【投書】18・旭電業(株)と、(株)ASK・代表取締役・駒井裕(旧姓今井)=元暴力団員との、警察が狙うコンプライアンスに抵触する関係
【投書】
旭電業(株)と蝪腺咤紡緝充萃役.駒井裕(旧姓今井)
=
元暴力団員との、警察が狙うコンプライアンスに抵触する関係
・その18


★いよいよ本格化する反対運動=岡山県美咲町の現場に火が付いた

元暴力団員の(株)ASK代表取締役・駒井裕と、兄弟分の元暴力団員・松田悟志が、太陽光発電の場所として目を付けた岡山県美咲町。現在も旭電業(株)は、その場所で太陽光パネル設置を予定している。

駒井らは、和歌山県すさみ町(現在、地域住民が、悪事を追求している)で、同じく旭電業(株)と組んで、太陽光事業を運営し、ヤクザ感覚の悪巧みをして、多額を旭電業(株)から巻き上げた。その汚い潤沢な金を資金として、この岡山県美咲町で、地上げを暴力団の手法で行っている。しかし、本来、旭電業(株)から得た地上げ資金は、地上げにあたった業者らに分配されなければならないが、思わぬ高額に目の眩んだ、元暴力団員、駒井から1円も支払われていないのが現実である。否、駒井は支払う気は毛ほども無い。

地上げには、手間と経費が掛かり、資金も巨額になる。当然、分配されて事業者に行き渡る様に手配するのが駒井の役割であるが、金への異常な執着から独占してしまい、古くからの仲間も片っ端から裏切った。その溜まった不満から、元雇用主である川村眞吾郎氏へ、駒井の古くからの仲間であるA社長が過去に遡る、駒井の巨額な横領などを告発して、駒井の裏切り行為が全て露呈する事となった。全ては駒井の金に対する執着から始まり、結果、墓穴を掘ったのである。

この駒井の金に対する執着は、幼い頃からの病的な習性だと周囲は言う。国語能力はゼロだが、金勘定の計算は異様に早かったらしい。おまけに、元雇用主の川村に税金を被せる工作を、夫の駒井裕と共謀した、地元の銀行員に長らく勤めた、在日朝鮮人の妻も、裏口就職でメガバンクに就職した、二人共がヤクザの女だったらしい双子の娘も、似た者ばかりで駒井裕の悪事に加担している様だ。業者に分配されるはずの、資金を隠す為に、共犯者が周囲を固めているとなれば、彼ら仕事仲間は、元暴力団員であろうが現役の組長であろうが、駒井から資金配分を受ける事など有り得るはずもない。当然、暴力団への看板料など、駒井のソロバンに掛かれば、極めて小さい額をはじき出して支払われている。

地上げ現場の岡山県美咲町では、美咲町の地上げ協力者達が、古くからの駒井の仲間のA社長(駒井の元雇用主、川村氏に告発した人物)に怒りの矛先がぶつけられた。

「どうなってるんや!?」と迫られたA社長は、駒井の裏切りで、正当な報酬が1円たりとも支払われていない現実を伝えたという。

結果として岡山県美咲町の地元を纏め、地上げを手伝った人達は、当然、太陽光パネル設置協力の対価支払い請求をすることになる。おそらく駒井は支払いを拒否し、手持ち資金の独占に執着するであろう。

現在、岡山県美咲町での、太陽光パネル設置予定地の土地所有権者は、駒井裕が代表取締役である(株)ASKと(株)東西E&E(代表取締役・森田宇一)の2社となっている。

つまり、今後は何もせずに、旭電業(株)から多額の土地賃料がこの2社に振り込まれるのである。利用出来る人間は無料奉仕に陥れ、報酬は全てを独り占めした元暴力団員、駒井が「してやったり」と言い放つ。

「対価を払ったのに、もっと払えと脅されてますぅ〜」(*関係者の証言)

自分の立場を、被害者にすり替えて、平然と虚言で支払いを拒絶するのだそうだ。

言辞だけでは無くテクニックとして、「支払わなくても法律に違反しない方法」を、弁護士や会計士や、滋賀県選出のU代議士からレクチャーを受けているという。

現在、抗議活動を準備している人達は団結しつつある。抗議のターゲットも、駒井個人はもちろん、(株)ASK、旭電業(株)に対して、警察、国税にも働きかけ、脱泡行為を指弾する。また、彼らの取引銀行、口座に預金を置いている「京都銀行・西大津支店」の(株)ASK口座を始め、全ての銀行に、コンプライアンスの遵守を求めるという。

