地球よりも重いもの
地球よりも重いもの

昔、「人の命は地球よりも重い」と言って、犯罪者に大金を持たせ釈放した総理大臣がいた。犯罪者が人質との交換を求め、それに屈した言葉だった。まー、確かに命がけで奪い取った人質だったろうから、その交換条件を飲まなければ、人質の殺戮はあったかもしれない。

もう一つの選択肢は、強行突破で犯罪者集団を殺してしまうことである。当然人質の中に、何人かの犠牲が出ることは覚悟しなければならない。しかし、戦闘的には圧倒的に警察側に有利であったろう。数といい、戦力といい。気迫や気力でさえも負けていない。正義感でも圧倒していただろう。技術も100倍の能力差があったと思う。

それでも、結局は犯罪者側の条件を飲んで、収監者を開放し金まで持たせたのである。その時の理由が「人の命は地球よりも重い」だった。しかし、この言葉が直ぐに国民を欺くための綺麗ごとであることは、全国民が感じたことだろう。

人の命が地球よりも重たいのであれば、もう少し命は大切に扱われるはずである。先ず殺人に対する罪である。本当に日本の総理が言うように、「人の命が地球より重い」ほど尊重されているのなら、先ず殺人罪で問われる者は、基本が死刑でなければなるまい。

理由はどうであれ、人を殺すという罪は死罪とすべきであろう。しかし現実には、5年、10年という判決もあるし、執行猶予が付く判決もある。殺人犯罪に対して情状は問うてもいいが、殺人罪に対して、基本は死刑とすべきであろう。それでも、実行する者はいようが、それを評価するのは自由である。

犯罪に対して罰則を厳しくすることは、間違いなく抑止力につながる。国の根幹を為す決まり事と言うものは、その国の長年の慣習や風俗のような伝統を元に作られたものも多いが、最近では、憲法や法律が中心である。

憲法は畏れ多いのかなかなか触れないようであるが、法律は毎年のように変わっていく。その法律を変えるのが政治である。だから本気で犯罪を減らすという気持ちがあるのであれば、犯罪は減らせるのである。何故政治家は本気で犯罪撲滅に立ち上がらないのだろうか?

政治家は綺麗ごとと、夢のある言葉が好きである。実現可能かどうかは二の次で、夢を語るのである。現実の困りごと、悩みごと、を聴いてくれる政治家は少ない。聴いてくれるような政治家は、これからの政治家で、解決するだけの力がない。

力のある政治家は、庶民の話に耳を傾けてくれない。自分の夢を満たすのに精いっぱいで、それどころではないのである。落選したり、引退して、庶民に戻ったら、庶民の声が聞こえるようになるのである。

人は、こういう過ちの繰り返しである。それは、政治家も官僚も行政者も神職者も仏教者も庶民も、みな同じである。人は元気なうちは、真の反省はしないもの。体が衰えて、死を直前に控えるようになって初めて、神様、仏様に学んだ高僧の言葉に納得がいくのである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>