悪因悪果の根源は三崎正敏〜追加記事・岡村泰孝氏へ
悪因悪果の根源は三崎正敏

一部警察幹部との繋がりが売りでビジネスをしている三崎正敏は、表向きは「岡村さんが暴走して参ったよ」と言ってるらしい。

いつかは三崎と警察関係のことを書かないと、自殺者も浮かばれまい、と思っていたら、「あの自殺に関しては三崎というより、高尾ですよ。その高尾の手法を三崎が受け継いで、警察力を利用してのビジネスを始めたんです」という人もいた。

自殺者の話は、「当時の山口組若頭だった宅見組長から三崎の話を信用して10億借りた別の組長がいて、思うように仕事が行かず、金を返せなくなって、自殺した」ということらしい。三崎の周りには、暴力団や事件屋、詐欺師ががわんさかなのである。

三崎の仕事を具体的に言うと、先ずは事件屋周辺から情報が入ったら、その一方に加担し、書き屋に金を払って自身が有利なような記事を書かせて煽る。その裏で知人警察に情報を流し、相手を警察署(三崎署)に呼び出させたり、場合によっては逮捕させたりするのだそうだ。

相手は警察署に呼び出されただけで、焦ることだろう。だから、三崎案件は殆どが不起訴とか、身上調査だけ、という噂が立つのである。そういう違法的に協力関係にある警察官を、警察庁は知らないのだろうか? 三崎の場合、慶応義塾大学という一流大学を出てるから、先ずは肩書きで騙されるのであろう。

弊紙が淡々と三崎記事を書いてたら、金のためには犯罪も厭わない金の亡者大嫌い追放(大賛成)、特殊詐欺師には厳罰を(大賛成)、特殊詐欺の知恵者になってる弁護士、守り神になってる弁護士の免許剥奪を(大賛成)等、社会正義の実現を訴えてる鎌倉九郎氏の「鎌倉サイト」が、たまたま三崎正敏を取り上げている。

筆者はお会いしたことはないが、司法ジャーナルの投稿者の頃から一貫して司法に関する矛盾や不正を書かれている。それが真に正鵠を射てるので、弁護士情報は参考にしているのである。

作者は相当な博識家である。記事内容から情報収集や裏付けがしっかりしている。我々「書き屋」とは、確実に質が違うようである。

ところで、カミンカス小山を初めとした積水ハウス詐欺事件で容疑者たちへの情報漏えいは、「東京の外れの別名『三崎署』と言われる処から」というのが、既定になりつつあるようである。

弊紙への情報では、「そこだけでいいの?」という感じである。その警察官は狗として色んな分野の者を情報源に使っているようであるが、自分が思ってる100倍ほど、事件屋、仕事師、詐欺師に名前を使われてるのである。

筆者が直接聞いたテープでは「××さんに言って、○○に逮捕させるぞ」という内容だった。××さんとは、○○(警察官の名前)の情報源として著名な事件屋。電話の主は××さんの知人らしい。ということは、直接的には○○さんを知らないということである。

内容は、電話の主は金利の高い金を借りたらしい。何回か真面目に金利を払っていたらしいが、最初からの計画だったかどうかはわからないが、突然豹変し、このような暴挙に出たらしい。

因みに金を貸した方は暴力団ではない。「お前の金の貸し方は違反だよ。訴えればお前は逮捕されるんだよ。俺の先には我々が頼めば直ぐに逮捕してくれる警察官がいるんだよ」と言っているのである。

このように直接知らないような者までもが、実際に○○氏(警察官)の名前を使っているのである。しかも呼び捨てで。本人はどこまで理解してるのであろうか? こういう現実を監察局も知るべきである。

・・・・・


追加記事・岡村泰孝氏へ

岡村泰孝氏の素性がおぼろげながら見えてきた。先ず最初に断っておきますが、「東京アウトローズ」の奥村氏が何を言ってるか、何を行動してるかは、私は一切存じあげません。私のパシリでも池田氏のパシリでもありません。

