラー海南発電蝓旭メガソーラー加古川発電蝓旭メガソーラー篠山発電蝓旭メガソーラー勝央発電蝓旭メガソーラー小豆島発電蝓旭メガソーラー神郷発電蝓旭メガソーラーすさみ発電蝓旭メガソーラー建部田地子発電蝓旭メガソーラー津山野介代発電蝓旭メガソーラー直島発電蝓旭メガソーラー西山内発電蝓旭メガソーラー東茨城発電蝓旭メガソーラー藤ケ鳴発電蝓旭メガソーラー伯耆発電蝓旭メガソーラー美咲発電蝓旭メガソーラー御津発電蝓旭メガソーラー美作発電蝓旭メガソーラー弥栄発電蝓旭メガソーラー矢掛弥高山発電蝓旭メガソーラー山上発電蝓旭メガソーラー和歌山西庄発電

既に本シリーズで連載している、和歌山県すさみ町、岡山県美咲町のメガソーラーは、旭電業(株)が、元暴力団員、(株)ASK・代表取締役、駒井裕と契約している。

元暴力団員である事は勿論、暴力団員時代に、殺人未遂事件の犯人である証言がある駒井裕は、当然ながらコンプライアンスに抵触する。駒井裕=(株)ASKが関わった事業は、二案件だけなのだろうか?旭電業(株)は、ここまで多くの地域で事業を進めているならば、二ヶ所の自浄は可能なのではないか?

こう疑問に思われる方々も多いはずである。そこから顧みると、逆説も成立するのである。

「暴力団がらみの地域は、二ヶ所だけではないのではないか?」

「旭電業(株)は他所でも、駒井裕以外の暴力団関係者と手を組み、事業をやっていて、引き返せないのではないか?」

旭電業(株)のメガソーラー全体が太陽光発電であるのに、暗黒度を深めていく様に見えてしまうのである。何故、この会社は引き返さないのか?

旭電業(株)の太陽光事業は、振り返らずに前に前にと進んでいる。

6月末のエネルギー関連の業界新聞には、同じ「和歌山県の海南市」でも、旭電業の大規模太陽光発電施設が、8月にも着工と報じられ、同じ和歌山地域だけに、ここでも暗い影が覆い始めた。同市でも「すさみ町から、ドス黒いお日さまがやってきた!」と言う囁きが聞こえ始めたのである。

『旭電業(株)が、全国でメガソーラーを、30ヶ所も進めているのであれば、真っ黒な二か所が、いかに買電価格40円の頃の契約で、利益が大きいとはいえ、他社ならばためらうことなく名誉を取るであろう。それを阻む理由があるとしたら、他所でも同じ性質の何かがある』という事ではないのだろうか?その様な勘繰りも含め、企業はコンプライアンスの徹底で、名誉を守るのが通常運転のはずであるが…。


★旭電業(株)内に影響力を強める黒い人たち

今でも旭電業に関しては、「旭電業と俺との関係は、しょうもない新聞やブログで何を書かれても、ずっと続くんや!」と、(株)ASK・代表取締役、元暴力団員・駒井裕は豪語している。

「旭電業は絶対に俺を裏切れへんねや! 俺を切ったらどうなるかを分かっとるんや!」

駒井裕は既報の通り、一般企業がビジネス関係を避けるはずの、負の勲章だらけの人間である。


『駒井裕(旧姓=今井)が暴力団員時代には、殺人未遂、複数回のレイプ強姦、レイプ被害者への恐喝は、既報通り鬼畜そのもので「レイプ画像をばら蒔くぞ!」と被害女性から金品を脅し取り、これ以上取れないほど絞り取った後、「画像を返して下さい」と土下座で懇願する被害女性に、唾を吐き、頭に小便をかけて、蹴りとばし、被害者女性達の願いを無視して、画像を裏ルートで売りさばいていたと言う。

他にも、窃盗、詐欺など数え切れない犯罪を重ね、暴力団からカタギになった後も、横領、脱税と畜生道を全開で突っ走っている。』数々の犯罪歴は勲章さながらにぶら下げ、臆することなく自慢している。

既報の通り、駒井裕は元暴力団員で、今も暴力団の企業舎弟である。このコンプライアンス違反、違法行為の塊の様な人物と承知で、事業を継続している旭電業(株)の窓口は、片岡執行役員である、と、ここまでは既報の通り。最近はそれにある変化が起こっている様だ。


