詐欺師に寛容な世の中であってはならない
詐欺師に寛容な世の中であってはならない

積水ハウス地面師詐欺事件で逮捕された土井容疑者が、事件後高級外車を何故か三台買ったという話がブローカーの間で噂されている。その車の購入も三崎正敏を通じてだと言われている。本当だろうか?

カミンカス小山(操)が犯罪利益で買ったと言われるマンションも三崎が売買を頼まれていたとの話である。もう売って現金に換えたのか、まだ鍵を預かっている段階なのか、詳しくは知らない。

これらが事実なら、なぜ捜査当局はマンションや外車を差し押さえしないのだろう。積水ハウスも刑事事件と併せて民事事件でも告訴すればいいと思うが。

いつも詐欺事件を追いかけてて思うのだが、警察は犯人を捕まえるまでは必死なのだが、金の流れや追及には余り関心がないのか、特に隠した金を追いかけてる感じがしない。

実際には追いかけてるのかも知れないが、巧妙に隠されているので、起訴までの20日間ではとても全ての流れを解明することはできない。だからこそ、詐欺で騙し取った金に関しては、時効無しで没収できる法律を至急作り、専従捜査員を置くべきなのである。

なぜ国民の70%以上の人が賛成するような案を政治家は作ろうとしないのだろうか? 積水ハウス地面師詐欺事件には、余りに謎が多すぎる。積水側が通常の土地売買取引の「慎重さ」があるだけで、今回の地面師詐欺は起こら無かっただろう、と思われるような現象が幾つかある。

所有者に成り済ました偽物女性が生年月日を間違えたという話、本人所有者から4回も内容証明郵便で「私が本物の所有者です」という通知が送られていたという話、本物所有者から警察通報もあったというのに、それでも疑いも調査もせず、契約続行したというから、不思議な話である。

地面師詐欺師等と積水ハウスの仲介をしたイクタホールディングスと言う会社も、契約直前になって会社名と代表を換えている。しかも後日、所有者が偽物とわかったら、繋いだ責任として、仲介料は返すのが当然であろう。

積水ハウスはイクタホールディングスを訴えたのだろうか? 当然、自分も騙されたというのが、イクタホールディングスの言い分ではあろうが、騙されたと言いながら、金だけは返さないというのも、おかしな話である。それとも金は返したから、仲間ではないとして、釈放されたのだろうか?

積水ハウス地面師詐欺事件は、兎に角謎だらけである。他人の土地を乗っ取って騙し取る地面師詐欺事件というのは、最初から最後まで、みな繋がっている。予定調和で、途中一人が逃げたり、「自分は騙された。自分は被害者だ」と言う者もわざと仕込んだり、全てが繋がって成功する犯罪である。

それに当局が騙されて来たから、同じ人間が何度も何度も犯罪を繰り返してきたのである。起訴するまでもない軽い罪での役目として不起訴になった者ならともかく、処分保留で出た者も再度役目を洗い直して見るべきである。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>