ジャーナリスト江川紹子さんの日大アメフト部悪質タックル記事
ジャーナリスト江川紹子さんの
日大アメフト部悪質タックル記事


ジャーナリスト江川紹子さんの記事を読んだら、もっともである。警視庁の見解は「刑事事件としては問えなかった」ということなのであろう。

スポーツの試合中の出来事だったから、刑事事件にはそぐわないというのも事実である。ただ内田監督の試合後の会見で記者に誤解を与える言動があったのも事実だし、選手が反則を続けているにも関わらず、交代させなかったのも誤解を招いた一つである。

それとなんといっても、日大側の事後の対応である。相手側選手にケガを負わせたのは事実なんだから、試合中どんなに「潰せ」という凄い意気込みの気持ちを持って臨んでも、一度試合が終わったら、お互いの検討を称え合い、尊敬する気持ちを持つことが大事で、それこそがスポーツマンシップである。

そして直ぐに監督として、相手チームと当該選手に非礼を詫びていれば、相手側もあんなにムキにならなかっただろうし、刑事告訴などしなかった筈である。

とにかく、一にも二にも日大側の対応の不味さが際立っていた。内田元監督が謝罪会見を開いた時には「時既に遅し」の状態だったし、「学生を庇わない自己保身監督」というイメージだった。

そして最高責任者であった田中理事長は、最後まで会見は開かなかった。そういう大学の姿勢に対しての不満が、「監督の命令がなかったということは、学生が勝手に一人で判断してやったことなの?それはないよ」と言う意見になっているのである。

江川さんが言うように、ハッキリと犯罪構成要件が整わない限り、安易に逮捕したり起訴したりするべきではない。最近は警察に情報を売ることでビジネスにしてる者もいるらしいし、そういう者から接待を受けたり、或いは小遣いを貰っている警察官もいると聞くから、江川さんの解説は説得力がある。

警察捜査本部の捜査の結論は、「監督の命令があったとは言えない」だったけど、関東学生アメフト連盟は「除名」の結論を覆さないということだから、スポーツマンシップ精神の欠如はあったということである。

江川紹子さんの意見はともかく、今の日大体制に対して猛省は必要だろう。

江川紹子さん記事(平成31年2/6(水)yahooニュース)

 

LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>