取り纏め役は、駒井の元雇用主の川村眞吾郎氏。京都の同和人権団体「崇仁・協議会」で、駒井と(株)ASKから巨額の横領や、(株)アスク(現在、(株)ASKの国税の納税を川村氏が代表取締役である、(株)川富士建設にすり替えるなど、数々の裏切り行為と、駒井のレイプ事件の、人道にもとる所業への抗議運動を準備中であるという。その他、幾つかの団体も大挙して街宣活動に動く。駒井の被害者は全て被害を掘り起こして戦う準備を進めている。

元暴力団員・駒井裕は暴力団も裏切っている。駒井を本気で守る暴力団は現在は皆無。元奈良県生駒市会議員で、暴力団の企業舎弟である、酒井隆親子だけが頼りである。

駒井の金の一切は、警察、国税当局の監視下にある。特に、京都銀行は、暴力団に資金提供している、暴力団の企業舎弟の会社の口座を開き、貸金庫まで与えているとは言語道断である。


★オレオレ詐欺師・徳村善宏と駒井裕が特殊詐欺を継続

駒井裕のパートナーで現在、拠点のひとつになっている事務所が、有限会社エステートJ(滋賀県大津市神領3丁目21番19号)である。既報の通り代表取締役・徳村善宏はオレオレ詐欺のダシコ(金銭の受け取り役)で逮捕歴がある。現在、駒井裕はこの拠点で、徳村と「仕事」をやっているという。

太陽光事業で多額の賃料が、旭電業(株)から(株)ASKに入ってくるにもかかわらず、駒井の通常業務は、岡山県美咲町の地上げを人に任せて、徳村と二人で今も尚、上記事務所で特殊詐欺を行っているのだという。老人の虎の子を狙うオレオレ詐欺がメインのドロボウ事務所で、まるで江戸時代の隠語のように「仕事」とは盗人の「しごと」という意味もあるらしい。

更に興味深いのは、この詐欺に使用しているコピーFAX機は、駒井が川村眞吾郎氏の部下だったころ、川村氏が代表取締役を務めていた(株)エイブルワークで、川村氏を騙してリースさせた機器である事だ。NTTの関連会社「エフティコミュニケーション」の営業担当者と駒井が結託し、当時「新しいコピーFAX機を買いたい」と言っていた川村氏を騙して、コピーFAX機と電話機全てを、言葉巧みにリース契約用紙に川村氏に押印させた。自分の事務所のコピー機と電話機が、他の機器に入れ替わっている事に気づいた川村氏は、怒って駒井を問いただした。(コピー機搬出で神棚に大きな傷まであった様だ。)

蒼白になった駒井は「コピーFAX機を、有限会社エステートJの徳村社長が使いたいと言っています。当然、リース代も徳村さんが払います。」と弁明し、機器をエステートJに運ばせた。しかし、リース代金は一度も支払われず「リース代が未払いです」とリース業者から、川村氏に督促の電話がきた。その都度、駒井は支離滅裂な弁明を繰り返し、言い分をコロコロ変え、川村氏は不信感を抱いた。そこで裁判を起こす為に、駒井を弁護士事務所に連れて行ったが、弁護士からの質問にも支離滅裂であったという。その後、川村氏が病に倒れ、裁判は不発のまま。エフティコミュニケーションにも、エステートJにも何にも出来ないまま、時が過ぎた。

現在、訴訟、抗議活動を準備中の川村氏に情報が入った。特殊詐欺に、そのコピーFAX機が使われ、その証拠がFAXコピー機には記憶データとして残っていたというのだ。川村氏は駒井から裏切られたA社長から、今もコピーFAX機は、エステートJにあり、駒井と徳村がオレオレ詐欺を改良した、特殊詐欺に使用していたという証言得たという。盗品が世の中を回りまわって悪事を明かす事になる、天網恢恢とはこの事だろうか?

太陽光事業では、旭電業(株)の執行役員・片岡俊治を接待漬けで篭絡している事から、旭電業(株)と駒井の関係は安泰。しかも事業協力者には支払いをしていないとなれば、契約が切れる数十年先まで、元暴力団員、駒井が代表取締役の(株)ASKの「京都銀行・西大津支店」の口座には、毎月、確実に大金が入る一方の仕組みになっている。毎日の様に複数の愛人と、高級クラブでバカ騒ぎ。暇つぶしの事業が、徳村とのオレオレ詐欺で、若い遊び人を使って、老人の懐からかっぱらい行為を繰り返している・・・。世の中は甘くない。そろそろ天罰がくだるカウントダウンに入った。

(その19に続く)
 
LINK
ENTRY(latest 5)
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
  • 未上場株未公開株で失敗した方(騙された方)、泣き寝入りする前に、一度敬天にご相談下さい。
    天誅 (06/06)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    吉田 (09/01)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    庭芝 (06/17)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    愛信 (05/14)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    (04/28)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    凛 (04/19)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (04/02)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/29)
  • 松村テクノロジー未公開株詐欺被害者さま
    大淵 (03/28)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>