駒井裕との事業継続に、旭電業(株)代表取締役社長・松岡徹氏は社運を賭け、自社の掲げたコンプライアンス条項は黙殺する決意を固めた。そして窓口は、執行役員の片岡俊治だけであったが、片岡も駒井をもてあまし、片岡は、駒井裕の仲間である、「オレオレ詐欺で逮捕歴のある」、徳村善宏(有限会社エステートJ・滋賀県大津市神領3―21―19)を窓口にして、駒井を避け始めたそうだ。片岡も危機意識が、やっと働いたのであろう。徳村を挟んで、駒井とワンクッション置いた形にしたのである。

「片岡が避け始めたのでは?」と疑い、イラ立った駒井は、徳村に状況を聞くと、「片岡?あいつはオレの電話にはいつでも出るよ。」と答えた徳村に対し、自分だけが外されたと感じて、片岡に怒りを、徳村に嫉妬心を感じたらしい。

それでも片岡に電話をかけまくった、駒井に対して、旭電業側から電話してきた人物がいた。その時点から駒井は『別の人物を掴んだ!』と意味の発言をしている様だ。駒井のセリフは相変わらず「オレは旭電業のキ◎タマを掴んでるんや!」というものだが、この「キ◎タマ」は片岡と別の二人の人物を指すらしい。駒井の品の無い表現に重ねて恐縮だが、旭電業の「キ◎タマは二個あった」という事だ。


★駒井裕が“新しい絆”を深める旭電業『片岡の上司』とは誰か?

旭電業(株)は鉄塔が主事業で、太陽光発電事業を本格的にスタートしたのは、松岡徹社長がへッドハンティングした、太陽光事業に詳しい片岡俊治が入社して、片岡に太陽光事業を任せてからだ。政府買電価格の大幅な減額から、片岡は松岡社長直々に『買電価格が減額される前に、何としても、出来る限り多くのメガソーラーを稼働させろ。経費は心配するな』と厳命した(旭電業の現社員からの内部告発より。)

全権を任された片岡は、政府買電価格の引き下げと、時間的な制約に焦燥を感じるなか、最悪な事に、元暴力団員で「負の勲章だらけの駒井裕」に出会ってしまう。

紹介者の(株)東西電気(現在、(株)東西E&E)・代表取締役、森田宇一が、長年に亘り自民党後援会に入っていた事や、森田宇一を信じてしまった事により、片岡は、コンプライアンス=法令遵守のためのデューデリジェンス(事業提携相手に対する契約前の身体検査)は省いてしまった。

契約者となる(株)ASK・代表取締役、駒井裕が、元暴力団員で、殺人未遂犯、暴行、恐喝、詐欺、横領、脱税など、書き切れない犯罪のデパートであるとは知る由もなく、旭電業(株)執行役員・片岡俊治は、駒井裕の黒い繋がりからの案件である、和歌山県すさみ町の話に乗ってしまった。そこから駒井の「酒、女、金」の露骨な接待に溺れたという(旭電業社社員の内部告発より。)

これは駒井の案件だけに限った事ではないだろう。各地の旭メガソーラーにおいても、このコンプライアンスの為の手順を踏まず、事業が進められた事は想像に難くない。

片岡が徳村を窓口にして、駒井との接触を減らしたものの、和歌山すさみ町と、岡山県美咲町のメガソーラーにおいて、身体検査を怠って契約してしまった、コンプライアンスに抵触する、(株)ASK・代表取締役、駒井裕を何とかしなければならない。旭電業(株)は、執行役員である片岡俊治を守る為に、駒井裕の新しい担当を用意したという。

「まあ駒井裕の相手をして、ご機嫌を取る為ですね。」

岡山、東京世田谷の旭電業(株)内部を知る人物は証言する。

駒井を知る周辺でも証言がある。

「駒井は、『片岡はオレの担当から外されよったわ!あのアホでは役不足やったからなぁ。片岡の上司が担当になったんや。片岡より上やで!片岡の上司使えば、何でも言うこと通るわ!』とほざいています。やはり旭電業の弱みを握ってるのでしょうか?」
(駒井の仕事仲間)


駒井が最近、連呼しているという、この「上司」とは、いったい誰なのか?