むしろこのような現状の時、「週刊報道サイト」に電話を入れ、池田氏の記事の削除を申し入れたり、和解を申し入れたり(それも弊紙の記事削除や和解話まで持ちだして)するとは、ちょっと常識から外れてますね。

池田氏もそのようなことは頼んでないし、望んでいないと思います。いま思えば事の発端は貴殿が池田氏代理人とか誤解するような言動が奥村氏にあったのかもしれません。

裁判所で貴殿を拉致するという発言が本当に出たとしたら、それは本当に遺憾な話です。池田氏には全くそのような気持ちはありません。だいたいそういう状況であったなら、私は裁判所には行きませんよ。常識で考えてみて下さい。

今の時代に裁判所でそういう事を起こしたら、どれだけの後遺症が起きるか。そのぐらいは読める人です。あれだけの経歴がありながらヤクザを辞めた人を、「預かり金を横領」(全くの間違い)と書いてあったから、「それは違うよ」と口を出しただけ。

それにしても奥村氏の言動は不可解。それから、私はこの件で池田氏から1円の対価も受け取っていない。だから会えばいつも、「つまらんことで巻き込んでしまって、申し訳ない。」と言われます。

世の中にはちょっとした縁で敵になったり味方になったりすることはよくあります。また「敵の敵は味方」とか、「嫌いな人を嫌いな人は好き」とか。

書き屋という商売は、他人のプライバシーを切り売りして糊口を凌ぐところがある。恨みを買って当然である。世の中は敵が半分、味方が半分、どうでもよいのが半分です。

岡さんの事務所で貴方が池田氏と会った時、池田氏は書類を持参し説明をするつもりで行ったが、端から偽造書類という言葉が出て、話し合いができる状況じゃないと出て来たと言ってました。

それから京橋の植田さんという人は、たまたま池田氏が知っているというので、セッティングしてもらい、池田氏の事務所で会いました。

確かに私の質問の仕方も悪かったかも知れませんが、他に何も貴殿の情報を知らないし、取りあえずアウトローズの記事に関してのみ、聞いた次第です。その時はハッキリとあの記事のような回答を得ました。

しかし今回、貴殿がしっかりと期日を入れて、名前を書かれているので、再度取材してみたいと思います。青年思想研究会が中心になって行われた菅平の武闘訓練にも参加した実績を持つ人であることは今知りました。

私は40歳になってから今の運動を始めたので、当然そのような訓練に参加したことはありません。古い運動家の方から見れば、私は新参者であり、何の実績もないのです。

一方で、たった5年間しか実績のない40年前の総会屋時代のことを未だに取り上げられたりもするのです。遠井司山先生は勿論直接は知りません。

しかし、昨年夏に栃木で行われた先生の記念法要には出席しました。また松魂塾の大和さんも石田さんも、よく知っています。私は数ある右翼団体の中でも、一月会の人達とは親しく付き合いをさせて貰っています。

今回の記事では「樫山さんに頼まれて松魂塾設立に協力した」と書いてあるが、私に送られてきたファックスでは「樫山と二人で作った」とあった。また「直は一介のメンバーに過ぎない」とかも書いてあった。やはり言葉足りずの解釈をしてしまいます。

創立時は知らないけど、二代目は直塾長であり、直塾長は石原さんとは兄弟分だった。生前はいい付き合いもしていた。その回り兄弟に当たるような立場の人やその上司だった人まで巻き込んでは、非礼に当たるだろうと思った次第です。

私は記事を書くにあたって、全く誰の意向も受けていません。自分が感じたように書いています。未熟な上に文才がないことも相まって同じ内容であっても、より不愉快に感じる方も多くおられることでしょう。故に常に訴訟を抱えているのです。

人の縁(良縁・悪縁)とは異な物で、切っ掛けはちょっとした弾みであったり、間違いであったりするものです。私に対して、その敵方の先頭に立って狼煙をあげるのは構いません。何度も経験してることですから。
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>