横綱の品格

横綱の品格

「白鵬が日本国籍を取得するということが話題になっている。それは別にいいんじゃないの? 所定の手続きを踏んで国籍を取得するのであれば。それよりも、いま相撲界の第一人者としての所作が鼻につく。

朝青龍が一番強かった頃は、朝青龍の品のなさが目立ちすぎて、その陰に隠れ、品格のある横綱に見えていたが、朝青龍が辞めた後の、白鵬の驕りと品格の無さは際立っている。

立ち合いの変わり身、かちあげ、張り手、歴代の横綱が「横綱の品格」として、禁じ手としてきた技や所作を、勝つことこそ横綱と言わんばかりに、使いすぎるのである。

それに立ち合いの呼吸が汚すぎる。三代目若乃花は「ずるい」と表現していたが、まったくその通りである。横綱相撲というのは、基本的には受けて立つ姿勢が必要である。

同格の横綱同士の相撲であれば構わないが、格下と取るときに、自分の呼吸で立てるまで、何度でも待ったをして、しかも必ず張り手か、肘打ちである。協会の役員を舐めてるところもある。

それは現役時代の実績で、白鵬がダントツに上だからであろう。唯一実績のあった貴乃花が相撲界から去ったので、ますます白鵬に物の言える親方はいなくなったのではないか。

しかし運営者側がそれではいけない。選手時代の実績に翻弄される(誤魔化される)のは一般国民であって、運営者は振り回されてはいけない。運営者は決められた規定や伝統を守り、粛々と運営を続けていくことが大事である。

現役選手がルール逸脱や、違反行為があるなら、それが横綱であろうが、看板スター選手であろうが、厳しく叱咤すべきである。白鵬は明らかに「相撲界では親方も含めて自分が第一人者である」と思い込んでる驕りが見える。大勘違いである。

あくまでも現役選手として第一人者であって、運営者である親方衆には関係ない話である。おそらく部屋親方が、白鵬の稼ぎで成り立ってるのは事実であろうから、白鵬に意見をできないのだろう。

そうであるなら、執行部の親方が「お前一人で、相撲界は成り立っているのではない。お前の立ち合いの呼吸のずるさ、立ち合いの変化、張り手、肘うち、歴代横綱として最低だよ。とにかく横綱として品格が無さ過ぎ。勘違いするな」とハッキリと言うべきである。

強い選手を作ったり、人気選手を作って、相撲人気を上げるのは営業的に大事なことではあろうが、選手に運営者側が舐められて、好き放題に引っかき回されるのであれば、本末転倒であろう。外国人だから批判してるのではない。

同じモンゴル人横綱でも鶴竜は全く問題はない。白鵬の驕りだけが妙に目立つのである。別に性格が悪いという印象はない。おそらく注意してあげるとか、間違いであるとか、と指摘する者がいないのではないか?

確かに将来モンゴル人派閥が一大勢力になるのは間違いないだろう。そして門戸を開けば、ますます外国人力士が増え、日本の大相撲なのか国際大相撲なのかわからなくなる日は来るだろう。

しかしそれは一方で、世界に認められた大相撲ということでもある。魅力がなければ、世界から選手は集まらないわけで、サッカーでも、野球でも、本場には世界中から人が集まる。これはそれだけ、そのスポーツが魅力あるという意味であって、仕方がないことである。

しかし、大相撲はあくまでも日本独自の神事であって、スポーツではないと言うなら、それを押し通し、日本の文化の伝承を強調すればいい。そうであるなら尚更、白鵬の所作と品格の無さを本人に厳しく伝え、「横綱の風格とは『受けて立つ強さ』」というものを、しっかりと伝えるべきである。

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>