一長一短の安倍外交
一長一短の安倍外交

日本政府が韓国に対して、関税を引き上げることを検討してるようである。ここら辺が今までの総理と安倍総理の違うところである。国内においてはミスが多い安倍総理であるが、対近隣諸国、特に韓国に対しての対応は、後手後手ではあるが、確実に対応しているのである。

先手先手で先走るより、後手後手の方が、相手の手の内も見えるし、ミスも少なくてよい。体力から言っても、経済力から言っても、世界の評価から言っても、日本が不利な要素は何もない。

日本から韓国へ出稼ぎに行ってる数と、韓国から日本へ出稼ぎに来てる数を比べても、一目瞭然である。出稼ぎの第一目的は「生活の豊かさ」を求めることである。

日本も戦後貧しかった頃、多くの日本人が出稼ぎに出た。そして、そのままその国でお世話になっている人も多い。母国に住んでる我々にはわからないだろうが、異国に住むつらさは、差別も含めて、言葉、文化、習慣等が違うわけだから、大変な苦労がある筈である。

だから、そういう国に対しては、母国として最大限の敬意を払い、「自国の国民をくれぐれも宜しくお願いします」という気持ちが大切であろう。

日本で言うなら、ブラジルを始めとした南米に対してだろうか? 日本政府はブラジルを始めとした、日本人が移民した国々に対して、感謝の気持ちを込めた対応をしてるのかなー? そうしないと、地元の人達に虐められる可能性もある。

しかし、移民している人達の母国が、その国と信用に足る外交をしていると、国民同士が信頼し、助け合うようになるのである。やはり国と国が睨みあうと、国民同士も睨みあうことになる。

日本と韓国は隣国だから、利害が相反することも多く、長く睨みあってきた。中国は余りに大きく、戦う対象ではないが、日本ならそこそこ戦えないこともない、と考えているのだろうか?

特にこの戦後70年の日本は、「戦争放棄」を憲法で謳っているいるので、少々の無理難題を吹きかけても、戦争にはならない。解決は「金をもらうこと」と決めつけているようである。

それを踏襲してきた代々の総理の弱腰外交を、「ようやく安倍総理が打ち破った」というイメージが、安倍一強に繋がっているのである。

韓国人の日本への出稼ぎが多いということは、先ずは日本が稼げる場所だと思われてるから。それに自国が豊かで安定していたら、海外に遊びに行こうとは思っても、働きに行こうとは思わない。

自国が安定していない。生活が苦しい。将来に夢がない。だから海外に活路を求めるである。政治的手法で良く使う、国内の不満を押さえるために、外に敵を作る作戦。同じ手をしょっちゅう使っても、もう見抜かれてるような気がするけどね。

一度頭を冷やす意味では「断交」という手もある。それより本気で未来志向作戦の方が、いいと思うけどなー、お互いのためにも。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>