旭電業蠅療亠簿、ホームページに掲載された、正式な役職の者の中には該当する人物を探してみよう。岡山県や電気業界では「鉄塔の松岡」と呼ばれ、ワンマンで知られた松岡徹社長の事であるから、太陽光発電の担当とはいえ、外様の片岡は使い捨ての駒だろう。片岡を上から使いこなすことが出来るのは、社長以外では3人の役員しかいない。

浮上してくるのは、松岡社長の片腕、山本隆紀・専務取締役か、血族の松岡伸明常務取締役であろうと、旭電業社内を知る人物は言う。

山本専務は、松岡社長と一緒に泥まみれで働いた真面目な人物。頑張って社長を支えた片腕で、片岡の上司に当たる。彼がフォローに当たっているなら駒井の「なだめ役」であろう。

もう一人の松岡常務のFacebookに掲載の写真は、若い頃のものらしいが、強面の父に比べ、実に楽し気なプロフィール写真を公開している。アクの強い二代目社長・松岡徹氏に比べると格段に影が薄い。

「旭電業はワンマン経営陣と、肩書だけ集めた技術職の会社で、中間クラスがいません。中途採用の人間には未来がない会社です。しかし、松岡伸明常務は中途採用。5年間、東京の六興電気株式会社(本社・東京都港区芝大門1丁目1番30号)で勤務して、2013年から旭電業へ中途入社した人物です。それが入社後、たった7年足らずで、なんの実績・功績もない『バカボン』と呼ばれているにも関わらず、常務ですから、やる気のある現場の人間は見て見ぬふりをしています。」(旭電業社内を知る人物)


いずれにせよ、時間切れになるまでに着手しなければならない、メガソーラーの責任者として、実事業は執行役員・片岡俊治が、片岡が手に負えない案件は、上司がカバーするのであろう。この上司は、元暴力団員・駒井裕の接待を受ける役割も併せて、片岡から引き受けた事になる。

我々がアレコレと想像する間に、駒井の新しい担当者は判明する。駒井が喜んで吹聴しまくっている、「山本隆紀専務」が駒井裕の窓口になった。山本専務なら、その経験や人格から、駒井裕の「かわし役、なだめ役」が出来る。松岡伸明氏であれば駒井裕にとって、恰好のカモになる可能性が大である。山本専務までが登場して「暴力団時代の数え切れない犯罪、特に殺人未遂事件には目撃者もいて、現在も暴力団の企業舎弟である、とんでもない人物のお相手をしなくてはならない。」

お互いの利害が一致するという点も明らかで、駒井裕にとっては“絆“なのであろう。

『旭電業にとって、地元で問題になっている、「和歌山のすさみ町」の騒ぎを抑えたい。和歌山県では、急ぎで二案件(海南、西庄)を稼働させなければならないからだ。」駒井裕を誰かが相手をしなければならない。駒井が片岡から避けられて、イラ立っていたところに『上司』が自ら近づいて来た様です。薬物中毒者がラリったような口調で(*駒井裕には薬物使用、売買の疑いがある)

「最近になって、駒井は上機嫌で周囲に豪語しているようだ。『片岡は飛ばされよったわ!片岡の上司が直々に挨拶に来よったわ!旭電業はオレを絶対に裏切られへんねや!この上司の事は秘密やから、全部は言われへんけど、社長と同等の専務やで!いつも言うとるやろ、旭電業とオレとの関係はずっと続くんや!』駒井は興奮状態で自慢していました。」(駒井の仕事仲間)

旭電業(株)にとっては、急所になる部分を掴み続ける、(株)ASK・代表取締役、駒井裕という危険人物。山本専務の任務は「お気の毒」としか言い様が無い。
(その33に続く)

------------------------------------

【敬天コメント】
旭電業と言うのは、そんなに太陽光発電事業をやってる会社なんだ。それなら投稿者が言うように、和歌山県すさみ町の町有地不正売買に絡んだ契約なんか切り捨てた方が、長い目でみれば得策のような気がするけど、それができないということは、余程の切れない理由があるのだろう。和歌山県では、すさみ町一件だと思っていたら、海南市だとか、和歌山市西庄でもオープンしてるわけ?
ここにも(株)ASK(駒井裕社長)が絡んでいるのだろうか?公営も絡むなら、市場調査はしっかりやってから介入しないと大やけどすると思うよ。
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>