JOC五輪招致疑惑で竹田会長の妥当な判断
JOC五輪招致疑惑で竹田会長の妥当な判断

竹田恒和JOC会長が辞意を固めたという情報が流れている。良い判断である。ここで粘れば、サンドバッグになっただろう。遅きに失した感はあるが、それでもいい決断をされたと思う。

どういう結果が出るかはわからないが、疑われて捜査が始まったというだけで、オリンピックの話題と共に、必ず並行して話題にされることだろう。そうなれば、国民全体として盛り上がってる最中に、度々水を差すことになり、せっかくの自国開催オリンピックが台無しになっただろう。

賄賂的誘致を行った張本人は電通だと言われている。しかし、そこに頼んだのはJOCであったろうし、電通がどういった手法を使うのかを全く知らなかったわけではあるまい。

多額の税金を投入するわけであるから、ムダ金にするわけにはいかない。オリンピックを主催できる都市は限られている。そうかと言って、毎回それらの都市だけで開催されれば、世界中から不満が出て、参加国が減るかもしれない。だから、バランスよく世界中で開催国が回るようにしてあるだろう。

発展途上国や開催の少ない地域で手を挙げれば、優先的に開催国に選ばれるだろう。一方、先進国や経済大国は何回も手を挙げる。順番もなかなか回って来ない。そういう中で、開催国を確実に勝ち取るには、やはり賄賂的なことが日常的に行われてるのではないか?

たまたま今回は、運悪く表に出た。大人の社会では、何の世界でもよくあることであるが、贈収賄は付き物である。日本だけに限られたことではないだろう。しかし見つかった以上、何らかの制裁が科せられるのは、仕方があるまい。

誘致を依頼された関係者から見れば、東京オリンピック実行委員会に対して、「開催権を取って来たのは俺たちじゃないか。俺たちだけを悪者にして、手柄だけ自分たちの物にするのは、余りに卑怯じゃないか」という思いがあると思う。

しかし、ばれないように請け負っていれば、実利も栄誉も手に入ったわけであって、それがバレたのは、何かのミスがあった(例えば、時効が成立するまでとか、開催が終わってしまうまでとか、秘密にしなきゃならないのに、自慢げに誰かに喋ってしまったとか)からではないのか?

飲み屋で自慢げに話する奴って、いるからねー。やはり、バレた以上は責任を取るしかあるまい。ばれない様にすることが請負者の義務である。その義務を果たせなかった会社に依頼した代表が竹田恒和会長だったわけだから、やはり辞任はやむなしに結論は行く。

サンドバックになる前の決断だったから、また何か会長職の依頼もあるのではないか。ご苦労様でした。後釜には柔道連盟会長の山下泰裕氏が有力らしい。辞めるまでの203連勝とか、外国人に対して無敗とか、国民栄誉賞受賞者とか、全てに申し分なく、東京2020オリンピックを迎えるにあたって、新JOC会長に相応しいのは、この人をおいて他にはいないのではないだろうか。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>