山岡ジャーナルの青山メイランド西原社長不倫買春未遂事件
山岡ジャーナルの青山メイランド
西原良三社長不倫買春未遂事件


山岡ジャーナルの、青山メイランドの西原良三社長不倫買春未遂事件が動き出した。山岡ジャーナル記事とは全く異なる展開である。

山岡ジャーナルを読んでた限りでは、最初に動いた1000万円に関しては、山岡ジャーナルが実名報道した西原社長の名前をイニシャルに変えたことで、西原社長が感謝して、「謝礼」として、みんなの前で松浦という男に1000万円を渡したと書いてあった。

その証拠の西原社長の「お礼の言葉」みたいなのが、掲載されていた。経緯は知らないがこの件で、山岡ジャーナルに直接、削除の話をしに行ったのは、竹ノ内昌虎だとも書いてあった。

だが、竹ノ内が逮捕された要件は、どの件か知らぬが「脅迫」だった。それとも発表はないが、「恐喝」でも再逮捕されてるのだろうか?500万円で逮捕された小林という山岡ジャーナルへの情報提供者は、最初から怪しさが充満してたけど、やはり読み通りだった。

山岡ジャーナル記事を読んでる限りでは、あくまでも金が動いたとしても「謝礼」の範囲で、どこにも犯罪性は感じられなかったが、当初の話では「恐喝容疑」の中に、自分(山岡自身)も含まれていたという話だったから、多少割り引いて書いていたのかなー。

だけど、1000万円が恐喝であったとしても、山岡自身が恐喝に絡んでいることはないよ。山岡に恐喝するような度胸はないし、そういうことをする男ではない。基本はまじめで法を犯すような男ではない。

それなら何故、「恐喝者」の中に、山岡俊介の名前が入ったのだろうか?故意に誰かが名前を入れたのだろうか?それとも一連の動きの中で、「仲間」と見られたのであろうか?ここで山岡がいう「国策逮捕」はあり得たかもしれない。

一蓮托生で逮捕してしまってから、調べの結果「不起訴」とか「処分保留」で釈放する。それでも逮捕歴のない者には、今後の生活に影響は大きいだろう。そういう意味では「国策捜査」と騒いだ価値はあったろう。

ただ、山岡ジャーナルは有名な分だけ情報提供者に利用されるところがある。しかし、ネット界ではアングラニュース提供者としてはトップクラスに位置しているわけだから、そういう連中に利用されることを注意することも、今後の課題ではないか。

弊紙でもよくある。「敬天を知ってるよ」とか、「敬天なら話つくよ」と言って、弊紙が知らないところで、金が動いたなんて話を聞く。チャンピオンは大津洋三郎である。弊紙だけではなく何社か纏めての話だったらしいが、依頼者から1億円も持って行ったというから、腕はいいのだろう。ネコババ王である。

今は車椅子で酸素吸入器の管を鼻に入れている状態だと、誰か言ってたなー。だけど、山岡報道を読む限り、1000万円の話の方は、恐喝にならないような気がするけどねー。弁護士法違反とかならわかるけど。それとも、解決した後に、別の要求でもしたのかなー?
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>